見栄を張るのは自信がないから?5つの心理と見栄っ張りな男女の特徴

見栄を張るとは、一般的には「自分をよく見せようとして外見を飾る」という意味として使われているようです。無意識のうちに見栄を張る癖がついている人もいると言われていますが、なぜこのように人は見栄を張ってしまうのでしょうか?見栄っ張りな人の心理や特徴などを調べてみました!

見栄を張るとは?

そもそも見栄を張るというのは一体どういう意味なのでしょう。

見栄を張るとは、外見を繕うことや、周りの目線を意識し実際よりも良く見せようとする行為であったり、自分をよく見せたいがあまりに無理をすることなど、周囲の目線や評価を過剰に意識することから生まれる行動や発言がある様のことを指します。

誰しも人に悪く見られたくない、よく見られていたいと思うのは自然なことですが、見栄を張る人はその意識が強すぎる、または自分に強い劣等感を抱いているといった傾向にあるようです。ですので、見栄を張るという言葉にあまりいいイメージを抱かない人がほとんどということもあります。

見栄を張るの類義語や英語は?

見栄を張るの類義語としては以下のようなものがあります。

①いい格好を見せようとする 、いいところを見せようとする、格好よく見せようとする、格好をつける
②虚勢をはる、はったりをかける、大きく出る、はったりをかます、背伸びする、空威張りする、誇張する、強がる、ハッタリをかます、ブラフをかける、こけおどしをする
③虚勢を張る、威勢だけはよい

また、見栄を張るを英語で表す場合には、「見せびらかす」show off、「気取る」put on airs、などの言葉を使うことが多いようです。

見栄を張る=見栄っ張りな人である!

見栄を張る人は一般的には「見栄っ張りな人」と呼ばれており、以下のような行動をする人に多く使われるようです。

・自慢話が多い人
・ブランド品ばかりを持っている人
・知ったかぶりをする人
・SNSの更新が多く、自慢ネタが多い人
・お金を持っているアピールが多い人
・物事に対し、やたら張り合ってくる人
・無理をしている人

このような行動に心当たりがある人は、見栄っ張りだと思われているかもしれません!
また、英語で見栄っ張りな人を表す場合には、「vain person」という言葉で表すようです。

見栄を張る人の5つの心理

それでは、見栄を張る人の心理とは、一体どのようなものなのでしょうか?次からは見栄を張る人の心理について詳しく紹介していきます。

1.自分にコンプレックスがあるため

見栄を張ってしまう人の心理には、実はコンプレックスがある人が多いと言われています。過去の経験や人に対して、あるいは自分の見た目や中身についてコンプレックスを持っている場合が多く、このコンプレックスを隠すために見栄を張ってしまうと言われています。

このような人の場合には、普段から見栄を張るわけではなく、特定の事柄や人などに対してだけ見栄を張ってしまうことが多いようで、その事柄や人に対しておそらく何らかのコンプレックスを持っていることが原因であると言われています。そのため、自分がコンプレックスを抱いているものに遭遇した場合に限り、無意識のうちに反応してしまうようです。

普段から見栄を張る人ではないために、自分でもその特定のコンプレックスに気づいていない人も多く、本人もなぜその事柄にだけむきになってしまうのかわからない、という場合もあるようです。

2.自分に有利に物事を運びたいため

自分にとって物事を有利に運ぶために、見栄を張る人もいると言われています。仕事上などで見栄を張る人に多いと言われており、スキルなどにおいても見栄を張ることにより、自分が有利になる場合があるとわかっているからです。

見栄を張ることにより、自分の方が有能であると思わせることができたり、契約や条件なども自分にとって有利に進行することができる場合があるからです。このような人の場合には、自分に有利に働くことを計算した上で見栄を張っているため、頭が良い人であるとも言えるでしょう。

世の中をいかにうまく生きていくかということを常に考えており、自分を有利に立たせ方法=見栄を張ることも人生を生き抜く上では必要なことであると思っているため、場合によっては見習うべき部分もあるのではないでしょうか。

3.考えが自己中心的

見栄を張っている人の中には、基本的な考え方が自己中心的であるといった人もいます。自分を取り囲む周囲の中で一番でありたい、中心でありたい、一番の注目を浴びていたい、一番優れていると思わせたい、など、自分のことが一番大切で、頭の中は常に自分のことでいっぱいいっぱいになってしまっています。

ですので、あまり周りが見えない傾向にあるため、気を使ったり相手を褒めたりすることができず、常に自分のアピールばかりしてしまいます。こういった人は、人のちょっとしたいい話もあまり聞き入れることができず、認めるといったこともあまりしません。

