欲しいものがないと言われたら?プレゼント選びに困っている方必見!相手を喜ばせるギフトの選び方

彼氏や彼女にプレゼントをしたいけれど、欲しいものがないと言われて、逆にプレゼント選びに困ってはいませんか?そんな人に何かプレゼントしたいけれど、何をあげればいいの?ここでは、物欲が少ない人を喜ばせるプレゼント選びの詳しい方法と、欲しいものが無い人は本当に何を求めているのかを探ってみました!

欲しいものが無い


付き合っている彼氏や彼女と、誕生日や記念日、イベント時にプレゼント交換を楽しみにしている人もいるでしょう。付き合っている相手を喜ばせるために、プレゼントのために少しずつ貯金をしている人もいるはず。でも、相手が「特に欲しいものが無い」と言ったらどうしますか?

欲しい物が無いからと言って何もあげなくてもいいの?何もいらない人って、本当に物欲が無いの?欲しい物が無いと言われると、逆に困ってしまいますよね。でも、大丈夫。欲しいものが本当に何も無いと思っている人でも、必ず喜ばせることができるプレゼントをすることは可能なんですよ。

本当に無いの?我慢してるの?


欲しいものがたくさんありすぎて困っている人から見ると、欲しいものが無いなんて、信じられないと思うでしょう。美しいアクセサリー、ブランドのバッグ、流行りのジャケットや、宝石など、欲しいものを挙げるときりがないという人もいるでしょう。欲しいものが無いというのは、実は我慢しているからそういっているのでは?と思うかもしれません。

もしかしたら、付き合い始めたばかりで、本当は欲しいものがあるけれども、あまりにも高級であることから、「特に欲しいものが無い」と言っている場合もあるかもしれません。その場合は、普段から相手をよく観察することで、それが我慢かそうでないかがわかるでしょう。

しかし、欲しいものが無い人は、本当に何もいらないと思っているようです。ただ、物が全部なくなってもよいというわけでは無く、今の自分には今持っているもので本当に足りているだと思っているのです。しかし、意外と自分が気づかないような、もらって嬉しいものはあるもの。欲しいものが無いといわれたからと落ち込まずに、普段から一緒に過ごしていると、必ず相手を喜ばせるプレゼントができるでしょう。

自分に欲しいものが無かったら


もうすぐ自分の誕生日。でも、特に欲しいものはない。彼氏や彼女に聞かれても、何を頼んだらいいのかわからないという場合もありますよね。しかし「何もいらない」というと、相手は逆に困ってしまいます。

好きな人、お世話になった人や親しい人にプレゼントをしようと一生懸命考えているのに、プレゼントしたくても出来ないというのは、自分の感謝の表現が妨げられることになり、何かギフトを、と考えている人にとっては逆に苦痛になる場合も。

もし何も欲しくないと本気で思っていても、相手の親切を受け止め、「要らない」とは言わずに、小さくても、自分に必要なものを何かリクエストすると、喜んでくれるはずです。

欲しいものが無い心理とは

それでは、なぜ欲しいものが無いと思ってしまうのか、その心理を詳しく見ていきましょう。

物では幸せになれない


物欲が少ない人は、精神面で満足を得ようとしていると考えられます。人間は欲の強い動物であり、なかなか満足することができません。何かを手に入れると、次から次へと欲しいものが増え、自分が満足するための全てを手に入れることは不可能です。

一つの趣味に没頭していてその趣味を必死に頑張りたいとか、夢があってそれに突き進んでいきたい、海外に住んでみたくて物でなく人生経験を得たい、など、精神面での満足を望んでいる人は、目の前の特定な物質に対する欲はその他の人に比べて少ないといえるでしょう。

幸せになるために必要なのは、物ではないと思っているからです。

記念日は大切な人と


欲しいものが無い人でも、記念日は特別な日だと当然理解しています。記念日に興味が無いのではなく、物欲が無いだけなのです。自分の誕生日やイベント時など、年に数回の行事ごとに自分のことを考えてくれる大切な誰かと一緒に過ごすことができるというのは重要なことです。

物欲が無い人は特に、その他の人間関係などで自分を満足させたいと思っていることが多いため、好きな人と、好きなことができるだけで幸せを感じることが多いようです。人間だれしも心の満足が無いと健やかに生きていけません。

人生経験を積んだ結果かも


若者のうちは、周りの人の影響もあり、物欲が多くなることが多いものです。しかし、あれもこれも欲しいと多くの物を手に入れてきたけれど、気づいたら物がありふれているにも関わらず、後になってみると対して満足いったものではなかった、またはこれらの物で自分がいかに幸せな人生を送ってきたかというと疑問が残る、ということがあります。

人生経験を積み、自分が本当に必要なものを理解できた、真の幸せ、満足とは何かが分かったと悟る人もいるでしょう。今の世の中は物は簡単に手に入ります。しかし、それでは自分の幸せは手にはいらないと、経験しながら大人になるにつれ人は、物欲が少なくなる傾向にあります。

