【結婚相手を探す方法】理想??の相手と巡り合うためには

「理想の結婚」結婚願望がある人なら誰でも憧れますよね。私は若いうちは結婚願望はほとんどなく、流れに流され数々の失敗をしてきました。そんな失敗談も踏まえ、どんな方法があるのか考えていきたいと思います

理想の結婚って?

「理想の結婚」と一言で言っても千差万別です。今昔、男女でも違いますし、その中でもいろいろだと思います。

「タイプの人がいい」「結婚しても仕事に理解のある人がいい」「家事は分担」「いつまでもカップル気分でいたい」「年収○○は絶対」「義家族との同居はしない」「海外旅行にも行きたい」などなど挙げればきりがありません。

もちろん中には全て叶えてくれる素敵な方がいるかもしれませんが、現実的にそんな相手はそう簡単には見つかりませんよね。

しかも、男性側にも「理想」が存在します。「家庭的な人」「自分の時間がほしい」「家事や育児を求めない人」「自分の親と仲良くできる人」などこちらも挙げたらきりがないでしょう。お互い自分の都合のいいように「理想」を求めるわけですが、結婚は現実です。完全な理想は難しいにしても近づけることはできるかもしれませ

結婚相手を探す方法

f:id:ffgai:20170124190130j:plain
結婚相手を探す方法として、9つにまとめてみました。 そして、素敵な人に巡り合ったときにその出逢いを無駄にしないためにも自分磨きもしておきたいですね。

自分磨きはしても絶対に損にはならないですし、前向きな気持ちが新しい出逢いを運んでくれるかもしれません。

1、友達の紹介

友達の紹介だとそれだけで安心感がありませんか。

自分のことと相手のことをよく知っている友達に紹介してもらうので、初対面だとしても全くの見ず知らずの人と会うよりはかなりハードルが低い気がします。

同じ友達がいることで共通の話題にもなりますよね。 私の友達も友達の紹介で付き合い始め幸せな結婚をしました。また結婚後も共通の友達がいることで夫婦で参加する集まりなどもあり、とても楽しそうです

2、社会人なら断然会社関係

職場が一緒、取引先など社会人になるとたくさんの人と知り合う機会に恵まれます。

しかも、仕事をしている以上、相手によく思われようとふるまっていたとしてもすぐに見透かされてしまいますよね。

相手が人としてどういう行動をとるのかきちんと見極めることができます。私の知り合いで「仕事が合わない人はプライベートでも絶対に合わない」と独自の考えを見出している人がいましたが、そこまで極端にならずとも人としてのマナーなどもチェックしておくといいと思います

ただひとつ、私の経験談を書かせてください。

私の旦那さんは会社の後輩でした。

とても社交的で人当たりが良く、おもしろい人で職場全体を和ませてくれる人でした。…がそれは外面だったのです。

結婚してしばらくしてから知ったのですが、実は真逆のキャラで家では基本的に無表情、挨拶も自分からはしない、話すのが面倒らしく自分から話してくることはあまりなく…受け止めるまでにどれだけ時間がかかったか、どれだけケンカをしたかわかりません。

もちろん仕事をしている人は多少なりとも外面があると思いますが、長く社会人をしてきて、何回か職場恋愛をしてきて、初めてのタイプだったので、自分の見る目のなさを相当悔みました。

職場関係の人といい出逢いがあったときは、そんな人もいることも思い出してみてください(笑)

