【カップルで長続きする秘訣】LINEをする際の特徴8つの共通点

カップルには2パターンあります。”長続きするorしない”という事です。カップルで長続きしている人たちは、何か特別な事をしているのでしょうか??すぐに破局してしまうカップルとの違いは何なのでしょう!?今回は、カップルで長続きする秘訣についてご紹介していきます!さぁ、あなたは長続きするタイプ?それともしないタイプ!?

長続きカップルの目安は付き合って3年以上

”倦怠期”を乗り越えれた二人は長続きする!

1人の恋人と長く付き合っている人もいれば、恋人ができても毎回1年以内で別れてしまう人もいます。どのくらいの期間付き合えば、長続きカップルということになるのでしょう?

実際にははっきり決まっているわけではありませんが、一般的には3年以上付き合っているカップルを「長続きカップル」と呼ぶようです。その根拠ですが、恋愛の賞味期限は3年と言われています。3年も付き合えば、最初の頃のようなドキドキ感がなくなり、マンネリ化してしまい、だんだん飽きてしまったように感じてしまいます。

マンネリ化しても仲良く過ごせるカップルはいますが、2人の関係をつまらなく感じ始めてしまい、別れてしまうカップルもいます。長続きさせる秘訣は、マンネリを乗り越えられるかどうかにかかっているといってもよいでしょう。

2人が長続きできるかどうか、次の診断テストでチェックしてくださいね。

2人の長続き度診断テスト

当てはまる項目が多ければ長続きする可能性大!

  • お金に関する考え方が一致
  • 沈黙が苦痛でない
  • 似た環境で育っているため価値観が一致
  • 同じ趣味があるので一緒に楽しめる
  • 干渉せずお互いの時間を尊重できる
  • 笑いのツボが一緒なので楽しい
  • 同じ方向を向いて頑張っている
  • 会う頻度を決めて束縛しない

長続きするカップルの8つの秘訣を解説します!

1.お金に関する考え方が一致

長く付き合うなら、お互いの金銭感覚が大きく違わないことが大切です。お金に関する考え方が違いすぎると、結婚に不安を感じてしまうでしょう。

たとえば、どちらかが金遣いが荒く、一方は倹約家の場合、お互いに相手のことを理解できないでしょう。彼女は高級なレストランで食事をしたがり、彼は食事に大金を出すのがもったいないと考えるタイプだと、デート中に喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

また、彼氏が浪費家で貯金もできないタイプだと、彼女は結婚を意識できないかもしれません。お互いに相手のことを「金遣いが荒い浪費家」とか「ケチでつまらない」と思うようになってしまうでしょう。

2人の金銭感覚が一致していれば、安心して結婚を考えることもできるでしょう。長続きカップルにはお互いの金銭感覚も大切な要素です。

2.沈黙が苦痛でない

付き合いが長続きすると、デート中に話のネタがつきて沈黙となることもあるでしょう。お互いのことをわかっているので、そんなにいつも話があるわけではなく、沈黙が訪れるのは仕方がありません。

しかし、沈黙が訪れたとき、何か話さなきゃと焦ってしまうようでは、疲れてしまいます。無理に話題を探そうとすると、つまらない話をわざわざしてしまって、ぎこちなくなってしまうでしょう。

沈黙が訪れるのは、よくあることです。そのたびに焦って話題探しをしていては、落ち着きません。沈黙があっても別に気にせず、快適に過ごすことができるようであれば、2人は長続きできるでしょう。

3.似た環境で育っているため価値観が一致

育った環境は人それぞれ違います。自分とは全く違う環境で育った相手は、自分の知らない世界を知っているのですから、最初は新鮮に感じるかもしれません。

しかし、長く付き合うと自然と結婚を意識するようになります。その時に、育った環境が違いすぎると、さまざまな食い違いが出てくるでしょう。

育った環境が違いすぎると、価値観が違っても仕方がないでしょう。しかし、価値観が違うと2人の関係にヒビが入り、不仲の原因となってしまうかもしれません。一般的に、育った家庭環境、周囲の環境などが似ている人の方がお互いを理解しやすいようです。

4.同じ趣味があるので一緒に楽しめる

趣味が同じ2人なら、相手に親近感が湧きます。会話も弾み、長く付き合っても飽きることなく楽しく過ごすことができるでしょう。

もし付き合い始めた相手が自分と違う趣味だったとしても、相手の趣味に興味を示せば新しい世界を覗くことができます。相手に刺激を受けて、自分も同じ趣味を楽しむことができるようになれば、きっと2人で過ごす時間がもっと楽しくなるでしょう。

しかし、相手の趣味を一緒に楽しめない、または相手の趣味が理解できない、という場合もあります。付き合いが長くなってくると、さまざまなデートスポットも行き尽くして、デートがマンネリ化してきます。

そのときに、同じ趣味があるかないかでは、大きな違いとなるでしょう。一緒に楽しめるスポーツ、音楽、美術鑑賞、旅行などの趣味があれば、付き合いが長くなってもいつまでも2人の時間に楽しみは尽きません。

