【友達が欲しいと思ったら実践すべき5つの方法】友達が多い人には5つの共通点があった

「同じ世代の友達が欲しい。」「外国人の友達が欲しい。」と感じた時にどのようなことをしていますか?友達が欲しいと思った時には、自分から積極的に行動を行ってみましょう!有効な友達を作る方法を紹介します。友達を増やして交友関係を広めてみてください。

友達が多い人の5つの特徴

相手のことを自分から好きになることができる

友達が多い人は、自分から積極的に相手のことを好きになることができると言われています。友達のことを好きになるということは、相手に興味を持ったり、友達と会話をしたり遊んだりすることに感謝の気持ちがあることが多いようです。

反対に、一緒にいて自分のことばかり話す人や、相手に興味を持てない人は、友達が少ないと考えられています。相手を自分から好きになることは、相手にも自分を好きになってもらうということと同じだと言われています。

相手のことを好きになって、相手を尊重することができる人は、相手にも同じように思ってもらえるため、良い人間関係が築いていける可能性が高いそうです。これは、友達が多いだけではなく、より人間関係を円滑にするためにも欠かすことができないと考えられています。

相手を受け入れることができる

人と関わる時に、相手の悪い部分ばかり見えてしまう人もいるかと思います。しかし、相手の悪い部分ばかりをみて、良い部分を見つけることができない人は、その人を好きになることも難しいと言われています。

反対に、相手の良いところをたくさん見つけて、悪い部分もしっかりと受け入れることができる人は、友達が多い傾向があるようです。相手を評価したり、悪い部分を必要以上に見ないようにできる人は、相手を受け入れる人はたくさんの人に惹かれると言われています。

悪い部分があったとしても「個性」として受け入れて、相手を批判するような言動はしないようです。相手の全てを受け入れることは簡単なことではありませんよね。しかし、受け入れる努力ができる人の周りには自然に人が集まっていると考えられています。

自分から積極的に行動することができる

友達からメールが来るのを待っている。友達に遊びに誘われるのを待っていると、どんな時でも相手が行動するのを待っているという人もいるかと思います。しかし、友達が多い人は自分から積極的に友達に対して行動を起こすことができるようです。

自分から積極的に連絡をしたり、遊びに誘ったりすることができるようです。友達が多い人には、たくさん人から連絡が来ていると思いませんか?

このような人は、その前に自分から連絡をしている可能性が高いと言われています。自分から行動することができるため、頻繁に友達と連絡を取ったり遊んだりして、さらに関係を深めることができるとも言われています。

自立していることが多い

友達が多い人は、自立している可能性が高いと言われています。これは、友達が多い人の典型的な特徴だと考えられているそうです。例えば、一人でいる時でも一人で楽しんで過ごすことができる人もいますよね。このような場合には、自立している可能性が高いようです。

反対に、友達ができるとその友達に必要以上に依存してしまう人もいるかと思います。このような場合には、自立することができておらず、相手に依存をして負担をかけてしまうこともあると言われています。自立することができているからこそ相手に気を遣ったりすることができると考えられているようです。

目の前にいる人を大切にすることができる

友達と遊んでいるときに「今度他の人と出かけるんだ」などと他の人と遊ぶ約束をしていることや、それが楽しみであることを伝える人もいるかと思います。しかし、このような発言をすることで目の前にいる友達は、自分のことを軽く考えていると感じてしまうようです。

そのため、何気ないひとことで友達を不快な思いにしてしまっているかもしれません。しかし、自分にとっても優先順位というものもありますよね。少なからずこの人よりは好き、あの人よりは苦手と考えている人が多いようです。

しかし、友達が多い人は、目の前にいる人のことを大切にすることができるため、その時に応じて目の前にいる人を一番に考えてあげることができると言われています。また、このような場合には「今」を大切にすることができるので、時間や友達などのありがたさを感じることができている場合も多いと言われています。

友達が欲しいときに友達を作る有効な方法5選

自分から挨拶をする

知らない人に、話しかけることはとても勇気のいることですよね。いつも誰かから挨拶をされるのを待ってしまってはいませんか?挨拶をして無視をさらたらどうしようなどという不安や緊張から、相手から挨拶を待つ人も少なくないと言われています。

しかし、自分から積極的に挨拶を行うようにすることで、「いい人だな」「明るい人だな」という印象を持ってもらえる可能性が高いようです。挨拶をされて不快な思いをする人はいないですよね。ただ、挨拶をするときに小さな声でボソボソとしてしまうと不審がられてしまう可能性もあるので注意をしましょう。

挨拶をするときに大切なとこは、明るく元気よくすることだと考えられています。笑顔で挨拶をするように心がけることで、多くの人から好印象を持ってもらえるそうですよ!

自分から行動をする

新しい環境になると、すでにグループが出来ていたり知らない人ばかりになったりと、人に話し掛ける勇気が出なくなってしまうこともありますよね。グループの中に自分から入っていくことは、簡単なことではないと言われています。

しかし、自分から積極的にグループの中に入る努力をしなければ、その人たちと友達になることは難しいでしょう。どんな些細なことでも構いません。自分できっかけを作ってグループの中に入る努力をしてみてください。

一気に仲良くなろうとすると、自分にも相手にも負担がかかるようになるようです。そのため、徐々に距離が縮まるように積極的に行動をすることが大切になるそうです。相手から誘われるのを待つのではなく、自分から積極的に行動を起こしましょう。

連絡先を交換する

自分から積極的に行動した後に、「この人とは仲良くなれるかもしれない」と感じた時には、連絡先の交換をしましょう。相手に連絡先を聞くことも簡単なことではありませんよね。連絡先を聞くとこで「迷惑だと思われないかな」「嫌われたりしないかな」と不安に思う人もいるかと思います。

