二の腕に触る行動の裏には男女でどんな心理の違いがあるのでしょうか?異性、特に好きな人にボディタッチされるとどうしても意識してしまいますよね。ボディタッチにも色々ありますが、特にあの人の真意を知りたい、そんなあなたは必見ですよ。

二の腕に触りたい!男女別の心理に違いはあるの?

頭や顔、手や髪など、異性に触れられると思わずドキッとしてしまいますよね。中でも二の腕は、距離が近いような近くないような微妙な場所です。相手が二の腕に触れてくるとき、一体どんな気持ちなのでしょうか。単なる下心?それとも恋愛感情?また男性の場合と女性の場合ではどう違うのでしょうか。今回はそんな男女別の心理についてご説明します!

「相手に触れる」ことに隠された心理って?

触る事=好意を示す事?

ボディタッチには色々な種類があります。頭をぽんとなでられるとか、ほっぺをぐにぐにされるとか…。されたほうとしては気が気じゃないですよね。「どういうつもりなんだ!」と真意を問いただしたくなってしまいます。これって脈ありって思っていいの?と悩んでしまうこともあるかもしれません。でも、「相手に触れる」という行為は「触れたい」と思う気持ちがあって初めて生まれるもの。自分自身の好意を相手に示す好意なんです。

ボディタッチは嫌いな相手にはしない

「好意」とひとくちに言っても、残念ながらそこに込められた意味は恋愛感情だけではないのは事実です。単なる「親愛の情」や「妹的感覚」、または「マスコット的可愛がり」だったり、中には単に性的欲求の現れだったりすることもあるかもしれません。

けれど、いずれも相手に親しみを感じ「近づきたい」という思いがあって初めて出てくる行動です。隣にいる人の肩をぽんぽんと叩いてみてください。相手はこちらを振り返りますよね。どんなボディタッチも、「相手の関心をこちらに向ける」という意味合いがあります。嫌いな相手、興味の無い相手にこっちを向いて欲しいと思いますか?程度の差はあれど、少なくとも相手に好意を持たれていると思ってもいいかもしれませんね。

二の腕を触ってくる男性の心理って?

女性の反応を知りたい!

ボディタッチは相手の関心を引く行為。では具体的に、男性が二の腕を触るという行動にはどんな心理が隠されているのでしょうか?

二の腕へのボディタッチは他の部位と比べて真意が少し掴みづらいというのが正直なところです。例えば頭は「可愛いな」と思った時に手が出やすい場所ですし、手を握るのは「相手と近づきたい」という明確な意志があります。しかし二の腕はそこまで深刻ではなく、それでいて肩などよりはもう少し親しみがこもっています。

男性側の真意がつかみにくい…それはつまり、男性側も自分自身の気持ちや女性の反応を探っている状態といっていいでしょう。二の腕に触れたとき、女性がどんな反応をするかでこれからの接し方が変わってくるかもしれません。あからさまに引かれたらそれまでですし、反応がよければこれからもっと仲良くしたいと思うのかも。

反応を楽しんでいる

気持ちを探る段階を超えて、彼氏のような親しい間柄でちょいちょい触ってくるような場合は、単純に相手の反応を楽しんでいるだけということも。好きな子にちょっかいを出したくなるあの心理です。しかし、関係が冷えているとちょっと触って遊びたいなんて気持ちも起きません。「めんどくさいなー」なんて思わずに、仲の良い証拠と思って彼に付き合ってあげてくださいね。

単純に、気持ちがいい!

二の腕は、女性の体の中でもとくにぷにぷにして柔らかい部分です。 自分の二の腕をつい癖で触ってしまう女性も多いそうですよ。男性としても、あの柔らかな感触が気持ちが良くてつい触れたくなってしまうケースがあるようです。女性としてはぷにぷにの二の腕は気になる場所でもありますので、正直複雑な気持ちになってしまうかもしれませんね。

ズバリ!下心がある

ただ単に柔らかさを楽しむだけならまだ許せるのですが、たちが悪いのがこのケース。「二の腕の柔らかさと胸の柔らかさは同じ」という言葉を聞いたことがありませんか?実際は都市伝説的なデタラメで、筋肉のつき方や脂肪量も異なる胸と二の腕の感触はまったくの別物。しかし、女性ならではの柔らかさに性的魅力を感じる男性も多いんです。

いわゆる胸やお尻などよりも、ずっとフランクに相手の反応を確認できるのが二の腕。軽く触れてみて女性がどんな反応をするかで性的な関係までこぎつけられるか探っている不届き者もいますので要注意ですよ!

