禁煙して半年経ったけどタバコ吸いたい!禁煙を継続していくオススメの方法!

禁煙して半年…全然タバコ吸ってないけどたまに、あぁ~吸いたいなって思うときもありませんか?そこで今回は、禁煙開始から半年経ってタバコを吸いたいと思った人に向けた禁煙方法をご紹介させていただきます。

禁煙して半年経ったけどタバコ吸いたい!禁煙を継続していくオススメの方法!

今回は禁煙ライフを送って半年経ったという人にご紹介させていただきたいと思います。半年間タバコを吸っていないはずなんだけど、タバコを吸いたいな…って感情が未だに起こりませんか?全然、タバコを口にしていないはずなのに無性にタバコが吸いたくなる!そんなことってありませんか?

不思議ですよね。半年も吸っていないのに吸いたくなるって…。でも、これってしょうがないことなんです。1度覚えてしまったことってなかなか忘れることができないんです。特に、習慣化していたことっていうのは、忘れたくても忘れることってできないんですよね。

人間の脳は簡単に物事を忘れないようになっています。正直、何年経ってもなかなか忘れることができないことも多いです。私も、禁煙をして半年経った時に、タバコを吸いたいなんてことも起こりました。禁煙当初と比べるとイライラは減りましたが、それでもやっぱりタバコがたまに吸いたくなることもあるんですよね。

それでは、禁煙から半年後に現れる症状とは一体どんなものがあるでしょうか?次項では、症状についてご紹介させていただきます。

半年経つけど…やっぱりタバコが吸いたくなる日常の8シーン

1.ちょっとくらいタバコを吸っても良いかなと甘い考えをしてしまう

半年間もタバコを吸っていなかったら、ちょっとくらい吸っても大丈夫でしょ!なんて思ってしまうことがあります。特にお酒を飲んでいると、相当の確率で吸いたくなってしまいます。私の周りでもタバコを吸う人がたくさんいたので、特にお酒を飲む席だと、匂いや煙が色々なところに飛び交っていたので、吸いたくなるような誘惑ばかりでした。

特に、となりや前にタバコを吸う人が座っているともう大変でした。嫌でもタバコが目に入ってしまうので、あぁ~吸いたい!ってずっと思っていました。しかも、そういうふうに思っている時に限って、横から久しぶりに吸ってみるか?と言われたりするんですよね。

何度も経験したことがありますが、この時間は本当に私にとって拷問に近いような時間でした。

2.うなされる夢を見てしまう

禁煙して半年経ったくらいから、うなされるような夢をたくさん見てしまう人が出てきます。例えば私ですと、たくさんの煙まみれに自分が1人ポツンといる夢をたくさん見ました。他には、自分が禁煙を我慢できずにタバコを吸っている夢だとか、タバコを無理やり吸わされる夢とか、嫌な夢をたくさん見てきました。

特に、タバコを吸っていた期間が長ければ長かった人ほど、夢を見る回数も多くなってしまうようです。そうなってしまうと、悪夢のようにたくさんうなされてしまい、何度も深夜や早朝に起きてしまいます。その結果、寝不足になります。そうなると、仕事でも集中できないですし休日も疲れがずっと残ってしまいます。

その結果、どうなるかというと不眠症になってしまい、睡眠導入剤や精神安定剤がないと眠れなくなってしまいます。

3.体重が今まで見たことが無い増え方をする

これもよくあります。特に禁煙をして半年経つと、増える人ですと、10kgくらい増える人もいるようです。ちなみに私は禁煙半年で体重が15kg近く増えたこともあります。そうなってしまうと、身体もだいぶ重くなってしまい、歩くのもとても辛くなりましたし、外に出るのも嫌になりました。

その結果、運動不足にもなってしまい、身体がだいぶなまってしまいました。親からも実家に帰るたびに痩せなさいと言われ、野菜中心の食事ばかりを食べていました。

4.肌荒れがひどくなってしまう

普通は、タバコをやめると肌にも良いと言われています。しかし、禁煙をして半年後しか経っていなかったら、吹き出物やニキビがたくさん出てしまい、余計肌荒れがひどくなってしまうという人もいます。私はそういった症状は特にありませんでしたが、女性の友人は肌荒れがひどくなったという人も結構いました。