しかし、相手に連絡先を聞かれるのを待っているだけでは、いつまでたっても交換することはできませんよ!これも勇気を出して自分から積極的に行動することが大切だと言われています。また、連絡先を交換することができたら、なるべくその日のうちに連絡をとるとるようにしましょう。

時間が経つことで連絡しにくくなってしまう可能性があるそうです。ただ、連絡をする際には相手の迷惑になりそうな時間帯はなるべく避けるようにしたほうが良いでしょう。

相手のことを受け入れる努力をする

仲良くなりたいと思った人の欠点が見えてしまった時に、どのような言動を取りますか?友達ができない人の特徴として、欠点が見えたからという理由で距離を置くようになってしまうことがあるようです。しかし、距離を置いてしまえばそれ以上仲良くなることは難しいですよね。

また、人間は自分を受け入れてくれる人に好意を抱くことが多いようです。そのため、自分とは違う価値観を持っている人を受け入れてあげる努力をしましょう。自分とは違う意見を持っている人を批判するのではなく、「こんな考え方もあるんだ」と勉強しての一環として考えるようにできると良いでしょう。

コミュニティーなどに参加する

今の環境のままでは、新たに友達を作ることは難しいと言われています。毎日同じような生活を送っていると、関わる人も限られてきてしまいますよね。そんな時には、コミュニティーなどに参加をして交友関係を広げる努力をしましょう。

自分か興味をしているコミュニティーなどに参加することでは話の合う人と出会う可能性も高いと考えられています。コミュニティーには、同じような興味を持っている人がたくさん集まるので自然に会話を広げることができるようです。

コミュニティーは、インターネットなどで検索するとさまざまなものが出てくるので、自分の興味があるものに参加するようにしましょう。同じ趣味や興味を持っていることで、短期間で仲良くなれる可能性も高いと言われていますよ!

外国人の友達が欲しいと思った時の有効な方法5選

留学生が多い大学に足を運んでみる

外国人と友達になりたいと思っていても、なかなか出会う機会がない場合も多いですよね。外国人と出会う機会がない場合には、留学生が多い大学に足を運んでみるようにしてみてください。大学に入学する必要はありません。

大学で開かれているイベントや学園祭などに積極的に参加をして、交流する機会を作りましょう。この時に、ただ参加をするのではなく自分から積極的に話しかけたり仲良くなる努力をしなければ意味がないと言われています。

留学生は、日本語が話せることも多いので、外国語が苦手な場合でも友達になれる可能性が高いようです。一人で参加をするのに抵抗がある人は、事情を話して身近な人についてきてもらうと良いかもしれませんね。

外国人と同じホテルに泊まってみる

日本に旅行に来ている外国人が宿泊しているホテルに泊まってみるのも一つの手だと考えられています。日本を旅行する外国人は、コミュニティーサイトなどを通じて情報を交換していることが多いようです。そのため、みんな同じようなホテルに泊まっている可能性が高いと考えられています。

このようなホテルに、泊まることで外国人と出会う機会を作ることができますよね。ラウンジなどで話をしてみたり、カフェやレストランなどで食事をしながら交流をしてみたりとさまざまなきっかけを作ることができますよ!

また、近くにある良いスポットや美味しいレストランなどを紹介したりすることで、相手に喜んでもらえる可能性も高いと言われています。運が良い場合には、一緒に紹介したスポットまで足を運ぶことができるかもしれませんね。

外国人が多いバーやクラブにいく

この方法は、外国人を作る手っ取り早い方法だと言われています。外国人が集まっているクラブやバーに友達を誘って訪れてみましょう。一人で足を運んでしまうと危険も伴う可能性があるので、必ず誰かと行くようにしたほうが良いでしょう。

このような場所で、外国人と仲良くなることでさらに交友関係を広げることができるとも考えられています。日本の友達でよくクラブやバーに足を運んでいる人がいる場合には、友達に聞いてみると良いかもしれませんね。

また、その友達に外国人の友達がある場合には紹介してもらったりすることで、簡単に友達になることができるとも言われています。

国際交流パーティーに参加をする

東京などの大都市では、頻繁に国際交流パーティーが開催されているようです。日本で行われていることもあり、日本人が比較的多いパーティーとなりますが、中に入る外国人もいるそうです。そのため、国際交流パーティーに積極的に参加してみる価値は十分にあると考えられています。

また、このようなパーティーに参加するためには、パーティーに積極的に参加している日本人と仲良くなってコネを活用することも大切だと言われています。他の国際交流パーティーを教えてくれたり、よく外国人がいる場所を教えてくれたりと、情報交換の場としても活用することができますよ!

Facebookなどで外国人にメッセージを送ってみる

Facebookなどのsnsには外国人も多く参加していますよね。外国人と友達になりたいけどなかなか外国人と出会う機会がないという場合には、Facebookなどを活用してメッセージを送ってみるようにしてみてください。

日本の文化やアニメなどに関連しているページなどに多くの外国人がシェアしている可能性も高いので、住所が違い人や、趣味が合いそうな人にメッセージを送ってみましょう。友達申請をして、Facebookを通して友達になるのも一つの手だと考えられています。仲良くなってからメールや手紙交換などを行っても良いですね。

まずは自分から積極的に行動をしよう!

このように友達が欲しいと思った場合には、自分から積極的に行動することが大切だと言われています。友達ができるのをひたすら待つのではなく、勇気を出して人と関わるようにしてみましょう!

また、自分とはあまり合わないかなと感じる人ではなく、「この人と友達になりたい」「この人といると楽しい」と思うような人と友達になるようにすることが大切だと考えられています。