辛い恋をしている時は一人で孤独感の中に沈みがちです。そもそも恋愛って何?恋愛が辛い時はどうすればいいの?なぜいつも恋がうまくいかないの?恋愛に関する名言や、本当の恋がしたい方、別れたいと悩んでいる方へのメッセージ。痛む心の処方箋です。

心理学から見た「恋愛」って?

心理学から見た「恋愛」とは一体何なのでしょう?恋愛とは、「心と心が触れ合う性感情を伴った人間関係」のことをいいます。たとえば、彼のことは好きだけど、彼とキスしたり彼に抱きしめられたりするのは気持ち悪い!と思うのは恋愛感情ではありません。また、恋愛とは「友情+情熱+関わりあい」です。例えば、どんなに情熱があっても、そこに関わりあいと、お互いに受け入れ合う友情がないなら恋愛とはいえません。どんなに芸能人に熱を上げていても、そこに関わりあいと友情がないなら、恋愛に発展することは不可能なのです。それはあくまで「情熱」だけであるといえます。

また、恋愛は「二人きりになりたい」という感情でもあります。仲良くなりたい、助けたいなどの感情は普通の友情にもありますが、「二人きりになりたい」と感じたらそれは恋のはじまりといえます。

また、よく勘違いしがちですが「嫉妬心」イコール恋愛ではありません。恋愛に嫉妬や独占欲などの感情はつきものですが、それだけでは恋愛といえません。異性に対して嫉妬を感じたからといって「恋をしているのかな」と悩む必要はないのです。

心理学から見た「恋愛」の4条件

1 性感情があること
2 自分の理想我に近い人がいること
3 損得感情のない共感ができること
4 自己受容と自己開示ができていること

たとえば、性感情のない人は恋愛はしないし、性感情があっても目の前に自分のタイプの人がいないなら恋は出来ません。また、「寂しいから」「(ファッション的な意味合いで)恋人が欲しいから」「性行為がしたいから」といった損得勘定により一緒にいるのは恋愛ではありません。また、自己受容が出来ていて、さらに相手に対して自己開示をしてコミュニケーションをはかれる人が、素敵な出会いをし、その人と身も心も一つになりたいと思うのが恋愛なのです。

「恋愛」には種類がある

エロス(情熱的な恋愛)

相手に自分の理想像を見出し惚れ込む情熱的でロマンティックな恋愛です。ラブストーリーと言われる多くのドラマや映画の中の情熱的な恋愛物語は、このエロスの関係をかたどっています。エロスはリビドー(性的衝動)が文学的で耽美的な異性愛へと転化したものといえます。リビドー(性的衝動)が発動源ですから、相手と性的関係を持ちたいという強い願いがあります。二人だけの世界観の中に浸り、ロマンティックな感情表現が多く行われるのもエロス的恋愛の特徴です。

ストロゲー(友愛的な恋愛)

親密で温かい友情のような関係が、ゆっくり恋愛へと発展したものです。あるいは、友情的な雰囲気が恋愛的な雰囲気よりも前面に出ている恋愛関係です。親しみやすさやリラックスした雰囲気が二人を包んでいるのが特徴で、エロスのような燃え盛る性衝動、陶酔した感情表現などが少ないのが特徴です。また、時間をかけて「激しい性衝動を伴ったエロス的関係」から「穏やかな友愛に満ちたストロゲー」に移り変わることもあります。

ルーダス(遊戯的な恋愛)

刹那的な快楽、興奮、刺激、陶酔などを得ることを目的にしたゲーム感覚の恋愛です。自分自身がより多くの快楽と刺激を得ることを目的にした恋愛なので、相手に対して親密な感情がなく、嫉妬心や独占欲もあまりないのが特徴です。また、利己的な目的で相手と付き合うので、相手の幸福や楽しみにあまり関心がありません。「遊ばれた」などいう台詞がドラマなどでよく聞かれますが、それはこの関係のことを指します。

マニア(狂信的な恋愛)

エロスの相互的な独占欲を過度に超えた熱狂的・支配的な恋愛です。狂信的に相手に惚れ込み、現実検討能力が低下して相手の気持ちや考えを無視して独占的に愛そうとします。たかぶった恋愛感情を自分で制御することが出来ないため、相手に否定された場合、強烈な嫉妬心や絶望感に襲われます。ストーカー行為や自死行為にまで発展する危険性のある恋愛で、「境界性人格障害」などの病気も疑う場合があります。

プラグマ(実利的な恋愛)

プラグマティズム(実利主義)に根ざした恋愛関係です。相手と付き合うことによって「利益・快楽」が得られることを重要視する恋愛で、損得勘定・功利勘定によって相手を選びます。精神的なことより物理的なことに価値を置く恋愛で、相手の精神的魅力より経済力・将来性社会的地位などを重視します。

アガペー(博愛主義に根ざす利他的な恋愛)

アガペーはキリスト教世界観における「神の無償の愛」であり、エロスとの対局線上にある愛の形態です。アガペーは愛や優しさを求めるすべての人に無条件に与えられる愛です。原義が、旧約聖書に書かれた神の愛であり、新約聖書のイエス・キリストの愛ですから、人間には実現不可能の愛といえるでしょう。

恋愛が辛いのはなぜ?

