LINEで告白?告白するメリットとポイント返事が無いときの対処法

最近ではLINEが連絡手段として使用されることがほとんどですよね。LINEというアプリを利用している人がたくさんいますが、ここ最近では告白をする時にもLINEを使用する人が増えてきました。LINEでの告白をするにあたってのポイントやメリットなどを今日はまとめてみました。

LINEでの告白について

f:id:ffgai:20170203101615j:plain

ガラケーの時代が終わって、スマートフォンが世の中に広まり始めました。今、多くの人たちの主な連絡手段となっているのがLINEです。若い世代からプラチナ世代までもがLINEを使いこなしている時代になりましたね。

そんな中、恋愛においてもLINEを使用されることは多いです。例えば、恋人と連絡をとるのにも使用しますし、好きな人に告白をすると気に気軽に告白ができるということからLINEで告白をする人たちが増えてきました。

では、LINEで告白経験のある人たちはどのくらいいるのでしょうか?また、LINEで告白をするにあたってのメリットはどのようなものがあるのでしょう。

LINEでの告白経験のある男女の比率は?

約80%が告白した、告白された経験がある

最近の10~20代の間では「LINE告白」という告白の仕方が流行っています。フリュー株式会社の告白に関する調査の結果で、「LINEで告白をしたことがある、もしくは告白をされたことがある」という質問に対して78.7%の人たちが経験したことがあると回答しているのです。

また、「直接告白をするかLINEで告白をするかなら?」という質問に対して、34.5%の割合でLINEde告白をするという女性が多いのです。その結果から3人に1人は告白をする際にLINEを利用しているということがわかりました。

男性もLINE告白を利用している人が結構多く、「LINEで告白をしたことがある、そして告白されたことがある」と回答している人は7.8%。

「LINEで告白をしたことはあるが、されたことはない」と回答している人が5.7%という結果になっていて、LINEで告白をしたことがあると回答している人が13.5%という結果になっています。20代の男性が最も数値が高く、31.3%の人がLINE告白を利用しているという結果が見られました。

告白手段として約35%はLINEを支持

先ほども少しお話したように、直接告白をするのか、LINEで告白をするのかという質問に対して34.5%の人たちが「LINEで告白をする」と回答していて約35%近くの人たちからLINEでの告白が支持されているという事がわかりました。告白をするのにはどんな手段を利用してもドキドキするのは変わりはありません。

昔はSNSやメールなどがなかった時代ですから、今よりは告白するのにドキドキすることが多かった時代かもしれませんね。今の時代は好きになった子とすぐにでも連絡を取れるようになりましたので、告白も気軽に行えるのかもしれません。

たしかに、「好き」と直接言われることも嬉しいですけど、急に相手から「好き」と文面上で送られて来てもドキドキしますし嬉しいですよね。最近は人とつながりを簡単に持てる時代になっていっているので、昔の世代の人と今の世代の人を比べると、今の世代の人たちの方がたくさんの人たちと交流が持てていいるのではないかとも思えます。

そして、何よりも直接告白するよりもLINEで告白するときの方が勇気がいりません。確かに送信するまではドキドキしてやめようかな、どうしようかなという気持ちになりますが、いざ送信してしまえばスカっとした気持ちになりますからそこまで緊張感がないようです。

なので、若い子達から多くの支持をうけているのではないかと思います。なかにはLINEで仲良くなって直接告白をするという子たちもおおいですが、恋の手助けをしているLINEは今や神アプリともいえるでしょう。

成功率はおよそ50%程度

LINEやメール、手紙を利用すると告白はしやすいですよね。自分の言いたいことがちゃんと伝えられるし、送信するまでは何度でも文章を考えられます。ですが、直接告白をしてしまえば途中でやめることもできないですし、言いたいことがなかなか言葉にできなくて時間をたくさん使ってしまうこともあります。

文章にすることによって自分の気持ちを最大限にまとめて気持ちを伝えられるし、物凄く良い方法なのではないかと一見感じますよね。そして、相手にも言いたいことが全て伝わるし成功率も良いものなのだろうなと感じる人が多いと思われます。

