好きな人とLINEを行う際に「最近ラインの頻度が少ないような気がする」などの悩みを抱えることもあります。また、好きな人とのLINEで2人の距離を縮めたいと考える人は少なくないです。片思いをしている大好きな男性に自分の事をアピールできるようなLINEのコツをしっかりと把握しておきましょう。

好きな人とLINEをすることで距離を縮めることができるって本当!?

f:id:ffgai:20170127175322j:plain
LINEの交換はメールよりもハードルが低く手軽ですが、LINEをすることで距離を縮める方法についてご紹介します。

好きな人とのLINEは自分をアピールする絶好のチャンス

好きな人と付き合いたいという気持ちを持っている人は少なくないです。この時に多くの人は「どうにかして自分に好意を持ってもらおう」という気持ちを抱えます。しかし、自分では何も行動を起こさない状態では好きな人に自分の魅力をアピールすることは難しいです。この時に、気軽に自分の事をアピールする方法として「好きな人とのLINE」があるのです。

好きな人と毎日のようにLINEをすることで、幸せな気持ちになれます。しかし、どんな内容のLINEをしても自分の魅力をアピールできるわけではないのです。好きな人とのLINEを毎日続けるコツや、多くの男性がNGだと考えているLINEの内容などをしっかりと把握しておきましょう。また、この時に「自分の事をどう思っているのか」という不安を抱えます。

好きな人からのLINEの内容な返信の頻度などを見極めて、脈ありのLINEなのか脈なしのLINEなのかを判断しましょう。脈なしのLINEを好きな人と続けていても、相手の負担になる可能性が考えられます。好きな人とのLINEで自分に好印象を持ってもらうためには「楽しい」と思わせることが大切なのです。好きな人とのLINEのさまざまな事をしっかりと把握しておきましょう。

好きな人とLINEをするきっかけとなる話題は?

LINEをどんな風に送ったらいいものか、悩むところだと思います。きっかけとなる話題についてご紹介します。

彼が写っている写真を送る

好きな人とのLINEのきっかけになる話題として「好きな人が写っている写真を送る」ことが挙げられます。好きな人と一緒に写真を撮る機会もあります。職場の集まりの際にとった写真や、一緒に遊んだ時の写真を話題にして好きな人にLINEを送りましょう。話題を作る為に、一緒に居る時には積極的に写真を撮ることが大切です。2人きりで写真を撮る必要はありません。

ただ、いきなり写真を送ると好きな人を驚かせる可能性が考えられます。そうならないように写真を撮った時には、さりげなく「後でこの写真を送るね」と一声かけるようにしてみてください。そうすることで、自然に好きな人に写真を送ることが出来ます。また、何枚も好きな人が写っている写真を持っていることもあります。

この時には、一度に写真を全て送るのではなく数回に分けて話題作りとして小出しにしましょう。好きな人に写真を送ることで「ありがとう」というような返信が来ます。ここから話を広げる努力をすることが大切です。事前に伝えることで「送り忘れ」の写真でも、さりげなく好きな人にLINEで送ることが出来るのも魅力の1つです。

意見を参考にしたいと前置きする

好きな人とのLINEの話題にきっかけとして「参考にしたいと相手の意見を聞く」方法があります。相談のLINEを送ることで、好きな人からのLINEの返信の可能性も高く出来ます。この時には「男友達にプレゼントをしたいんだけどどんなものが良いかな?」というように相手に意見を聞くような内容を送りましょう。

ただ、いきなりこのLINEを送ることで「なんで自分に」という疑問を与える可能性があります。そのため「他の男性の意見も聞いている」「男性の意見を参考にしたい」という事をしっかりと伝えるようにしてください。そうすることで、好きな人に怪しまれることなく自然に話題を作ってLINEをするきっかけが出来ます。

また、この方法を応用して好きな人の好みのプレゼントを用意することも出来ます。意見を参考にしたいという口実で誕生日などに欲しいと思っているものを聞き出しましょう。また、この時の好きな人の反応によって自分に興味を持っているのかを判断することが出来ます。架空の男友達の話題に食いついてきた時には「興味を持ってる」と考えられるのです。

