近年ではメールやLINEで告白をする人が多くなっていますよね。そのためラブレターを書く人も減少しています。ラブレター書き方をして、自分の素直な気持ちを相手に伝えるようにしてみてはいかかでしょうか?

ラブレターにはメールやLINEでは表現できないような想いをしっかりと伝えることが出来るかもしれませんよ!

ラブレターの書き方を知らない人が急上昇している!?

携帯などが普及していない時代では、好意を寄せている人に想いを伝える方法としてラブレターが頻繁に活用されていましたよね。

しかし、近年では携帯の機能がより便利になっていることで、相手に気軽に想いを伝えることが出来るようになりました。中には「今時ラブレターなんで古臭い」と感じている人もいるかもしれませんね。 しかし、ラブレターは自分で想いを込めながら書くことで、文章から温かい雰囲気を醸し出すことが出来るようになります。

また、携帯で簡単に「好き」とメッセージを送るよりも重みがあって真剣さがより伝わるようになりますよね。そんなラブレターで好意を寄せている人に想いを伝えるようにしてみませんか?

相手に自分の気持ちをしっかりと伝えて成功させるラブレター書き方を紹介します。今までメールやLINE、電話などで告白をしていたという人も是非ラブレターで告白をするようにしてみてください。ラブレターが形に残る為思い出として相手にとっておいてもらえるかもしれませんよ。また告白が成功したことで、後々2人にとってもいい思い出になるかもしれませんね。

そもそもラブレターって何?

近年では「ラブレター」という言葉を耳にする機会も少なくなってきていますよね。そのため、「そもそもラブレターって何?」「何の為に書くものなの?」と思うようになっていいる人もいるかと思います。

ラブレターは基本的に想いを寄せている人に対して愛を告白するための手紙の事を言います。近年では、手紙を書く機会も少なくなっているため「わざわざ手紙?」と感じてしまうかもしれませんね。 告白をしたい相手に対して、面と向かって想いを伝えることが出来ないという場合もあるかと思います。このような時に、ラブレターを書いて相手に想いを伝えるようにするのです。

中学生の頃に相手の机の中にラブレターを入れた事があるという人もいるかもしれませんね。 渡す方法は「直接相手に渡す」「人に渡してもらう」「相手のわかるところに置いておく」などさまざまだと思います。方法はどうであってもこのように自分で書いた文字で相手に想いを伝えるような告白をラブレターというのです。

ラブレターの書き方は中学生や高校生が知っておくもの!?

近年では中学生でも携帯を持っているという人が増えてきていますよね。そのため告白もラブレターではなくメールやLINEでするという人も多いのではないでしょうか?しかし、相手の連絡先を知らない場合には、ラブレターを書いて机やロッカーの中に入れておくという事も少なくないのです。

携帯が普及している現代でもラブレターを活用している中学生はたくさんいると言われています。 また高校性になると携帯を持っている人が増加しますよね。しかし、この場合でも敢えてメールやLINEではなくラブレターを書いて放課後に渡すという方法で告白をしている人もたくさんいるのです。このようなことから中高生はラブレター書き方を知っていた方がいいと考えることが出来るかもしれません。

しかし、実際には社会人でもラブレターを活用することもあるのです。多くの人が「ラブレター=中高生」という印象を持ってしまっているかもしれませんね。会社で好きな人が出来た、毎日会うけどあまり仲良くないというような時には、現代でも多くの人がラブレターを活用しているのです。

このことから中高生だけではなく社会人も告白の際にラブレター書き方を把握しておくように出来るといいと判断することが出来るかと思います。年代に関係なく、想いをラブレターで伝える人は少なくないのです。

ラブレターのメリット

思いがしっかりと相手に伝わる

ラブレターは自分のペースで自分の伝えたいことを余裕をもって書くことができるので、自分の思っていることをしっかり隅々まで相手に伝えることができます。

例えば、口頭で洩らしてしまうような些細なことでも手紙という形であるなら、それを言い落す心配はありません。 そのため、相手に自分の言いたいこと全てを完全に伝えることができるメリットがあるのです。自分の気持ちを確実に相手に伝えたい人にとってラブレターは強い味方になってくれるでしょう。

