【人間関係に疲れたら】原因や対策法を解明して適切な対策を取るための方法

生きていれば必ず通る人間関係の悩み!何が原因なのか知っていますか?人間関係に悩まないように適切な対策をとりましょう。

人間関係が悪くなるのは自分のせい!?

人間関係に悩みを抱えている人は非常に多いです。生きていれば必ずと言っていいほど、通る道です。人間関係に悩みが出ることで、他の悩みが増えてしまうこともあります。
なぜ人間関係に悩みを、抱えてしまうのでしょうか?

嫌な人や、優しくない人が多いから?
自分に何が原因があるから?

理由は考えれば考える程出てきますよね。
どんな人と関わっても、人間関係がうまくいかない人は、自分に何かしら問題があるのかもしれません。
自分が当てはまっているなと感じたら、しっかりと改善するように心がけてみてください!

以下の内容に当てはまっていたら自分に原因がある可能性かとても高いです。

自分自身の事が嫌いな人

自分自身の事が、嫌いという人は少なくありません。これは自分自身に、何かしらのコンプレックスを、抱えていることが原因だと考えられます。

自分自身の事を好きになれない人は、他人とうまく付き合っていくことができない傾向があります。
自分自身が好きになれないことで、他人の事を考える余裕がなくなってしまうからです。自分自身を好きな人は、自分に対しても思いやりを持つことができます。

なので、自分を大切にすることができるのです。自分に思いやりをもち、大切にすることで、自然と他人にも思いやりを持てるようになります。
しかし自分自身を好きになれないことが原因で、他人に思いやりを持って接することができなくなります。

これが人間関係がうまくいかない原因となってしまうのです。思いやりを持って接してくれない人と、親しくなろう、仲良くなろう、と思う人は少ないですよね。
自分では気がつかないうちに、相手に不快な思いをさせてしまっている可能性があるので気をつけるようにしましょう。

自分自身の事が好きな人は、人間関係への悩みが比較的少ないと言われています。自分を好きになることは難しいことですが、なるべく自分自身を受け入れて、あげるようにできると良いでしょう。

過去のトラウマを引きずる

職場や学校などさまざま場面で、人間関係がうまくいなかったという経験を持っている人はたくさんいるはずです。

人間関係が一度うまくいかなくなってしまった事が原因で、立て続けに人間関係がうまくいかなくなることもあります。
これは、過去に人間関係がうまくいなかったことに対して、トラウマを抱えていることが原因です。
一度人間関係がうまくいなかなくなることで、再び人間関係が壊れたらどうしよう。という考えが起こるようになります。
これを自覚している人もいますが、中には無意識の間に頭や心の中でも考えている場合もあります。一度人間関係がうまくいかなくなると、人間関係は苦手という認識をします。
苦手意識があることで、他人とうまく接することができなくなることが原因だとされています。

人間関係がうまくいかなかった時に、新たな環境でリセットすることができる人は、失敗を生かして、人間関係をうまく築くことができます。しかし少しでもこのようなマイナス思考があることで、無意識のうちに、自分自身が控えめになってしまうのです。

過去のトラウマを抱えていては、どんなに良い人とでも人間関係はうまく築くことはできません。生きていれば必ずと言っても過言ではありません。
そのため何度も何度も人間関係に悩まされるのですから、一度の出来事を後に引きずる必要はないのですよ。

被害者意識をもつ

これも一度人間関係をうまくいかなかった人に多く見られることです。これは一度人間関係がうまくいかなかった時に、自分が被害者であると認識をすることが原因です。
確かに、人間関係がうまくいかない原因は、自分自身だけにあるわけではありません。運悪く、性格の悪い人と関わる機会があることでも人間関係はうまくいきませんよね。