彼の興味がある話題について質問する

好きな人とのLINEの話題のきっかけとして「好きな人が興味を持っている話題」が挙げられます。男性から返信が来る可能性が高い話題は、仕事や勉強に関する内容です。この内容のLINEを送ることで、自分が困っていることを好きな人にさりげなく伝えることが出来ます。また、自分が困らないようにと真剣に返信をしてくれるのです。

この方法は「同じ職場」「同じ学校」の時に有効活用出来ます。内容としては「この間の○○なんだけど、わからないところがあるから教えてほしい」です。質問を具体的に送って好きな人が回答しやすい状況を作ることが大切です。また、自分の質問に対して真剣に返信をしてくれた時には「ありがとう」「助かった」などの前向きな言葉を忘れないでください。

「教えてもらって当たり前」というような雰囲気を出すことで、好きな人から嫌われる原因になる可能性が考えられます。更に、お礼を伝えた上で「お礼に食事をご馳走させてほしい」などとデートにさりげなく誘うことが出来ます。この方法であれば、必要以上にデートに誘う時に緊張をしたりあれこれと口実を考える必要がありません。

共通の知り合いについて相談する

好きな人との共通の知り合いがいる場合に使える話題のきっかけ作りとして「共通の知り合いの事を話題にする」ことが挙げられます。ただ、この時に共通の知り合いの悪口などのマイナスな事を好きな人に伝えるのは控えてください。自分にマイナスな印象を持たれる原因です。職場が同じである時には「○○酸のことを怒らせちゃったみたいなんだよね」などの内容がベストです。

この時には「自分で考えたけど解決策が見つからない」雰囲気を出すことが大切です。多くの男性は、自分が頼られていると感じることで嬉しさを感じます。また、好きな人は一言で返せるような内容であるとLINEを続けることが難しいです。そのため、一言では返信できないようなメッセージを送る努力をしましょう。

完全に頼っている状態だと「少しは自分で考えるべき」という印象を持たれます。そのため「私はこう思うけどどうかな」というように、自分の意見を伝える事を忘れないでください。

好きな人と毎日LINEが続くコツは?

できれば毎日LINEしたいものですが、LINEが長く続くコツについてご紹介します。

聞き役に回る

人間には「自分の話を誰かに聞いてもらいたい」という欲求があります。そのため、相手が自分の話ばかりしている状況になると「うるさい」「めんどくさい」「楽しくない」などの悪印象を持つのです。これは実際に会話をしているだけではなくLINEの時も同じです。モテる女性の特徴として「聞き上手」ということが挙げられます。

好きな人と毎日LINEを続けるコツは「自分の話ばかりをしない」「好きな人の話を積極的に聞いてあげる」ことが大切です。ただ、いつでも好きな人の話を聞いているだけでは自分に過剰な負担を掛ける可能性もあります。そのため、自分が相手に伝えたいと感じることはしっかりと伝える努力をしましょう。聞き役と話し役のバランスに注意をしましょう。

タイミングや内容を彼と合わせる

好きな人とLINEを毎日続けるコツとして「相手のペースに合わせる」ことが大切です。好きな人が、どのくらいの返信頻度でLINEをしてくるのか、どんな内容でどのくらいの文量のLINEが送られているのかをしっかりと把握しましょう。相手に合わせるようなLINEを送らないことで「この人とLINEをしていても楽しくない」という印象を与えます。

自分が好きな人のペースや内容に合わせたLINEを送ることで「自分の事を理解してくれている」と思わせることが出来ます。多くの男性は、自分の事を理解してくれる女性に魅力を感じます。自分の感情だけで返信頻度をあげたりしてはいけません。返信が遅いからといって必要以上にLINEを送れば「しつこい」と思われて好きな人の負担です。

気遣う気持ちを忘れない

多くの人は「好きな人とはいつまでもLINEをしていたい」という気持ちを持ちます。しかし、だからといって毎日深夜までLINEをしていれば、好きな人に負担を与えます。好きな人と毎日LINEを続けるためには「相手の事を気遣う」ことも大切です。LINEだけのやり取りでは、文章によって相手に勘違いさせる可能性も考えられます。

誤解をされてしまえば、自分にとってマイナスな状況に陥ります。誤解されないように、日頃から好きな人を気遣うような言葉を選ぶようにしましょう。楽しいLINEをしていて深夜になった時には「楽しいけど眠たくなってない?」などを自分の素直な気持ちを伝えることが大切です。ただ「もう深夜だよ」と伝えれば「早くLINEを終わりにさせたいのかな」と思われることもあります。

男性が迷惑だと思ってしまうLINEは?

