モテる男性は自ら出会いを求めにアクションを起こします。様々なアプローチ方法がありますが、ナンパという出会い方も1つの方法です。どうすれば初心者の方でも上手に声がかけられるようになるのでしょうか?ここでは声のかけ方だけではなく、ナンパが成功しやすくなるポイントをまとめてみました!ナンパをしたい男性の方必見です!

ナンパが上手くなりたい!

街ですれ違った素敵な女性といい関係になれたら…と妄想したことがある方は多いでしょう。妄想が現実のものとなるためにナンパがあります。とはいえ、「ナンパをするなんてチャラそう」「自分には無理」と考える方も多いでしょう。しかし、ナンパだって立派な出会い方です。上手にナンパをすれば、自分の好みである女性との恋愛への一歩を踏み出せる可能性もあるでしょう。

今回は、そんなナンパの仕方についてまとめてみました。ナンパを成功させるために知っておきたいことや、ナンパをしやすい女性の特徴、声のかけ方など、ナンパについて盛りだくさんです。

ナンパをしたくても勇気が出なかったり、どうやってやったらいいのか分からないという方、また今までナンパが上手くいかなかった方もぜひチェックしてみてください。ナンパ成功率は確実にアップするはずです!

ナンパについて

ナンパとは

ナンパとは、街頭の場所などで面識がない異性に声をかけたり、デートや連絡先交換に誘って交際を求めることをいい、特に男性が女性を誘うことを指します。最近ではインターネットなどでの誘いもインターネットナンパ、ネトナンと言われます。

多くのナンパは最終的な肉体関係を目的としていて、ホテルなどに誘うことを意味していることが多いですが、ナンパ時に直接そのような関係を迫っても断られるため、お茶や飲み、カラオケなどへ誘うことが一般的です。ナンパをする場所によって「クラナン」「ストナン」「ネトナン」という派生語も登場しています。

ナンパの成り立ち

『日本国語大辞典』によると、ナンパという言葉は明治時代の新語で、もともと「意見や主張が軟弱な党派」という政治用語でした。漢字では「軟派」と書き、「硬派」の対義語です。1900年代に入ると「異性との交遊や、華美な服装を好んでする青少年の一派」という意味で使われるようになり、軟弱と思われる態度や、そのような態度をする人についても「軟派」という言葉が用いられました。

1980年頃から「ナンパする」という表現が用いられるようになり、カタカナ表記の「ナンパ」は単独の意味を持ち、その流れの中で、特に男性が女性に声をかけることをナンパというようになりました。

ナンパが盛んな場所

ナンパ行為が盛んな場所は一般的には繁華街の路上、海、パリピが多いクラブ、ゲームセンターで行われることが多いようです。また、ナンパをする人の集まる場所として有名な大都市圏のナンパ場所は集中して溜まり場となっているような場所もあります。

昔からナンパが盛んだといわれている地域は、西日本だと道頓堀と心斎橋を繋いている「ひっかけ橋」、また東日本だと新宿、渋谷、池袋が有名です。

逆ナンとは

逆ナンとは女性から男性に声をかけてナンパすることをいいます。昭和末期の頃から自分からアプローチをするような積極的な女性が増えて話題となりました。

ナンパに似た表現

ナンパに似た表現として、「ガールハント」という言葉があります。ガールハントとはgirl(少女)とhunt(狩る)の合成語で、男性が遊び目的の女性に声をかけて誘うことをいいます。

ただし、ガールハントは和製英語なので、英語でgirlhuntという英単語はありません。1950年代からガールハントという言葉は普及しましたが、その後はナンパという言葉が蔓延して死語となっていきました。

また、ナンパは「ひっかける」とも言われ、同じく女性にちょっかいを出したり、言い寄ったりという行為を指します。

性犯罪との関係

ナンパの行為そのものが違法にはなりませんが、明らかにナンパの対象の人が嫌がっているのにもかかわらず、強引に口説いたり、脅しとみなされるような行動、また、他人の進路に立ちふさがり続けた場合などは刑事罰の対象とされて逮捕されます。

