恋愛をしていると「恋愛ってやっぱり難しいな」と感じることも多いかと思います。お互いが想いあっていても難しいと感じることは多いですよね。多くの人が難しいと感じる瞬間やより楽しく恋愛をするポイントを紹介します。

大人になるにつれて恋愛は難しくなる!?

恋愛をすることで幸せを感じている人も多いかと思います。しかし好きな人と付き合うことで「恋愛って難しいな」と感じるようになることも多いですよね。恋愛はお互いを想いあったり、相手に気持ちを伝えたりと意外と難しいものだと言われています。

また大人になるにつれてさまざまな事を考えるようになる為「好き」という感情だけでは難しくなってしまうようです。結婚を意識したり、将来を考えるようになることでただ一緒にいるというだけでは楽しい恋愛とは言えないと考えられています。

本来なら幸せで楽しいはずの恋愛は何故難しいと感じてしまうのでしょうか?多くの人が難しいと感じる瞬間を紹介します。自分が同じような場面に直面した場合にはより適切な対処を行うようにしましょう。

恋愛が難しいと感じる瞬間10選

相手に誤解をされたとき

恋愛で最も難しいと感じる瞬間は「相手に浮気を疑われたとき」「誤解をされてしまった時」だと言われています。自分では精一杯相手の事を思っているつもりでもふとした時に自分の言動が疑われるようになってしまう可能性もあるようです。このようなことが原因となり「本当はこう思っているんでしょ?」「浮気してるんじゃないの?」などと誤解をされてしまうそうです。

しかし自分には全く心当たりのない事で誤解をされるようになることで、誤解を解くためにはどうしたらいいのかわからないというような状況に陥ってしまうと言われています。また相手が完全に誤解をしていることで何を言っても聞き入れてもらえない可能性もあるようです。

このような誤解はお互いがしっかりと想いあっているからこそ怒ってしまうと考えられています。「好きなのに…」というような思いから「やっぱり恋愛が難しい」と思うことが多いそうです。

自分の想いを表現することが出来ない

お互いが想いあっているからこそより良い関係を築くことが出来るようです。しかし付き合っているからと言って自分が相手をどう思っているのかを伝えないことで相手を不安にさせてしまう可能性ありますよね。本当は愛しているのになかなかそれを伝えることが出来ない。というような場合には「恋愛は難しい」と感じる事が多いようです。

反対に毎日のように簡単に愛していると伝えるようになることで「本当にそう思っているの?」と感じられてしまう可能性もあると言われています。どのくらい自分の想いを伝えていいのかわからなくなってしまう事で、もどかしさを感じるようになると考えられています。

これは比較的多くの男性に見られる瞬間だと言われています。自分では大好きだと思っているのに「私の事好きじゃないでしょ」というような事を伝えられた時に「難しい」と感じるようです。

お互いのテンションが合わない

恋人と一緒にいるときに、自分はとても楽しいと感じているのに相手はそれほど楽しそうではないという事もありますよね。反対に自分が落ち込んでいるのに何故か相手はとても楽しそうなんて言うこともあるかと思います。このようにお互いのテンションの違いを感じた時に「恋愛は難しい」と感じるようになると言われています。

自分が楽しんでいる時に相手のテンションが低ければ不満を持つようになることもあるようです。反対に相手のテンションが常に高い場合でも精神的に疲れるようになってしまう可能性もあると言われています。しかし、恋人と言っても他人ですよね。そのためある程度のテンションの差は必ずとってもいい程感じることがあると言われています。

テンションの差は仕方のないことだと把握していても、あまりにも差があるような場合には難しさを感じてしまう事も多いと考えられています。

倦怠期を迎えた時

普段どんなにラブラブなカップルでも必ず倦怠期を迎える事があると言われています。中には倦怠期を迎えたことでお互いの仲が悪くなり、破局をしてしまう事も少なくないですよね。多くの人はこの倦怠期を迎えた時に「恋愛は難しい」と感じるようです。

倦怠期になって相手の嫌な部分ばかり見えるようになったり、お互いがいつもピリピリしている状態になることでいつまでも付き合ったばかりの頃のラブラブな関係を維持する難しさを痛感すると言われています。これは付き合って一緒にいる時間が増えることで「慣れ」や「飽き」が原因だと考えられています。

また自分は飽きや慣れを感じていなくても相手に飽きられてしまう可能性もあるようです。そのため自分の気持ちを相手の気持ちの温度差を感じるようになってしまい倦怠期による府のスパイラルに陥るそうです。

お互いの考えにズレがあると思った時

人間はしれ事レ違い考えを持っていますよね。いろいろな考えがあるからこそ人と関わることが楽しいと感じることも多いようです。しかし常に一緒にいるようになると自分と違った考えを持つ人と衝突することが多くなってしまいます。相手の事は大好きなのにこの考えだけは許せないと感じたことがある人もいるのでいでしょうか?

