【ママ友がいない】どうしたらママ友はできる?子どもにも悪影響?年齢別の対処法

子育て中のママにとって「ママ友」とはいろんな意味で大きな存在です。気の合うママ友がいると子育てが楽しくなるし、ママ友トラブルを抱えると外に出るのも億劫になってしまいがち。そして何より、ママ友の悩みで一番多いのが「自分にはママ友がいない」と思っていることです。ママ友がいないと子どもまで引っ込み思案になってしまうんじゃないか…そんな風に悩んでいるママに必見です!

「私、ママ友がいないんです…」人見知りのママさんへ

「私、ママ友がいないんです…」という悩みは、実は多くのママが抱えている悩みです。

赤ちゃんが生まれると、初めのうちは慣れない子育てに手いっぱいになっているし、里帰り出産をされている方もいるのであまり気にならないという方も多いです。ですが、生後3カ月を過ぎたくらいから「誰かと話したい」、「赤ちゃんの泣き声から解放されたい」という気持ちが湧いてきて、さらに大きくなると外出したい気持ちが強くなってきます。

赤ちゃんを連れてお出かけをするにも、一人では不安だし、かといってご主人は日中仕事だし…と、募る思いをおさえているママは多いのではないでしょうか。そんなとき同じような年齢のお子さんを持つママ友がいれば、ちょっとメールをするだけでも違いますよね。近所でばったり会って少し立ち話するだけでも、スッキリした気持ちになることもあります。そうなるとやっぱりママ友はいた方がいいんでしょうか。

ママ友ができやすいのは保育園や幼稚園に入ってから

ママ友はどうやったら作れるの?

では実際、ママ友はどうやったらできるのでしょうか。ママ友は子どもを通じて出会う友達のことですので、まずは同じような年齢のお子さんが集まるような場所へ出かけて行かなくてはできませんよね。例えば、ご主人やご自身が勤めている会社の社宅に入れば、似たような年齢の家族が住んでいるので、同じ年齢のお子さんがいるかもしれません。会社で顔なじみの場合もあるので、お近付きにはなりやすいですね。

あとは最近、地域には公民館や児童館、子育て支援センターなど、お子さんが集まる場所が増えてきているはずです。こういった場所に何度か出入りしているうちに、子どもを通じて話すことも増え、ママ友ができてくるのです。ですが、人見知りのママだとそういった場所に出入りしづらかったり、何を話したらいいのか分からずに、結局誰とも話さずに帰ってくるということもあります。

もう少し大きくなれば近所の公園に行ったり、保育園や幼稚園に通うお子さんも増えていきますよね。
保育園や幼稚園に入ると同じクラスで顔なじみができるので、あいさつをしたりしているうちに話すようになり仲良くなっていくものです。ですので、あまり難しく考えなくてもいずれママ友ができやすい環境にはなります。

ママ友がいないと思っていても、幼稚園に入ればできるかも

もし、それでもママ友が欲しいと思っている方は、保育園よりも幼稚園の方ができやすい環境にあります。どうしても保育園は働いているママが多いですし、行事も少ないです。それに比べ幼稚園は親子行事も多く、また朝、子どもたちを送り届けた後にママたちだけでお茶をしに行ったり、幼稚園の帰りにそのまま家で遊ばせるということも多いようです。

ですので、もしお子さんが小さいうちに働かなくてもいい状況であるならば、幼稚園に入れる方がママ友はできやすいと言えます。

それでもママ友がいない保育園ママ

保育園の場合はみなさん働いているママなので、送り迎えのときに顔を合わす程度であまり話す時間はないかもしれません。そうなるとママ友は話しにくいと感じることがあるかもしれません。幼稚園と比べて保護者会や親子が一緒に過ごすイベントが少ないので、会って話すきっかけが少ないのというのも理由としてありますよね。

でも、幼稚園のママからすると、そういったあっさりな関係の保育園ママがうらやましかったりもします。逆に考えると、もともと顔を合わす機会も少ないのですから、無理にママ友を作ろうと思わなくてもいいのです。

ママ友を作る必要はない?!

ママ友がいない人も中には多い

そもそも、ママには学生時代からのお友達はいませんか?お互い結婚してご主人の仕事に合わせて新しい土地に行ってしまっても、連絡はとっているというお友達がいれば、わざわざママ友を作らなくても気分転換はできます!少し大きくなってご主人に数時間でも預けられるようになれば、ママは一人でショッピングに行ったり、お友達とお茶をしたり。そんな風に気分転換ができるようになれば、意外とママ友がいないという方も多いんですよ。

最近ではSNSが流行っていて、フェイスブックやブログなどで「ママ友とお出かけした」、「ママ友とお茶した」などという記事をみているとうらやましくなる気持ちもわかりますが、自分はママ友がいないと焦る必要はありません。

ママ友がいなくて困ること

では、どうしてみなさんそこまでしてママ友を作ろうと思っているのでしょう?ママ友がいなくて困ることってあるのでしょうか。それは次の3つのことが大きいようです。

情報が入ってこない

たとえば、結婚を機に新しい土地に引っ越してきた方にとっては、生活するにあたって地域の情報が重要になりますよね。そんなとき、その地域に長い間住んでいたり、情報通のママ友なんかがいればとっても実のある情報を教えてくれたりします。

