疲れている彼氏にねぎらいの言葉を!心を動かす3つの言葉とNGワード

疲れている彼氏にねぎらいの言葉をかけてあげたいと思うこともありますよね。しかし、この時に自分は相手の事を考えたつもりなのに負担だと思われるようになってしまったという事もあるのです。ねぎらいの言葉とはどんなものなのか7、どんな言葉をかければ喜んでもらえるのかをしっかりと把握しておくように出来るといいですね。

そもそもねぎらいの言葉ってどんな意味なの?

ねぎらいの言葉がどんなものなのかわからないという人も多いかと思います。ねぎらいの言葉をかけたつもりだったのに、相手を不快な気持ちにさせてしまったという事もあるかもしれませんね。人にねぎらいの言葉をかける前に、ねぎらいの言葉とはどんなものなのかという事をしっかりと把握しておくようにしましょう。

ねぎらいの言葉は、階級社会や封建社会において、立場や身分が上のものが、部下や身分が下の者が、一生懸命に努力していることなどにたいして、苦労をかけてるなという思いを込めて、「ご苦労でした」とその努めをねぎらったことから、きています。

昔は、地位の高い人が低い人に向かってねぎらいの言葉を掛けるのは一般的でした。そのため地位が低い人が高い人にねぎらいの言葉を掛けることは「失礼なこと」だと認識されていたのです。しかし、近年では自分や相手の立場に関係なく人にねぎらいの言葉をかけるようになってきましたよね。ねぎらいの言葉を掛ける際には、どんな言葉を活用すればいいのかをしっかりと把握しておくようにしましょう。

ねぎらいの言葉は「お疲れ様」それとも「ご苦労様」!?

ねぎらいの言葉を掛けるときに「お疲れ様」と「ご苦労様」どちらを活用するべきなのかという事を悩んでしまう人もいるかと思います。同じような言葉のように思っている人も少なくありません。しかしこの2つの言葉にはニュアンスの違いがあるのです。

「お疲れ様」は基本的に立場に関係なく誰にでも活用することが出来る言葉となっています。そのため自分よりも年上の人や年下の人にかけるねぎらいの言葉として活用することが出来るのです。「大変でしたね。お疲れでしょう。ゆっくり休んでください」というように年の差に関係のないねぎらいの意味が込められてます。

「ご苦労様」は語源が殿様から家臣へのねぎらいから来ているために、今でも立場が下の人が目上に対して使うと、もの知らずな人、無礼な人、だと思われる危険があります。上司が部下の労をねぎらう言葉であるという認識を持って、みだりに使わない方がよさそうです。

このようなことからねぎらいの言葉を掛ける際には「ご苦労様」ではなく「お疲れ様」を活用すれば十分だと言われています。気を遣ったつもりでも相手に不快な思いをさせてしまう可能性もあるので「ご苦労様」はなるべく使わないようにしたほうがいいのかもしれませんね。「お疲れ様」を活用すればねぎらいの言葉として十分に人付き合いをしていくことが出来るかと思います。

目上の人にねぎらいの言葉を掛けるのは失礼なことなの!?

本来のねぎらいの言葉は、あくまでも目上から、仕えている部下や使用人、又は身分が下の者の努力や尽力にたいして、その労に報いるための言葉です。ですから目下のものが、ねぎらうのは、おかしなことになります。

しかし目下とはいえ、上司の苦労を見ていたら、その努力を私は、良く判っています。とねぎらう気持ちを伝えたくなります。目上とはいえ苦労を共にしているという思いがあるからです。

このようなことから近年では、年齢や立場に関係なくねぎらいの言葉を掛けるようになってきているのです。しかしこの時に言葉の選択を間違えてしまえば「常識のない人」というような印象を持たれるようになってしまう可能性もある為注意をしましょう。

しっかりと言葉のニュアンスを把握した上でねぎらいの言葉を上司に掛けるように出来るといいですね。昔は目上の人に対しては「お世話になりました」というような言葉を活用していました。しかし実際にし上司が帰宅する際に「お世話になりました」というのは不自然な印象がありますよね。このような場合には「お疲れさまでした」というようなねぎらいの言葉を使うようにしてもいいかと思います。