太っていることの確認ではない

気をつけてほしいのは、男性が二の腕を触ってくるからといって「お前太ってるな~」という意味ではないということ。むしろその感触が気に入ってつい手が伸びてしまうのです。

女性としては「脂肪がついている」「たるんでる」とコンプレックスを指摘され続けているようで腹が立ち、ついつい怒ってしまうかもしれません。しかし相手に「失礼なことをしている」という意識はないのです。不快であればもちろんそれを正直に伝えることももちろん大切ですが、いたずらに傷つく必要はありませんよ。

心の距離を縮めたい

単に感触を楽しむにせよ、他の意図が込められているにせよ、フランクなボディタッチよりも少しハードルの高い二の腕。ここへ触れたいという意識の底には、「触れても許してもらえる距離でいたい」という男性側の心理が潜んでいます。二の腕に触れてくる男性は、女性との心の距離を今よりももっと縮めたいと思っているはずですよ。

二の腕を触ってくる女性の心理って?

誤解しないで!それは単なる好奇心かも

柔らかな女性の体とは対照的に、筋肉質でがっちりしているのが男性の体。自分とのあまりの違いについ「ちょっと触ってみてもいい?」と聞きたくなってしまう女性も多いはずです。

女性に触れられるとついドキッとしてしまうのが男性というもの。しかし、ピュアな男性と比べて女性は「まったく他意無しにスキンシップをとれる」ということをお忘れなく!期待したのはいいけれどその気になっているのはこちらだけ…なんて危険性も。相手の心理をよく読むか、「そんな高等技術は無い!」という方は安易に舞い上がらないようにしましょうね。

こっちを意識させたい!仲良くなりたい気持ちの現われ

好きだから触れたい、こんな気持ちは男性だけではありません。女性のそれに比べて男性の二の腕は触りやすくスキンシップのハードルが低いので、振り向いて欲しい、関心を持って欲しい、こちらを向いて欲しいといった気持ちがついタッチになって現れやすい場所といえます。さりげなく二の腕に触れてくる女性は、脈ありと思ってもいいかも?

しかし注意が必要なのは、過剰なアピールをしてくるタイプ。相手が動揺することを知りつつも無邪気を装って二の腕にタッチしてくる手練です!このタイプは相手の二の腕を触るだけでなく、「凄く固いね!私のと全然違う」などと言って自分の体を触らせることも。恋愛上級者なのでよほど自信がない限り要注意なタイプですが、むしろ振り回されたいなら身を任せてしまいましょう。

単なる可愛さアピール?

繰り返しになりますが、男性は女性に触られるとついドキッとしてしまう生き物です。「あなたと仲良くなりたい」という個人的な好意ではなく、「相手をドキドキさせている自分」に満足している女性もいるということをお忘れなく。このタイプはスキンシップ自体を楽しんでいるので、こちらがその気になると「そんなつもりはなかった」とさらりとかわしてしまうので気をつけて。

心の距離を縮めたい?女性の真意はどこにある

男性の二の腕は、女性にとって案外触りやすい場所。男性に比べてフランクにタッチできるだけあって、恋愛感情の有無をそれだけで測るのは難しいかもしれません。しかし、嫌な相手に触りたくないという感情は男性よりむしろ強いので、嫌われていないことは確か。二の腕タッチだけでなく色々な言葉やしぐさから相手の真意を読み取りましょう。

まとめ

男性でも女性でも、相手との親しい関係があって初めて成り立つボディタッチ。二の腕へ触れることは、相手に近づく第一歩かもしれません。上手にスキンシップを重ねて心の距離を縮めていってくださいね。