そんな時に、被害者意識を持ってしまうことはよくあります。しかし自分自身が被害者だと、認識をすることで、他人の顔色を伺うようになってしまうのです。
「これをしても大丈夫かな?」「これを言っても大丈夫かな?」と無意識のうちに頭の中でも、考えてしまっていませんか?人の顔色ばかりを伺っていては、人前で堂々とした態度で入れなくなりますよね。
そうしたことで、「どうせ自分は…。」と言う思いを抱くようになります。
ひどい時には、他人を信用できなくなってしまうこともありますよ。このようなことが原因で、周りの人から「付き合いが悪い人」「気分屋」と思われるようになることで、人間関係がうまくいかなくなってしまうのです。

時には人の顔色を伺うことも必要です。しかし常に顔色を伺うような関係しかできない人は、要注意しなければいけません。

自分が正しいと思い込む

これは人間関係がうまくいかない人に多く見られることです。中には全て自分が正しいと思っている人もいますよね。

自分の意見が正しい、自分が中心、という考えを持っている人は要注意です。
このような考えを、持っていることで、他人の話を聞かない、周りの調和に合わせることができない、ということが起こるようになります。
周りの人が息を合わせているのに、自分がそれを乱していませんか?確かに自分の意見が正しいこともあります。

全てが間違っている訳ではありません。しかし、他人が間違っているときに、本人を目の前に「これは間違っている。」「おかしい。」「直しなさい。」とあからさまに言うことで相手は不快な思いをします。

もし自分が逆の立場なら、嫌な思いをしますよね。
相手に不快な思いをさせることで、相手が自分に心を閉ざしてしまうことが原因です。また客観的に自分の意見が間違えている場合も同様です。
自分が正しいと思い込むことで、相手の意見を聞き入れることができないために、相手を不快な思いをさせてしまうのです。

表面的な付き合いしかできない

自分自身が相手に心を閉ざしてしまってはいませんか?人間関係がうまくいくコツは、お互いに心を許すことです。
しかし自分自身が相手に対して、 バリアを張ってしまうことで、相手もそれ以上近づくことができます。
そのため次第に相手も、自分自身に対して、バリアを張ってしまうのです。お互いがバリアを張ってしまえば、当然人間関係がうまくいくはずがないのです。

これは真面目なタイプの人に、多く見られる原因です。相手に心を開くことは、とても難しいことですよね。もちろん、全ての人に心を開く必要はありません。

しかし、長く関わらなければいけない人には、まず自分から心を開くことが大切なのです。お互いが心を開かずに、関わり合うことで、表面的な付き合いしかできなくなります。

必要以上に関わりたくない人とは、このような関係でも問題ありません。しかし人間関係をうまく行かせたいと思うのなら、まず心を開くことが何よりも大切なのです。
表面的な付き合いでは、うまくコミュニケーションをとることができませんよ。うまくコミュニケーションが取れなければ、良い人間関係を築くことはできないでしょう。

独りよがりになる

他人の事を、第一に考えて行動することはとても良いことです。しかし度が過ぎてしまうと、反対に人に迷惑がられてしまうこともあります。
相手を思いやっているのに、相手の事を考えているのに、人間関係がうまくいかない人は、これが原因の場合が多いです。
独りよがりで相手に何してあげようとしていませんか?例えば「これをしたら相手は絶対に喜ぶ」と思うこともありますよね。
それを実行することで、相手が喜ぶ場合もありますが、単なる自分の思い込みの可能性も少なくありません。

そのためその行為が思い込みだった場合には、逆に相手を不快にさせてしまうのです。
人によっては「おせっかいだ!」と腹を立ててしまうこともあるでしょう。

これはデリカシーのない自信家の人に多く見られることです。「良かれと思ってやった」の言葉の中には「せっかくしてあげたのに」と言う心理が隠れていませんか?
このような心理になることで、失敗を生かすことができなくなるため、何度も同じことを繰り返すようになるのです。