「友情はプラス感情だけ。恋愛はプラスとマイナスの感情が共存するもの」と言われています。友情は、助けたい、仲良くなりたいなどの気持ちです。恋愛は、そこに「二人きりになりたい」「わたしだけを見て欲しい」という気持ちが生まれます。これは恋愛における独占欲というものですが、いつもその想いが叶うわけではありません。特に片想いのうちは、好きな人が他の女の子と付き合っていたり、仲が良かったりすることがあるでしょうし、付き合ってからも気持ちがすれ違ったり、相手が浮気をする場合もあります。

好きな人が自分以外の人に関心がある時、相手が自分のものにならない苦しみや、敗北感や嫉妬などの感情が生まれます。「嫉妬」は怒り、傷ついた感じ、無価値観、依存心、負けた感じ、惨めさなどをミキサーでごちゃ混ぜにしたような感情です。

嫉妬、執着心、独占欲、依存心。こういったマイナス感情がつきものなのが本来恋愛ですから、恋愛の辛い気持ちをなくすのは難しいことなのです。

「恋をすることは苦しむことだ。 苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。 でもそうすると、恋をしていないことでまた苦しむことになる。」ウディ・アレン

恋愛が辛いとき…こころに響く名言集

失恋・片想いに効く名言集

・僕は、もう逃げません。桜子さん、あなたが好きです。たとえ明日、あなたの気持ちが変わったとしても。ドラマ『やまとなでしこ』
・わかんない…けど…会いたかったの。先生に、会いたかったの。ドラマ『高校教師』
・本当に好きになったからこそ、あなたの気持ちがぼくにないのがわかるんですドラマ『たったひとつの恋』
・誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい。映画『イルマーレ』
・愛とは決して後悔しないこと。映画『ある愛の唄』
・君がいないと、僕の心は空っぽ、愛の抜け殻になってしまう。映画『アメリ』
・私は一歩一歩、あなたへ近づくために歩いてきました映画『SAYURI』
・人は弱いものだ。辛い思い出は早く忘れようとする。けれど、美しい記憶はいつまでも心に残るだろう?愛するものを「無かったこと」にしてはいけない。漫画『死化粧師』
・10年でも20年でもずっと好きでいつづけて、どんなに好きか思い知らせたかった。漫画『ハチミツとクローバー』
・人から見たらどんなに情けなくても、みっともなくても、彼を思うこの気持がそのたったひとつが冷たくて明るい私の宝物だった。漫画『ハチミツとクローバー』
・そんでね、私の幸せには あんたが絶対必要なの。漫画『こどものおもちゃ』
恋人と上手くいかないときに効く名言集

・愛する――それはお互いに見つめ合うことではなく、一緒に同じ方向を見つめることである。サン・テグジュペリ
・おれの好きな女(ヒト)はね、やきもち焼きで早とちりで、泣いたり怒ったりだけど、その女が微笑うと、おれは最高にしあわせなんだ。漫画『めぞん一刻』
・タッちゃんだからいつもの南でいられるのです。漫画『タッチ』
・あまりにも静かに、あまりにも優しく、あなたが私のそばにいたものだから・・・。私は、その愛に気付かなかったのです・・・。漫画『ベルサイユのばら』
・ずっと…おまえのことばっか考えてたよ…やり直そう。もう一度2人で。漫画『天使なんかじゃない』

恋人と別れた時に効く名言集

・受け取ってください。わたしの…たったひとつの愛の証です…身をひきましょう。漫画『ベルサイユのばら』
・愛するがゆえに 見守る愛もある…。漫画『北斗の拳』
・「ねぇ晃」「ねぇ晃」「ねぇ晃」祈るように呼びかけてる。漫画『天使なんかじゃない』
・どうしてみんなハートブレイクって言うのだろう。まるで自分の身体すべてが壊れているように感じるのに…。「世界の恋愛名言集」
・心にいつまでも残る恋は、戻る事のなかった恋だ。「世界の恋愛名言集」
・世の中には、望んでいなくても受け入れないといけないことがある、知りたくないと思っていても学ばないといけないことがある、そしてその人なしでは生きけ行けないとしても、行かせてあげなければいけない人がいる。「世界の恋愛名言集」
・ワタシのことを愛してはくれないキミのこと、もう憎んでなどいないよ。ただ、まだキミのことが好きなワタシ自身がワタシは憎いの…。「世界の恋愛名言集」
・たとえ雨の中、私の心があなたの名前を呼んだとしても、この腕があなたをまた抱きしめたいと思っていても、そして泣き疲れ、痛みがないとしても…私はもう二度とこんな風に誰かに恋に落ちることはないわ。「世界の恋愛名言集」

恋愛がスムーズにいかないのは、心理的問題のせいかも?