逆に、迷惑なLINEはどんなものでしょうか。迷惑なLINEについてご紹介します。

短文が何回も送られてくる

LINEが何回も送られてくると通知画面でいっぱいになってしまいます。好きかどうかわからない人からだと女性でもびっくりしますよね。チャットのように短文で送ることができるのは魅力的ですが一文ずつ送るようにしましょう。例えば、「お疲れ様です。明日も朝早いけど頑張ってね」と送る場合、
「お疲れ様です。」
「明日も朝早いけど」
「頑張ってね。」
このように何度も送るのは避けましょう。

時間を考えないLINE

多くの男性が迷惑だと感じるLINEの中には「相手の都合を考えずにLINEを送る」ことが挙げられます。自分が今LINEしたくても相手は仕事中や寝ている最中かもしれません。

相手の身になって考えられることは好きになる前の最低条件。

「自分中心の考えしか持っていないんだな」と悪印象になりかねません。 特に、深夜のLINEや仕事中のLINEは迷惑になるので控えましょう。

相手の生活リズムをリサーチした上で、仕事が終わったタイミングで「お疲れさま」とLINEできる女子になりましょう。

ハートマークがいっぱい

「彼女でもないのにハートマークがいっぱい」というLINEに引いてしまう男の人も多いようです。

気持ちが盛り上がっていない状況でガツガツ来られるとゲンナリしてしまう男性も多いようです。

女同士のLINEでは可愛く送っていたとしても、男性へのLINEには少しハートマークなどのラブリーさは控えましょう。

中身のないLINE

好きな人にLINEを送りたいと思った時に、「どんな内容を送ろう」と悩むこともあります。恋をするとどんな風に思われるか悩みますよね。

しかし、だからといってスタンプだけのLINEは何の用事か分からず迷惑にしかなりません。

また、返事をしなくてはならないというプレッシャーから相手に話題を考えさせてしまい、「この人と連絡を取ると疲れる」という印象になってしまいます。 相手にLINEを送るときは内容をきちんと考えてから送信しましょう。

既読スルーに対して過剰な反応

LINEは、自分が送った文章を相手が見ることで「既読」というマークがつきます。このシステムは、使い方によってはとても便利なものです。

しかし、既読となった時に返事が来ないからといって「スルーしないで」などのLINEを送るとうざい印象になりかねません。

しれないですし、その他にも返せない用事があるのかもしれません。気持ちに余裕をもってLINEを送りましょう。

清潔感がない文章が送られてくる

ギャル文字や読みにくい文章など、文字から伝わる清潔感もすごく大切です。男性は女性に対して清潔感を求めているものです。

たとえ文章であっても女性らしさ、上品さが伝わるLINEを心がけましょう。

日記みたいな自己完結系の連絡

好きな人とのLINEの内容に困り、メルマガLINEを送っていませんか? 「今日○○と××で遊んできてすごく楽しかったの!また報告するね」 というようなLINEは、「それで?」と思ったり、「なんて返事したらいいんだろう」と戸惑うことも多いでしょう。

相手は自分の彼氏でもなんでもないので、報告しても意味がありません。日記はSNSやブログに書くもので相手に送っては迷惑という印象になるでしょう。

特に男性はLINEなどのやり取りが得意じゃない人も多いので戸惑った挙句、返事をしないという選択肢を選ばれることもあり、このような日記風LINEは避けるほうが良いでしょう。

好きな人からのLINEの頻度が減った…考えられる原因は?

