結婚って何なのでしょう。結婚したくないという人が最近ではとても増えてきています。どうして結婚したくないのかという理由は背景についてまとめてみました。

結婚したくない人が急増中

f:id:ffgai:20170131055208j:plain

つい最近までは、いわゆる結婚適齢期というものがありました。団塊の世代と言われている人たちの時代では、だいたい20代前半が適齢期と言われていました。次第にその年齢も上がっていき、今でははっきりとした「結婚適齢期」というものがなくなってきたようです。

女性の妊娠・出産も昔は30才を超えると「高齢出産」と言われていましたが、今では40才で初産という人も増えてきています。

そして今は早くに結婚する人もいれば、40歳過ぎてから結婚する人もいます。そして、結婚をしないという選択をする人も増えてきているのが事実です。

その背景には、働く女性が増えてきたことや晩婚化なども理由にかかげられるでしょう。結婚の価値観が多様化してきたこの時代で、結婚したくないという人達はどのような女性が多いのか、またどのような男性が多いのか、また結婚したくない相手の特徴とは、どういうものなのかを検証していきます!

結婚したくない女性の理由10選

結婚したくない女性の理由を10選にまとめてみました。参考にしてみて下さい。

働き続けたい

最近では働く女性が増えてきています。そして、結婚、出産することで自分が築き上げてきたキャリアを壊したくないということから、結婚したくない人が増えています。必ずしも結婚、出産がキャリアにダメージがあるかといったらそうではないのですが、職場によっては、なかなか難しいところですね。

今が楽しい

これは快楽主義者といって、今が楽しければ先のことなど考えなくてもいいという人達が増えているということです。ある意味楽天的とも言えますね。

結婚に良いイメージがない

自分の周りの既婚者のネガティブな話を聞いて結婚についてマイナスのイメージを持つことがあります。また自分の育ってきた環境にも影響されることがあるでしょう。例えば両親が不仲でいつも喧嘩ばかりしていたとか、離婚してしまったとか、そのようなことがあるとどうしても結婚に対して良いイメージが持てないことがあるのです。

理想の相手がいない

自分の描く結婚の理想のタイプがいない!という人も少なくありません。やはり妥協はしたくないという女性は多いですね。相手に求める理想が高いという場合もあります。理想の相手がいないならば独りでいた方がよっぽど楽であるという考え方に落ち着くのでしょう。

自分のお金を自由に使いたい

結婚すると財産は共有しなくてはいけないことから、自分で稼いだお金が自分で自由に使えるということができなくなるのが嫌だから結婚したくない人もいます。

今や女性だからと言って、専業主婦になるわけでもなく、共働きの家庭は増えています。どちらかのお金だけを生活に費やすのではなく、家事・育児を分担の上両方の収入でやりくりしていく家庭がいる中、そこまでして結婚したくないという考えに達する人が多いです。

出産・子育てが想像できない

仕事がある程度順調で、生活が充実している中、結婚して出産・育児をすると今までのペースが見事に崩れてしまうのではないかという恐れを感じている女性もいます。もうちょっと落ち着いたら、と思っているうちに結婚ということ自体が面倒になってしまう傾向があるでしょう。

妊娠・出産はさすがに男性はできませんからね。中には、妊娠することや子供を育てることに自信がなくて結婚すらも踏み留まってしまう人もいるでしょう。それだけ女性にとって、妊娠、出産というのは人生において大きな比重をおいているのです。

しばられたくない

男性にも多いですが、とにかく結婚のイメージが「しばられる」という人も多いです。結婚すると、他の友達や男友達と遊ぶこともなんとなく悪いような気もしたりします。やはり相手がいることですから、いつ家に帰ってもいい、いつ外泊してもいい、気の向くままな生活はできません。

また1人の男性とずっと一生共にしていくことが全然考えられないという人もいます。まだまだいろいろな男性と出逢ってみたいし、自由がなくなるのが嫌だということなのでしょう。

主婦になりたくない

結婚すると主婦業もしなくてはいけない、相手によっては仕事をやめなくてはいけないという考えをもっている人もいます。2人で話し合って、協力し合っていけばいいのですが、どちらかというと女性の方が家事育児に関しては負担が多くなる傾向が多いからでしょう。

