あなたは、既婚者ですか?独身ですか?生涯の伴侶を選ぶとき、どんなことを条件にしますか?アンケートでひも解いてく、独身男女のリアルな声と、どうしても結婚したい方が心がけるべきことを、ご紹介します。

未婚率が増加している日本の男女の結婚の条件とは?

f:id:ffgai:20170131043407j:plain

既婚者の方々、今のパートナーを生涯の伴侶に選んだポイント

 

はどこだったのでしょうか?そして未婚者の皆さんは、結婚する相手を選ぶ条件として、何を大切にしていますか?

女性の社会進出が進んでも、そんな女性たちが結婚して子供を持っても、安心して仕事が出来る環境のケアが追いついていない日本では、結婚をしないという選択をする女性が増えていると見受けられます。また、男性の場合でも、特に若い方は、自身の収入や、結婚への責任感を重いと感じる人が増え、結婚を避ける傾向にあるようにも感じます。

夫婦同姓の法律で、籍を入れると手続きなどが大変ということもあり、戸籍上、法律的に夫婦という形を求めないという人も多く、結婚の形は多様化しています。だから、簡単な形であれば、「結婚する」ということ自体は、さほど、高いハードルではなくなっているのかもしれません。

それでも、適齢期、あるいはそれを過ぎた男女も、独身を貫く人が多いのも現実なのです。では、結婚をしていない男女が、もし結婚するとしたらこういう人を選ぶという条件は、一体どんなものが多いのでしょうか?男女別に見ていきましょう。

女性が男性に求める結婚の条件!

女性が結婚相手に求める条件

やはり、「性格や価値観が合う」ということが大切なようです。毎日、何十年も一緒に暮らしていくわけですから、お互い人として合わないと、確かに大変ですね。あとは、やはり「思いやりのある人」「癒されること」など、一緒にいて落ち着けて、安心できる人がいいという意見も多いです。人を思いやれない人は、友達になるのも、彼氏にするのも嫌ですからね。

例えば「収入が安定していること」に注目していきましょう。高かろうが、低かろうが、とにかく安定していれば結婚生活は送れるということなのでしょう。理想は、高い年収に越したことはないでしょうが、自身が仕事を続けるということを考えたとき、特に相手に高収入は望みません。ですが、産休や育休期間にも安定した生活が送れるのかということは、非常に重要ですよね。

【番外編】女性には、こんな条件も大切!?

飽きないように!自分好みの顔であること

自分の好みの顔ということも、結構大切だという意見もありますよね。決してハンサムなイケメンというわけでなく、毎日顔を合わせても飽きないということも大切です。さらに、顔が自分の好みであれば、険悪な雰囲気のときに、顔を見るだけでイラっとしないという意見もあります。また、あまりにイケメンだと、自分がドキドキして落ち着かなかったり、浮気の心配をしてしまうこともあるようです。彼氏にはいいけど、恋愛と結婚は別です。

女性にとっては、パートナーが「一緒にいて落ち着ける、自分好みの顔」であることも結構大切なようです。「美人は三日で飽きる」といいますが、「イケメンだって三日で飽きる」ということでしょうか?

いつまでも女性として見てくれる

結婚して、2人で年を重ねていき、いずれは肌の老化が気になったり、ボディラインの崩れが気になったりするようになるかもしれません。しかし、女性はいつまでも夫から1人の女性として愛されたいのです。

結婚してからも、付き合っていたときのように仲良くしたいのです。子供が生まれて、月日がたつと、完全に家族になってしまいますが、妻のことを自分のお母さんでもないのに「お母さん」として扱う男性が多いように思います。

確かに、新しい家族を作りたいから結婚はするのですが、愛する人の母親になるために結婚するのではありません。妻として、女性として扱ってくれるであろう男性は、非常にポイントが高いでしょうが、結婚前に見極めるのは大変そうですね。結婚してからも、いつまでたっても女性としてみてもらえるように、自らが努力をすることが賢明なようです。

浮気をせず、家族を大切にする

これは、ランキング内にも答えがあるような気がしますが、家族を大切にして妻を思いやれる男性は、きっと浮気なんてしないでしょう。浮気をする人は、人間として疑わしくなってしまいますから、結婚相手としては、ふさわしくないと感じる女性が多いのでしょう。

浮気を法律で罰する国さえあり、それひとつで家族が崩壊しかねない重大なことだと思います。付き合ってるときや、軽い気持ちで一回きりとかならまだしも、結婚してから、別の女性との関係を続けるような男性は、結婚相手としては、あまりにも不適切ですよね。

男性が女性に求める結婚の条件!