仕事で疲れている彼氏に喜ばれる7つのねぎらいの言葉

仕事で疲れている彼氏、そんな彼氏にねぎらいの言葉をかけるとしたら、どんな言葉をかけますか?どんな言葉だったら、彼氏は喜んでくれるでしょうか?疲れている彼氏が、笑顔になれるような言葉、少しでも疲れが癒せるような言葉を、探してみましょう。

満面の笑みで「いつもお仕事お疲れ様」

多くの男性にとって好きな人の笑顔はどんな薬よりも効果的だと言われています。どんなに疲れていても彼女の笑顔が見れれば頑張れるという男性は少なくありませんよね。毎日彼氏が仕事で疲れているかもしれないと感じた時には、なるべく彼氏の前では笑顔で入れるように出来るといいかと思います。

彼氏の側で笑顔でいるだけでも、彼氏は「好きな人の為に頑張ろう」というような気持ちになることが出来るのです。またねぎらいの言葉を掛けて少しでも癒してあげたいと思った時には、自分なりの満面の笑みで「いつもお仕事お疲れ様」と一言声を掛けてあげるように出来るといいかもしれませんね。

心配そうに「あまり頑張り過ぎないでね」

彼氏が毎日仕事で頑張っていると感じた時には「あまり頑張り過ぎないでね」という言葉を掛けるように出来るといいかと思います。このような言葉は「彼氏を心配している言葉」だと判断することが出来ますよね。しかし、実際にはそれだけではなく「彼氏が一生懸命に頑張っている事を知っているよ」という意味も込められているのです。

自分の好きな人から、日頃の頑張りを認めてもらった上で心配の言葉を掛けてもらえれば、嬉しい気持ちにならない人はいませんよね。この一言を伝えるようにするだけでも彼氏の気を休めてあげることが出来るようになると言われていますよ。

「お休みすることも仕事のうちだよ」

多くの男性は、どんなに疲れている状態でもどんなに身体がしんどくなっていてもそれを表に出さないというような傾向があります。仕事で疲れていると感じた時でも無理をして普段通りの自分でいようとしてしまうのです。そのため顔は疲れてるのに言動は疲れているように見えないという場合も少なくありません。

このような場合には「休むことも仕事のうちだよ」と優しく声を掛けてあげるようにしましょう。この一言を伝えることで「疲れている時には休んでもいいんだ」と気持ちを楽にしてあげることが出来るようになりますよ。また、一緒に居る時には彼氏が休めるような環境を作ってあげるように出来るといいですね。

「私はいつでもあなたの味方だよ」

仕事を行う上で、彼氏が上司や周りの人との関係がうまくいっていないという事も考えられます。また取引先からの重圧に押しつぶされそうになってしまっているかもしれません。毎日仕事をするようになることでさまざまな摩擦によって精神的に辛い状況に陥るようになってしまうのです。このようなことが原因で仕事に対しての愚痴をこぼすようになるかもしれませんね。

このような時には「どんな事があっても私はあなたの味方だよ」というような言葉を掛けてあげるようにしましょう。この一言を信頼している彼女に掛けてもらえるようになることで、安心感を得ることが出来るようになる可能性も考えられますよ。

「あなたが頑張っていることは誰よりも知っている」

男性や女性に関係なく、人間は疲れている状態になることで「誰かに支えてほしい」と思うようになります。女性であれば素直に甘えることが出来ても、男性は人に甘えることが苦手だという人も少なくないのです。このようなことが原因で疲れていても、自分の中で解決しようとしてしまうようになるかもしれませんね。

このような時には、「あなたが頑張っていることは誰よりも知っているよ」と声を掛けてあげるようにしましょう。この一言を聞くことで「今頑張っていることは無駄ではない」「自分の頑張りを知ってくれている人がいる」という気持ちになってもらうことが出来るようになるかもしれませんね。また、好きな人に頑張りを認めてもらうということはとても嬉しいことなのです。

私にできる事があったらなんでも言ってね」

多くの男性は、好きな女性の前では弱い自分を見せてはいけないというように思い込んでしまっていると言われています。そのため、自分が辛い状況になっていても自分から愚痴をこぼすことが出来なくなってしまうのです。しかし、彼女としては辛い時こそ自分に頼ってほしいと思うようになりますよね。