「連絡はマメにする」のか「用事があるときだけでいい」のかというように考えの違いが起こることで、自分の意見が通らない場合には不満になってしまうあると言われています。更に常に自分の考えが通らないようになることで好きなのに嫌いというような複雑な心境になるようです。

このように考えの違いを感じた時に多くの人は難しいと思うようです。人によっては考えの違いがある事がストレスになってしまう事もあると言われています。ある程度自分の考えを妥協し合うことも大切だ考えられています。

自分の気持ちを上手く伝えられない時

片思いをしている時でも両想いの時でも相手に気持ちを伝えることはとても大切ですよね。しかし、自分なりに一生懸命に気持ちを伝えても相手に届かなければ意味がありません。自分ではしっかりと気持ちを伝えていてもシテが鈍感である場合には、なかなか気持ちに気が付いてもらうことが出来ないことも多いようです。

このように自分の気持ちをしっかりと伝えることが出来ないことで「難しい」と感じるようになってしまうと考えられています。自分は不安を感じている時にそれを察してもらったり、怒っていることに気が付いてほしいと思うことも多いようですよ。

一緒にいるようになることで、相手の自分をしっかりと理解してほしいと思うようになると言われています。しかし常に言葉で気持ちを伝えなければいけなくなってしまう事で不満を抱え込むようになるそうです。大切なことは言葉で伝えなければ伝わりませんよね。多くの人は「好きならわかるでしょ」という気持ちになってしまうようです。

自分の気持ちと相手の気持ちに差があると感じた時

お互いが「自分の事を好きでいてくれている」と感じることが出来ている場合にはより良い関係を築けているのかもしれませんね。しかし中には、自分は大好きなのに相手はそれほど自分の事を思っていないと感じることもあるかと思います。このような場合には温度差によって恋愛は難しいと感じるようになる可能性も高いと言われています。

このような理由で恋愛は難しいと感じる場合には、比較的長期間付き合っているカップルが多いと考えられています。ずっと一緒にいるんだから言わなくてもわかるというような気持ちや、一緒にいることが当たり前になっている状況になることでこのような現象が起こるようです。

「毎日一緒にいたい」という気持ちに対して「一週間に一回でいい」というような答えを出されてしまう事で温度差を感じることが多いと言われています。

長い間交際をしていると、必ず一つや二つパートナーの嫌な所が目に見える形で表れてきます。その光景に嫌気をさしてしまい、その人に対する恋愛感情を素直に持てなくなり、その人との恋愛関係に悩む方も多くいます。

特に、浮気をされたような人はそのような行為を行った人に対して今まで通りの恋愛感情を持つことが非常に困難になりやすいと言え、その人と交際関係を解消しようとする人が多くいます。

相手を悲しませてしまった時

相手の嫌な所を見ることで、その人との恋愛関係を維持させるモチベーションが消えることはありますが、それ以外に、自分がパートナーに対して行った行為に罪悪感を感じてしまい、その結果そのパートナーとの恋愛関係におけるモチベーションを失う人もいます。

このようにパートナに罪悪感を感じている人は「自分が本当に彼女(彼)と交際していていいのか?」「パートナーを不幸にしてしまうのではないか?」という疑心暗鬼に陥りやすく、相手との恋愛関係を素直に楽しめないことが多いのです。

このように、相手に対してどこかしらの罪悪感を持っていると、恋愛を続けるモチベーションもうまく持てずに、その関係を解消してしまいやすいのです。

コミュニケーションがうまく取れない時

恋愛関係という関係は、相思相愛に基づくもので、互いの気持ちがしっかりと寄り添った状態であり続けているからこそ成立する関係なのです。そして、その状態を保つ上で互いの定期的なコミュニケーションは必要不可欠と言えます。

しかし、互いに忙しかったり、心を完全に開き切っていないよう、なまだ互いに気まずい状況という理由からコミュニケーションが滞ってしまうことが良くカップル間にはあります。このように、コミュニケーションに溝を開ける状態を解消することは、例えカップル関係にあっても以外に難しいのです。

そして、このコミュニケーションの欠落が原因で、恋愛関係を崩壊させてしまうことになってしまうのです。

自分の恋愛をもっと楽しくする方法5選

細かいことはあまり気にしない

恋愛を行う上で周りから見たらどうでもいいようなことを気にするようになってしまってはいませんか?確かにお互いを想いあっているからこそ細かいことが気になるようになってしまうようです。大好きな人には常に完璧でいてほしいと思ってしまう人も少なくないと言われています。

しかし恋人どうしても考え方を変えれば「他人」ですよね。他人に完璧を求めるようになることで自分にも相手にも負担をかけるようになってしまう可能性も高いと言われています。恋愛で細かいことが気になったことでその人と別れることになってしまったという人も多いようですよ。

自分もいても楽しく恋愛をしたいと考えているなら、なるべく細かいことは気にしないようにすることが大切だと言われています。ある程度広い心で受け止めてあげるようにしてみてください。

前の恋人の事は聞かない

彼や彼女が前にどんな人と付き合っていたのかを気にする人もいるかと思います。気になったからと言って相手に「前の彼女はどんな人だった?」などと聞くようなことは控えるようにしましょう。また共通の友達がいる場合でも友達から聞くようなことはやめたほうが良いかもしれませんね。