好きな人からのLINEが減ると少し寂しい気持ちになりますよね。考えられる原因はどのようなものでしょうか。

直接会う機会が増えている

好きな人とのLINEの頻度が少なくなることで「好きな人に嫌われているのでは」「前のように頻繁にLINEのやり取りをしたい」と考えるようになります。好きな人とのLINEの頻度が減った原因として「直接会う機会が多くなった」ことが挙げられます。LINEだけでやり取りをしているよりも、直接会って自分の事をアピールすることが大切です。

LINEの頻度が減ったけど、毎週好きな人に直接会っている場合には問題ありません。むしろ2人の関係性はいい方向に進んでいると考えることが出来ます。LINEの頻度が減った時には「直接会う機会があるかどうか」を考えましょう。更に、この状態で毎日LINEが出来ている場合には相手の負担を考えて「もっとLINEがしたい」という気持ちを抑えることも大切です。

行動を監視されているような内容が多い

好きな人のことはなんでも知りたいと考えるのは不思議なことではありません。しかし、この時に「何してる?」というような内容を送ることで好きな人を不快な気持ちにさせている可能性があります。何してるなどと相手の行動を監視しているような内容に多くの人が「重い」と感じます。どうしてもLINEの内容が思い浮かばない時に送る程度なら問題ありません。

毎回のように「何してる?」というような内容を送るのは控えましょう。自分がリラックスしている時間帯に監視されていると感じることで、自分とのLINEが楽しいものだという印象が持たれなくなることもあります。そうならないように、好きな人とのLINEの頻度が減ったと感じた時には「普段どんな内容のLINEを送っているのか」を見直しましょう。

挨拶だけのメッセージが多い

好きな人にLINEを送る際に「挨拶」を話題にしている人は少なくないです。「おはよう」「お疲れ様」などの挨拶は相手に自然にLINEが送れる内容でもあります。しかし、このような内容だけでは好きな人はオウム返しのような返信をすることしか出来ません。また、人によっては「自分が話題を作らないといけない」という気持ちを持ちます。

これが原因で「めんどくさい」「返信する内容がない」などの印象を持ちます。その結果、自分とのLINEがつまらないものとしてどんどん返信のペースが落ちてLINEの頻度が減るのです。挨拶を送ることは大切です。しかし、この印象を持たれないように挨拶に加えて好きな人が返信しやすい内容のLINEを送る事を忘れないでください。

長文ばかりを送っている

LINEは文章だけで自分が思っている事を相手に伝える必要があります。この時に多くの人は「誤解されないように」と本当に伝えたいことに補足の文章を付けたします。その結果、気が付いた時には相手がめんどくさいと感じるような長文のLINEになることがあります。誤解されないような文章を送ることは大切です。しかし、LINEは気軽に気持ちのやり取りが出来るものです。

長文になることで、本当に自分が言いたいことをしっかりと伝えることが出来なくなるので注意をしてください。なるべき短文で自分が伝えたい事を正確に伝える努力をすることが大切です。男女問わず多くの人が長文のメッセージに対して「疲れる」「めんどくさい」などの悪印象を持つことを忘れないでください。メッセージを送る前に文量を確認しましょう。

デートの約束を取り付けるのに必死

好きな人とデートをしたいと思うこともあります。この時に、多くの人は勇気を出してデートの誘いを行います。しかし、一度デートに誘った時に断られる可能性も考えられるのです。「○日の予定空いてる?」と聞いた時に「その日は予定がある」と言われたとします。ここで、なら仕方がないと諦めれば好きな人とデートを行うことは難しいです。

だからといって必要以上に何度もデートに誘うことで「この人とLINEをしていると毎回デートの誘いをされる」という悪印象を持たれます。そのため、好きな人をしつこくデートに誘うことで気が付かないうちにLINEの頻度が減るのです。逃げ道がなくなる程しつこくLINEでデートに誘わないように注意をしましょう。断られて改めてデートに誘う時も2回程度を目安にしてください。

男性が好きな人に送る脈ありLINEの特徴は?