最近では、主夫業を進んでやったり家事育児を喜んでする男性もいるのですけどね。だからといって、まだまだ女は家庭にいて欲しいという考えの男性も多いでしょう。

共同生活が苦手

独り暮らしが長いと、どうしても他人が家に一緒にいるという感覚がどうしても慣れないという人が男性も女性も多くいます。独り暮らしだと、自分の好きなときに起きて、ご飯を食べたり、外出したりと制限がとにかくありません。夫婦になれば他人というわけではないのですが、一緒に行動を共にすることが億劫であるとか、面倒だという人が増えています。

相手の両親と同居したくない

結婚すると相手によっては、相手の両親の同居生活を始めなくてはいけなくなったり、いずれは同居、老後の世話などをしなくてはいけなくなることがあります。

この場合、男性側が妻の方への理解を示していれば揉めることは少なくないように思えるのですが、実際にはそうでないことが多かったりします。そういうことを世間一般の話として聞いたり、周りの既婚者の友達から聞いたりして、同居や老後の世話などのイメージが悪くなっていくので、結婚を踏み留まってしまうのでしょう。

親戚づきあいが面倒

結婚するということは、家族や親戚が新たに増えるということですよね。女性は特に今でも「嫁」という立場で見られることが多く、親戚づきあいなど面倒だと思うことが多いことで、結婚が面倒に思うこともあります。

名字を変えたくない

女性は結婚すると名字を相手の姓に変える人が多いですよね。職場では、別姓を名乗ることができても子供が出来たときのことを考えたり、いろいろなことを考えると同じ姓にしていた方が良いということもあります。しかし名字を変えることに抵抗を持つ人は多いのようです。

実家が好き

結婚したくない女性の理由の一つに実家が好きで、実家から出たくないというのもあると聞きます。両親の側を離れたくない、一緒に暮らしていきたいという女性も増えてきているようです。

結婚したくない男性の理由10選

まだまだ自由でいたい

結婚は人生の墓場であるなんて言葉がありますが、男性にとっては結婚すると自由がなくなってしまうと思う人が多いようです。結婚してしまうと、いろいろと自由に動けなくなる、他の女性ももっと見てみたいという気持ちがあるでしょう。

縛られたくない

結婚すると、一人の女性(妻)にしばられてしまうことが嫌だという男性も多いですね。浮気がしたいというわけではないようですが、結婚というものにしばられる感覚がするようです。

自分のお金を自由に使いたい

これは男性は特に強く思うようですね。結婚して相手を養わなければいけないと思う人も多く、自由にお金が使えなくなるのが嫌だという人が増えているようです。相手には仕事は辞めて欲しくないという人も多いのです。

責任が重い気がする

結婚すると、いずれ子供もできるかもしれないしと結婚自体に責任を重く感じてしまう男性がいます。女性が働く時代だとはいえ、いざとなったら養わなくてはという重責がプレッシャーになる男性もいるようです。

結婚すると相手を女性として見られない

のでしょう。 男性は、結婚すると恋人が「家族になってしまう」ということで、女性として見られなくなるのではないかということを不安に思っている人もいます。一緒に暮らしていくことで、段々と気を許して緊張感がなくなったりすることで、自分達の関係が変わってしまうのであれば、結婚はしたくないと思う

生活していけるか不安

これは、責任が重いというのに似ています。結婚することにより恋人と夫婦として生活していけるのかがいろいろな点で不安であるという人もいるのです。また、経済的な面でも、やっていけるのだろうかと、そのようなことを考える男性もいるようです。

結婚したい相手がいない

恋人はいても、実際に結婚となると話は別という男性もいるでしょう。また、ただ単に結婚したい相手が全然いないという人もいて、結婚したくないということもあります。一生を共にするかもしれない女性だから、そう簡単には決められない、なら結婚しなくてもいいという考えにたどりついてしまうこともあるのでしょう。

既婚者を見ているとデメリットしか見えない

これはよく聞く話ですね。男性同士で結婚のことを話したり聞いたりしていると、どうしても良いとは思えない。離婚した人も何人か周りにいると尚更結婚ってしない方がいいんじゃないかと思うようです。

子育てが不安

周りの既婚者を見ていても、自分の兄弟親戚を見ていても、子育てというものがとても大変に見えてしまう。そして、ずっと独りでいたことにより、子育てが不安であるという男性もいるのです。女性は妊娠ということで、早くに「母性」を持ち母親になる準備が着々と出来ていきますが、男性はしばらく経たないと自覚が芽生えないとも言われます。

結婚すると、子供はいつか作るんだろうなぁと思うとどうしても結婚が億劫になる男性もいるのです。

独りが長すぎて他人が入る余地がない

長年独身で居続けることにより、何でも自分でできてしまう、家事も仕事も何でもできる男性は増えています。その一方で、結婚に何のメリットも感じず、独りでいる方が楽。独りでいる生活の方がずっと快適で今更他人が入ってくるのが嫌だと感じる男性もいます。