直接言えないことをはっきりと表現できる ラブレターは相手に面と向かって直接的に自分の気持ちを伝える行為では無いので、その分落ち着いた気持ちで自分の思いを相手に伝えることができます。ラブレターを通しての告白では好きという、非常に精神的負担のかかるメッセージを直接相手に言わなくても良いのです。

また、振られても直接その場で断りの言葉を言われることもないので、精神衛生上とっても優しいのです。特に内気の人や、自分の気持ちを直接相手に伝えることに恥ずかしさを感じる人にはラブレターという行為はうってつけと言えます。

誠意を感じてもらえる

言葉で真剣に自分の気持ちを伝えることも相手に誠意を感じてもらえる告白法ですが、ラブレターの様に自分の文字でしっかりと相手への気持ちを伝えるという告白法も受け取った人に対して自分の誠意を強く感じさせる力があるのです。

手書きという行為は、ラブレターを受けとった人からすると、その行為者の真剣に自分のことを考えて書いている姿を連想させ、自分のために時間を使って精一杯好きという気持ちを伝えてくれた、と強く感じさせることができるのです。

ラブレターのデメリット

どこか物足りない

ラブレターを貰って嬉しく思う人も大勢いますが、できたら告白という人生においてとても記憶に残るような瞬間を手紙という形でなく、直接相手との対面で迎えたかったという人も多いと言えます。このようなどこかロマンチックな人からすると、ラブレターでの告白はどこか味気なく物足りない気分にさせてしまうようです。

ラブレターであると、どうしても直接的な告白に比べてインパクトが無く、告白を受けた相手に対しても記憶に残りにくいというデメリットがあることを覚えておきましょう。

悪用されるかも?

ラブレターは生の告白と違い、その場で相手の交際に対する返答を聞く機会が設けられていません。そのため、ラブレターを送った人はそのラブレターに対しての返答をいちいち相手から待たなければなりません。 そのラブレターを貰った人が送ってくれた人に対して好意を持っていたら、その返答は比較的早く帰ってくるでしょう。

しかし、ラブレターを貰った人が送ってきた人に対して全く無関心であった場合、その返信が無視されるというケースが非常に多いといえます。

また人によっては、最悪の場合、その内容をツイッターやsnsなどにのせ、笑いのネタとして拡散させるケースがあります。 こういったリスクがラブレターにはあることを忘れないようにしましょう。

古臭いと思われる

ラブレターは今の時代では少々古臭い告白方法であることは否めません。現代では携帯のメールやラインで告白が頻繁に行われているので、手紙で書くという行為はどこか時代遅れと考えられてしまいやすいのです。

特に、流行に敏感な人はラブレターという形に対してダサさを感じる人が多いと言えます。そうした人達からすると、そんなラブレターに対して返事を送る気持ちにはなかなかなれなくなるのです。

成功率をあげる効果的なラブレターの書き方

シンプルな便箋・封筒に、真剣さが出る

ラブレターを書く際には、必ず封筒と便箋を用意するようにしましょう。メモ帳やノートの切れ端は度にラブレターを書いてしまえば、相手に真剣さをしっかりと伝えることが出来なくなってしまう可能性も考えられます。このようなラブレターを受け取ることで「その場の勢いで書いたのかな」と思われてしまうかもしれませんね。

ラブレターを書く際には、真剣さを伝える為にもしっかりと封筒と便箋を用意することを忘れないようにしましょう。この時に、派手な柄やキャラクターが書いてあるものよりもシンプルなデザインのものを選ぶように出来るといいかもしれませんね。せっかくの真剣な想いを、絵柄などの他の情報であふれた便箋や封筒でかき消さないようにしたいものです。