好きな人だから送ってしまう、脈ありLINEについてお伝えします。

返事がはやい

好きな人とのLINEのやり取りで「これって脈ありなの?」という疑問を抱えることもあります。この時には、好きな人が自分にどのくらいのペースで返信をしてくれているのかを考えましょう。自分が送ったLINEに対して24時間以内に返信をしてくれている場合には「脈あり」だと考えることが出来ます。これは「好きな人にはしっかりと返信をしたい」という気持ちの表れです。

毎回すぐに返信が来ないことで不安を抱える女性は少なくないです。しかし、男性は好きな人にすぐにLINEの返信をすることで「がっついている」と思われたくないという気持ちを抱えている事を忘れないでください。敢えて時間を空けてLINEの返信をしてきていても24時間以内であれば、それほど好きな人とのLINEに不安を感じる必要はないです。

話が尽きても新しいLINEを送ってくる

話題が尽きても次々とLINEを送ってくるのは「もっとLINEを続けたい」証拠です。男性はストレートに思いを伝えるのは難しいですが、行動で出てしまうもの。色んな話題のLINEが送られて来たらこれって脈ありかも、と思って大丈夫です。

スタンプを混ぜたLINE

LINEにはスタンプ機能があります。スタンプは自分の気持ちを表現したり、より会話を盛り上げるために活用させることが多いです。しかし、多くの男性は自分が興味を持っていない女性に対してわざわざスタンプを活用する機会は少ないです。反対に、興味を持っている女性にたいしては頻繁にスタンプを活用します。
これは「女性の気を惹く」ことが目的です。可愛いスタンプや面白いスタンプを活用することで、LINEの話題の1つにすることも出来ます。このことから、好きな人が自分に頻繁にスタンプを送ってくる時には脈ありの可能性が高いと判断できます。好きな人がスタンプを送って来た時には、無視をするのではなくスタンプについての話題が広げられるようにしましょう。

色々な質問をしてくる

好きな人へのアプローチの方法として「質問をする」という方法があります。LINEで相手に質問を送ることで、返信がくる可能性を高くできるのです。また、男女問わず多くの人が「好きな人の事をもっと知りたい」という気持ちを抱えています。その結果じ、LINEのやり取りで頻繁に質問が送られてくるのです。好きな人から頻繁に質問されている時には脈ありです。

反対に、自分が興味を持っていない人に対してはわざわざ質問をしたいという気持ちにはなれません。また質問をすることで蘭の話題の1つにすることが出来ます。さまざまな理由から自分が好きな人には頻繁に質問系のLINEを送るのです。ただ、自分が好きな人に対して質問系のLINEを送る時には注意が必要です。必要以上に質問をするとめんどくさいと思われることもあります。

短文でも返事がマメ

好きな人とLINEのやり取りをしたいと考えていても、常に相手が返信しやすい内容が送れるわけではないです。単文や短文を送った時に好きな人は返信をしてくれるかどうかで、脈ありなのかを判断することが出来ます。興味のない女性から単文や短文が送られてくると「返信する必要がない」と判断します。しかし、好きな女性からであればどうにかしてLINEを続けたいという気持ちになるのです。

これは、自分がLINEの返信をしないことで悪印象を持たれる可能性があると考えることが理由です。自分に好印象を持ってもらおうとして、一生懸命に苦手なLINEの返信をしている状態です。シンプルな内容のLINEに対しての返信率が高いかどうかを考えてみましょう。ただ、毎回必ず返信がくるわけではありません。

恋の話題が送られてくる

好きな人がいるのか?ということや、彼氏がいるのか、今までの恋愛など、男性が恋の話題を送ってくるのはあなたのことをリサーチしている可能性が高いです。男性は意外と慎重なので、彼氏がいないとわかってから次に進みたいという思いがあるのです。

プライベートな話題について送られてくる

自分が興味を持っていない女性に対しては「自分のことについてもっと知ってもらいたい」という気持ちは芽生えません。そのため、毎回のLINEで社交辞令のような内容を送ってくるのです。しかし、多くの男性は自分が興味を持っている女性に対して「自分のプライベート」についての内容を送ります。これは、自分の事をもっと知ってほしいという気持ちの表れです。

自分のプライベートの事を話題にすることで、「自分に興味を持たせる」という効果があります。また、この話題で2人で盛り上がりたいという気持ちが芽生えることも考えられます。好きな人が、自分のプライベートについての内容を送って来た時に興味があるような素振りを見せることが大切です。そうすることで、2人の関係をより良いものにすることが出来ます。

好きな人の脈なしとわかる態度は?