男性が結婚相手に求める条件

男性は「性格が合うこと」や「思いやりを感じること」が大切なようです。一緒に生活していて、心地の良い人というのは、結婚生活を送っていく上では大切ですよね。毎日仕事を頑張っていることを評価してくれ、安心できる場所を与えてくれる人というのは、男性にとっては重要なようです。

また、「家事をこなす能力がある」ということも、重要だそうです。特に共働き世代なら、家事をする時間も限られてしまいますが、出来るだけ短時間でも家事をこなすことの出来る女性のほうが、やはり、一緒に生活するのには大切なことのようです。男性も家事を手伝うご家庭が多いと思いますが、一般的に、男性よりも女性のほうが、マルチタスクが得意とされ、山ほどある家事も要領よくテキパキとこなせる能力は女性のほうが上のようです。その点、家事が得意そうな女性というのは、高評価なのでしょう。

【番外編】男性には、こんな条件も大切!?

子孫繁栄を考えると若い女性の方がいい

結婚する上では、見た目の年齢よりも、実年齢が若いことを重視する男性が多いようです。なぜなら、男性にとっては、結婚相手の女性に子供を産めるかどうかも重要になってくるからです。それは、「男性が家を守っていく」という考えから、自分の家族にも、「この女性と結婚してこの家を発展させ守っていけるよ!」といえる相手がいいのです。

家族を発展させるため、新しい家族を作るために結婚をするので、実年齢が若い方が、高齢出産のリスクがないので、ポイントが高いということになるでしょう。

妻、嫁、母の役割をしっかりこなせる人

男性の場合、自分が描く「理想の妻」の役割を果たしてくれるかも、大切なようです。例えば、専業主婦を望む男性の場合は、信頼して家計を任せることが出来、家事をしっかりとこなし、子供を立派に育て上げてくれそうな女性が「理想の妻」であると考えられます。共働きを望む男性の場合は、自分のキャリアをしっかり形成し、お金を稼いでくれ、家計を助けてくれるといったような条件もあるのでしょう。

さらに、結婚するということは、互いの家族とも家族になることであるため、男性にとっては、自分の両親からも嫁として、娘として認められ、上手く付き合っていける女性であることも「妻の役割」なのではないでしょうか?自分の家がどんな人を求めているのかにもより、そんな必要な「お嫁さん」の役割をしっかりと果たしてくれそうかも評価ポイントとなるでしょう。

浪費せず家計の管理ができる人

例えば、浪費家であったり、派手好きでブランド大好きな贅沢な女性は、結婚相手としての評価を下げるでしょう。専業主婦の場合も、共働きの場合でも、稼いだお金を家計のためを第一に考えてくれる女性は、高評価でしょう。

独身時代から、しっかり貯金をしている倹約家の女性は、結婚後にしっかりと家計を考えてくれるというイメージが強いのです。そのため、海外旅行に頻繁に行ったり、ブランド物をたくさん持っていたり、お稽古事をたくさんしていたりと、派手で贅沢なイメージがある女性は、結婚相手としてはあまり見てくれないということになるでしょう。

男女共に大切にしている条件とは?