具体的には6ヶ月以下の懲役、または50万円以下の罰金に処されてしまう可能性があります。どの都道府県においてもこのような条例が制定されている場合が多いため、ナンパをする場合には十分な注意が必要です。ストーカー行為のように執拗につきまとったり、相手を不安をさせるような行動は絶対に止めましょう。

ナンパをする前の準備について

身だしなみを整える

ルックスが良いことに越したことはありませんが、例えルックスに自信がなくてもナンパをすることはできます。しかし、ナンパ前に意識しておくこととして身だしなみを整えることは最低条件でしょう。

汗臭かったり、不潔に見えたり、ファッションがダサかったりというマイナス要素を持っている男性に振り向く女性は限りなく少数派です。もちろん鼻毛が出ていたり、爪が汚かったりというのもNGです。女性は清潔感のある男性を好むことに間違いはありませんし、身だしなみが整っていると好感度も高く、安心感を持ってもらえることにもなります。

ナンパに最適なコーディネイト

第一印象、初頭効果という言葉があるように、人間は印象の9割が見た目で決まるともいわれています。ナンパをする場合はほとんどが初対面のことが多いでしょう。そんな時、かける言葉よりも服装が重要な場面もあるようです。

ナンパにいかにも慣れているというような服装は絶対に避けましょう。ナンパに適した服装は気取らないおしゃれな服装です。例えば、シャツやジーンズなどナチュラルでさりげなくおしゃれ感があるような服装にした方が良いようです。頑張り過ぎていない感じをアピールすることで、女性の警戒心を解くことができるはずです。

ナンパにNGなファッションアイテム

普段身に付ける分には格好良いように見えますが、ナンパの際にはスカーフやサングラスやアクセサリーなどは付けない方が良いようです。じゃらじゃらとしたアクセサリーなどは軽そうに見えるばかりか、キャッチやスカウトのようにも見えてしまい、声をかけられた際に、女性が立ち止まって話を聞いてくれる可能性が低くなってしまいます。

また、ウォレットチェーンを付けている男性は、女性がダサいと思うファッションの1位にされています。普段付けているとしても、ナンパの時だけでも外すようにした方が良いでしょう。

髪型の重要性

人の第一印象は髪型によっても変わるようです。清潔感があることはもちろん、その人に似合った髪型をしているかどうかが重要なポイントです。格好良い芸能人と同じ髪型にしても自分に似合っていなければ不恰好に見えてしまい、かえってダサく見られてしまう可能性もあります。

髪型はセットしすぎずにナチュラル系が女性からのウケが良いようです。長すぎる髪もあまり印象は良くありません。短めで爽やかな髪型が好まれやすいです。

また、あまりにもワックスがベタベタでツンツンしていたり、髪を撫でつけているような髪型もチャらく見えてしまうので注意しましょう。髪型は服装と違って簡単に変えることができないものですが、ぜひ意識してみてくださいね。

靴にも手を抜かない

意外と女性がチェックして見ているのが靴です。ナンパ師風の服装に多いのがとんがり靴ですが、ホストやチャラい男性が好んで履いている印象が強いため、実はあまり好まない女性が非常に多いので注意すると良いようです。

靴は丸みのある革靴やスリッポン、スニーカーなどのカジュアルなものが無難でしょう。靴がすり減っていたり、汚れているのもNGです。おしゃれをする時には足元まで気を配るようにしましょう。

ナンパを成功させるために知っておきたいこと

ナンパが成功しやすい時間帯

ナンパをするのなら、20時~23時頃がおすすめです。なぜなら、仕事後1つ目の予定がちょうど終わって「これからどうする?」と思い始める時間帯だからです。飲み会帰りでほろ酔いの女性も多いため、シラフの女性よりも話を聞いてもらえる可能性がぐっと上がるでしょう。

終電前の時間帯にナンパをするとそのままホテルまで連れ込みやすいのではないか?と思っている男性も多いでしょう。しかし、これは間違いです。逆に下心が丸出しで警戒されやすいため、終電前を狙うくらいなら昼頃や夕方に「お茶だけでも行きませんか?」と誘うほうが紳士的に見えます。