例えば言葉にしっかり目がいくよう背景部分とコントラストを出すといいでしょうから、淡いパステルカラーのような色の便箋や封筒がよいかもしれません。多少の柄はあってもいいですが、単色無地のものが一番シンプルで濃い色で書かれた伝えたい言葉に目が向きます。さわやかなパステルブルーや朗らかな印象のパステルイエローなどは、男女問わずおすすめです。

心が伝わる、手書きの力

仕事では多くの文書はパソコンなどで作るのでわかると思われますが、たしかに機械で打ち出したものは字は綺麗で列も整っているので読みやすいです。

しかしながら無機質すぎて、気持ちは伝わってこないのです。むしろ「なんだか冷たい感じの人」という印象になりかねません。 いくら字が汚いとコンプレックスがある方でも、丁寧に丁寧にかけば読める字は書けるはずです。またそれだけ苦手なものと向き合って一生懸命書いた手紙ですから、相手にも気持ちは伝わりやすくなるでしょう。

対面であっても、言葉の内容だけでイエスノーを判断する人はいないですよね?表情や声のトーン・振る舞い等を全体の雰囲気をみて考えるはずです。手紙ということは表情も見えず声も聞こえずなので、手書きの文字が唯一人柄や気持ちの度合いが雰囲気として伝わる部分です。ですから、手書きが真剣な想いを伝えるラブレターにはおすすめなのです。

読んでもらってこそ!短く書く

ラブレターを書こうとすると、無意識的に文章が長くなってしまうという人は少なくありません。これはラブレターによって自分の胸の中にある想いを全て伝えようとすることが原因なのです。

しかし、ラブレターだけではなく、メールやLINEで長文が来ることで「読むのが面倒くさい」と感じるようになってしまう人もいますよね。 また長文になればなるほど「結局何が言いたいの?」と思われるようになってしまう可能性もあるのです。ラブレターを書く際には、自分や相手が物足りないと感じる程度の長さの文章を考えるようにしましょう。ラブレターを渡しても、文章が長すぎると真剣に読んでもらえなければ意味がありませんよ。

自分が相手に対して一番伝えたいことは何なのかをしっかりと考えるように出来るといいですね。真剣な想いを伝えることも大切ですが、ある程度自分の気持ちを整理してから想いを書くようにしてみてください。

ラブレターは語り口調で書く

手紙だからといって変に緊張をして堅苦しい文章になってしまう事もありますよね。あまりにも堅苦しいラブレターをもらうようになることで、相手に「重たい」と思われるようになってしまう可能性もあります。そのためラブレターを書く際には、しっかりと自分の言葉で気持ちを伝えるようにすることが大切なのです。

普段人と会話をする時のような「語り口調」で文章を書くようにしてみてください。そうすることで、自然と堅くなり過ぎないラブレターを書くことが出来るようになりますよ。イメージとしては、直接相手に伝えるような口調に出来るといいかと思います。

手紙のルール「冒頭の挨拶」

ラブレターを書く際に「初めに何て書けばいいの?」と出だしからつまずいてしまう事もありますよね。ラブレターノ始めはまず挨拶を書くようにしましょう。

手紙ということは形に残るものです。その為ある程度人として大切なことはしっかりと書くようにすることも大切だという事を忘れないようにしましょう。 挨拶と言っても堅苦しいものでなくていいのです。

「こんにちは」「初めまして」というような軽い挨拶を入れるようにしてみてください。このように挨拶を入れるだけでラブレターで好印象をもってもらうことが出来るようになりますよ。 いきなり「実は前から好きでした」というような文章から始まってしまえば、読んでいる相手をびっくりさせるようになってしまう可能性も考えられます。告白をする前の挨拶をしっかりと入れるようにすることを忘れないようにしましょう。

相手の気持ちを予想して…急な手紙を詫びる

「明日ラブレターを書くから」というように事前にラブレターを渡すことを伝える人はいませんよね。ラブレターを送るということは、いきなり相手に告白をするという事なのです。

多くの人はいきなり告白をされることで、驚きを感じるようになります。 そういった相手が手紙を受け取ったときの気持ちを予想した上で、その気持ちを少し代弁するような形で文章の最初の方に急な手紙であることを謝る一文の挿入は人と人の礼儀として大切です。このように相手の気持ちを考えるような一言を添えることで好印象を持ってもらうことが出来るようになるかもしれませんよ。