また、趣味以外でも、食べ物やインテリアなど、様々な好みが一致すれば、「どこで食事をするか」「何を買うか」などで意見の食い違いに悩まなくてすみます。

好みを含めて趣味が一致する2人なら、きっと長続きできるでしょう。

5.干渉せずお互いの時間を尊重できる

恋人と会えない日もありますが、相手がどこで誰と何をしているのか気になって干渉しすぎると、恋人は窮屈に感じてしまうでしょう。相手を束縛するのは、心の中で信頼できていない証拠かもしれません。電話に出なかった、LINEの返事が遅かったなどで追及をしすぎると、自分のことを信頼していないのかな?って不信感を持たれる可能性もあります。

干渉しすぎると、相手はだんだん付き合っていくのが面倒に思えてしまうでしょう。自分にしか関心がない相手との付き合いは、依存されているようで重く感じてしまう人も多いのではないでしょうか。そうならないように、いつもベッタリではなく適度な距離を持つことが長続きの秘訣です。

恋人と過ごせない日は友達と過ごしたり、1人で楽しむ時間を作るなどしてはいかがでしょうか。お互いの時間を尊重することで、それぞれの生活も充実し、会ったときにまた楽しい時間が過ごせるでしょう。

6.笑いのツボが一緒なので楽しい

一緒に楽しく過ごすためには、「面白い」と思えるものが一緒である方が、愉快に過ごせます。一緒にテレビを見ていても、片方は大笑いしているのに、一方は「何が面白いの?」としらけた顔をしていると、一緒に笑いを共有できなくて寂しいですよね。

自分が好きなお笑い芸人をけなされたり、おすすめの映画を相手は気に入ってくれなかったりなど、笑いのツボが違うと、イライラが溜まったり、一緒にいてもつまらないとまで思えてくるかもしれません。

笑いのツボが違うと、相手が笑わない場面で笑いにくくなり、面白くても思いっきり笑うことができなくなってしまうかもしれません。しかし、面白いのに相手に合わせて笑うことができないなんて、つまらないですよね。

しかし、ひょっとしたら、彼は面白いと思っても顔に出さないタイプなのかもしれません。あなたの方から「面白いね」と言って笑いやすい雰囲気を作ってはいかがでしょうか。

同じものを見て、一緒に笑うことができる関係が一番理想的ではありますが、もしそうでなくても相手が笑っている顔を見ていると楽しいと思えるくらいであれば、きっと長続きできるでしょう。

7.同じ方向を向いて頑張っている

交際期間が長くなると、デートもマンネリ化してきます。付き合い始めた頃は全てが新鮮だったのに、付き合いが長くなるにつれ、慣れてしまって退屈に感じてしまうかもしれません。

しかし、2人が同じ目的を持っていれば、退屈などと思うこともなくなります。たとえば一緒に貯金をして2人で旅行に行く計画を立てたりするのもよいでしょう。

2人で一緒に外国語を勉強して、海外旅行を計画するというのも面白いのではないでしょうか。1人で勉強して長続きしない人でも、恋人と同じ目的を持ちながらお互いに切磋琢磨しあえれば、やる気も増します。2人が同じ方向を向いて頑張っていれば、付き合いが長くなってもマンネリ化してつまらない、ということもなくなるでしょう。

2人で一緒に目的を持つことで絆を深めることができますので、付き合いを長続きさせることができるでしょう。

8.会う頻度を決めて束縛しない

好きだったら頻繁に会うのが当然と思っている人も多いでしょう。しかし、会う頻度を決めてしまうと、いつしか2人の関係が窮屈になってしまいます。

たとえば突然の残業や急用が入ることなどはよくあることですが、会う頻度を決めてしまったら約束をキャンセルされたときに、2人の大切な約束を破られたような気持になってしまうかもしれません。

恋人と頻繁に会いたいという気持ちはあるでしょうが、絶対に毎週会うとか、週末は必ず一緒に過ごすなど、2人の決まり事として決めてしまうと喧嘩の元になってしまいます。いつも恋人との約束を優先しなくてはいけなくなると、負担に思えてくるでしょう。

好きだったら何より優先して会わなくてはいけない、という考えを持つと、相手を束縛してしまい、長続きしません。会う頻度が多ければ、それだけ愛情が深いというわけではありません。

会う頻度を決めてしまわない方が、お互い気楽でいられます。頻度にこだわらないことが、長続きの秘訣と言えるでしょう。

長続きするカップルの”LINE”の特徴4選

ほとんどのカップルが、連絡のやり取りをLINEでしているのではないでしょうか??なので、長続きしているカップルに共通している、LINEでのやり取りについてご紹介したいと思います!

1.連絡の回数は気にしない!

