【上手くいくナンパ講座】「一人飲みの女性」がナンパ出来る理由とは

「う~ん、そろそろ彼女が欲しいケド、飲み会は何か苦手だし…どっかいいとこないかな?」なんて考えているそこのあなた!だったら一人飲みしてる女性に声をかけるのはいかがですか?来店動機は色々ですが、その多くはやはり出会いを求めてです。今回はあなたのために一人飲みする女性の心理と共に、声をかける際のちょっと意外なテクについてお伝えします。

一人飲みしている女性は落ちやすい?

はじめに

「う~ん、そろそろ俺も彼女が欲しいけど飲み会とかは苦手だし…どっかいいとこ無いかなぁ…」なんて考えているそこのあなた!だったら、一人飲みしている女性なんかはいかがですか?現代においても、お酒を飲む場というのは出会いスポットです。

酒場というのは、「酒の席は無礼講」という程でもありませんが、人に話しかけても許されやすい環境になります。

そして、そんな話しかけても怒りにくい環境にわざわざ来て、一人で女性が飲みに来ている…何しに来ているかは実に簡単!今回は、そんな「一人飲みしている女性の大事な心理」と共に、そんな女性に声をかける際の「ちょっと意外なテク」について、お伝えさせて頂きます。

ナンパされた経験が多い女性の特徴や成功率の高い女性の見分け方について徹底解説

一人飲みする女性の大事な動機と心理

その多くは様々な出会いを求めている

さて、それではまずは、「一人飲みする女性の大事な心理」について、お伝えさせて頂きます。まず結論から言えば、やはりそれは「様々な出会いを求めて」の来店です。

ただしこれは本当に様々であり、「必ずしも彼氏を求めてでは無い」点には注意してください。ひとまず来店の主な動機は大きく二種類あり、一つは「普段とは違う人と話したい」「普段あまり人と話さないから誰かと話したい」、もう一つは「非日常の雰囲気や人間模様を味わいに」となります。

いずれにせよ、「お酒以外がメイン」であり、お酒はあくまで会話や場の潤滑油程度です。またこういった動機が前提ですから、非日常が前提であり、かつ「より話しかけやすい」という理由で、バーを好む女性が多くなっています。

一人飲みの女性に声をかける意外テク

「彼女に一杯プレゼントして」

さて、それではここからは、そんな女性に声をかける際の「ちょっと意外なテク」について、お伝えさせて頂きます。ぜひ有効にご活用下さいね。

まずは「彼女に一杯プレゼントして」を挙げておきます。これはこの通りにお店の方に伝え、お目当ての女性に話しかけるキッカケとする事です。

ちなみにこれは、一昔前のドラマ等ではよくされていましたが、現代ではあまり実行されていないため、だからこそ余計に効果が期待できる手法になります。人は物をもらって喜ばない人は少数派ですし、普段あまり聞かないからこその「非日常」を演出できるのです。あとは適度な「あなたの見た目力」が必要ですが…いかがですか?

露出度の高い女性は避ける!

それでは次に「露出度の高い女性は避ける」を挙げておきます。

一般的には「露出度の高い女性は男を誘っている」等と言われていますが、だからこそ逆にこういう女性は経験値も高く、男性をえり好みしやすいのです。

なのでこれを読んでいるあなたには、あえてそれを避け、むしろ不慣れさが際立つ「ちょっと場違いに浮いた服装の女性」や「明るさ控えめの服装をした女性」をお勧めします。

できれば、「ちょっとだけ自信無さげな暗い雰囲気を持った女性」が最適ですね。こういった女性をまとめてしまえば、「一人酒場初心者」とも言えますので、その分だけあなたのアプローチを回避する術を持たず、落としやすいと言えます。

近頃はバーより居酒屋?

それでは次に「近頃ではバーより居酒屋」を挙げておきます。あなたもバーに行った事があればご存知かもしれませんが、近頃の女性というのは、若い程にバーには行かず、居酒屋を好む傾向にあるのです。

これは単純にお酒を飲めない女性が増え、食事を中心に選ぶ傾向になった事、そして居酒屋の方がより明るく気軽に入れる事などが理由になります。

なお、この場合にはチェーン系にありがちな「個室」が無く、カウンター中心の店が一人飲みの女性に選ばれがちです。合わせて近頃では、「日本酒が好きな女性」も増えてきましたから、ぜひ一度これらの目線で居酒屋に行ってみましょう。

新店を狙え!

