浮気がLINEでバレる人とバレない人の決定的な違いと浮気を隠す方法

浮気が、ライン(LINE)から発覚するという話をよく聞きますよね。「なぜバレるのか?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな疑問に応えるべく「浮気がライン(LINE)でバレる人とバレない人の決定的な違い」をご紹介します。楽しい浮気ライフを送るためには、ちょっとした工夫が必要だったんです

LINEは浮気を隠すには適さない?

もともと円滑なコミュニケーションが可能なことで人気のLINE。

浮気がここからバレるのは仕方がないかもしれませんが。LINEの基本的な機能を「理解している人」と「理解していない人」とでは、浮気がバレる確率が大きく変わってくることは間違いありません。LINEの基本的な機能についていくつかご紹介します。

完全には隠すことができない「トーク履歴」と「友だちリスト」

LINEでは、「トーク履歴」を完全に隠すことが出来ない仕様になっているため、他人に見られる危険をなくすためには削除するしかありません。

また「友達リスト」も同様に隠せません。「非表示機能を使えばいいんじゃない?」という点もありますが、「非表示機能」は、一時的に見ることができない状態になっているだけで、「設定→友だち→非表示リスト」の手順で、実は簡単に見ることができるのです。

「非表示機能」と「ブロック」の違い

「非表示機能」は、「友だち」「トーク」「タイムライン」の投稿を自分の画面に表示しないようにする機能です。

これらは、基本的には自分のLINEを「見やすく快適に」するための機能と考えてください。相手との関係になにか影響があるわけではありません。

「ブロック機能」は、その名のとおり相手を拒絶するための機能です。トークや無料電話を送受信できないようにし、互いにタイムラインを閲覧することができなくなります。

また、相手を「ブロック」した上で「削除」をしてしまうと、「ID検索」などの方法で「友達登録」を再度行う必要がありますので注意しましょう。

イージーミスが起こりやすい

指先のタッチで操作するLINEにおいて、「イージーミス」はつきものです。

うっかり送る相手を間違えてしまったり、消そうと思っていたトークをそのままにしてしまったという経験をお持ちの方は、意外と多いのではないでしょうか。

バレないためには、細心の注意を払う必要がある「浮気」において、この「イージーミス」が命取りになることは言うまでもないでしょう。

相手のLINEには変更が反映されない

当たり前のことですが、相手のLINEを操作することはできません。

何が言いたいかというと、「いくら自分のLINEでトーク(証拠)を消しても、浮気相手のLINEには残ったまま」ということです。

このため、浮気相手から「あなたが浮気をしている証拠」をタテにされ、何かしらの交渉を持ちかけられる可能性があります。

そうなった場合は脅迫になる可能性も出てくるので、余程の事情がない限りは、心配しなくても大丈夫でしょう。
しかし、「この世のどこかに自分が浮気をした証拠が残ったまま」と考えると、気持ちはよくないですね。しかしこの部分は、気にしても仕方がないことなので割り切れるようにしましょう。浮気をしているんですから・・。

浮気がバレる「筒抜けの警戒心」

急にスタンプのバリエーションが

浮気をしていると、「この人ともっと仲良くなりたい」「この人をもっと喜ばせたい」と、ついついテンションが上がってしまうものです。

長年付き合っている彼女には感じない、新鮮さが単純に楽しいからです。浮気相手の喜ぶ顔を見たいがために人気の「LINEスタンプ」に手を出してしまうのは仕方がないことかもしれません。

ただ、浮気相手との楽しいスタンプの応酬に慣れすぎていると、本命の彼女とLINEのやりとりをしているときにも、同じようなノリで「スタンプ」を送信してしまうことがあります。これは危険です。

彼女からすると、急に見たこともない「スタンプ」が送られてきたり、「話す口調」が変わっていれば、あやしく思うのは当然です。

浮気相手、彼女とのやりとりを同時実行

元々男性はマルチタスク作業が苦手、同じ作業を並行して実行することが苦手とされています。なので、浮気相手と本命の彼女とのLINEのやりとりは、並行してやらないことをオススメします。

「そんなの気にしなくて大丈夫!」と思ったあなたは、浮気がバレやすいタイプかもしれません。なぜなら、浮気がバレる原因は自分は大丈夫という「過信」からくるところが大きいからです。

浮気というリスクを選択したあなたが心がけることは、それ以上に余計なリスクを背負わないことなのです。

メッセージを送る前にはしっかりと相手を確認し、かるく深呼吸をするぐらいの心構えをもつといいでしょう。

スマホの画面を隠す動作が・・・

浮気をしていると、スマホの画面を彼女に見られたくないという心理が働き、不自然な動作が習慣化して表れてしまうことがあります。

例えば、「寝るときは枕の下にスマホを入れる」。これは不自然ですね。同棲をしているカップルや、彼女が部屋に泊まりに来たときなどは、同じベッドで眠るということが普通だと思います。