最近では地域の保育園や幼稚園、自治体が運営するイベントなんかもあります。未就園児のお子さんを持つママは、毎日お子さんと1対1で向き合っている状態です。「今度あそこでこんなイベントがあるよ!」と教えてくれるのも情報通のママ友だったりします。

イベントのときに話す相手がいなくて寂しい

そのようなイベントに参加したのはいいものの、周りはみんなグループになって楽しそうに話しているのに、自分にはそんな相手がいなくて逆に孤独を感じたりすることがあります。幼稚園や保育園に入ってからでも親子遠足や参観日で話す相手がいないと、せっかく楽しいきっかけがあるのにつまらない思い出になってしまうかもしれません。

悩み事を相談できる相手がいない

特に初めてのお子さんが小さいうちは、子育てが思い通りにいかなかったり、育児書と違うようなときにママは戸惑ってしまうようです。そういうとき、ご両親や保健師さんに相談することもできますが、「こんなことを言ったら自分の努力が足りない」と思われてしまうんじゃないか、「もっとしっかりしなさい!」と怒られてしまうんじゃないかと不安になる方も多いのです。

そういうとき、同じような経験をしているママ友に相談できれば「私も同じような経験をしたよ」、「もっと手を抜いてもこんなに大きくなったよ」と声をかけてもらえることも多いです。つまり、子育てという修行を一緒に頑張る仲間が欲しいんですよね。

それでもやっぱりママ友が欲しい!

「ママ友はいらないっていうけど、私はそれでもママ友が欲しい!」という方もいますよね。そこでここからは、たくさんのママ友がいる方はどうやってその輪が広がっていったのかをご紹介します。

ママ友がいない0歳の赤ちゃんの場合

0歳児の赤ちゃんは、ママからもらった免疫が3カ月ほどで消えてしまうといわれています。生まれて間もないうちは外出することもあまりないと思いますが、それ以降にお出かけする場合は、インフルエンザやノロウイルスなどが流行している時期は避け、気候の良い日を選ぶことをおススメします。

地域によっては曜日ごとに子育てサークルやサロンなど、お友達を作る目的で集まるイベントを開催しているところもあります。あとは、ショッピングセンターや百貨店でも、ベビー服売り場があるところでは盛んに催し物が開かれていることもあります。

平日に行われているイベントでは、主にママがお子さんを連れてくることが多いので、「お子さんは何ヶ月ですか?」、「かわいい服がお似合いですね」などと話しかけるチャンスですよ。きっと相手のママもお友達を作りたいと参加されている方も多いと思うので、比較的お友達はできやすいと思います。

ママ友がいない1歳の場合

1歳くらいになると、お子さんによって成長過程はそれぞれですよね。立っちし始めた子、よちよち歩きの子、ハイハイやおすわりが好きな子、また、好き嫌いが多くて小食な子、食べ過ぎて心配な子などママの悩みも多様になってきます。お子さん同士でも、相手の持っているものに興味を示したりおもちゃを取った取られたのトラブルが増えてくる時期です。そういうトラブルを回避する意味でも、ママ友のいない、1歳から1歳半くらいのお子さんを持つ方も意外と多いですよ。

■公園やお散歩に出かける
活発な子であれば、公園やお散歩など外に出かけてみましょう。室内だとどうしてもおもちゃの取り合いをしてしまうようなお子さんでも、外に出れば興味をひくものがたくさんあるため気が紛れますよ。公園などは同じように活発なお子さんが集まるので、同じような悩みを持つママも多いはず。

「公園デビュー」という言葉がありましたが、最近ではそういう「ボスママがいて挨拶をしないと仲間はずれに…」などということはあまり聞きません。公園に行ったときに「こんにちは」と笑顔であいさつすればきっと打ち解けられると思います。

■子育て支援センター、同じ年齢の集まるイベントに参加する
1歳のお子さんが、赤ちゃんが一緒にいるようなところに行くと、ナデナデしているつもりでも手加減が分からなくて叩いてしまったり、抱き着いているつもりが上に覆いかぶさってしまうということがあります。子育て支援センターでは、日程を決めて同じような年齢のお子さんが集まるイベントを開催していて、お互いに気を遣わなくてもいいような体制を整えてくれています。

ママ友がいない2歳の場合

2歳にもなってくると、幼稚園をお考えのお子さんは「プレ幼稚園」に通うお子さんもいたり、習い事を始めるお子さんもいますね。お子さんによっては本格的なイヤイヤ期に入り、ママも手を焼いていたり、逆に周りのことを理解し始め、おしゃべりができるようになったり落ち着いてくる子もいます。ママも少し子育てに慣れ、新しいことを始めたいと思うことも増えてきます。