また、休みが不定期の女性もいるため一概には言えませんが、金曜日や土曜日の夜などの休日の前の日は翌日を気にせずに時間を過ごせる女性が多く、遅い時間帯でも飲みに応じてくれることが多いようです。

朝っぱらからナンパをするという人はなかなかいないと思いますが、もちろんおすすめできません。休日の朝から出かけている女性はこれから予定を持っている人がほとんどです。声をかけられると迷惑だと感じて、その女性のせっかくの1日を台無しにしてしまう可能性もあるでしょう。

ナンパにおすすめスポット

ナンパをする時は繁華街で行うのが良いです。人が多いので声をかけられる女性が多く、好みのタイプに出会える確率が上がります。

また、繁華街の中でも人通りの多すぎない一本道を選ぶようにしましょう。人が多すぎると人混みが邪魔になってしまい、人を避けながらナンパしようとすると話が途切れてしまったり、相手の声が聞こえないため側に近寄り過ぎてしまうことで警戒されたり、怖がられてしまいます。多すぎず少なすぎず適度な人通りのある場所を選ぶことがポイントです。

成功率の低いスポット

ナンパの成功率が低いスポットもあります。繁華街から少し離れた住宅地でのナンパなどは不審者に間違えられたりして通報されてしまう可能性もあるでしょう。女性は自宅近くで見知らぬ人に声をかけられることにかなりの恐怖心を抱いてしまいます。そのため、警戒心や恐怖心によって逃げられてしまい、せっかく声をかけても失敗に終わることが多いようです。

また、待ち合わせ場所として有名なスポットも避けた方が良いでしょう。ナンパした女性が友達や彼氏と待ち合わせ中の場合も多く、トラブルになってしまう可能性があります。女性の待ち合わせの相手が同性の友人などならばまだ良いですが、体格の良い怖そうな彼氏にナンパの現場を目撃されてしまい、その後痛い目を見るということも十分にありえることです。

街中以外のナンパスポット

街中以外でのナンパスポットの定番はやっぱり海でしょう。夏はナンパの成功率が上がると言われていますが、海では気分が開放的になっていますし、ナンパされることを期待して海に来ている女性も少なからずいるためナンパにはおすすめの場所です。

「ビーチバレーしよう」とか「バーベキューしない?」と女性を誘う口実も作りやすく、女性も誘いに乗りやすいようです。特に、水着を着ているのにも関わらず海に入っていない女性は、高確率でナンパに成功するようです。

クラブでのナンパは純粋に音楽や踊りを楽しみにしている女性も多いため、ナンパする相手を見極めなければなりません。せっかく楽しんでいる女性にナンパ目的で声をかけてしまうと嫌な気分にさせてしまう可能性もありますので注意が必要です。

クラブでナンパする場合には、ホールで踊っている女性よりも、カウンター席でお酒を飲んでいる女性を狙うようにしましょう。また、クラブでは大音量で音楽が流れているため、声に自信がない方は止めた方が良いですね。

ナンパ中のメンタルの保ち方

見知らぬ異性を誘うことがナンパです。声をかけてもスルー・無視されることが多く、失敗するのが当たり前といって良いでしょう。しかし、分かってはいても無視し続けられてしまうと段々と声をかけることが辛く感じてきてしまいます。

ナンパ中のメンタルの保ち方のポイントは、そういったつらい状況になっても、声をかけた女性とは明るく別れるようにすることです。無視をされても「お気を付けて!」など相手に対して気遣いの見える発言と一緒に、手を振る動作などで見送りましょう

こうすることで「単に無視された」ということから「明るく別れられた、無視された訳ではない」とポジティブな意識を持つことができて、ナンパへのモチベーションを保つことができます。

また、友人と一緒にナンパをすることもおすすめです。無視されてもその場で笑い話にすることができるので、一人でナンパ(完ソロ)するよりも精神的なダメージを減らすことができます。