4.つい大げさに話してしまう

つい癖で話を大げさに話してしまうという人も、見栄を張る人だと思われていることが多いようです。このような人の場合には、前述したような心理的な問題があるわけではなく、つい話を大きく・大げさに話しがちであるだけの人が多いと言われています。

そのため、とくに悪気があるわけでもなくただの誇張癖のある人であるため、気にする必要はないようです。このような人の話を聞く場合には、適当に対応しておくのが無難でしょう。

5.自分の自信のなさを隠すため

見栄を張る人とは、本当は自分に対して自信がないために、自分を大きく見せるため見栄を張ってしまう人が多いと言われています。自分に対して誇りを持っていたり、しっかりと自信を持っている人は、人に対して大きく見せる必要がないので、常に自然体でいることができます。

しかし、自分に対して自信がない人は心の中に不安を抱えており、ありのままの自分では他人に受け入れてもらうことができないのではないかと常におそれています。そのため、つい人に対して本当の自分よりも大きく見せようとしてしまい、見栄を張ってしまうと言われています。

このような見栄を張ることは、実際には自分自身を偽ることとなるため、本人はこの偽っていることに対して罪悪感などを感じていることが多いと言われています。そのため、見栄を張ることによってさらに自分自身の自信を失うこととなり、常に見栄を張らなければ生きていけなくなってしまうという悪循環に陥ってしまう人もいるようです。

見栄っ張りな男の6つの特徴

次に、見栄っ張りな人の男女別の特徴を紹介していきます。この特徴に多く当てはまっている人は、周りから見栄っ張りだと思われている可能性があります!

1.他人からの羨望の眼差しが生き甲斐

自分が褒められたり羨ましがられたりすることが、生き甲斐であるというのも見栄っ張りな男性の特徴であると言われています。周囲に一目置かれる存在であることや、チヤホヤされることなどを人生において最も重要なことであると考えている人が多いようです。

このような人は、褒められたり羨ましがられることのためには、どれだけの犠牲を払ってもよいと考えています。そのため、他人から見た場合にはそれがくだらないことであったとしても、本人にとっては得られる快感の方が大きいために、他人に羨ましがられるためには大きな労力や損失すら気にしないとも言われています。

2.他人からの評価が全てだと思っている

見栄を張るということは、周りから高い評価をもらおうとする気持ちが強いことであるとも言われています。そのため、見栄っ張りな男性は、他人からの評価を高く保ちたいと思う人が多いと言われています。

このような人は、他人からの評価が自分の価値の全てだと思い込んでいることが多いため、周囲に褒められたり羨ましがられたりしないと、自分には価値が無いのではと思ってしまう傾向があるようです。そのため、自分がしたいことであっても、他人からの評価が下がるようなことはしないと言われています。

他人の目を異常に気にする人が多く、他人からの評価に過敏に反応し、その評価を下げないよう努力することに重きを置いている人が多いようです。

3. 負けず嫌いである

見栄っ張りな男性は、つい張り合ってしまいがちであり、負けず嫌いな人が多いと言われています。人前で自分より勝っている人がいる場合には、嘘をついてでもその人よりも自分の方が勝っているという風に見せようとすることがあるようです。

どうしても他人に負けるということが嫌いなため、自分が負けるくらいなら嘘をついてでも見栄を張るという人が多いようです。そもそも、人付き合いにおいては、他人と争うこと・勝ち負けという考え方自体が間違っているので、このような人の場合には他人との付き合い方を考え直す必要があるかもしれません。

4.優越感に浸りたい

自分を偉く見せ周りの評価を得られることによって、強い優越感を抱き、それが快感となりさらにその優越感を求めて行動をとってしまいます。また、褒められたりすることなどの評価を得ることで優越感を得るだけではなく、自分と人を比べ自分が優位にあることを示したうえで、相手を見下し優越感を得ようとする人もいます。

優越感に浸りたい気持ちが強い人は、自分を一番偉く見せたいので、他人を褒める、認めるといったことをほとんどしないか、うわべでしかそういった感情は見せません。内心は自分の方がすごいと見下してしまっていることが多いのです。人のあら捜しをしたり、欠点ばかりを指摘したり、馬鹿にしたりするといった傾向もあるので、かなり印象は悪くってしまいます。

5.自己顕示欲が強い

見栄っ張りな男性は自己顕示欲が強いことが、最も大きな特徴であると言えるでしょう。見栄っ張りな人は、男性だけでなく女性にも存在しますが、男性の見栄っ張りは女性よりもさらに自己顕示欲が強く、手に負えない人も多いと言われています。

6.プライドが高いが自信はない

見栄っ張りな男性は、前述したように他人に高く評価されたいと思う人が多いため、もちろんプライドも高いと言えます。しかし、実際には自分自身に自信がないために、見栄を張って大きく見せようとしている人が多いと言われています。