またいきなり自分の気持だけをだらだらと書くようなラブレターを送るようになることで「自己中心的な人」というような印象を持たれるようになることもあるので注意をしてくださいね。 この一言があるかないかで、感情のままに気持ちをぶつけているだけの人なのか、それとも相手への心遣いや礼の心ももっている人なのかが相手に伝わってしまうということです。

最初の方の礼儀のあるなしで、それ以降の本題部分を相手がどんな気持ちで読むかも左右してしまうのです。

喜ぶ顔を想像して、褒め言葉を混ぜる

どんな人でも、他人に褒められて「むかつく」と感じるようになることはありませんよね。些細なことでも人から褒められるようになれば、自然に嬉しい気持ちになることが出来るのです。

また、人から褒められれば褒められるほど「この人は自分の事をしっかりと見ていてくれている」と感じるようになります。このような印象を持たれるだけでも、相手から好印象を得ることが出来るようになりますよね。

ラブレターを書く際には、自分が書いたラブレターで相手を嬉しい気持ちにさせることも大切なのです。そのため必要以上に褒める必要はありませんが、相手のいいところを1.2個書いておくようにしましょう。この時にあからさまに社交辞令のようになってしまわないように注意をしてくださいね。 社交辞令になってしまえば、褒められたとしてもそれほど嬉しさを感じなくなってしまいますよ。最悪の場合には「告白の為に嘘を書いた」と思われるようになることもあるようです。そうなってしまえば自分にとってマイナスになってしまいます。あくまでも自然な流れで相手を褒めるようにすることが大切なのです。

言葉選びにご注意を!想いを伝える

ラブレターを書く際には、自分の心の中は相手の事でいっぱいだという事をしっかりと伝えるようにしましょう。ラブレターでこのような自分の気持ちをしっかりと伝えることが出来なければ意味がありませんよね。

まずはラブレターによって、「自分はこの人に想われている」という事を認識してもらうようにすることが大切なのです。 また、この時にドラマで聞いた事があるような臭いセリフを活用するのではなく、自分なりに今感じていることをしっかりと言葉にするようにすることが大切ですよ。臭いセリフばかり並べるようになってしまえば「ラブレターを書いている自分に酔っている」と思われるようになってしまうかもしれませんね。

重すぎず軽すぎない言葉を選ぶようにしてみてください。また、必要以上に相手に執着しているような文章を書くと「怖い」という印象を与えるように泣てしまう可能性もあります。このためラブレターを書く際には、しっかりと言葉を選んで相手にわかりやすく、簡潔に想いを伝えるように心掛けるようにすることが大切なのです。

締めの部分は、これからの希望を

挨拶はしました。好きということは伝えました。これだけで手紙を締めてしまうと、相手はどう感じるか予想できるでしょうか。大方読み終わった後、「それで?」と手紙を閉じて終わってしまいます。この先自分はどうしたいと思っているのか希望を、締めに述べておかなければ相手は行動できません。

また連絡先の記載がなければ、いくら要望を伝えても一方通行で終わります。電話がほしいなら電話番号を、メールがほしいならメールアドレスを手紙の最後に忘れず入れるようにしてください。

関係が浅い相手には、まず自己紹介

ラブレターを書く相手とそれほど親しくないという可能性もありますよね。親しくなくて連絡先を知らないからラブレターを書くという事もあるかと思います。この時に、相手が自分の事をよく知らないのにいきなり告白をされても困惑するようになってしまいます。 そのため、自分の事を相手に伝えるように自己紹介を行うようにしましょう。自己紹介をすることで、自分がどんな人なのかを相手にしっかりと伝えることが出来るようになりますよね。

また、人によってはラブレターを書いても自分の名前を書き忘れてしまうという事もあります。 このような状況になってしまえば、誰からのラブレターなのかわからずに返事をすることも出来なくなってしまいます。