ナンパでしてはいけないこと

ナンパでしてはいけないことは、しつこく言い寄らないということです。話を聞いてくれないからといって、肩や手を触って引きとめたりしたら通報されかねません。去り際までがナンパだと思いましょう。

また、もし断られてしまってイライラしたとしても女性に暴言を吐かないようにしましょう。女性からしたら見知らぬ異性からの誘いを断ったというだけで、何も悪いことはしていないのですから。

ナンパが成功する女性の特徴

歩く速度が遅い女性

外見から判断して、歩く速度が遅い女性は比較的ナンパしやすい女性でしょう。早歩きで忙しそうな女性より声をかけやすいのはもちろん、ゆっくりと歩いているということは声をかけられるのを待っている可能性もあります。

また、歩く速度が遅い女性は次の目的地が決まっていなかったり、次の予定まで時間を持て余している可能性もありますので、声をかけられると立ち止まって話を聞いてくれる方が多いようです。

辺りを気にしている女性

キョロキョロと辺りを気にしている女性は道に迷っていたり、どこに行こうか目的地が定まっていない可能性があります。道に迷っているような場合には道案内を口実にして声をかけやすいですが、その目的地までしか一緒にいられない可能性があります。親切な好印象を与えることができれば、相手からの好意が得られるので、うまくいけば連絡先くらいは交換できるかもしれません。

どこに行こうか決めかねているような場合には、すかさず自分のおすすめのお店を提案してみると良いでしょう。もしかしたら、時間を潰すついでにナンパに応じてくれることもあるはずです。

駅と逆方向に歩いている女性

終電が近くなっている時間帯なのに、駅とは逆方向に歩いている女性もナンパのターゲットとしては良いかもしれません。「今まで飲んでいたけど、飲み足りない」「帰るには物足りない」と思って、飲める場所や落ち着ける場所を探している可能性があるでしょう。

しかし、最寄りの駅からの帰宅途中の女性の可能性もあります。警戒されてしまう場合もありますので、そこは注意が必要です。むやみやたらに声をかけないようにしましょう。

明るい色の洋服を着ている女性

オレンジや赤、ピンクなど明るい色の洋服を着ている女性は開放的な気分になっている可能性が高いです。また、柄物など派手な洋服を着ている女性も社交性が高いといわれています。暗い気持ちで明るい色の服を着ることは少ないため、ナンパの成功率は上がるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

荷物の少ない女性

大きな荷物、たくさんの荷物を抱えている女性は、荷物が重いため早く帰りたいと思っていることが多く、話や誘いに応じるような余裕がないでしょう。そのため、買い物や旅行と見て分かるような女性に声をかけるのはNGです。

ただし、旅行中の女性というのは気分が開放的になっているため誘いに乗ってくれるケースもあります。観光地などでは「写真を撮りましょうか?」など話しかけてみるのもおすすめです。

失敗しないナンパのやり方

声をかける

ナンパは最初の声かけがもっとも重要です。「お姉さん今暇ー?」とか「何してるー?」といういかにもナンパ師っぽい声かけは止めた方が良いでしょう。相手がナンパ待ちではない限り、ナンパだと思われてしまったら即終了です。

そのため、はじめは「こんばんは!」と挨拶から初めてみましょう。笑顔で早口ではなくゆっくりと伝えましょう。相手が驚いたり、挨拶を返してくれたり、こちらを見たりなどの何かしらのリアクションがあるようならば、ナンパが成功する可能性があります。しかし、ここで完全に無視されてしまうようなら、あきらめて次の女性を狙いましょう。

声をかける理由をつくる

ナンパの声かけで大切なのは、話す理由を作ることです。また、オリジナリティ溢れるユニークなナンパも良いでしょう。「こんなナンパされたことない!」と女性に思わせることができれば、女性が持つ「知らない人にはついていかない」という正常な思考を緩めることができます。

ユーモアを持って女性から笑いを引き出せるかどうかがナンパの成功へのポイントです。警戒心が解けて、その後の会話もスムーズに進むはずです。

誘う

声をかけた女性の雰囲気や服装などから状況を想像して、レシーブしやすいような話を織り交ぜながら飲みやカフェに誘ってみましょう。自分の憶測で勝手に話を進めてみるとそのことが「ボケ」となって、相手から「ツッコミ」を入れてもらえる隙を作ることがポイントです。

