男は「初めての男」になりたい!女は「最後の女」になりたい

古くは『源氏物語』の例もあるように、何も知らない、経験の浅い女性をリードして、自分色に染めていくのが男の夢。

21世紀になっても、いまだに「処女性」を重視する男性は数多くいます。

まるで「未開の大地を耕したい」という男らしさの表れのようですが、実は弱気の裏返しでもあります。

男が求めるのは真っ白な女

男性は、女性にとって「最初の男」になることで、他の男性と比べられるのを避けたいと思っているのです。

自分が最初の男なら、どこにデートに行っても、どんなキスをしても「前の彼のほうがいいところに連れて行ってくれた」「昔の彼のほうがうまかった」などと言われずに済みます。

「こんなの初めて!」と感激してくれるシーンもきっと多いでしょう。

自分に自信がないからこそ、「真っ白な女性」を求めているとも言えるのです。

そんな男性を喜ばせるには、「初めての経験をさせてもらっています。だから、これからあなた色に染まっていきそうです」ということをアピールするといいでしょう。

男にはこう言え

MEMO
男にはあなた色に染まりそうと匂わせる

男の心を掴む言い方

こんな経験初めて

ダメな言い方

そのお店、前に言ったことある。美味しいよね。

女性が求めるのは、「完成された男性」

女性は変身願望があり、「いつか白馬の王子様が自分の人生をステキに変えてくれる」と思いがち。

そういった依存的な考えがあるため、できるだけ洗練され、成功した大人の男を求めます。

そして、このこだわりや条件は年を重ねるごとにより複雑になります。

「この年齢まで待ったのだから、もっといい男じゃないと納得できない」というわけです。

相手にとって「最初の女になりたい」とは思いませんが、「最後の女になりたい」という希望は持っています。

つまり、恋愛の延長線上に、「結婚」というゴールを自然と見据えているということ。その点では、女性のほうが恋愛に対して現実的とも言えるでしょう。

女性を喜ばせるには、「今までつき合ってきた相手とは、まったく違う感覚です。

だからこそあなたで決めてしまいそうです」というニュアンスが必要です。

女にはこう言え

MEMO
特別なあなたに決めそうとほのめかす

女の心を掴む言い方

こんな気持になるのは君が初めてだ。

ダメな言い方

君みたいなタイプ好きなんだよね。