ですが、実際のところ文章で告白をした時の成功率としてあげられているのは56%程なのです。直接告白をした時と比べて成功率はぐっと低くなってしまいます。

ですが、それでもLINEで告白をするということは最近では主流になってきていますし、告白をされて嫌な思いをする人はいません。決して多いと言える成功率ではありませんが、半分以上は成功しているということです。

LINEが流行りだしたときや、メールが主流だったときはどうして文章でそんな大切な事を伝えるの?と感じている人が多かったのかもしれませんが、年々LINE利用者は増えていると思います。これからの時代はメールなどで告白をする人も多いかと思いますが、そうすることによってLINEでの告白が当たり前化して成功率も上がっていくのではないでしょうか。

LINEで告白することのメリットは?

失敗しても気まずくなりにくい

直接告白をしてしまうと、後に引き下がることができませんし、もしも告白が失敗して振られてしまった時に好きな人に会うのが気まずくなってしまうことがありますよね。ですが、LINEで告白をすることによって、相手の様子を伺いながら告白を進めることができます。

例えば「私たちが付き合ったらうまくいきそうだよね?」など探りを入れながら、告白をすることができます。いまいち相手の反応が悪かったら告白をしないで少し先延ばしにすることもできますし、相手との距離をはかりながら告白をすることができます。

時々、好きな人ができると自分の気持ちが抑えられなくなって、限度がわからなくなることはないですか?ですが、LINEで告白するときは自分の文章を見直すこともできますし突っ走ってしまう自分を抑えることができます。その結果、告白に失敗してしまっても相手と気まずくならないことがあるようです。

思いをきちんと伝えられる

人と関わるのが苦手な人も世の中にはいますよね。そういう人たちは直接告白することはとても勇気がいりますし、緊張して言いたいことをはっきりと伝えられないことがあります。

でも、LINEでの告白ですと素直な気持ちを文章にして送ることができますし、相手や自分の携帯の記憶にも残るのでもしも成功して付き合ってからも読み返す楽しさがあります。

好きな人とデートが出来た、二人で会うことができても緊張してしまって告白ができずに好きの「す」の字も言えなかったという人は多いのではないでしょうか?

そのような人にとってはLINEで気持ちを伝えるのは文字を打つだけで自分の気持ちを伝えやすくて、重苦しい気持ちにならなくて済みます。

ですが、LINEで告白をするとなると、適当なのではないかと感じる人も少なくありません。その場合は「今度直接会ったときにも気持ちを伝えたいと思っているから」と前置きとして伝えて置けば何の問題もありません。

なかなか会えない相手にも告白できる

好きな人がいるのだけれど、相手が仕事で忙しかったり、遠距離の場合にLINEだと気持ちを伝えやすいですよね。仕事が忙しい場合は、会う時間や電話する時間など作ってもらうのも申し訳ないと感じるものです。ですが、LINEならば気持ちを文章にして送信しておくだけで相手も気軽に読むことが出来ます。

そして、遠距離の場合にもそばにいないとなかなか相手の都合が分からず、どのタイミングで電話をかけたらいいかわからなかったりします。なのでLINEを利用することによって相手に気持ちを伝えやすいですし、気軽にお互い対応することができます。

ですが、仕事などで忙しい場合は既読マークがついてもなかなか返信が来ないこともあるので、焦らず待ってみましょう。もしも何週間も返信がなかった場合には「この間のLINEみてくれたかな?答えが知りたいんだけど…」と催促してみるのも良いでしょう。

告白した思い出が形として残る

直接告白をすると形には残らないですよね。ですが、LINEの場合はスマートフォンの機能のスクリーンショットを利用することによって告白の記憶が形として残ります。

形として残ることによって、もしも告白をしてOKだった場合に晴れて好きな人とお付き合いをすることになりますよね。そのときに月日がたった時にふと読み返すことができます。そうすることで、あーこんな初々しい時もあったんだなと思い出にひたることができます。

電話や直接の告白ですと、形として残るわけではないのでどんな言葉で、どんな状況だったか忘れてしまうこともあります。

男性の場合はすぐに忘れてしまう体質のようなので、付き合って何年もしてしまうとその時の事が思い出せなかったりするものです。LINEで告白をすることによって、形に残りのちのち振り返る事が出来るのもメリットの一つです。

LINEでの告白の仕方で押さえるポイントは?