この時にボケとツッコミが成立するようであれば、自然と笑いが生まれます。自分の発言の中にツッコミどころを用意すると良いかもしれません。しかし、この段階では大半の女性に断られるものです。焦らずに相手のイメージから連想されることをどんどん膨らませて会話をしましょう。そして、飲みやカフェへの提案をしてみましょう。

会話を準備しておく

ナンパでは会話のスピードが非常に重要となります。テンポ良く面白い会話を投げかけると、女性に考える時間を与えずに、女性の思考を混乱させることができます。思考が止まると足も自然に止まることが多いので、その結果ナンパが成功する確率が上がるでしょう。

女性が好きそうなネタをいくつか準備しておいて、テンポ良く会話をしましょう。女性が持つナンパの断り文句である「待ち合わせ中なので」「他にも可愛い子いますよ」と言われてしまったら、すぐにユーモアがある切り返しをすることが肝心です。

女性に断られてしまった時に、切り返しがスムーズにいかないとせっかくの流れを止めてしまい、ナンパが成功しないのです。時には連続してネタを畳み掛けることで反応してくれる可能性が高まるでしょう。

避けた方がいい話題

下心を感じさせるような話は女性に引かれてしまいますので、冗談でも口にするのは止めましょう。あなたにそのつもりがなかったとしても、下心だけで声をかけてきたとしか思われない可能性があります。

ナンパが上手な男性によっては下ネタを適度に挟むことで自然とそういうムードに持っていくこともありますが、慣れていないナンパの初心者にはハードルが高いためおすすめできません。まずは、いかに女性を会話の中で楽しませられるかどうかが重要です。

また、個人情報などを聞くのもNGです。得体の知れない男性に家族構成や恋愛経験などといった過去録を聞かれても素直に答える女性は少ないです。中には会って間もない 男性に名前すら教えたくない女性もいるでしょう。最初は勝手にあだ名を付けてしまっても良いかもしれません。ノリが良い女性なら「私、○○だよ!」なんて笑いも生まれることもあります。

どうしても本名を知りたい場合には、がんばって女性と仲良くなることが先決です。ある程度の信頼を持ってもらえたら、普通に教えてくれるでしょう。

連絡先を交換する

ナンパした女性の連絡先は別れ際に聞くようにしましょう。お互いに会話を楽しめたなら連絡先を教えてくれる女性も多いはずです。しかし、あまり盛り上がらなかった場合には断られてしまうこともあるでしょう。

そんな時は「面倒だったら拒否しても構いません」と伝えることで、女性に面倒なことにはならなさそうと思わせることができます。しかし、それでも断られてしまったのなら、潔く諦めることが肝心です。

連絡先を教えてもらうことができたら、20〜30分後にお礼のメッセージを送りましょう。別れてから間髪入れずにすぐ連絡を送ってしまうと、余裕がない男性に思われてしまうため、一呼吸おくことが大切です。

しかし、 1日以上時間を空けてしまうと存在を忘れられてしまったり、女性がナンパに応じてしまったことを後悔してしまう可能性があります。そうなると次回に繋がりづらくなってしまう原因となりますので、連絡をするタイミングを見計らいましょう。メッセージは長々と送らずにシンプルに送ることが大切です。

2回目の誘い方について

2回目の約束は1ヶ月以内に取り付けると良いようです。電話よりもメールやLINEを使うと女性にとっても負担になりません。1度目の際に盛り上がった場合にはその熱が冷めないうちにお誘いをしましょう。

しかし、盛り上がりに欠けてしまったような場合には1週間くらい時間を空けた後に連絡してみましょう。そのことにより、男性ががっついている、ガツガツ系というわけではないことをアピールできます。