その理由として挙げられるのが、禁煙をすることで身体の新陳代謝が活発になって、何か身体に異常を感じたらすぐに外部へ知らせるようにな身体が反応するようになります。その結果、吹き出物などがたくさんできてしまうのではないかと言われています。

5.カフェインの効果がとても強く出てしまう

タバコを吸っている時にコーヒーをいつも一緒に飲んでいたという人もいるのではないでしょうか?タバコを吸っている時って、正直いくらコーヒーを飲んでも、夜は普通に寝れたという人も多かったのではないでしょうか?私も実際そうでした。

しかし、禁煙をしたらカフェインの効果がとても強く出てしまいます。コーヒーも2本しか飲んでないのに、夜眠れなくなっちゃった~ってなってる人いないですか?また、寝つきがとても悪くなったっていう人もいるんではないでしょうか?これはニコチンが身体の中に入らなくなったことによって起こった結果だと言えます。

6.喫煙具を見てしまうと吸いたくなってしまう

例えば、自分の目に入るところに灰皿やライターなど置いてあったら、吸いたいな~っていう禁断症状が出てきたりしないですか?私は、ちなみに禁煙をしてもう何年も経ちますが、未だにタバコを吸いたいなと思ってしまいます。それくらいタバコの誘惑は厄介なものです。

禁煙から半年だと、タバコに関するものを見てしまっただけで、ついついタバコを求めてしまうということもあります。これは、禁煙期間関係なしでどうしても出てくる症状だと言えます。

7.禁煙うつがひどくなる

禁煙をしだすと、禁煙うつと呼ばれる精神的不安定な状態が続いてしまいます。そうなってしまうと、何にもやる気が出なかったり、脱力感だけが残ってしまい、どこにも行きたくなくなってしまいます。そうなってしまうと、次第に顔の表情も暗くなってしまい、暗い姿へと一直線に走ってしまいます。

仕事に行っても、頭が全然働かずに、周りの人からも煙たがれていき、徐々に周りから人が離れていってしまいます。そうなると会社へ行くのも嫌になってしまい、最終的には引きこもりの状態になってしまう人もいるようです。

それでも禁煙を継続するための8つの方法

禁煙時には、前項のような症状がたくさん出てしまいます。それでも、禁煙をすることは最終的には良いことばかりなのでした方が良いです。それでは、禁煙を継続するためにどういった方法をとっていけばよいでしょうか?

1.食事の栄養バランスを考えて食べる

これは、1日に30種類の栄養素を適正な量をバランスよく摂りましょうということです。これはなぜかというと、栄養バランス良く摂ることで、太りにくい身体になってきます。また、夜も睡眠をとりやすくなりますし、寝起きもとても良くなります。

そうすることで禁煙をしている時に相乗効果で、身体がみるみるうちに回復していきます。その結果、禁煙を続けていこうという気持ちにもなります。モチベーションも上がりますし、色々なことにつながってきます。

2.ビタミンをたくさん摂る

肌荒れが出てしまうためには、ビタミン剤をたくさん摂りましょう。特にビタミンCをたくさん摂りましょう。サプリメントだけではなくレモンやアセロラなど身体に良いものをたくさん摂りましょう。野菜や果物を摂る場合は、栄養素が壊れないようになるべく生で食べましょう。

特に果物や野菜は毎日摂っておいた方が身体のためにも良いです。私は週に何度かは朝食バイキングをとって、色々な栄養をたくさん摂るようにしています。朝食バイキングは、値段も安いのでコストもあまりかかりません。

3.運動をたくさんする

運動をたくさんしていると、禁煙によって身体が機能回復していると同時に、運動によっても身体も強くなっていきます。特に心肺機能もたくさん上がってくるので、禁煙をしていて良かったと思えることも増えてきます。そうすることで、禁煙をもっと進めていこうという意識も生まれてきます。

また禁煙に対するモチベーションも上がってきて、禁煙をしていこうというやる気も増えてきます。運動をしている人は、禁煙をしている人もとても多いので、タバコを吸おうという気持ちはなくなります。