過去の恋愛の事を聞かれて良い気分になる人はいないようです。そのため聞いたことが原因で相手が不機嫌になってしまうかもしれないと言われています。その時は前の恋人の事が好きだったとしても今は自分の事を好きでいてくれていると考えるようにしましょう。

自分の過去の恋人の話を聞いて楽しい気持ちにはなれませんよね。多くの人が嫉妬をするようになるかと思います。過去の恋愛を聞いてもお互いにプラスになるようなことはないという事を頭の中に入れておくようにしていてください。

周りの人を気にしない

学校や職場などに異性がいる事も多いですよね。また異性の友達がいる場合もあるかと思います。このような時に自分が知らないところで異性と関わりがあると感じてしまう事で不安を抱えるようになってしまう可能性もあると言われています。

しかし、100%異性を関わりを持たずに生活をしていくのはとても大変なことだと考えられています。異性と会話をしないとなると仕事に支障が出てしまうかもしれません。また恋人に友達関係を壊してしまうかもしれません。嫉妬や不安を抱えてしまう事もあるかと思います。

しかしこのような場合には「恋人は自分の事を好きでいてくれている」という自信を持つようにすることも大切だと言われています。またお互いが好き通しで付き合っているという事を忘れないようにしましょう。相手を信じて周りの人を気にしないことも必要だと考えられています。

「今」を楽しむようにする

年齢を重ねるごとに徐々に結婚を意識するようになる人も多いかと思います。周りの人が次々に結婚をしていくことで自分の焦りを感じてしまう可能性もあるようです。しかし、常に結婚の事ばかりを意識するようになることで目の前の恋愛を楽しむことが出来なくなってしまうそうです。

ある程度結婚を意識することは決して悪いことではありません。今の恋愛をより楽しくするためには、ある程度目の前の恋愛を楽しむことも大切だと言われていますよ。将来を考えるのではなく「今」を楽しむ努力を行うようにしましょう。

言わないと伝わらないことを頭の中に入れておく

恋人だから自分の事をなんでもわかってくれていると思い込んでいる人もいるかと思います。しかし、恋人だからと言ってもなんでも理解してあげることが難しいようです。自分が不安を抱えている時や不満を感じている時に「なんでわかってくれないの?」と思うこともありますよね。

自分の感情は相手に伝えないと理解してもらえないという事も頭の中に入れておくようにしましょう。感じたことをしっかりと伝えるようにすることでお互いがストレスを感じることなく付き合っていくことが出来ると言われています。

また言わなくてもわかるからと想いを伝えない人もいるかと思います。付き合っていても相手が不安を抱えることもあるという事を忘れないようにしましょう。言葉で伝えるようにすることも大切ですよ。

男女で異なる恋愛観の違いについて

熱しやすさと冷めやすさ

男女の恋愛観は少し変わってきます。ここからはそんな男女で異なる恋愛観の代表例を二つ紹介しておこうと思います。

まず一つ目に、男性は恋愛において好きになる人に対して、熱しやすく冷めやすい反面、女性の場合、好きになる人に対してはじわじわ熱していき、その熱は冷めにくいという違いがあります。男性の場合、好きになる相手に対する熱意がピークに達するのが交際を始めて一週間ぐらいだとされており、そこから徐々に交際相手への熱が冷めていくと言われているのです。

しかし、女性の場合、交際を始める際はあまり交際相手への思いは強くないものの、交際を重ねていくうちにその思いが強くなっていくのです。これはおそらく男性が交際に対して、異性からの刺激を求めているのに対し、女性が交際に対して求めているものが互いに作っていくぬくもりといった違いから来ているのかもしれないですね。

恋愛の優先度

恋愛の優先度においても男女では異なってきます。男性は恋愛というものを自分の仕事よりも優先度的に下に置く傾向があるのに対し、女性は恋愛よりも仕事を優先する傾向があるのです。そのため、仕事のためにデートを平気でドタキャンできる男性に対して、女性は断固として仕事よりもデートにこだわろうとするのです。

とはいっても、男性が恋愛を大切に思っていないということはなく、これはあくまでも彼らが仕事を人生の中で最も大事なものとして捉えている故に、それ以外のものがどうしても仕事よりも優先度が低くなってしまうということなのです。

逆に、女性は男性との恋愛、人間関係を人生の中でとても大事なものとして考える傾向があり、その優先度を仕事以上のものにするのです。

恋愛は難しいからこそ楽しいのかも!?

このようにれんあいは楽しいだけではなく、難しいと感じるような事も多いようです。しかし難しいからと言って目を逸らしてしまわないようにしましょう。しっかりと向き合うようにすることも大切だと考えられています。

また恋愛を楽しむためには自分だけではなく相手の気持ちを考えたり、自分の気持ちを伝えるようにすることも大切だと言われています。自分なりに努力をしてより楽しくて幸せな恋愛を行いましょう!恋愛は簡単にはいかないからこそ楽しいのかもしれませんね。