今までは、結婚したいと思うときは「寂しく感じた時」「美味しいご飯が食べたい」なんてこともあったかもしれませんが、時代も変わり、男性も家事ができる人が多くなってきています。自分のことはできるし、仕事はうまくいっているし、恋人もいる。でも結婚は面倒という感じになってしまうのでしょう。

結婚したくない相手の特徴や職業

付き合っていても結婚したくない相手っていますよね。そんな結婚したくない相手の特徴をまとめてみました。是非参考にしてみて下さい。
【性格】ー女性が結婚したくない男性の性格・特徴ー

  1. すぐ怒る人
  2. ネガティブ思考の人
  3. マザコン
  4. 家事ができない人
  5. ケチ

【職業】ー女性が結婚したくない男性の職業ー

  1. 無職(フリーター)
  2. 飲食関係
  3. 医者
  4. 自営業
  5. 美容師

【性格】ー男性が結婚したくない女性の性格・特徴ー

  1. ヒステリック、すぐ感情的になる
  2. ワガママ
  3. 浪費家
  4. 家事ができない
  5. ネガティブ思考

【性格】ー男性が結婚したくない女性の職業ー

  1. 無職(家事手伝い)
  2. 医者、医療関係(看護師)
  3. すぐに辞めそうな職業
  4. 水商売
  5. 実業家

男性も女性も、ネガティブ思考、すぐ怒る人、家事ができない人とは結婚したくないと思う傾向が強いようですね。特に女性が男性に「家事ができない人」とは結婚したくないと思うのは、今後働くことを考えて自分だけにしわ寄せがくるのでは、と心配しているように見えます。

職業の方は、男性も女性も「無職、フリーター、家事手伝い」の人とはあまり結婚したくない人が多いようです。やはり収入が安定していない職業だと不安であるのは男女共通して言えることのようです。

どちらも忙しくてすれ違ってしまうのではないか、という職業が多いように思います。特に女性が医者と結婚したくないと思っている人がいる一方で、逆に結婚したい職業にも入っているのです。高収入で安定はしているイメージがある一方で、もてる、浮気をするのでは?忙しすぎてすれ違うのでは?という不安もあるようです。

男性の方では「白衣の天使」で一見人気のある職業である看護師が、結婚したくない職業に入っているのですが、これも「夜勤があるから」など、忙しさゆえの生活パターンのずれなどを恐れてのことのようです。

結婚ってした方がいいの?

結婚に帯する価値観が多様化してきたこの時代に、この質問は愚問だと言う人も多いかもしれません。結婚した方がいいのか、悪いのかというのはそれぞれの価値観の違いもあり、これがいい!とは言い切ることはできません。しかし、結婚してみないと、その良さも分からないということもあるのではないでしょうか。

離婚というのは、本当に何倍も体力も精神力を使うと聞きます。しかし、離婚するもしないもこれもあなた次第。結婚をどう料理するかは、夫婦それぞれではないでしょうか。離婚に至りたくないから結婚していないというのは理由になりません。

結婚とは、お互いの忍耐も努力もずっと必要となっていくものでしょう。その忍耐や努力を面倒くさいという一言で片付けてしまうと、自分が想い描いていた結果とは違うものが見えてくることもあります。結婚していなくても、それは同じことではないでしょうか。結婚していなくても、何かしら努力や忍耐を必要とする場面は人生の様々な場面で、出てくるのです。

もしもちょっとでも結婚しようかなと考えている人は、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

結婚したくない人についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。結婚の価値観が多様化している今、結婚するもしないも自分達の選択次第ですよね。結婚したからといって必ず幸せになるとも限らないし、逆に独身で居続けることも必ず自由で幸せかと問えば、どちらも「NO」という答えになるでしょう。

結局幸せって人が見てどうこうというわけではなく、自分の心が決めるものだからです。周りから見て不幸かもしれないけど、自分が満足、幸せであればいいのです。それが結婚していようがなかろうが。

結婚しないという人生もそれなりに良いものでしょうし、結婚することも多かれ少なかれ不幸なことも続くかもしれませんが、悪いことばかりじゃないはずです。

自分がある程度年老いた時に、結婚したくない人もした人も「こういう人生を送って幸せだった」と思うことが一番大事なのではないでしょうか。その時にいくら後悔しても人生をリセットすることはできないのだから・・・。