価値観や性格が合うこと

やはり、男女とも一番大切だと考えているのは、性格や価値観の一致ですよね!趣味が一緒だったり、好きな食べ物や音楽や映画のジャンルが一緒だったり、笑いのツボが一緒だったりすることも大切ですし、暮らしていく上での習慣やルールなどが似ていることも大切です。

さらに言うと、体の相性も重要です。夫婦にとって、性生活の問題は一生ついて回るでしょう。子供を作るためには大切なことですし、結婚して何年たっても、夜の生活が充実していることは、お互いを異性として見続けられる大切なファクターであるため、離婚率を下げることにも繋がります。

一緒に何十年も生活する相手ですから、性格や価値観が合う人のほうが、安定した結婚生活が望めると考える男女が多いのでしょう。

思いやりがあること

これもやはり、生涯のパートナーとしては、重要なことでしょう。相手の立場に立って、相手を思いやれる人は、人としても素晴らしいですよね。「結婚相手が自分を支えてくれるのは当然!」と自己中心的な考えを持っている方は、一気にポイントを下げられてしまうと思います。

一緒に生活している、一番身近で大切な家族であるからこそ、自らを少し犠牲にしてでも、相手を気遣い、ケアをしてあげられることが大切なような気がします。自分の両親・祖父母・兄弟や、友達にしているように、結婚してからもパートナーを労われる人は、結婚相手としては高評価でしょう。

30代以上の独女が妥協すべき結婚の条件!

なかなか結婚できない女性は、相手に求める条件が厳しすぎるといわれる方が多いと思います。結婚をする気がない方を除いては、これまで出会った男性はどんなところがあなたの条件に合わなかったのでしょうか?

「一生を左右する結婚、妥協したくない!」という意見も、ごもっともなんですが、未婚女性が実際にリストアップした条件の中で、「それってそんなに重要?」と感じる既婚女性の意見を覗いてみましょう。

結婚時の年収なんて関係ない!

結婚するときの相手の年収は、ほとんど関係ないと思います。その年収が一生涯続くわけでもありません、転職したりすれば、変わりますし、経験や昇進などで年々、年収が増えるということは安易に考えられます。

職をあまりにも転々としていて収入が安定しないなどでは問題ですが、生活していけるだけの安定した収入があるのであれば、彼の将来性を信じてあげることも大切なようです。

また、互いの両親が亡くなったときの遺産相続など、多方面に長期的に目を向ければ、「今、彼が、年間いくらもらってるか」なんて関係ないということです。

年の差なんて関係ない!

最近は、年下男子と交際する「大人女子」も増えてきてると思います。結婚したいと思ったとき、プロポーズされたとき、やはり年齢のことをネックとして考える人も多いでしょう。特に10歳以上の差がある年の差カップルの女性側は結婚に踏み切るのに、とても勇気がいる場合が多いでしょう。相手の両親に認めてもらえるか?彼の周りはどう思うか?年収が私のほうが多いから、とか、今は良くても私のほうが先に老いていく、とか色々と考えると思います。

上記でお伝えしたとおり、子孫を残そうとする男性は、実年齢が若い方が結婚相手として良いと考える傾向があるのです。にもかかわらず、年上で先におばあちゃんになるあなたを、一生のパートナーとして選んでくれた彼はしっかりと考え、覚悟を決めているのです。自分の両親や友達などは気にせず、あなたを守ってくれると思います。

一歩勇気を出して踏み出してみれば、何年か経ったときに、そんなことはなんとも思わなくなるのではないでしょうか?

完璧な人間なんていない!

この世の中に、完璧な人間なんていないのです。自分がすごく好きになった人でも、欠点というものはあるでしょう。そんなに恋焦がれるわけじゃないけど、結婚相手としては素晴らしい人という男性に出会うこともあるでしょう。

あまりにも情熱的に、「こんな人じゃなきゃ絶対ダメ」と思っているよりは、お付き合いのある男性の中で、「2番目に好きな人」位、落ち着けて和める相手でも、いいのではないでしょうか?

性格や価値観があって、お互い思いやれる存在であれば、どこか一個位欠点があっても目をつぶる事も、必要なようです。

幸せな結婚への道

男女の結婚条件の違いや、共通点についてご紹介してきました。自分が思い描く条件に、ピッタリと当てはまる人を見つけるのは、少し大変かもしれませんが、自らもしっかり努力し、魅力的な人になることも、大切なことだとわかりましたよね。

条件は、わがままではないと思いますが、あまりにもガチガチに考えすぎず、自分が絶対に譲れないポイントは絞ったほうが、結婚できる確率は高くなるかもしれません!ひょっとしたら、あの人が、あなたの運命の人かもしれません!