4.趣味をたくさんつくる

自分が楽しくなるような趣味を作りましょう。特に、タバコを吸わなくても良いような趣味を作りましょう。オススメはやっぱり、先ほども言ったように運動が良いでしょう。特に、運動の中でも水泳が良いと思います。

水泳だったら心肺機能も強くなりますし、室内でタバコを吸う場所もないので安心して泳げます。また陸上競技に比べて消費カロリーもとても多いので、健康的になります。

また人と話すことが好きな人は、団体競技のスポーツをしても良いでしょう。ソフトバレーとか、ダンスとかやってみても楽しいかもしれません。ストレスも発散されてとても良いです。

5.ストレスを溜めすぎない

ストレスを溜めないということはとても大切になってきます。特に仕事では、ストレスがたくさん溜まっている人も多いのではないでしょうか?やっぱり仕事でストレスが溜まってくると、ちょっとした時にタバコを吸いたくなると思います。

ですので仕事上でストレスを溜めないようにしましょう。普段の仕事をする時も力を入れすぎずに仕事をすることで、リラックスもできるのでとても良いです。仕事の最中に深呼吸をすることで、血行状態も良くなってイライラすることもなくなります。

6.分煙化をしているお店へ行く

昼休みなどはランチを食べる時が多いと思うんですが、そういった時にどういうお店へ行きますか?もし全席喫煙可能のお店に行ってて吸いたいなという気持ちがとても強く出てしまっているのであれば、全席禁煙もしくは喫煙と禁煙がくっきり分かれているところに行ったほうが良いです。

周りの環境だけで、だいぶ吸いたいなという気持ちを抑えることもできます。またタバコの煙が目の前に入ってくるとどうしても吸いたくなってしまいます。

その他に居酒屋へ行くのを控えるという方法もあります。居酒屋は全席喫煙可能な席ばかりなので、行く回数を減らすとタバコの煙も浴びずに済みますし、タバコを吸っている人を見なくても良くなるので、禁煙をするのには良いでしょう。

7.禁煙用具を使う

どうしても吸いたくなってしまったら、禁煙用具をいろいろ使って上手に生かしましょう。代表的なもので言ったら、禁煙パイポ、電子タバコ、ニコチンが入っているパッチやガムなどがあります。こういうのを使っているとストレスが緩和されてタバコを吸いたい気持ちはなくなります。

禁煙用具を1年間くらい使っていると、本当にタバコを吸おうという気持ちがなくなります。継続して毎日使っていくことがコツです。

8.病院で禁煙治療をする

これも相当大事なことです。昔はありませんでしたが、今は病院で禁煙診察をしてもらうことができます。どうしても我慢できなくなったら、病院で必要な薬をもらえたり、禁煙を継続するためにどうするべきかということを、医学的に教えてくれます。

しかも保険も使えるので、3割治療で診察をしてもらうことができます。結構使っている人が多いので、とてもオススメです。特に、大きい総合病院だったら禁煙診療をやっているところが多いので、ぜひ近所の病院で探してみると良いです。

禁煙をずっと継続させていくと、体の機能回復を実感!

色々と禁煙の方法をご紹介させていただきました。禁煙をずっと継続していくことで、色々な良いことがあります。禁煙を始めてから半年以上経つと、身体がどんどんと機能回復していきます。特に、禁煙開始から半年から1年くらい経つと、身体が回復したっていうのを自覚することができます。

特に、心肺機能については運動をしていると、だいぶ回復してるっていうのを実感することができます。禁煙は続けば続けるほど身体が回復していきますが、逆に禁煙を辞めてしまうと、今までの禁煙が水の泡となってしまい、また身体が悪くなっていきます。

しかも、禁煙を続けたあとに再度タバコを吸ってしまうと、身体がついていかなくなり余計に体調がおかしくなってしまいます。そうなってしまうと、免疫力が落ちたり風邪をひきやすくなります。

禁煙を開始して半年経つのであれば、一生禁煙を続けていきましょう。そして、自分の身体を回復させ人生を送っていくとより生活がしやすいのではないでしょうか?