禁煙して2ヶ月経ったあなたに…。”吸いたい”気持ちをどうにかして押さえ込む方法

禁煙して2ヶ月経つけれど、タバコを吸いたくなったということはないでしょうか?タバコを我慢していてとてもイライラしたりすることもあるんじゃないでしょうか?そこで、禁煙をして2ヶ月経つとどういった良いことが起きるのかを紹介させていただきます。これを見て禁煙を継続させていきましょう!

2ヶ月も禁煙をしているのに、何でまた吸いたくなっちゃうんだろう!?

禁煙をして早2ヶ月…もうこんなにタバコを吸っていないのに、急にタバコを吸いたくなってしまうなんてことはないでしょうか?私も禁煙をしていましたが、2ヶ月を経ってもタバコをどうしても吸いたくなるときがありました。

本当に禁煙を継続するって難しいことですよね。だって、いくら禁煙をしていても、タバコを吸いたいっていう気持ちはなくならないですもんね。タバコって本当に厄介者だなって自分もずっと思っています。

いくらタバコを辞めていても誘惑があったら、未だに吸いたくなってしまうこともあると思いますし、心がユラユラと揺れてしまうことだってあると思います。

そもそも2ヶ月という長い期間禁煙をしているのに、何でタバコを吸いたくなってしまうんでしょうか?まずは、タバコを吸いたくなる原因について色々と探ってみます。

タバコを吸いたくないのに…どうして吸いたくなっちまうんだ!

①久しぶりにどんな味がするのか吸いたくなる

人間って不思議なもので、2ヶ月間もタバコを口にしていなかったら、久しぶりに吸ったらどんな味がするんだろうなって子供のような気持ちで確かめたくなってしまいます。タバコがまずく感じるのかな、クラクラってするのかな。って色々と思ってしまう部分があります。

そういうことを考えてしまうので、吸ったらダメだと分かっていても吸いたくなってしまいます。ここで吸ってしまったら禁煙も台無しになってしまいます。

②人との付き合いが減ってしまうから

今までは、喫煙所でタバコを吸いながら喋っていた人とも、禁煙をすることで喫煙所に行かなくなってしまうので、その人と喋らなくなってしまいます。それを2ヶ月間我慢した結果、何か喫煙所の方がしゃべりやすいからもう1回タバコを吸い始めようかなって思ったりもしてしまいます。

私もそう思ったことはありました。禁煙することで話をすることがなくなってしまうので、それを我慢するのがとても辛かったです。今までたくさんしゃべってた人でも、半分くらいしかしゃべってないかって思うくらい関わりが減ってるのでは?と感じてしまいます。

そうなってしまうと、気遣いの人は特に自分の中で悪循環に陥ってしまいます。そうなると、人間関係も不安定なものになり、会社で働くのも嫌になってきます。その結果、また吸い出してしまうという人も結構多いです。

③喫煙所の横を通るたびに思い出してしまう

遠くからでも見えてしまう、喫煙所でタバコを吸っている人の姿ですが、やっぱり見てしまうと思い出したくなくても思い出してしまいます。また、タバコの煙が飛び交っているので、本当に見ているだけで苦痛になってしまいます。

2ヶ月間忘れているとは言っても、やっぱりタバコを口にしたくなってしまうものです。そうなると、本当にイライラが止まらなくなってしまいますし、喫煙所でタバコを吸いたい!っていう気持ちにもなってしまいます。

喫煙所を通るたびにイライラが溜まってしまい、最終的には我慢していたストレスが一気に大爆発してしまい、吸い出してしまうという行動に走ってしまうことなんてあります。

タバコを吸いたい!でも禁煙したい!~そんな人に教える禁煙継続法~

でも、2ヶ月も禁煙をしてまたタバコを吸い出すなんて絶対に嫌だ!なんて思ってしまうのではないでしょうか?どうせなら禁煙はずっとしていたいって思いますよね。そこで、禁煙を継続するためにはどういった方法をとったら良いかということについてご紹介させていただきます。