メッセージの文面には日時、場所、誘うお店などを盛り込み、具体的な計画を持っていることを伝えましょう。計画が曖昧だと、たいして親しくもない男性にスケジュールを教えなくてはならない手間を女性に与えることになり、面倒臭いと思われてしまい、スルーされてしまう可能性があります。

相手の女性にスルーされてしまったなら、こちらからはどうすることもできません。理由次第ではまだ断られてしまった方が次に繋がる希望があるといえます。OKであれば、そのまま2回目のデートに行きましょう。

NGであっても、代わりの日にちを提案してくるようであればそれは脈アリ!脈ありサインです。しかし、返信がなかったり、まったく会うつもりはないという旨を読み取ることができたなら、残念ながら脈ナシです

声のかけ方のバリエーション

挨拶から入る声かけ

「こんにちは、何してるの?」とか「こんばんは、買い物の帰りですか?」というように、普通に挨拶をしてから会話を続ける声のかけ方は無難な方法でしょう。

女性の中には声をかけられるとキャッチやセールスかと身構えてしまったり、声をかけられることを好まない方もいます。そのような女性にしつこく声をかけてしまうとただの迷惑となりますので、女性のタイプを見極めて不快にさせないように心がけましょう。

賛美から入る声かけ

賛美から入る声かけというのもナンパにはありがちですが、ただ、「綺麗」「かわいい」という言葉を並べ立てても言われ慣れている女性からしたら何も心に響かない可能性があります

「その靴可愛いね」「笑顔が素敵だね」など、自分が心の底から思ったポイントを素直に伝えましょう。心から思った言葉は相手にも必ず伝わります。上辺だけで感情のこもっていない言葉は相手にとって失礼以外の何物でもありません。賛美の言葉から女性の自然な笑顔が生まれれば相手の心に届いた証拠です。自信を持ってナンパを続行しましょう。

質問から入る声かけ

「すみません、○○って場所に行きたいんですけど知っていますか?」など、道を尋ねたりというような質問から入る声かけも有効です。

ただし、気を付けなければいけないのは、ナンパだと思わずに困っている人を助けたいと思って親切に対応してくれる女性もいることです。時間を割いて、道案内をしてくれた後に「ナンパだったの!?」と分かってしまうと怒ってしまう場合もありますので、その後の会話や対応が鍵となります。

人探しから入る声かけ

「友達とはぐれちゃったんですけど、○○な格好をしている人見ませんでした?」など、友人を探しているふりをする声のかけ方もあります。いるはずもない人を一緒に探してもらうことでナンパに繋げる方法です。

この誘い方はナンパ目的と相手に分かってしまう可能性もありますが、逆を言えばそれでも話を聞いてくれたり探してくれるような女性にはその後で誘いやすいという利点もあります。

落とし物から入る声かけ

ナンパでよくありがちですが、「この辺で財布を落としちゃったんだけど見かけませんでした?」など、何かを失くしたことにして一緒に探してもらい、きっかけを掴むナンパの方法もあります。

しかし、ナンパが成功したことでつい気を抜いてしまい、失くしたはずのものを取り出してしまったりすると嘘つきだと思われてその場の雰囲気が一転して最悪になるケースもありますので気を付けましょう。

人違いのふりから入る声かけ

「あ、○○だよね?久しぶり!」とか「前に○○で会わなかったっけ!?」など、人違いから入る声かけの方法もあります。「違います」と冷たくあしらわれてしまうこともあるかもしれませんが、その場合にはその後が期待できないことが多い為、潔く引くことも肝心です。

とめ

一言でナンパといってもただ声をかければいいというわけではなく、服装や声のかけ方、その後への繋げ方などいろいろなポイントがありますね。

ご紹介した方法を取り入れればナンパの成功率は格段に上がるはずです。しかし、一番大切なのは女性の気持ちに立って紳士的な態度でナンパに臨むことでしょう。街で「綺麗だな」と思った女性に声をかけて、相手も誘いに応じてくれた時の嬉しさは計り知れません。

ナンパは軽いというイメージを持っている方が多いと思いますが、出会いの一環です。出会いを自分から作れるのは最高のメリットと言えるでしょう。ぜひ、実践してみてください!