何度も何度もお節介をしてくる人を、好きになることはできませんよね。これが、人間関係がうまくいかない原因です。

その場の雰囲気を読めない

空気を読むことはとても大切です。しかし空気を読むことは、とても難しいことですよね。人間関係がうまくいかない人の典型的な特徴と言っても過言ではないのが、「その場の空気を読めない」ことです。

どんなに明るくて、いい人でも、その場の雰囲気を、読むことができなければ、より良い人間関係をつくることはできません。
明るくて、人見知りをしない人や話が上手な人は、周りから好かれる傾向があります。確かに、人から好かれて、人間関係をうまくいかせるためには欠かせないことです。

しかし、このような要素を持っている人でも空気を読むことができなければ、嫌われてしまうのです。初めのうちは、人気があり、誰からも好かれているのが特徴です。
時間が経つにつれて、どんどん人が離れて行ってしまうため、気がついた時には、人間関係がうまくいかなくなっているのです。

また、空気が読めない人は、比較的友達はたくさんいます。友達がたくさんいたとしても、表面的な付き合いだけの友達の場合が多いのも特徴の1つです。
場の雰囲気を読むことは難しいけど、人間関係を築く上ではとても大切なことですよ!

自分が原因ではない場合にはどんなことが原因?

中には自分には何も原因がないのに、人間関係がうまくいかなくなることもあります。これはほとんどの場合、相手に何かしらの原因があるからです。
先ほど紹介した、自分自身が持っている原因を相手が持っている場合には、自分がいくら努力をしても、人間関係はうまくいかないでしょう。
そういう人と、無理に人間関係を築こうとすることで、反対に自分が周りの人から嫌われてしまうこともあります。
自分には何も非がない場合には、無理に人間関係を築こうとせずに、表面的な付き合いをすることがオススメです。

無理に人間関係を築くことで、自分の負担になることもあります。人間関係のトラブルは過剰なストレスを抱えることもあるため、要注意しなければいけません。
100%相手に非がある場合には、運が悪かったと気持ちを切り替えるようにできると良いでしょう。

子供が人間関係に悩んでいたら

子供が人間関係に悩むことは決して少なくありません。まだ人との関わりをうまくできない子供は、ちょっとしたことでも、人間関係に悩んでしまうのです。

中には、人間関係がうまくいかなくなったことを、誰にも話せずに、小さな身体で抱え込んでしまうこともあります。
自分から話してくれれば、一緒に解決することができますよね。しかし子供が何かを抱えているときには、元気が無くなったり、食欲が低下したりすることが多いとされています。

少しの変化にも気づいてあげられるように、普段から子供との関わりを大切にするようにしましょう。また子供が人間関係に悩んでいるときには、人生の先輩として、適切なアドバイスをしてあげられると良いでしょう。
この時に大切なことは、まずは子供に解決させるようにすることです。真っ先に親が解決してあげては、意味がありません。

1つ1つアドバイスをもらいながら、自分では解決することで、子供は少しずつ成長していくのです。
ただ、子供が人間関係に悩んでいるときには、真剣に向き合って、気持ちを聞いてあげるようにしましょう。

自分でできる、人間関係を築くトレーニング

苦手な人とは「こんな関係になりたい」という目標をつくる

人と関わりを持っていれば、必ず苦手な人が出てきます。苦手な人と人間関係を築くことはとても難しいですよね。
そんなときに行って欲しいのが、「この人はこんな関係になりたい」という目標を設定することです。ストレスには2種類あります。

1つ目は「やる気が起こらなくなるストレス」、2つ目は「やる気が起こるストレス」です。単にストレスといっても、効果は正反対です。人間にとって、やる気が起こらなくストレスは悪いストレスです。
悪いストレスは身体や心に大きなダメージを与えてしまいます。しかしやる気が起こるストレスは現状を変えるためにも、必要なストレスなのです。

苦手な人とどうありたいかを考えることが大切です。簡単なことで構いません。

例えば「この人とは悩みを相談しあえる関係になりたい」「この人とは挨拶をする関係になりたい」というようなもので良いのです。
このように目標を設定することで、設定をしてから苦手な人と付き合うことで、ストレスをやる気が起こるストレスにすることができます。