欲しいものが無い女性へのプレゼント

もし、大好きな彼女に、「欲しいものは特にない」と言われたら、誕生日やイベント時はどうしますか?女性は特に、周りと自分をついつい比べてしまうもの。自分から「何もいらない」といっても、あまりにも安っぽいプレゼントをもらったり、自分が全く興味が無いものをもらったり、本当に何もしてもらわなかったら傷ついてしまう可能性があります。

それでは、そういう彼女には何をしてあげればよいのでしょうか。きっと見つかる!彼女が喜ぶためのプレゼント探しをしてみましょう。

欲しいものが無いのにプレゼント?


何もいらないといわれたのに、何かを贈ると嫌がられる?もちろん、それはプレゼントの内容によります。どんな人でも、自分が興味のあることや、必要としているものを受け取ると嬉しく思うのは当然です。例えば、旅行が好きな人なら一緒に旅行に行くチケットをプレゼントにしたり、肌荒れに悩んでいる彼女には流行りの美顔器を買ってあげたり、食べるのが好きな彼女には高級ホテルでサプライズディナーをしたり、いつもはできないことをプレゼントするときっと喜んでくれるはずですよ。

ただ、何も思い浮かばないから花束、というのは、少し危険な選択かもしれません。お花は、毎日の水替えや世話が必要になってくるため、あまり好きでないという女性も実はたくさんいるんですよ。花を是非プレゼントしたいという人は、普段から、花が好きかどうか聞いておいたほうが良いでしょう。

誕生日のプレゼントはどうする?

誕生日とは、年に一回の自分の特別な日。ほかの人とお祝いする、イベント時などとは違った意味合いがあります。大切な人の大切な日には、必ずお祝いしてあげたいですよね。

誕生日が近くなったら、彼女との会話や彼女の行動を細かく観察してみましょう。○○店のケーキがおいしいらしいよ、とか、○○温泉は肌にいいらしい、一生に一度は○○はやってみたいよね、と言っていたり、街歩きの時にもショーウィンドーにある、あるものに魅入っていたりするかもしれません。または、慢性の肩こりに悩まされているかも。

プレゼントとは、その人がどうしたら喜ぶかを考えて与えるもの。物でなくても、日帰り旅行やレストランでの食事、アクティビティやエステの豪華マッサージなどでも大丈夫です。頼んでもいないのに、まるで自分の心を読み取ったかのように好きなものがもらえる嬉しさと感動はきっと忘れられないものになるでしょう。

クリスマスプレゼント


クリスマスといえば、街は明るく煌めき、ロマンチックな雰囲気が満開になるイベントですよね。特別な雰囲気に特別な人と過ごすために、いつもの自分とは違ったサプライズを準備してもよいでしょう。クリスマスだけのスペシャルイベントに行ったり、ミュージカルを見にいったり、思い切ってディナークルーズなどで雰囲気づくりをするのもOK。

クリスマスのプレゼントは、いくら彼女が必要だからといっても、新しい家電やスマホ、洗濯機などをプレゼントにするのは避けたほうが良いかも。ロマンチックな雰囲気あふれる日に、あまりにも現実味が増してしまいます。物をプレゼントするにしても、彼女を温かく包み込むマフラーやケープなどのほうが、値段は安くてもロマンチックで喜ばれるでしょう。その他彼女が必要なものは、クリスマスでなく、違う機会にプレゼントすることをお勧めします。

記念日のプレゼント

二人の記念日のプレゼント、また、バレンタインデーやホワイトデーなど、二人の愛を確認しあう日にあげるプレゼントも、クリスマス等と同様、現実味がありすぎるものは避けたほうがベター。二人での思い出の場所に出かけたり、二人の今までの思い出をアルバムにまとめてあげたり、行きつけのレストランで、普段は手が届かないような特別なシャンパンを注文したりすると喜んでくれるはず。

または、関係がうまくいっているのであれば、記念日にプロポーズするのもよいでしょう。感動的な記念日の思い出が、彼女にとってきっと最高のプレゼントとなるはずです

欲しいものが無い彼氏へのプレゼント

彼氏はプレゼントで喜ぶのか


相手が男性だと、更にチョイスが少なくなるプレゼント選び。レストランや特別なところに連れて行ってくれるのは男性なので、女性はその分、プレゼント選びに困ってしまうはず。でも、特別ほしいものが無いと言っている男性でも、もらって嬉しいものは必ずあります。それが大切な女性からとなると、なおさらです。

誕生日や記念日までに結局選ぶことができず、何もあげることができなかった、とならないよう、特に物欲の少ない彼のためには、早くからプレゼントを考え始める必要があるでしょう。

誕生日を迎える彼氏の期待

誕生日を目前にした男性は、果たして何か彼女からのプレゼントを期待しているのでしょうか。実は「何もいらない」と言っている人たちでも、何かしらもらえることを期待しているそうですよ!