逆に、脈なしの場合はどのような態度なのでしょうか。

既読無視や未読の状態が続く

好きな人にLINEを送ってもすぐに返信がくるとは限りません。その時の状況や内容によっては、返信を後回しにすることが考えられます。多くの男性は「めんどくさい」などの気持から興味のない女性からのLINEを既読無視する傾向があります。ただ、既読のマークがつくことで明らかに相手の事を嫌っていることが鮮明になることもあります。そのため、LINEが来ていることを知っていても未読にして「気が付かないフリ」をします。

時間帯や送る内容に注意をして好きな人にLINEを送っている時に、既読無視や未読の状態が頻繁に続くようであれば脈なしの可能性が高いです。この時には、多くの男性が女性から送られてくるLINEに対して「迷惑」という気持ちを持っていることを忘れないでください。この時には、一旦LINEを送るのを控えることも大切です。

返信文が極端に短い

好きな人にLINEを送った時に、毎回「うん「そうだよ」「わかった」などの短文が送られてくる場合もあります。このような短いLINEに対して、悲しい気持ちになる女性は少なくないです。男性も短い文章を送ることで、相手が返信に困る事を知っています。なのに敢えて短い文章を頻繁に送っているということは脈なしだと判断できます。

興味がある女性に対して、わざわざ困らせて自分の評価を下げるようなLINEは送りません。興味のない女性から頻繁にLINEがくることで「めんどくさい」という気持ちから、驚くほど短い文章を送ります。片思いをしている男性から頻繁に短くて返信が困るような内容が送られてくる時には、無理に返信をしないことも大切です。

遠回しに避けられる

好きな人にLINEをした時に、何かと言い訳を付けて自分とのLINEを避けているような印象を受けることもあります。特徴的なものとしては「今から友達と会うから」「また後で連絡する」です。このようなLINEに対して多くの女性はがっかりした気持ちが芽生えます。興味のある女性にわざわざこのような内容のLINEを送る人は少ないです。

ただ、これは本当に好きな人は返信できない状態になっている可能性が考えられます。1度や2度ではなく何度もこのような返信がくる時には「遠まわしに避けられている」と判断できます。敢えて遠回りにLINEを避けることで女性を傷つけないようにしている状態です。好きな人からの優しさを無駄にしないように、必要以上に連絡をするのは控えましょう。

単調な答えしか返ってこない

好きな人にLINEを送っても、毎回のように単調な返信しか来ないという状況に陥ることもあります。これは「今日何してた?」という質問に対して「遊んでた」などの簡単な内容になっている状態です。この時には、多くの男性がLINEの返信に対して「めんどくさい」などのマイナスな印象をを持っていると判断できます。

興味がある女性からのLINEであれば、その内容から会話を広げようと努力をするのです。適当に当たり障りのない返信をしてLINEのやり取りを終わらせようとしています。この時には、無理に時運から内容を広げようとするのではなく「相手に合わせてあげる」事を忘れないでください。この時に無理にLINEを続けようとすると余計に好きな人に負担を掛けます。

好きな人と楽しいLINEをして距離を縮めていこう!

このように、好きな人とのLINEでは自分の気持ちをアピールするだけではなく、相手の気持ちを理解して相手のペースに合わせることが大切です。自分中心の内容のLINEを送ると悪印象を持たれる可能性が高い事を忘れないでください。自分だけではなく好きな人が楽しいと思えるLINEを送ることが大切です。

また、好きな人とのLINEは相手の反応によって大きな不安を抱えることもあります。不安を抱えた時にはこれが脈ありなのかを確認出来るようにしましょう。脈なしのLINEが着た時には適切な方法で関係を修復させる必要があります。