そして設定をすることによって、自然と人間関係がなぜうまくいないのかがわかるようになるでしょう。

今している仕事と期待されているズレを考える

仕事で人間関係がうまくいかなくなる原因としては、自分がしている仕事の内容と上司が自分に期待しているレベルが違うことが多いです。

仕事で自分がどんなことに期待されているのか、自分がちゃんと上司に期待されているのかがわからないことも、ありますよね。
この原因によって人間関係がどんどん悪化してしまうのです。今、自分がやっている仕事は、本当に期待されていることなのか、この仕事をどれだけこなせばいいのかという不安を抱えるようになります。

このような期待感のズレによって、上司との人間関係が、うまくいかなくなるのです。まず大切な仕事を任されたときには、仕事との内容と上司が考えている期待のレベルを、しっかりと考えましょう。
そうすることで、不安を取り除き、期待通りの仕事を、こなすことができるようになります。どうしても分からない時には、仕事を依頼した人に、直接聞くようにすると良いですね。

また、期待されていることを、紙などに書き留めておくことも大切です。仕事の内容と期待のレベルが違うことに、気がついたら、これが人間関係の悪化を招いているかもしれません。

自分の欠点を人に聞く

自分に何かしらの原因があることで、人間関係が、うまくいかないことはよくあります。しかし、自分の欠点は、自分では気がつかないことが多いです。
そこため人間関係がうまくいかない原因を把握することができないこともあります。自分の欠点を、自分で見つけられない時には、まず身近な人に、自分の欠点を、聞いてみましょう。

なんとなく自分の欠点がわかっている場合でも、他にも欠点があることもあるので、一度聞いてみると良いかもしれません。
また、身近な人に欠点を、聞くときには、なるべく多くの人に聞くようにしましょう。共通したことを言われる場合なら、早期に、欠点を直すようにしたほうが良いでしょう。

欠点を聞くとき、言い訳や反論をしてしまうと、相手に不快な思いをさせてしまいます。広い心で受け止める努力をしてください。
仲のいい人だけではなく、部下や上司、親、別の部署の人などに聞いてみるようにしてください。仲のいい人ばかりでは、本当の欠点を、話してくれない場合もあります。

自分の考えを疑う

人間関係がうまくいかない人の多くは、自分の考えが全ての正しいと思い込んでいることです。自分の思い込みや固定概念によって、どんどん人間関係が悪化してしまいます。

人間関係がうまくいかないときには、双方の関係が歪んでいるからです。この歪みは、「◯◯するべきだ」という固定概念によって、簡単に起こります。
「◯◯するべきだ。間違えている」という考えや言葉によって、人に不快な思いをさせてしまいます。この価値観の違いによって、人間関係が悪化してしまうのです。

中には、自分の意見や考えが合っている場合もあります。しかし、必ずしも自分が正しい訳ではない。ということを、頭の中には入れておくようにしましょう。

意見や考えの違いによって、トラブルが起きそうになった時には、一度冷静になりましょう。自分の考えが、本当にあっているのか、この意見は突き通すべきなのか、考えることが大切です。
例えば「上司が自分のことを理解してくれない。」と不満を持つこともありますよね。
そんな時は、「上司は、部下の意見を尊重するべきだ。」という固定概念があるのです。これは、固定概念に過ぎないのです。

まずは、自分の考えや固定概念を冷静になって見つめ直してみてください。そうすることで、真実が見えてくるはずです。

嫌われることを恐れない

人間関係かうまくいかなくなることを恐れる人は少なくありません。また人間関係は、相手を信頼して、心を開くことが大切です。
「この仕事を頼んで、嫌がられたら」
「これをお願いして嫌われたら」
「これを言って嫌な思いをさせたら」
と考える人は多いです。