しかし、男性は女性よりもさっぱりした性格の上に、欲しいものが自分ではわかりにくいということがあるようです。ですので、サプライズにこだわらなくてもよいかもしれません。一緒に出かけて本人に選んでもらってその場でプレゼントとして買ってあげるのも男性にとっては嬉しいものです

彼氏が喜ぶ?!誕生日プレゼント


男性には、ダイナミックなプレゼントをしてもよいでしょう。例えば、死ぬまでにスカイダイビングがしたいと言っている彼には、友人と一緒に日帰り旅行と言いながら、サプライズで皆でスカイダイビングに連れて行ったり!または大好きなグループのコンサートチケットを取っておいてあげたりするのもよいでしょ

一緒に買い物に行って、似合う洋服や靴を選んで買ってあげるのもよいでしょう。服選びが苦手な男性もいますし、彼女に選んでもらった洋服は、頻繁に着てくれることでしょう。それ以外にも、スマホやタブレットなどのテクノロジー系のプレゼントもOK。男性は特にスマホなどにはこだわりがありますから、これらはサプライズより一緒に買いに行ったほうが無難だと言えます。

スマホなどにはこだわりがありますから、これらはサプライズより一緒に買いに行ったほうが無難だと言えます。

イベント時に最適なプレゼント

イベント時は、男性も女性に何かプレゼントしようと思っているかもしれませんが、物欲が無い男性は、物を買うことに慣れていないため、女性に何かをプレゼントするのが苦手という人も多いでしょう。女性のほうからのプレゼントのほうが多額になってしまうと、彼氏も罪悪感を感じてしまうかもしれません。

そういう時には二人で話し合って、おそろいのアクセサリーを買いに行ったり、一緒にロマンチックなディナーに行ったり、ディズニーランドにいったり、一緒に決めるのがベストです。それでも、やっぱり物をあげて、何かを残したいという場合は、プロの写真家に二人の記念を撮ってもらったり、一緒に旅行に行くときに使えるお洒落なスーツケースをあげたりするのも良いでしょう。

お世話になった人や家族へ

身近な人へのプレゼント


お世話になった人や家族へのプレゼント。これも、物欲が無い人に贈らなければならない時は難しいですよね。でも、あまり物を欲しがらない人でも、記念になるような、もらって嬉しいものが必ずあるはずです。

普段からその人に何をあげればよいのか考えて付き合っていると、好みの色や好きなバッグの種類、好きな食べ物などもわかりますよね。 プレゼントをあげるのが当然と思っている彼氏や彼女だけでなく、毎日陰で支えになってくれる大切な家族や周囲の人に感謝の気持ちを表すことも忘れないようにしましょうね。

欲しいものが無い、わからないという場合でも、相手のこと(家族環境、子供がいる、趣味など)をよく考えて何かをプレゼントすると、自分の気持ちをきちんと伝えることができ、相手も必ず喜んでくれます。

本当に何もあげなかったら?

何も無いのはNG

「何もいらないから」と本人に言われたから、といって、本当に何もあげないというのは避けたほうが良いかもしれませんね。

心の奥底で、本当は何かもらえるかもしれない、サプライズしてくれるかもしれない、という期待が少しでもあったら、逆に落胆してしまいます。

もしそういう期待が感じられない場合でも、誕生日やイベント時などを楽しく過ごすために、また、相手に対しての愛情表現のためにも、相手が喜ぶプレゼントを考えて何かを贈ることを忘れないようにしましょう。

特に、自分にプレゼントを贈ってくれる人に対して、特別な日にギフトを贈るのは常識。もらってばかりや、相手の言葉に甘えてばかりにならないようにしましょう。

相手を喜ばせる気遣い


プレゼントで何よりも大切なのは、相手に対する気遣いです。相手が何を欲しいかあなたに言わなくても、プレゼントというのは相手への愛情と感謝の表現であることを忘れないでください。何も欲しくないと言われたとしても、相手に対する気持ちが伝われば、「この人に素敵なものを貰えて嬉しい」と思ってもらえることは間違いありません。

「欲しいものがない」というのは、何かを貰うのが迷惑という意味なのではなく、「今の状態で困っていない」という意味なんです。

ですので、特別なものや思ってもいないようなものを貰って嬉しく思ってしまうのは当然のこと。

特別な人の特別な日には、相手が幸せになるプレゼントを考えてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか。
欲しいものがないと思っている人に、あえてプレゼントを贈るというのは蒸すかしいかもしれませんが、相手の好みを理解して、相手が喜ぶプレゼントを贈ることができると、自分も幸せな気持ちになりますよね。

物欲が無いのはいいことかもしれませんが、年に数回は、記念になるプレゼントを贈りあうのは素敵なことですよね。