この時、彼女にスマホの画面を見られないように、枕の下に隠すという行為は、あなたが思っている異常に怪しいです。

彼女からすると、「あからさまにスマホを隠してる。これはあやしい。」となります。

この行為は自分から「私は浮気などのやましいことをしています」言っているようなものです。それでなければ、一日の中で最も心が安らぐ瞬間のひとつの「就寝タイム」を妨げるようなマネはしないはずです。それでは枕の高さが微妙に変わってしまいます。

あとは、「スマホの画面を下に置くクセがある」この行動も、彼女の前では避けてください。たしかに通知などをオフにしていても、「彼女に何かしら見られるかもしれない」と、警戒する気持ちはとてもよくわかります。

ですが、この行動も「浮気をしているやましさ」が不自然な挙動となって表れている、代表的なケースといえます。

もし、彼女から「なんか最近スマホの画面下に置くようになったようね、なんかあった?」なんて言われた日には、どうしましょうね。「画面が汚れるから下向きにしてるだけだよ」「こうしないと滑るんだよね」ちょっと苦しいですね・・・。これはバレます。確実にバレます。

彼女から不審がられないためにも、スマホは堂々と画面を上に向かせて置きましょう。そうすれば、あなたの動作から“勘繰られる”という、リスクは避けることができます。

浮気相手からのトークを非表示に

LINEでは、相手からのトークを非表示にするという方法があります。

通常設定の場合、LINEの通知は、画面上にメッセージの最初の部分とともに表示されます。そこを、「新着メッセージがあります。」というメッセージのみに切り替えることができるのです。

そうすることで、誰から、どんなメッセージが来たのか、最初の画面上ではわからなくなるのです。これをやっておけば、彼女の前でスマホを下向きに置く必要も、枕の中に隠す必要も、わざわざスマホケースを手帳型にしたりする必要もなくなるのです。

次に、相手とのトークが終わったら、その画面を「非表示」にすることができます。これは一時的にその相手とのトークルームを見えなくするもので、相手からLINEがくればまた復活しますし、友だち欄から相手とのトークルームを選択すれば見ることができます。この「非表示機能」はLINE特有の機能と言えるものです。

しかし、どちらにしても「非表示」になっているのは一時的な状態です。スマホを開けば、相手からメッセージがくれば、簡単に見れるようになってしまうものなのです。簡単な方法に安心しきることなく、上手く利用していきたいですね。

LINE全体にロックをかけるという選択

LINEにもロックをかけることはできます。

方法は「設定画面⇒プライバシー管理」から簡単に設定することができるということは、意外と知られていないかもしれませんね。

この、LINEにロックをかけるという手段は、「証拠を見られない」という意味では抜群の効果を発揮しますが、「あやしい」という意味でも抜群の効果を発揮してしまう、言うならば“もろはの剣”のようなものです。

「勝手にみる」と「ロックをかける」

男性と女性の間で度々交わされる議論のひとつです。

「スマホを勝手にみる女は無理。」かたや「スマホにロックをかける男は無理。」この議論が結論に達するためには、どちらかが折れるしかありません。

たしかに、どちらの主張もわかります。男女の恋愛において「信頼関係」を築くことは重要です。幸せな時間を過ごすためには「スマホを見る、見ない」ということで揉めるのではなく、深いところで繋がったふたりでいることが大切です。

終わりのないような会話をするのではなく、解決策を話し合えるようにしたいところですね。

浮気がバレるか、バレないかの境界線

このように、LINEはその使いやすさから浮気がバレやすいという特徴があります。使い方を誤ってしまったり、ちょっとしたミスをしてしまうと、浮気なんてすぐにバレてしまうことでしょう。次では、LINEで浮気がバレない人はどういう工夫をしているのかをご紹介します。

LINEで浮気がバレない方法

バレる人は「通知オン」バレない人は「通知オフ」

浮気がバレる人は、「通知がオン」になっていることが多いです。あなたが持っているスマホの画面に、浮気相手が送ったメッセージがそのまま表示されるわけですから、なにかの拍子にそのメッセージを彼女に見られる可能性は極めて高いです。ある意味、浮気をまったく隠す気がないともとれる、勇敢な行動といえるかもしれません。

浮気がバレない人は「通知をオフ」にします。ですが、LINEの通知がオフになっていると、十中八九、浮気をあやしまれてしまうでしょう。彼女は、「浮気をしていないのであれば通知をオフにする必要がない」と考えるからです。ですが、誰でもプライバシーを守る権利はあります。それは例え相手が彼女でも、通知をオンにしてすべてをさらけ出す必要は、まったくないということです。