それでは最後に「新店を狙え!」を挙げておきます。これは単純に新規オープンのお店で一人飲みしている女性を探す、という意味です。というのも、バーにせよ居酒屋にせよ、長年やってるお店は常連が多く、中には一定の派閥や序列がある事が多いため、それを避ける理由があります。

また新店というのは、マスターや店長が常連確保のために、味方になってくれる事も多いです。それに、若い女性ほどに「新しいもの好き」でもありますから、尚更ですね。

地方だとちょっと厳しいかもしれませんが、東京など大都市なら簡単に探せますので、ぜひそういう店を探して、そして一人飲みしている女性を探しましょう。

東京では実は特に成功率が高い

寂しい地方出身者が沢山いる

ちなみに今あなたはどこにいますか?もしあなたが今、東京にいるならぜひとも今回お伝えした内容を実行頂きたいと思います。

というのも、東京というのは「東京砂漠」と表現されるほどに人間関係が冷たく閉鎖的。あなたが東京出身者ならピンとこないかもしれませんが、地方出身者にとってはホントにそう感じているんです。

しかも地方から出てきているからこそ昔からの友人もいませんし、感覚が違い過ぎて友人も簡単にはできません。職場であってもその辺の事情は同じです。だからこそ、地方出身者は皆寂しい思いでいっぱいなんです。

何となくでも地方出身者の気持ちがわかるでしょうか?分かりやすい例を挙げるなら、東京では「扉一枚隔てて人と付き合うのが常識」って言われてますよね。

でも例えば関西なら「土足で人のココロに上がり込むのが常識」なんです。こんな風にあまりにも感覚が違い過ぎてホントに地方出身者は東京での人間関係に皆苦労してます。

そしてそんな地方出身者だからこそ、少しでも寂しい思いを取り払うために一人飲みに出かけることが多くなっているんです。ぜひ男として、そんな寂しい女性を救っていきましょう。

一人飲み男に声をかけてくる女性も…

家で飲んでても絶対声はかからない

また何も一人飲みの場合は、こちらから声をかける必要が無い場合もあるんです。

つまり「女性が男性に声をかけてくる」可能性だってあるということ。ちなみにあなたは女性から声をかけられたことはありますか?今回お伝えしてきたように、女性だって寂しい時もありますし、出会いを欲しているからこそ飲みに出かけてます。

それだけに中には積極的に一人飲みしている男性に声をかける女性だっているんです。もっともその場合は女性が「選ぶ側」になるわけですから、あなたには「声をかけられるだけの魅力」が要りますけどね。

ちなみにこの場合の必要な魅力とは、けっしてイケメンかどうかではなく「穏やかさ」になります。女性だって男性に声をかけるのはやっぱり怖いんです。ヘンな男性に声をかけて怒られたらどうしよう…という気持ちになるわけですね。

ぜひ一人で飲んでいても、けっして暗い顔をせずに笑顔を絶やさず飲んでいましょう。いずれにしても、少なくとも家で一人で飲んでいては出会いは絶対にありません。そういう意味でも外で飲むことは本当に出会いには大事になってくるんです。ぜひあなたも今日から積極的に一人飲みに出かけてくださいね。

そもそもあなたは一人で飲める?

なお、最後に肝心な事ですが、今日の内容を実行するためには「あなた自身も一人で飲みに行く」事が大事になります。相手は一人なのにこっちが二人では、相手の警戒心も強くなりがちで、成立しませんからね。

ただ、この男性の一人飲みというのは、意外とできない男性も多いのですが…あなたは実行できますか?もし出来ないなら、あなた自身が単純に楽しみを増やす事もできますから、一石二鳥ですね。
ぜひあなた自身も、「一人飲み男性」デビューをして、そして素敵な女性をゲットしていきましょう。この記事が、あなたの恋愛に役立つ事を願って、終わります。