しかし、このように人の顔色ばかり伺っていては、良好な人間関係を築くことはできません。まず、自分自身が嫌われることに、恐れないということが大切です。
人の顔色ばかり伺っていては、自分を圧迫していくだけです。こうして抱えたストレスによって、人間関係はどんどん悪化します。

今まで「嫌われたらどうしよう」と考えるのが普通になっている人は、改善するのはとても難しいです。そんな時にはまず、「嫌われてもいい」と声に出してみましょう。
声に出すことは大切なことです。声に出すことによって自然に「嫌だ」を「いい」に変えていくことができるのです。

1度声に出しただけでは、「嫌われてもいい」と思えない。という時には、何度も何度も声に出すようにしてみてください。
何度も口に出すことで、気がついた時には、人の顔色を伺わずに、人と上手に関われるようになっているはずです。

苦手な人のどこが嫌いなのかを人に話す

苦手な人の嫌な部分が目につくようになると、これが原因で、自分自身を苦しめてしまうことがあります。一度嫌いになると、どんどん悪いところが見ててくる。ということはよくあることです。

それはこのように、1つの嫌いな部分が、自分を苦しめているからです。これが自分自身のストレスとなり、相手の良いところが、見れなくなってしまいます。
こうしたことが、悪循環になって、どんどん人間関係が悪化してしまうのです。まず苦手な人のどこが嫌いなのかを、人に話すようにしましょう。

また、苦手な人と、自分の共通の知り合いには絶対に話さないようにしてください。もし、話した相手が、苦手な人に伝えてしまったら、さらに関係が悪化してしまいます。
全く関係のない人に、「こんな人がいて、こんなところが嫌い」と愚痴を聞いてもらってみてください。そうすることで、自分自身のストレスを解消して、相手を広い心で、受け止めることができるようになるのです。

人に話した時には、話した内容とそれに対して行った自分の行動を、客観的になって見つめ直してみてください。
そうすることで、自分にないものを持っている相手への嫉妬だった。嫌いだと思っていたことは、とても小さいことだった。と気がつくことができるようになりますよ!

ただ、特定の人に毎回、愚痴ばかりを話すと、聞いている方が、嫌な気持ちになってしまうので、気をつけてください。
誰かに話せない時には、紙に書いて、客観的になってみるのもオススメの方法です。

人間関係が悪化した時の改善方法

お互いに思っていることを話す

人間関係はお互いに不満を抱えていたり、意見の食い違いが起こることが原因で、どんどん悪化します。人間関係が悪化しすぎてしまうと、修復することが、難しくなります。自分が不満を抱えているように、相手も不満をかかえていることは、とても多いです。
一度真剣に向き合って、お互いの不満をぶつけ合いましょう。この時に大切なことは、相手の不満を素直に受け入れることです。
不満を言われたからといって、腹を立ててしまえば、何も意味がありません。言われた不満を、しっかりと改善することを心がけるようにしてみてください。

このように、不満をぶつけ合うことで、お互いのわだかまりを取り除いて、人間関係を修復することができます。また今まで以上に、良い関係になるでしょう。
「喧嘩するほど仲がいい」という言葉を、知っている人は多いですよね。これはこの言葉のように、喧嘩をすることで、不満を解消させる効果があるのです。

ただ、話し合う前に、しっかりと頭の中を整理して、いってもいいことと、悪いことの区別はしっかり区別するべきです。感情的にならないことが大切です。
しかし、感情的になるかもしれないと感じた時には、第三者に立ち会ってもらうのもよいですよ!