①何があってもタバコを吸わないという意志を強く持つ

人間は意志がとても弱い生物だなんて言われています。でもそれは強い意志を持っていないから弱いだけです。ですので、一生タバコを吸わないという強い想いを持っていれば、タバコを吸うことはないです。もし、現段階でタバコを吸ってもしょうがないよな…なんて思っている人がいるのであれば、すぐにその想いは捨てちゃってください。

弱気でいるとどうしても、人間は楽をしてしまいますし、禁煙を1回断念してしまうともう自分には禁煙なんて無理だという気持ちになってしまいます。タバコを吸い出してしまうと、マイナスのスパイラルに陥ってしまい、そこから抜け出すのもますます困難になってしまいます。

そうなってしまうと自分に強い自信を持つこともできなくなってしまい、精神的にもまいってしまいます。タバコから断ち切るという気持ちは絶対に強く持ち続けましょう。

②禁煙をした人が書いた本を読む

本屋に行くと、禁煙セラピーのような題目で禁煙をしてどういうことが起こったかという内容が書いてある本もあります。実際に禁煙した人の本を読むことで、自分自身のモチベーションが高くなってきますし、自分も頑張ろうという気持ちになることもできます。

やっぱり、禁煙をしていくにおいて強い気持ちを持つことは大切になってきます。禁煙をしている人が実際に書いている本だと、説得力もありますし思い当たる節もたくさんあるので、自分の中に当てはめやすいと思います。私も実際に芸能人が禁煙をしたことで書いた本を読んだことで、自分の禁煙ライフはずっと進んで行きました。

③飲み物を選ぶ

どうしても、タバコを吸っていた人って飲み物によってはタバコを吸いたくなるっていうことも起こってしまいます。特に私の場合は、コーヒーやお酒を飲んでしまうとタバコを吸いたくなる気持ちが出てしまいました。特にコーヒーについては、眠気覚ましで飲むだけと思っていても、最初の頃はタバコを吸いたくなる気持ちが強く出ていました。

私もどうしても禁煙をしたかったので、コーヒーとお酒を飲む回数を減らしました。回数を減らすことで、タバコを吸いたいと思う気持ちも減りました。自分でタバコを吸わないようにする環境を作ることがやっぱり大事になってきます。

コーヒーの代わりにお茶、お酒の代わりにソフトドリンクを飲むようにしていたので、精神的にもだいぶ楽になったので助かりました。

④喫煙具を捨てる

喫煙具を持っていたら、とにかく捨てましょう。近くに喫煙具があることで、またタバコを吸いたくなってしまいます。そうなってしまうと、余計イライラしてしまいます。禁煙をしててもイライラしないような仕組みを作って、タバコのことを思い出さないようにしましょう。

禁煙をすることでどんな良いことが起こるんだろう!?

禁煙をすることは身体のためにも良いっていうことをよく聞くこともあると思います。いくら身体に良いっていうことを聞いても、あんまり実感できないですよね?実際に禁煙がどんな風に身体に良いかって考えたことはありますか?そこで今度は、禁煙をすることによってどんなメリットがあるのかをご説明させていただきます。

①味覚が変わる

これは食べることが好きな人にとって、とても嬉しいことです。やっぱり味覚が変わります。ご飯を食べているときもふとしたときに、「あれ?」って思うことがあります。こんなに甘かったっけ?とか、感じるようになって、ご飯を食べるのもとても楽しくなります。

その代わり、注意しなければいけないこともあります。それはご飯を食べ過ぎてしまう傾向が強いので、食べる量を自分で抑えておかなければいけないということです。特に、禁煙をしている人はご飯をたくさん食べてしまう人が多いので、嫌でも体重が増えてしまいます。

そうなると、身体も重くなってしまいますし体重を気にしてしまう人は、禁煙をしているから太ってしまうと言ってしまい、再びタバコを吸いだしてしまう場合もあります。くれぐれも、食事の量には注意しましょう。

②寝つきが良くなる

2ヶ月も禁煙をしていると、もうタバコがなくても寝付きも良くなると思います。禁煙をしていると寝つきだけではなく、寝起きも良くなります。そうなると朝も爽快に起きることができて、やっぱりライフスタイルがだいぶ変わってきます。