しかし、この時に文章の中で自己紹介をしておくことで誰からのものなのかを伝えることが出来るようになる為返信の可能性も高くすることが出来るようになりますよね。 初めて話をする相手や、あまり接点がない相手にラブレターを送る際には、自己紹介を必ず書くようにしてみてください。どんな人からのラブレターなのかわからなければ「気味が悪い」と思われてしまうかもしれません。

ラブレターの例文と種類を紹介

自分と交際するメリット

ラブレターに自分と交際したときのメリットを簡潔に箇条書きにして、契約書形式でまとめてみるのも面白いでしょう。

興味のある方は以下の例文を参照してみてください。 ○○様 以下は私と交際した際にあなたさまが享受できるメリット一覧になります。あなたの望む要望が3つ以上ありましたら、下の交際承諾に印鑑ないしはサインをお願いします。前向きな返答お待ちしております。

①私と交際したら、おいしい手料理が食べられます。

②私と交際したら、毎日マッサージを私から受けられます。

③私と交際したら、毎日笑顔になれます。

④私と交際したら、毎日楽しくなります。

⑤私と交際したら、あなたを全力で愛します。私は○○との交際を承諾します。印(サインでも可)

似顔画付きラブレター

ラブレターにラブレターを送る相手の似顔絵を付けたしてみるのも、味わい深いラブレターを作る上では効果的です。

その人の特徴を掴んだ、似顔絵は見る人に送り手の自分のことへの深い理解を感じさせ、また文字だけでは伝わらない癒しを与えてくれます。そのため、相手から自分の好意を感じてもらえる上では非常に有効なのです。 似顔絵は写実的に書いても、劇画的に書いてもいいので、ぜひラブレターの最後に書いてみましょう。

おまけつきラブレター

ラブレターにおまけとしてプレゼントやその人が興味を引くようなものを添えてみるのもラブレターをより魅力的なものにするうえで有効と言えるでしょう。最近の若い人たちの間では、香水をおまけとしてラブレターと一緒に送る風習が流行っているようです。

プレゼントはラブレターに書かれている気持ちをより強く相手に受け止めてもらう上で良い追い風になり、告白を成功させやすい要素となるので、ラブレターに何か相手の欲しがるものをおまけとして付けてみるのもいいでしょう。

また、ラブレターの文末にこのプレゼントを気に入ったなら、私と付き合ってね、などと付けたしてあげると、お茶目感があってより相手に好感を持ってもらいやすくなります。

外国語で大好きラブレター

とにかく大好きという気持ちを文字で伝えたいと考えている人におすすめなのが、様々な外国語の大好きをラブレターにぎっしりと書いてみる方法です。好きという日本語をラブレターぎっしりに書くのはどうしても単調的でおしゃれ感がなく、どこかくどさがあります。しかし、外国語を合わせるとその種類の豊富さ、真新しさから、相手に自分の強い気持ちをくどくなく、新鮮な気持ちで感じさせることができるのです。

例えば以下のような形で相手に好きという気持ちを伝えてみるのはどうでしょうか? ○○が大好き!好きという気持ちが強すぎるから、日本語以外にもいろいろな言葉でこの気持をあなたに送りたいと思います!i love you○○, j’aime ○○(じぇーむ), quiero ○○(きえろ),我爱你(をーあいにー)amo○○(あも)!!!

このように、外国語での愛のメッセージをお洒落にラブレターにちりばめてみるのもいいでしょう。

ラブレターは気持ちを込めて丁寧に…

このようにラブレターを書く際には、いくつかのポイントを掴みながら自分の想いをしっかりと伝えるようにすることが大切なのです。

またラブレターには、メールやLINEでは表現できないような力を持っていると言われています。本命に告白をして成功させたいという時には、真剣に相手を想いながら書いたラブレターで告白をするようにしてみてください。

ラブレターを書く際には名前を書き忘れたり、殴り書きのような文字を書かないようにしてくださいね。上手い下手に関係なく気持ちを揉めて1文字ずつ書いていくようにすることを忘れないようにしましょう。