このような人は、自分を大きく見せるような行動を取ったり、自分の身の丈以上のアイテムなどを身に付けていないと、周囲からの評価が下がってしまうのではないかと常におそれています。そのため、無理に見栄を張り大きなことを言ってしまったり、常に高価なものを身に付けている人が多いと言われています。

見栄っ張りな女の7つの特徴

1.自分がいかに忙しいかを示す

自分がいかに忙しいかをやたらアピールしてくるのも、見栄っ張りな女性の特徴でもあります。聞いてもいないのに毎日予定があることをしきりに伝えてきたり、自分がいかに忙しくて、周囲から必要とされている人間であるかを、アピールしてきたりする人が多いようです。

自分がいないと周囲は困る=必要な人間である、ということをアピールするものの、実際にはそこまで影響がないという場合も多く、周囲の人からただの「勘違い」だと見られていることもあるようです。

2.私用物をいちいちアピールする

見栄っ張りな女性は、自分の持ち物は全てブランド物にするなどこだわっており、さらにはその持ち物を自慢する傾向があると言われています。バッグや洋服などの身につけるもの全てをブランド物で固めたり、高級ホテルに泊まったりしたことなどをSNSでアップしたりなど、いちいちその全てを自慢する人が多いと言われています。

このような行動が自然体ではなく、他人から見栄を張っているとバレているのも特徴で、やはりちょっと痛い人であると思われていることが多いようです。自分の身の丈以上のことを無理に行うことは不自然であり、他人には無理をしていることがバレている可能性も高いので、注意するようにしたほうが良いでしょう。

3.とりあえず全て1番がいい

見栄っ張りな女性は、あらゆる面で1番でないと気が済まないというタイプの人が多いと言われています。自分が1番でないと嫌なために、1番になるためには全てにおいてお金をかけるという人が多く、ブランド物や流行のものなどにこだわり、人よりも先に新しいものを買いたがる傾向があると言われています。

4.愛されたい願望が強い

過去に何かしら、愛情の物足りなさを感じたことがある場合に、それがトラウマやコンプレックスになり愛されたいと思う気持ちが強く出てしまう女性がいます。もっと愛してほしい、必要としてほしいと思うあまりに、自分を強くアピールしに自分の必要性を相手の中に見出させようとします。

ですので、同時にこういった女性はできる女アピールが強かったり、容姿を良く見せようとし過ぎていたり、相手に褒めることを遠回しにアピールしたりして、自分の価値を見出し相手に求められているか、愛されているかを確認しようとします。

5.モテていると勘違いしている

見栄っ張りな女性は、モテることが勝ちであるというような価値観を持っている人が多いようです。彼氏が途切れずにいるというアピールや、経験人数が多いというようなことをアピールする人が多いと言われています。しかし、このようなモテアピールをする女性は、実際にはモテていない人の場合が多く、周囲からは痛い女性であると見られているようです。

6.自分を高評価し過ぎ

見栄っ張りな女性は、自己評価が高すぎるという特徴もあるようです。できないことでもできると言ってしまったり、どうでも良いことを自慢したりするような人が多いと言われています。聞いている側からすると、「それが自慢になるの?」というようなことでも自慢げに話す女性が多く、その行動により他人からの評価が下がっていることを本人は気づいていないようです。

場合により、痛い人だと思われてしまう可能性もあるので、このような行動を取ってしまう人は気をつけたほうが良いかもしれません。

7.高すぎるプライド

女性にもやはりプライドが高いといった特徴はあるようです。「私はそこらの女のことは違うのよ。」といった具合に周りを見下した上で、その上に自分があると感じてしまっています。

こういったプライドの高さは様々なところから垣間見えます。例えばブランドものばかりを身に着ける、男性に対する理想が高すぎる、仕事などでは雑用など地味な役割は引き受けないなど、まるで自分はステージ上にいる人間かのような思考で、そのような振る舞いをしてしまいます。特に、見下している感じが強く出てしまうので、あまり良く見られません。

見栄を張るのをやめると人生は楽になる!

いかがでしたでしょうか。
前述してきたようなことから、見栄を張って生きていくことは、とても労力を必要とし出費も多くかかるため、大変であることがわかりました。そして、現在世の中の多くの人は、見栄を張るために生きていると言っても過言ではない状態でもあります。

しかし、本当はこのような「見栄」を手放すだけでも、毎日の生活は驚くほど楽になります。なぜなら、余計な気遣いや出費などが減るため、心身ともにリラックスできるような生活に変わるからです。見栄を張るのをやめることによって、自分の本当に望んでいるものに気づけたり見つかったりするようになるので、一度なぜその物やことに対して見栄を張ってしまうのかを考え、手放すように努力をしてみることをおすすめします。