告白する前もLINEで距離を縮めておく

LINEで告白するのならば、脈があるのかないのかを確認してから告白するのが良いでしょう。つまり、告白をする前に仲良くなって距離縮めておくことが大切なのです。

脈のある相手ならば、あちらから「好きな人いるの?」「付き合っている人いるの?」という質問をしてくると思います。こういう質問って好きな人に聞きたくなったりしませんか?私も高校生の頃は気になる相手に「今、好きな人いるの?」なんて聞いたりしてました。

だいたいこの手の質問は気がある人にしかしませんよね。どうでもいい人の好きな人は知りたいと想いませんしね。それに、ずるいですけどこのような質問をすることによって相手に「あれ?俺(私)のこと気になっているのかな?」なんて思わせることができます。

なので、LINEやメールアドレスを知っている場合にはやりとりを重ねてお互い仲良くなることが大切です。告白をしたいから連絡先を得たということはわかりますがいきなり仲良くもないのに告白をしても振られにいくのと同じです。ですが、しつこく連絡をするのは逆効果なので気を付けて下さいね。

告白する時間帯

告白メールを朝から送られても迷惑に思う人は少なくありません。今、何時だと思っているの…と不振に感じる人もいます。今は落ち着いている時間帯かな?と相手のことを想いながら、告白メールを送るようにしましょう。

今ならば大丈夫だろうと思うベストな時間に送信することが成功につながるポイントです。真夜中に送信してしまうのも相手の迷惑につながることもあります。なので、今は相手がリラックスしている時間帯だろうなという事を考えた上での時間帯に送信をするようにしましょう。

せっかく、告白をしようと文章を考えても送るタイミングが悪かったりすると相手に不快な思いをさせることになります。早朝などは読んだけど返信する時間がないと思う人もたくさんいます。真夜中に送ってしまえば生活の違いが見えてしまって合わないかもな…と思わせてしまうことがあります。

告白をしたいと感じたら、すぐにでもと思う気持ちはわかりますが相手の気持ちを考えるようにしましょう。

私も20際の頃に主人に告白をされたのですが、仕事に行く準備をしている時に朝の7:30前後にいきなり電話が来て告白をされたのですが、正直な話すごく迷惑でした。ですが、私も気になっていたのですぐに「OK」して付き合うことになりましたが、本当に朝から迷惑でした。

私のように成功する場合もありますけど、常識がないと捉えて返事さえしてくれない人もいるので注意するようにしましょう。

告白のタイミングは出会って3ヵ月以内

LINEの告白に限らず、告白をするのには早ければ早いほど成功率が高くなるようです。ですが、出会ってその場で告白をするのはどうかと思いますが…一番成功率が高いとされているのが出会ってから3ヵ月以内に告白をするとうまくいくといわれています。

出会ってから1年以上経過してしまうことによって、恋愛ではなく友情という関係が出来上がってしまうようなのです。なので、成功率は大幅にダウンします。好きな人が出来たのならば早めに気持ちを伝える事が告白に成功するための秘訣につながります。

ですが、長年にわたってずっと好きで居続けてくれるピュアな人も世の中にはいます。もうそんな人にであってしまったら、結婚せざるおえないですよね。そのくらい貴重な相手だと思いますよ。

LINEやメールは一方的に気持ちを伝えることができるので、チャンスは逃さないようにアタックしてみるべきです。成功するかはわかりませんが、早めのが成功率は高いのでオススメですよ。

LINEの告白文の書き方は?

内容は短く、シンプルに

もしも、相手から告白のLINEやメールが来てあなたのことを好きになったキッカケや、こんなにも好きなんだという好きの度合いをダラダラと長文に書かれたところでどのように感じますか?通常では、なにこの人。気持ち悪い。と感じる人も居るでしょう。

その相手が好きな人ならば嬉しいのかもしれませんけど、全く予想もしていなかった人からの告白でダラダラと訳の分からない羽以上の度合いを語られても恐怖ですよね。それにドキドキ感さえもおぼえなくないですか?