3、結婚式や2次会

友達の結婚式などで出逢いを期待している人が半数近くもいるそうです。

確かに友達の幸せな顔を見て祝福する気持ちとともに羨ましい気持ちにもなりますよね。

期待していなかったとしても結婚願望が高まる瞬間かもしれません。

結婚式は自分のテーブルのみで過ごすことが多いですが、そのテンションのまま向かった2次会ではゲームなどいろんな人と楽しめる企画が満

連絡先の交換も2次会で…という方も多いのではないでしょうか。

4、同窓会

これは鉄板ですね。

昔冴えなかったのに素敵になっていたり、全く話したことがなかったのにとても気が合ったり、考えただけでワクワクしませんか。

昔話に花が咲くので距離も一気に近づきます。

また、その同窓会から次の集まりへとつながり、次の集まりには同窓会メンバーではない人が参加したりと輪がどんどん広がっていきます。

個人差はありますが、自分が結婚を意識するということは、同年代で出逢った相手も意識する人も少なくないかもしれません。

同窓会の知らせがきたら積極的に参加してみるといいと思います。

5、婚活イベント

昔からある婚活パーティーは時間が決められ順番に異性と話し、その後のフリータイムで気になった人のところで食事をしながら会話する…というようなスタイルが主流でした。

最近では、そういったスタイルにとらわれず、バーベキューやトレッキング、いちご狩り、料理教室、犬好き猫好きなどの集まりに参加して出逢いを求めたり、少し前に街を挙げての合コン「街コン」もブームになり

結婚やお付き合いにならなくても、同じ趣味の人と知り合いになれるかもしれないので楽しめそうですよね。

6、趣味活

婚活イベントとは少し違うのは、完全に自分の趣味に走るところです

趣味が同じだと結婚しても共通のことがあるのでいいですよね。

始めから自分の趣味の活動をしていたところで出逢えれば、お互い相手に頑張って合わせることもなく自然に会話ができます。

実際私の友達は、趣味の山登りで社会人サークルに所属してそこで出会った人と結婚し、幸せな暮らしを送っています。

まだ子供がいないので、休日は一緒に山登りに行ったりしているそうです。

7、お見合い

私の勝手なイメージは、お世話好きの親戚のおばさんがお見合い写真を持ってきたり、上司に頼まれて形式だけ相手の方に会ってみるとか…ドラマの見過ぎですね。

でもお見合い結婚は離婚率が低いそうなんです。

恋愛結婚と違って、盲目にもならずに初めから結婚を意識して冷静に相手を見極めることができるからでしょうか。

8、結婚相手探し無料相談所を利用する

一般的に結婚相談所では、入会金や月会費など料金が発生します。

そこまでの勢いはなかったり、金銭的にハードルが高かったりと足を踏み入れるのに勇気がいりますよね。

でも、その前に公共の無料相談所があるのをご存知でしたか。

自治体やNPO法人が運営していて、結婚相手の紹介やパーティーなどや異性と話すのが苦手など悩みを克服するための相談など自治体によって違いはありますが、ほとんどの団体が無料で実施しています。お金がかからなければ少しハードルは下がる気がします。

結婚相談所が本当におすすめな理由って?意外なメリットと評判について

9、結婚相手探しサイトを利用する

結婚相談所より料金体系がお得なところが多いようです。

自宅でゆっくり探すことができて人の目も気にならない利点がありますね。

サイトによってかかる料金体制は違いますが、無料だとひやかしや遊び半分の登録もありそうなイメージがあります。

きちんと紹介してもらいたいという気持ちがなければ、お金を払ってサイトを利用しませんよね。

婚活アプリは無料でも出会える!?facebookで始められる評判の婚活サイト5つをご紹介!

結婚相手を探し疲れたら

そんな時は一旦お休みしましょう。

無理に探してもいいことはない気がします。

自分だけの生活に戻って、ペースを取り戻して、気楽に考えてみるのもひとつの手だと思います。

気が済むまで休んだらまた再開すればいいですし、意外とそういうお休み期間中にふとした出逢いがやってくるかもしれませんしね♪

まとめ

ここまでいろいろ調べて、私なりに理想の結婚について考えてみました。

まずは、自己分析をして長所短所をはっきりさせ、その性格を受け入れてくれる人を探すことだと思いました。

その間に相手の短所を受け入れる懐を広げるという自分磨きもしながらです。

私もそれができていればと後悔です…特に短所は直そうと思ってもそう簡単にできることではありませんので、出逢った人と向き合うときは、あまり猫をかぶらず素の自分を見せて、受け入れてくれる人が見つかればとても幸せなことではないでしょうか。