もし、彼女になにか言われたら「俺は通知オフのほうが落ち着くんだよね」「たまに迷惑メッセージがくるからやかましいんだ」「君とのプライベートなやりとりを他人に見られたくない」などと、伝えておきましょう。

「通知がオフ」になっているだけで、浮気を怪しまれるなんて言われてみればおかしな話です。例えあなたが本当に浮気をしていた場合でも、自信をもって「通知オフ」にしましょう。

LINEではなくメールを使うという逆転の発想

浮気巧者が使うテクニックのひとつとして、「LINEを使わずにメールを使う。」というものがあります。

もちろんLINEはとても便利なアプリですが、浮気には全くと言っていいほど向いていません。なぜなら、今は「LINE」が連絡手段の主流になっているからです。それなら、いっそ「メールを使えばいいではないか。」となるわけです。

「メール」を使う利点としては、連絡手段の主流となった「LINE」からは、なんのホコリも出てこないということです。

スマホを勝手に見るようなアグレッシブな彼女だとしても安心です。最もおすすめなのは「Gmail」です。なぜならば、Gmailはビジネスとして使われるという常識が、隠れ蓑となるからです。

いくら浮気をあやしむ彼女であっても、仕事用のメールまでは覗かないでしょう。また、無料で複数のアドレスを取得できることも利点のひとつです。

実際に仕事で「Gmail」を利用している人も数多くいます。そんなときは「浮気専用アドレス」を取得するといいでしょう。これならば、ビジネスと浮気を効率よく遂行することができるはずです。「LINE」全盛の時代に「メール」を使うという、時代の逆をいく発想で彼女の包囲網をかいくぐりましょう。

LINEアカウントを複数持つ

LINEのアカウントは原則として一つの端末に、一つしか取得することができません。アプリにアカウント切り替え機能がないため、二つのアカウントを使用するには毎回アプリのダウンロードとアンダウンロードを繰り返す必要があり、そのたびに全ての設定が初期状態に戻るという面倒なことになることと、LINEのアカウント登録には電話番号認証が必要だからです。

なので、LINEのアカウントが複数欲しいという場合は、普段使うiphone以外に、ipadなどの別機種を持つようにしましょう。そして、電話番号認証に関してはフェイスブックのアカウントを取得することで登録が可能です。

フェイスブックを登録して、フェイスブックからの認証によってLINEにアカウント登録をするのです。そうすれば電話番号なしでアカウントの登録が可能です。アカウントを登録したら、その端末で通常通りLINEを起動して浮気相手との会話を楽しみましょう。

しかし、このようにLINEのアカウントを複数持つことには大変手間がかかりますし、面倒なことも多いのです。よほどのことがない限りは、別の手段をとったほうがいいでしょう。

彼女が知らないSNSアカウントを用意

「ツイッター」「インスタグラム」「フェイスブック」をはじめとした人気SNSには、基本的に「ユーザー同士でメッセージを送り合う機能」があります。これを利用しない手はありません。これらの、強い匿名性がもたらした恩恵のひとつに、「もうひとりの自分を簡単に作成することができる」という点も挙げられます。自分をより魅力的に見せて、相手にアピールすることも可能ということです。

そこで一番大事なことは、彼女に「アカウント」を把握されないことです。「アカウント」がバレてしまうと、かなり恥ずかしい事態になること必至なので、十分に気をつけましょう。

LINEでの会話相手の名前を変更する

LINEに登録している相手の名前を、好き勝手に変えることができるのはご存知ですか?

変更方法は名前一覧から、変えたい名前の相手を選びます。その人を選択すると、名前の横に鉛筆マークが出てくると思うので、そのボタンを押しましょう。すると表示名の変更という画面になるので、そこで相手の名前を変更します。

同性にいそうな名前にするのがベストでしょう。しかし、アイコンが顔写真以外の人物でしか通用しない方法なので、そこはご用心。例えば動物や風景の写真をアイコンにしている人は、誰か特定できないので、同性の名前に変更できます。

しかし、アイコンが顔写真であれば、特定できてしまうので意味がありません。もっとも浮気がバレるときというのは、女性の名前から連絡が来たときだと思います。ただ、女性以外の男性からの通知であれば、怪しまれる心配もありません。そこで、名前ごと変更してしまうのです。

LINEのトーク履歴をこまめに消す

LINEの通知機能でバレてしまうこともありますが、トーク履歴からバレてしまう可能性もあります。特に彼女がスマホをこっそりと見るタイプであれば、トーク履歴から浮気がバレてしまいます。

そのため、これはまずいなと思う履歴があれば、こまめに消しましょう。証拠を残すから、浮気を突き止められるわけです。

だったら証拠はさっさと消してしまいましょう。証拠を消すことで浮気がバレることを防ぐことができます。たまたま通知を見られてしまったというような、不慮の事故で浮気がバレる可能性もあります。ただ、その事故は防ぎようがない部分もあるので、未然に回避するには難しいことです。