内容をシンプルに短文にするということはそう言った自体の予防にもつながります。そして、言葉が少ない文、ドキドキ感がありますし、色々と考えることもできるでしょう。

長文になることによって、この人は重たい人間なんだなと思われてしまいます。明らかにマイナスな印象を与えてしまうので、ポイントとしては短文、シンプルを意識してください。

「好き」と「付き合ってほしい」という言葉を含める

相手に告白をするのですから「好きかもしれない」とか、「気になっている」とか曖昧な言い方はやめましょう。言われた側からすれば、「うん、だからなに?どうすればいいの?」ってなります。

きちんと「あなたのことが好き」「付き合ってほしい」とはっきりと自分の気持ちを伝える必要があります。しっかりと自分の気持ちを伝えてもらえたら、ドキドキしますし返事がしやすくなります。

直接告白をして好きなのかもしれない…ともじもじしてしまう気持ちはわからなくないですが、LINEやメールでもじもじくん、もじもじちゃんになるのは禁止です。文章だからこそはっきりとストレートに自分の気持ちを伝えることが大切なのです。

返事が欲しいことを伝える

告白をしたものの、なかなか返信が返って来ないケースは少なくありません。なので、告白をしたときには「返事がほしい」ということは伝えるようにしましょう。

相手から、なかなか行動ができなかったりシャイな人だと、どのように返信をしたらよいのかわからなくて、うやむやになってしまうケースもあります。それだと相手と気まずくなってしまいますし、モヤモヤ下気持ちで過ごすことになってしまいます。

なので、告白LINEやメールを送信したのならば、返事が欲しいということは伝えるようにしましょう。そのほうがお互い気持ちの良いモノになるでしょう。

LINEで告白されたときの返事の仕方は?

OKの場合

好きな相手から告白をされた場合にはすぐにでもOKの返事をしたいくらいですよね。ですが、時にはどうやってOKの返事をしたらいいものかわからなくなってしまう時もありますよね。色々と考えてしまってなかなか答えが出せなかったりする人もなかにはいるかと思います。

色々と書き入れてしまうと訳がわからなくなって、受け取った相手が勘違いをしてしまう場合も少なくはありません。一番、無難な返事の仕方としては「ありがとう、私(俺)も○○のことが好きだった。これからよろしくお願いします。」と行った返事で大丈夫だと思います。

シンプルにストレートに伝えるということが一番です。難しく色々と考える必要はなにもありません。相手の言葉を受け入れてそのままOKの返事を出すのが一番でしょう。

自分も好きだということを付け加えて返事をすることによって相手も嬉しく感じると思いますよ。せっかく、勇気をだして告白をしてきてくれたのですから、同じように気持ちを伝えてあげてくださいね。

付き合っているのか迷っている場合

恋愛感情がなかった友達から急に告白されてしまったときは驚きが大きくて言葉を失ってしまいますよね。そして、なんて返事をしようか迷ってしまうと思います。

返事をしなければならないのだけれど、NOの返事をしてしまったら友達関係が崩れてしまうのではないかと不安な気持ちが出てきたり、大切な友達だからこそ傷つけてしまうのではなかと思うこともあるのではないでしょうか。

そんなときはどのような返事をしたら良いものか悩むものですよね。付き合うべきなのか、付き合わないべきなのかで迷ってしまっている場合もあるかと思います。

そのような場合には「考えさせて」と一度返事をするのが良いと思います。自分の中で答えが決まっていたとしても一度「考えさせて」ということで自分の気持ちを確かめる時間もできます。長くとも一週間以内に返事をしてあげるようにしましょう。

待たせすぎてしまっても相手に失礼になりますし、ちょうどいい期間が一週間以内でしょう。その間に気持ちが変わるようであればOKにしろ、NOにしろシンプルに返事をすることが大切です。そのときは、必ずお礼の言葉を含めるようにしましょう