付き合い始めた頃は、毎日連絡を取るのは当たり前で、1日のメールのやり取りはこまめにするカップルは多いと思います。好き同士なんだから当たり前ですよね!でも、付き合いが長くなってくるとずーっとそれをキープする事は難しくなってきます。

それは気持ちが冷めたから回数が減るというわけではなく、どちらか一方、または両方の生活環境が変わったりして恋人との連絡を優先出来なくなる時もあるからです。長く付き合うという事は、だいたい3年以上は付き合っているということです。学生さんなら受験勉強や進学、社会人であれば就職や引っ越しなどどうしても生活に変化が出てきます。

そんな時にも「どうして毎日連絡くれないの?1日1通は嫌!もっとして欲しい。」なんて言ってしまうと、相手は困ってしまいますよね。もし、あなたが忙しくなる側でそんな事を言われても、同じように困るのでは?

付き合いが長くなったらいつも連絡は簡潔に、という意味ではなくて”その時の状況によって連絡の頻度を変えれる”事が大切なんだと思います。

2.面白いスタンプを送り合える

付き合い始めた頃は、お互いまだ本当の自分を出し切れていない所があります。長年の友達関係からめでたくカップルになった場合は、昔からお互いの事をよく知っていて最初から全開で自分を出すかもしれませんが、大抵のカップルは最初は相手に”良い面のみ”を見せようとしてしまいます。

でも、付き合いが長くなってくるといつまでも”かっこいい面”や”可愛い面”ばかり見せてはいられません。そんな面ばかり見せていたのではお互い息が詰まります。

長続きするカップルのLINEには”ユーモアのセンス”がある事がよくあります。カップルのタイプにもよりますが、お互いがLINEをしていて”笑い”の要素を盛り込んでいる方が長続きする可能性は高いようです。

LINEで笑いを取る方法としては、文章で面白い事を書く以外にスタンプもありますよね。LINEのスタンプは、可愛いスタンプだけじゃなくて、ものすごく変な顔のものとか色々あります。そういうものを恋人に送って笑い合える関係になれているのであれば、あなたたちカップルは長続きするカップルと言えるでしょう!

3.既読になってすぐに返信を求めない

LINEには”既読”機能がついています。この、既読システムがあるがために起こるトラブルが「どうして読んでるのに早く返信しないの!?」というカップル同士の喧嘩です。

頭では、既読がついていてもすぐに返信できない状況だという事は分かっているけれど、”好き”な気持ちが大きすぎて相手のペースを考えれなくなってしまうカップルは少なくないようです。「そんなに彼(彼女)の事が好きなんて可愛いなぁ!」とも思えますが、これがずーっと続くと最終的にはお互いが疲れてしまうでしょう。

「既読にはなっているけど、忙しいから返信できないのかもね。」「今飲み会中だから仕方ないか。」など、相手が何かしらの理由ですぐに返信できないと割り切って、返信が来るまでは自分の時間を大切にする。こういった関係のカップルの方が長続きしているようです。

自分からLINEを送った後、いつ既読になるかを気にせずに相手からの返信があるまでは見ないというのもひとつの手です。どうしても既読サインがついているのが気になってしまうのであれば、既読がつかない設定をするか、思い切ってLINE以外のやり取りに変えてみるのも良いかもしれませんね!

4.短い文章やスタンプに思いやりが感じられる

付き合い始めた頃は、お互いに長文を送りあってどれだけ相手の事を想っているのかを伝えあったりしますよね。でも、時間が経ってくると毎回そんな文章を送れない時だって出てきます。

長続きしているカップルは、LINEの文章の長さはあまりきにしていないようです。いつも長文を送れるわけではない事をお互い理解しているので、いつもより文章が短くなってしまっても気にしないようです。

むしろ、短い文章しか送れないくらい忙しいと思って、「あんまり無理して風邪引かないようにね!何かあったらすぐ行くからね!」など相手を気遣うLINEを送れるくらい寛大であったりもします。

要するに、文章の”長さ”で相手の気持ちを確認するのではなく、”どんな内容の文章を書くか”という事が、長く続くかのポイントになってくるようです!

当てはまらなくても心配する必要なし!

長続きしているカップル全員が同じようなやり取りをしているワケではないはずです。どれだけ時間が経っても、付き合い始めた頃のようにラブラブな文章を送り合っているカップルもいると思いますし、一概に「こういうLINEのやり取りしているから長続きしないよ!」とか判断はできないですよね。

大切なのは、”付き合っている本人たちが楽しんでLINEを送りあえているかどうか”という事なので、もし長続きするカップルのLINEのやり取りの特徴に当てはまらなかったとしても、自分たちが満足していて良い関係を保てているのであれば、それで良いのです!

まとめ

あなたたちカップルは、見事長続きカップルに当てはまりましたか?

長続きの秘訣はカップルそれぞれで違うとは思いますが、きっとお互いが”相手への思いやり”を持ちながら付き合っているカップルほど長続きしているのではないでしょうか。

恋人の事が大好きでずっと傍にいたい、見つめ合っていたいとお互いが思っているのであれば、それは二人の波長が合っているという事なので、その時間を思い切り楽しんでくださね!そして、付き合いが長くなり恋から愛情へと変化した時には”落ち着いた関係の二人”として楽しんでみましょう!