そんな時には「私にできることがあったら何でも言ってね」と優しく声をかけてあげるようにしましょう。この一言を掛けることが彼氏の気持を楽にして愚痴をこぼしやすくしてあげることが出来るようになるかもしれませんよ。また、このような言葉によって「辛い時には彼女に頼ってもいいんだ」と思ってもらうことが出来ます。

「あなたが一生懸命に仕事をしている姿はとても素敵」

多くの男性は、自分がしていることに対して誰かに認めてもらいたいというような承認欲求を持っていると言われています。この承認欲求がある事で、彼女に自分の事を褒められるようになること「嬉しい」という気持ちになることが出来るのです。彼氏が仕事を一生懸命にやっていることで「疲れているのかもしれない」と感じた時には「あなたが仕事を一生懸命になっている姿は素敵だと思う」というような声を掛けてあげるようにしましょう。

このような言葉を掛けることで、自分が頑張ることで彼女に尊敬してもらえるというような感情になることが出来ます。彼女にねぎらいの言葉を掛けてもらうよりも、尊敬の言葉を掛けてもらった方が嬉しいと感じる男性は少なくないのです。

彼氏に「頑張ってね」と伝えることはNG

仕事で疲れている彼氏を元気付けようとして「頑張ってね」という言葉を活用してしまう人は少なくありません。けれども仕事で疲れている彼氏にとっては、十分に頑張っているのに、何もわかって貰えていない、という不満な気持ちになってしまいます。

もしも仕事がうまくいっていない時などでは、頑張って!という言葉がプレッシャーになったり、追いつめる言葉になるかもしれません。

相手の気持ちや心の状況は、その時々で変化します。強いストレスがある時には、「あなたは、全然努力が足りない。もっと頑張って努力しろよ!なんでそんなにぐずぐずしてるんだ」と責められているように感じてしまう場合もあります。

「頑張って」と伝えるようにするんではなく「無理をしないでね」「応援しているよ」「私も頑張るね」というような言葉を掛けるように出来るといいかと思います。最悪の場合には「頑張って」という事で「自分の頑張りを理解してくれていない」と怒らせてしまう事もあるので注意をしましょう。

ねぎらいの言葉を掛けるときに大切なことは「共感をする」

上辺だけでねぎらいの言葉を掛けても誰も嬉しい気持ちになることは出来ませんよね。人の気持ちを楽にするためにねぎらいの言葉を掛けても、相手に伝わっていなければ何も意味がありません。ねぎらいの言葉を掛ける際には、「相手の気持ちに共感をする」という事を忘れないようにしましょう。

人にねぎらいの言葉を掛ける前に、その人が言っていることに共感をする言動をしてあげるようにすることが大切ですよ。ねぎらいの言葉を掛けているのに「それは違う」というように言われてしまえば不快な気持ちになってしまいますよね。

相手の言っていることが間違っていると感じることもあるかと思います。しかし、この時に頭ごなしに相手の考えを否定するようなことは控えるようにしましょう。「そうだと思うけど、こんな考え方もあるよ」というように優しく他の考えを提案してあげるように出来るといいかもしれませんね。

相手の心を動かす3つのねぎらいの言葉

ねぎらいの言葉を掛けたいけど、どんな言葉を掛ければいいのかわからないという事もあるかと思います。このような場合には、相手の心を動かすような言葉を選ぶように出来るといいですね。相手の心を動かす言葉としては「頑張っているね」「助かるよ」「よくやってくれている」という3つの言葉をあげることが出来ます。

このような言葉を掛けられることで不快な気持ちになる人はいませんよね。相手にねぎらいの言葉を掛けたいという時には状況に応じてこの3つの言葉を活用するようにしてみてください。

言葉選びには十分に気を付けて!

このようにねぎらいの言葉を掛けると言っても様々な方法があるという事をしっかりと把握しておきましょう。選ぶ言葉を間違えることで相手に不快な思いをさせてしまったり、負担を感じさせるようになってしまう可能性も考えられます。

時と場合でしっかりと言葉を選ぶように出来るといいですね。仕事で疲れている彼氏にねぎらいの言葉を掛けて癒しを与えてあげるようにしましょう。