断る場合

告白をされてNOの返事をする場合にはなるべく早くに返事をするようにしましょう。相手はOKの返事を期待していますし、変に待たせてしまうと余計に相手を傷つけてしまうことになります。

そして、返事をすると気に相手を極力傷つけないように、告白をしてきたことにまずは感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 なので「告白をしてくれてありがとう。申し訳ないのだけれど、あなたのことまだよくわからないし友達のままでお願いします。」と丁寧に柔らかく断るようにすると良いでしょう。

NOの返事がくるだけでも、相手は傷ついています。それでも、無理に付き合うわけにもいきませんし、せめて柔らかく丁寧に断りを入れるということを意識してくださいね。

職場の人を断る場合

基本的には欲張が同じだからといって告白の断り方は基本的にはあまり変わりません。しかし、職場の人となると何度も顔を合わせてしまうので気まずくならないように配慮したいものですよね。

職場の人を断るときには「好きな人がいる」「恋人として見ることができない」と伝えるのが良いでしょう。職場だと、相手の恋愛関係も何となく分かってしまうので、恋人ができてしまえば相手も諦めてくれるでしょう。

とにかく、職場の恋愛となると毎日でも顔を合わせる事が多いので、あなたでは無理ということを分からせなければならないです。でないと相手もなかなか諦めてはくれないでしょう。

告白の返事がないときの対処法は?

数日~数週間待ってみる

告白をして返事がないと不安になる気持ちもわかりますが、数日~数週間は待つようにしてみましょう。返事がないのには何かしら理由があるはずです。

仕事で忙しかったり、何かやらなければならないことが数日続いていたなどがあります。そんな時に無理な催促をされてしまっては気分が悪くなってしまいますし「ちょっと待ってよ…」という気持ちにさせてしまいます。なので、無理な最速をするのはNGです。

もしも、全然返事がないようならば、「この間の話なんだけれど返事を聞かせて欲しいな」と1通くらい送るのは問題はないでしょう。ですが、しつこいほどの連絡はやめましょう。

自分の告白を見たか確認する

LINEで告白をした場合には既読マークが付いているかを確認することによって、自分の連絡を見ているのかどうかを確認することができます。また、今ではSNSがたくさんありますよね。SNSをやっている人はたくさんいるかと思います。

TwitterやFaceBookを確認してみるのも一つの手段になります。もしも、既読マークが付いていない場合やSNSが更新されているかを確認して更新されていないようでしたら連絡に気づいていない場合があります。

逆に既読マークが付いていたり、SNSが更新されている場合にはあなたの告白に対して考えているかもしれません。または、返事をするのを忘れている可能性もあります。

なので、一度「この間の話の返事を教えてほしい」と返事の催促をしてみるのも良いかもしれません。それでも返事が無い場合には興味がないと思われている可能性もあります。

直接会って告白する

もしも、数日から数週間告白してから返事が来なかった場合には、直接会って気持ちを伝えたほうが良いですよ。メールやLINEでの告白は本気ではないと感じる人も中にはいます。その分、真剣さが伝わりにくかったりします。

直接、告白することによって「あ、この人は本気だったんだ」と伝わることもありますし、相手の心も揺れ動く場合があります。なので、もしも、返事が無い場合にはまだ結果はわかりませんし、直接気持ちを伝えることによってプラスにつながることがあります。

もしも、あまり会う機会のない人ならば、電話で気持ちを伝えるか、会う約束をして直接気持ちを伝えるのが良いでしょう。普段からよく会う人ならば、タイミングを見計らって伝えるのが良いでしょう。

LINEの告白で使える裏ワザは?