自分を変える

まず、自分の何が悪いのかを、把握してください。自分の中にある原因を少しでも改善できるように、努力しましょう。

初めから、全てを完璧にする必要はありません。一度に全てを、変えようとすることで、自分の心や身体が、壊れてしまいます。
欠点を常に頭に入れておくことから、始めましょう。常に意識をしておくことで、1つ1つの行動を、気をつけることができるようになります。

また、少しでも、改善できるようになったら、完全に直す努力をしてみてください。まず、自分から、相手に歩み寄ったり、心を開くことから始めましょう。自分が心を開けば、相手も心を開いてくれるでしょう。
焦る必要など、全くないのです。1つ1つをクリアしていくことが、大切です。自分の欠点や相手との関係を修復するための順序を、紙にリストアップしておくと良いですよ。
1つを完璧にできたら、消していくなど、順序よく自分を変えることができます。一番大切なことは、時間がかかっても、欠点を全て直すことです。

焦り過ぎて、全てが中途半端になってしまったら、なんの解決にもならないでしょう。

嫌な人の行動にいちいち反応しない

自分が嫌いだと思っている人の、行動はいちいち気になってしまいますよね!またその1つ1つの行動が、カンに触るようになってしまいます。
このようなことが起こることで、余計に相手を受け付けなくなってしまうのです。相手を受け付けることができなければ、自然に人間関係は悪くなりますよね。
少しでも、人間関係を修復しよう。という気があるのなら、まずは、1つ1つの行動を、気にしないことが大切です。

「あーまたか。」
「まあいいや」
と、サラリと流せるように、努力してみてください。

また、どうしても、受け入れられない時には、関係を修復するのではなく、極力関わらない努力をしてみてください。
わざわざ、苦手な人と関わって、ストレスを溜める必要はないのです。

優しく指摘しても、相手が改善しない場合には、ある程度のところで、諦めることも必要ですよ!そんな人とは、上辺だけの関係性を続けるようにしましょう。

一度ひとりだけの時間を作る

人間関係がうまくいかなくなった時には、まず、一人でしっかりと自分と向き合う時間を設けましょう。人間関係がうまくいかなくなることで、悲しい感情になったり、怒りの感情が出てくるため、冷静な判断ができなくなってしまいます。
何が原因だったのか、どうしたら良いのかを、一人で冷静に考えましょう。冷静な状態になるためには、心も身体もリラックスをさせることが必要になります。

自分の好きなことをして、リラックスしたり、お風呂にゆっくり浸かったり、マッサージをして、しっかりと、リラックスさせましょう。
リラックスした上で、しっかりと原因や改善方法を考えてみてください。一人で自分と向き合うことで、新たな自分を発見できることもありますよ!

自分を成長させるためにも、人間関係を修復させるためにも、自分と向き合うことが大切です。なかなか自分と向き合う機会は、ありませんよね。いいチャンスだと考えてみるようにしてみてください。

人間関係がうまくいかなくなった時に、困らないように、頭の中には入れておこう!

このように、人間関係がうまくいかない原因はたくさんあります。また人間関係の悩みは、誰しもが抱えることです。

1度や2度、人間関係がうまくいかなかったからといって、落ち込む必要はありません。しかし、たくさんの人とうまく築けない場合には、自分にも何かしらの原因があることが、多いです。
自分の欠点や原因をしっかりと把握しなければ、この先も人間関係をうまく築くことはできないでしょう。

まずは、一人の時間をつくり、冷静な状態で、自分と向き合うようにしましょう。どうしても分からない時には、人に頼って、欠点や原因を教えてもらうようにしてみてください。

また、原因が、しっかりとわかったら、改善する努力をしなければいけません。今まで、それが当たり前の生活を送っていた人もいるでしょう。
当たり前をすぐに改善することは、とても難しいことです。焦らずに、自分のペースで、改善できるように、努力してください。

一度に全てを改善させようとすることで、それがストレスになってしまいます。長期的な改善を行い、気がついたら、人間関係をうまく築けるようになっていればいいのです。
相手に原因がある場合には、深く考え込まないようにしてみてください。相手に問題がある場合には、自分で努力をしても改善されないことが多いです。
そんな時には無理をせずに、上辺だけの関係を築くことも頭に入れておきましょう!