■プレ幼稚園に通う
私立の幼稚園などでは、2歳児からプレ幼稚園が始まるところがあります。プレ幼稚園とは3年保育の前に週1回~3回、2~3時間から始めて、最長5時間などの短時間で幼稚園に慣らせるクラスのことです。習い事をしない代わりにこちらでいろいろなことを体験させたいというママもいます。幼稚園によって母子同席のところや、母子分離をはかるところがありますが、同じクラスのママに話しかけるきっかけが作れます。

■習い事を始める
2歳になると言葉が理解できたり、クレヨンを握れるようになったりと始められる習い事も増えてきます。スイミングやリトミック、英語、絵画教室など小さいお子さん向けのクラスが設置されているところがありますので、調べてみてはいかがでしょう。習い事ならいろんな地域から通われている方もいますので、地域に馴染まなきゃ!と気負うこともなく、気軽に話しかけられるかもしれませんね。

ママ友がいない幼稚園ママ

幼稚園は比較的ママ友ができやすい環境にあります。なぜなら働いていないママが多いからです。ですので、同じクラスのママを見かけたら話しかけてみましょう。そうすれば顔見知りからだんだん仲良くなれるかもしれませんよ。

■遠足や参観日など幼稚園に行くイベントがチャンス
毎日のお迎えもいいのですが、遠足や参観日はみなさん目的を持って集まっていますので話すきっかけも作りやすいです。ちょっと勇気を出して話しかけてみるようにしましょう。

■役員になる
幼稚園ではPTAなどの役員を保護者がやることも多いです。役員をやっていると、集まりが多いため幼稚園でのお子さんの様子を知ることができたり、先生とも仲良くなることができます。また、同じ役員のママとも交流できますし、中には学年を超えたつながりができることも。

一見、積極的な方が役員をやっているイメージはありますが、裏方に徹する仕事もあります。字や絵が上手だととても頼りにされます。あなたの得意なことを生かして立候補してみてもいいかもしれませんよ。

ママ友がいない保育園ママ

保育園は主に働いているママが多いので、送り迎えのときもあまり話し込まずあっさりしているかもしれません。ですが保育園でも親子イベントがあったりするので、同じクラスのママとは話すきっかけがあると思います。その機会を逃さないようにしましょう。

■運動会、親子遠足で話すきっかけを作る
保育園で行われるイベントは主に土日に行われることが多いようです。そのせいか、ご夫婦で参加されていることも多く、話しかけるのも気を遣ってしまうかもしれません。ですが、貴重なチャンスですので、同じクラスのママに出会ったときは話しかけてみるようにしましょう。

ママ友がいない小学校ママ

お子さんが小学生にあがると、急に仕事を始める方が増えるようです。ですので、小学校に上がってからママ友を作るのが結構大変なんです。友達だけで遊ぶ約束をしてくるようにもなりますし、いつもどこの誰と遊んでいるの?ということもしばしば。ですので、小学校に上がると参観日や運動会、PTA役員や習い事、スポ少などで保護者同士が交流を深めることが多くなってきます。

■参観日、運動会などのイベントで話すきっかけを作る
幼稚園や保育園と同じように参観日があります。平日に行われるので、仕事をしている方はお休みをもらったり、時間を変更してもらう必要があります。参観のあとに保護者会が開かれることも多いので、できるだけ参加するようにしましょう。

■PTA役員をする
小学校は6年間あるので、大抵の人が1回は役員にあたります。それならば低学年のうちにやっておくことをおススメします。高学年になると手が離れてくるので、仕事をしたいと思うことも増えます。役員の中には頻回に学校に足を運ばないといけないものもあるため、仕事を始めていないうちにしておく方がいいからです。あとは、入学したばかりでも学校によく出入りするうちに様子がよく分かるからです。もちろんやりがいもありますし、顔見知りも増えますよ。

■スポ少に入る
これはお子さんが興味を持ったらということにはなりますが、「スポーツ少年団」のことで、地域で行っているスポーツ活動のことです。土日に行われていることが多く、野球やサッカー、バレーボールなどがよく行われています。試合で遠征に行くこともあり、保護者が主体となってサポートしなければならないので、団結力が必要になります。

毎週行われるので、送迎や当番が持ち回りで合ったり大変なことも多いですが、お子さんにもきっと素敵な経験になりますし、ママ友もできると思います。

あなたが思っているよりもお子さんには順応力が備わっています

みなさんのお母さんのことを思い出してみてください。あなたが小さいころにママ友はいましたか?ママ友がいなかったお母さんのお子さんであったあなたには、お友達ができませんでしたか?

子どもは順応力にすぐれています。公園や幼稚園で初めて出会ったお子さんでも、いつの間にか一緒に遊んでいるものです。あなたが人見知りでママ友がいなくても、お子さんにお友達はできます。先生もいつも一人で遊んでいる子どもを放っておいたりはしませんし、学芸会や運動会などで他の児童と一緒に力を合わせないといけないイベントもたくさんあります。

そういった中でお子さんは経験を積んでいきますので、今あなたにママ友がいなくても心配はいりませんよ。ですが、ママ自身が話せる相手がいなくて孤独で寂しいというのであれば、上に挙げたようなことを