縦読みの文章を仕込む

LINEの縦読みって流行っているのはご存知ですか?実は縦読みは告白にも利用されているのです。縦で読むと「だいすき」や「すき」「つきあって」という文字になっているものをいいます。

手の込んだ告白方法で、とてもマメだなと感じますよね。ですが、実際ではネット上で見ると思いっきり振られていたりと見ている方からすると笑える物が多いですよね。

それに、それ、本気で言っているの?と感じる人が割と多くいるためなかなか上手くいくケースは少ないようです。ですが、後から「今のは本当の気持ちだから」とフォローを入れれば相手にも伝わるかもしれませんね。

隠しメッセージで送る

INEでは隠し文字で告白をすることも出来るのをご存知でしたか?隠し文字ってなに?と思う人が多いかと思います。実はLINEである顔文字を使用するだけで不思議なLINEを送信することが出来るのです。

その顔文字は「∧( ‘Θ’ )∧」という顔文字です。一見、ひよこ?と思う人もいるかもしれませんが、この顔文字を使用することによって文字が隠れて送信されるのです。やり方は少し難しいかもしれませんが覚えてしまえば簡単です。

  1. 何でもいいので全角23文字の文章を打ちます。例えば…「いきなりなんだけど、特に用はないんだ。ごめんね」と打ちます。
  2. そのあとに先程の顔文字を入力し改行ます。例…「いきなりなんだけど、特に用はないんだ。ごめんね∧( ‘Θ’ )∧」と打って改行。
  3. 改行をしたあとに入力したメッセージが隠しメッセージとして送信されます。ですが、1行以内で全角文字で送ります。

この方法を試してみることによって隠しメッセージを使用することが出来るのです。なんとも不思議ですし、気づいた時には驚きですよね。ですが、試してみると面白いかもしれませんよ。

また、もしも「∧( ‘Θ’ )∧」の顔文字が入力されているLINEがきたら「お?これは、もしかして隠しメッセージか?」と疑ってみると良いでしょう。これからのLINEでは「∧( ‘Θ’ )∧」に注目する必要がありますね。

隠しメッセージ送信前に押さえておきたいポイントは?

隠しメッセージの見方

でも、隠しメッセージが送信されているのかも?と感じても実際にどうやって表示すればいいのか分からないですよね。実は意外と簡単にメッセージを表示することが出来るのです。

iPhoneでは通常の縦向きの使用の仕方と横向きの使用の仕方があるかと思います。横向きにならないようにロックをかけている人も少なくはないのではないでしょうか?

この隠しメッセージを表示するにはLINEを横向きで開いて見ると、隠された文字が表示されるのです。まさか!と思うかもしれませんが、一度お友達と試してみてください。本当に表示されるのです。

他にも、相手から来た文章をコピーして貼り付けるいわゆるコピペをしてみてください。そうすると隠されていた文字が表示されます。

隠しメッセージを表示するにはこの2通りの方法があります。なので、例の顔文字が送られてきたら是非、試してみましょう。

フォントの大きさを変更している相手には見えている

実は隠しメッセージが通用しない人もいるのです。それは、LINEのフォントの大きさを変更している人は隠しメッセージが通用しませんので注意が必要です。

相手がフォントの大きさを「普通」意外に設定している場合は隠されずに全てが筒抜けに表示されます。隠れていると思って、悪口言っちゃえ!とか、好きって言っちゃお!と思って送信してみたら実はフォントの大きさが変更してあって全部見えてますよ…なんてことにもなりかねません。

こういう場合もあるので、注意しながら送信するようにしましょう。

PC版のLINEを利用している相手には見えている

他にも、パソコンでLINEを見た場合にも隠しメッセージは表示されてしまいます。実はiphoneが壊れてしまっていてたまたまパソコンから見たら隠しメッセージが表示されてしまっていたなんてケースもあります。なので、注意が必要です。

他にもiphone以外のスマートフォンでは隠しメッセージは使用できないということです。例えば、Androidのスマートフォンには全てが筒抜けです。なので、Androidのユーザーの友人や好きな人に送信するのはやめておきましょう。

LINEでの告白で成功するために

LINEでの告白は一見、気軽にできると思われがちですが、返事を待つ間もハラハラ、ドキドキしますし簡単なことではありませんよね。確かに、直接言うよりかは気軽かもしれませんが、告白するのに楽なものはありません。 ですが、どんな方法であれ、うまくいくようにポイントをしっかりと掴んで好きな人に告白をすると良いでしょう。もしも、縦読みLINEや隠しメッセージを使用するときは注意点も踏まえて使用してみると良いですね。