目覚めが最高だと、1日の生活リズムもだいぶ変化します。今までダラダラと生活をしていた人も、シャキッと生活できるようになって、生活にメリハリができます。また、起きる時間が早くなると時間にも余裕ができ、新しいことにチャレンジをすることもできます。結果、生活がとても楽しいものになりイキイキすることができます。

③身体の機能が回復する

タバコを吸っているときだと、どうしても身体を痛めつけてしまいます。例えば、息切れがとてもひどくなったり、運動をしていても持続力が落ちてしまったりと様々なマイナスなことが起こっています。でも、禁煙して2ヶ月経つと何が起こっているかというと、これらの症状は軽くなっています。

特に息切れについては、間違いなく確実に減るあるいはなくなります。私もタバコを吸っているときは特に、階段の上り下りをしているとどうしても息切れがひどくなることもあり、途中で休みながらでないと、階段を上りきれませんでした。

しかし、禁煙して2ヶ月ほど経ってしまえば、息切れなんて本当に今まであったのか?というくらいなくなります。本当に不思議な感覚でした。えっ?息切れ本当になくなったんだよね?って自分で自分に問いかけていました。

それくらい本当に身体が変化したんだなと思いました。本当に今では、長い時間歩くことができるようになりました。禁煙をして本当に楽しいです!

④禁煙によって起こってた副作用もなくなってくる

例えば、禁煙をしている時って、イライラするとか、眠くなるとか色々な副作用が出てきます。しかし、2ヶ月経った頃になると、禁煙による副作用なんて本当にあったっけ?って思うくらいなくなります。本当に禁煙をしていて乗り越えたからこそ起こることだと言えます。

禁煙時に出ていた副作用がなくなってくると、やっぱり嬉しくなりますし、禁煙をずっと頑張ろうって思うきっかけにもなります。禁煙を継続しても副作用が現れなくなってくるので、仮にタバコを吸いたいと思ったとしても、禁煙する方の気持ちが強くなってきます。

禁煙を更に継続していくと、もうタバコを吸う理由もなくなってくるので、本当に気持ちが楽になります。

⑤顔色がよくなる

タバコを吸っていると、ヤニで肌が焼けてしまって、中途半端に黒くなる人がとても多くいます。特に、男性は肌が変に焼けてしまう人も多いです。また、タバコを吸っているときは、血行も悪くなってしまい、身体の不調が起こり、その結果肌のトラブルの原因になってしまうこともあります。

タバコを辞めると、肌も良くなって血行も良くなっていくので、顔色も良くなってきます。黒くくすんでいた顔色も徐々に白くなっていき、本来の肌の色を取り戻すことができます。また、女性はお化粧をしている人が多いと思いますが、お化粧のノリもだいぶ良くなります。

今までは何度もファンデーションを塗ってた人も、今までと比べ、少ない回数でファンデーションを塗ることもできます。

⑥お金もかからない

タバコを2ヶ月間やめていると、だいぶお金が浮きます。例えば、毎日タバコを1箱(410円)買っていたとすると、30日で12300円かかります。よって、2ヶ月で25000円近くタバコ代が浮いた結果となります。これだけ浮くと、自分の好きなことにも使えますし、貯金をすることだってできます。

これが3ヶ月、半年、1年と経っていくと、お金がいつの間にか溜まっています。これからも、禁煙を続けていくことでお金がたくさん溜まってきます。

禁煙を今後もずっと継続していくと…

禁煙を続けていくと、本当に身体に良いことばかりだということをお分かりいただけたと思います。タバコを吸うことでストレスが解消されるって言いますが、タバコを吸わない人にとっては、タバコを吸わなくてもストレスを解消することだって、いくらでもできちゃいます。

禁煙を続けるにはタバコにいかないように、自分を律する必要があります。そうしないとまた、タバコを吸う方向に戻ってしまいます。タバコの代金も年々上がっているので、禁煙をする方が良いですし、無駄なお金も使わなくて済みます。

今後も禁煙は日本中で進んでいくと思われます。禁煙を2ヶ月しているのであれば、今後も禁煙を続けていったほうが、今後の人生においてもきっとプラスになることは間違いないです。禁煙を継続することをオススメします。