コンプレックスが恋愛を邪魔している場合

コンプレックスとは、精神分析で使われる概念です。抑圧した思いが無意識の中に沈み込み、いつしかそれが現実の精神生活に影響を与えるようになります。とくに、自分ではどうしようもない優越感/劣等感に悩まされる人は、影にコンプレックスが潜んでいることがあります。健全な恋愛関係が築けない人は、自分にコンプレックスがないか確かめてみましょう。

①ファザコン/マザコン
ファザコン娘、マザコン男という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ファザコン/マザコン(ファザーコンプレックス/マザーコンプレックス)は大抵の場合、親から愛されなかった記憶が抑圧され、恋人に父親や母親の役割を求めてしまうことをいいます。男女ともに最初に求めるのは「母親」ですが、女性は同性かつ親である「母親」をやがて恋愛対象からはずします。しかし、男性は親というだけで異性である「母親」をパートナーに求めることになるのです。

女性の場合は、父親から愛されなかったことがきっかとなり、自己受容が上手くいかないまま成長してしまいます。そして、もう一度父親に愛されようと、無意識に父親に似た男性を選びます。

②シンデレラ・コンプレックス
シンデレラ・コンプレックスは「他人に面倒を見てもらいたい」という女性の無意識の中にある依存型願望です。「外から来る何かが自分を救ってくれる」という無意識の願望から男性への理想が高いのが特徴です。

過保護に育てられた女性、高学歴な女性に多く、有能で自立している反面、誰かに依存したい願望が心の奥に潜んでいます。

③ピーターパン・シンドローム
大人の年齢に達してるにも関わらず、大人にならない男性。「成長することを拒む男性」を指します。過保護への依存、マザコンの延長、虐待やいじめによるストレス、社会的な束縛感・孤立感・劣等感からの逃避願望といわれます。

④金太郎コンプレックス
「男は強くあるべきだ」という社会的通念の中で男性は「甘え」や「弱さ」を押し込めて生きています。無理して男性らしく振る舞う男性はこのコンプレックスがあるかも知れません。

恋愛が辛い、別れたいと感じているあなたへ

別れたほうがいいか見極めるポイント

好きだと感じるか、好かれていると感じるか、大事にしているか、大事にされていると感じるか、一緒にいて楽しいか、恋人のために時間を惜しむ気にならないか、話は合うか、話が通じやすいか、互いに互いを支持しているか、互いに助けあっているか

別れることを恐れていませんか?

恋人を失うことを恐れるあまり、相手にすがりつくような付き合いをしていませんか?相手に負担をかけますし、もし相手が悪い人であれば、奴隷のような扱いを受けることになるでしょう。身も心も傷つき、時間やお金を無駄にしてしまうのはあなた自身です。

恋人を失うことに半身をもぎとられるような苦しみを感じた場合、上記に挙げたようなコンプレックスが原因だったり、過去の心の傷が原因だったりします。また、アイデンティティがしっかりしていないため、恋人を失うことが自分を失うように感じられる場合もあります。

相手にすがりついて自分を失うよりは、一度カウンセリングを受けたり、自分の心の傷に目をむけることをおすすめします。

別れたって大丈夫!辛い恋愛はおもいきって手放しましょう

恋愛は不安定な人間関係であり、それに耐えられない人は恋愛は出来ません。恋愛が辛い、恋愛関係が耐えられない人は自分に心理的問題がある場合もあるので、そこに目を向けてみましょう。

実際は、恋人がいなくてもあなたは生きられます。中途半端な人間と付き合うくらいなら、恋愛なしの人生のほうがずっといいのです。恋愛が成功しても、成功しなくても、あなたの価値には何の代わりもありません。

恋愛は、自律した人間同士が、それでももっと幸せになろうとして二人でいることです。

まとめ

恋愛が辛いと感じる時は、遊んでも、仕事をしても、友人や家族と話しても気が紛れない時がありますよね。恋愛は素晴らしいものです。あなたを素敵にしてくれます。その恋が成功してもしなくても、あなたを素敵にしてくれます。恋愛の辛さをこの記事でちょっとだけ癒やし、また次の一歩を踏んでくださることを願います。