しかし、トーク履歴のような証拠は事前に削除することでなかったことにできます。浮気がバレたくないのであれば、防げることを防ぐのが大事です。

以外と初歩的なミスを犯し、浮気がバレるケースは多いです。しかし、普段から証拠を残さないようアンテナを張っておくことで、それが習慣となり、浮気がばれにくい男になれます。
トーク履歴をどうしても残しておきたいというなら、非表示にすることもできます。こうすれば、後で非表示設定を解除するだけで、トーク履歴を確認することができます。

肌身離さず携帯を持ち歩く

LINEが原因で浮気がバレたくないのであれば、肌身離さず携帯を持ち歩くようにしましょう。ちょっとトイレに行くときや、お風呂に行くときも一緒に持っていくようにすれば、相手が携帯を見ることはあえません。ただし、スマホを肌身離さず持つことで余計あやしまれる可能性もあります。

そこで、スマホゲームに熱中してるフリをしましょう。めぼしいアプリをインストールし、そのゲームにはまっているフリをするのです。もちろん、彼女にも「今こんなゲームにはまってて。」ということを伝えましょう。そうすることで、またゲームしてるのかと思ってもらえます。

ゲームをしている事実を知ってもらえれば、たとえタブレットを肌身離さず持っていたとしても、怪しまれる可能性はありません。一番怪しまれるのは、何をやっているのか彼女が理解できない場合なんです。あなたも相手がわけもわからず、普段と違う行動をしていれば怪しいと思いますよね?

そこに理由がわからないのであればなおさらです。しかし、その理由を教えてあげれば相手も怪しまずに済みます。

浮気相手との連絡以外で、携帯を手放せない理由を作ってしまいましょう。理由さえ作れば、怪しまれずに肌身離さずスマホを持つことができます。

LINEでバレたときの言い訳

LINEで浮気がバレてしまった!そんな窮地に陥った時にはもう、女性が笑って許せるような言い訳を用意するしかありません。

「実は僕には生き別れの妹がいて」その女性との性的関係などがバレていない場合、頻繁に連絡を取り合う女性のことを生き別れの妹だと言い訳してみましょう。

「そんなことあるか!」「意味わかんない!」そう怒りながらもなんだか笑えてしまうこの言い訳なら、もしかするともしかして彼女も許してくれるかもしれません。

「君とずっと一緒にいるつもりだから、最後だと思って関係を持ってみたかった!」浮気女性との性的な関係まで暴かれてしまった場合、こんな言い訳もありでしょう。下半身には勝てない、そんな男の欲望を、情けなさそうに打ち明けるのがポイントです。

彼女の方も、「男って、本当馬鹿」と、奇跡的に許してくれるかもしれませんし、あなたが彼女のことを本命だと思っているというアピールにもなります。

他のSNSからバレてしまう可能性も

LINEで浮気がバレる確率はかなり高いです。だからこそ、その対策方法をご紹介してきました。

しかし、LINE以外でも浮気がバレる可能性はあります。例えばfacebookでも、浮気がバレることがあるのです。facebookにはタグ付け機能というものが存在します。

自分のページを見ると、自分は投稿していないのに友達の投稿したものが流れてきたことがあると思います。これは友達にタグ付けされているがゆえです。タグ付けされると、自分もその場所にいたということになります。

その投稿を見た彼女に、浮気を疑われてしまう可能性がないとも言えません。そのため、タグ付けは要注意です。さらに、facebookはGPS機能を読み取り、自分が今どこにいるのか表示されてしまいます。まさに監視されているようです。

そのため、もし彼女に言ったことと、違う場所にいたとしたら一気に怪しまれてしまいます。

女性の中にはfacebookを使って、男性の足取りをつかもうとする人もいます。GPS機能にも注意が必要です。もしオンになっているのであれば、オフにして利用しましょう。

またツイッターでもバレる可能性はあります。特にツイッターは、気軽につぶやける反面、浮気とバレるようなことをつぶやいてしまったというミスも起こりやすいです。

まとめ

浮気がバレる人とバレない人には、些細ではありますが決定的な違いがあることがわかっていただけたかと思います。

「こんな事いちいちしてられないよ!」と思う方もいるでしょう。そんな方は「スマホにパスワード」を設定してください。自分の個人情報が詰まったスマホにパスワードを設定するということは、今の時代では不思議ではありません。むしろ、当たり前のことだと言えます。

「パスワードをかける」が「浮気をしている」という方程式が成り立たつわけではありません。

しかし、パスワードをかけることを良しとしない相手の場合、今回ご紹介したいくつかの方法を試してみるといいでしょう。