LINEは、気軽にメッセージのやり取りができる便利なツールです。そのLINEで、好きな人との仲を深めることができたら良いでしょう。LINEで見られる脈ありサインや、話題の選び方、LINEの頻度などをまとめました。

手軽に話せるLINEは好きな人と繋がれる?

LINEは、誰とでも気軽にメッセージのやり取りをすることができる便利なツールです。まるで会話をしているかのようにやり取りできるので、メールよりも、他愛無い話を簡単にできます。これを、好きな人との仲を深めるために利用することができるでしょう。

ですが、その一方で、LINEには既読がつく機能があったり、気軽すぎて相手の真意が見えにくくなってしまったりというデメリットもあります。好きな人との仲を深めることができそうではありますが、本当に深まったかどうかは、LINEのメッセージのやり取りでは、なかなか判断できないものなのです。

また、気軽であるがゆえに、好きな人とのやり取りには緊張が伴います。選ぶ話題や、頻度を間違えるわけにはいかない、という気持ちがあるために、LINEでのやり取りを難しいと感じてしまう人もいるようです。

それでは、LINEで好きな人とやり取りするときには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。LINEから、好きな人が考えていることが分かるのでしょうか。LINEで、好きな人とやり取りするときの様々な側面を見てみることにしましょう。

話題がない!好きな人とどんな話題をすればいい?

まずは共通の話題で盛り上げよう

LINEでは、気軽に話をすることができますが、その話題がなければ話すこともできません。それでは、好きな人とはどのような話題なら、盛り上がることができるのでしょうか。

もし、中学生や高校生などの学生なら、授業や部活の話題がベストでしょう。共通の話題なら、一緒に盛り上がることができること間違いありません。学校祭などのイベントがあるときは、そのことについて話すのも良いでしょう。

最初は、どんな話題で盛り上がることができるか、分からないことが多いでしょうから、取り敢えず、二人に共通している話題を選ぶことが無難です。共通の話題で盛り上がっているうちに、他の話題でも話すことができるようになるでしょう。

相手の興味がある話題を投げかける

LINEで話題がないときには、相手が興味を持つような話題を投げかけることが大切です。共通の話題がない場合には、相手の好きなものを利用するのです。

例えば、相手の趣味が映画鑑賞だったとします。そんなときには、「今度映画観に行こうと思うんだけど、オススメとかある?」「この前テレビでやってた映画、好きだって言ってたやつだよね?すごかった!」などと、相手が必ず乗ってくる話題を選ぶのです。

人は、好きな話題を振られると、饒舌に話し始めることが多いものです。そして、その話に付き合ってくれる人に対して、好感度が高くなります。まずは、相手が話しやすい話題を選んで、メッセージを送ってみることにしましょう。

そして、適度に質問を投げかけながら話を聞くと、LINEが盛り上がりますし、相手からの好感度も高くなります。

相手を気遣う内容は優しさアピールにもなる

男女関係なく、相手を気遣う内容でのメッセージは、話題がない場合に有効でしょう。例えば、「今朝見たときに疲れていたみたいだけど、大丈夫?」という、さりげないメッセージを送るのです。

実際にどうかは分かりませんが、こういった心配からくるメッセージには、必ず返信があるでしょう。ここから、最近の仕事の忙しさなどを聞いてみれば、LINEのやり取りも長く続きます。

こういった話題でのメッセージの送信は、LINEが盛り上がるだけではなく、やさしさアピールにもつながる点が便利です。男女関係なく、自分に対して優しさを見せてくれる相手とは、一緒に過ごしたいという気持ちが高まるものです。

どうしても何も話題がないと言う場合には、相手の体調を気遣うようなメッセージを送ってみると良いでしょう。

好きな人とのLINEの頻度はどれくらいがベスト?

1日から3日おきのLINEがベスト

好きな人とのLINEは、1日から3日おきくらいがベストです。それくらいの頻度だと、話題に困ることがないからです。また、好きな人に「飽きた」と思われずに済むでしょう。

相手に、面倒くさいと思われないようなLINEの頻度を保つことが何よりも重要です。最初は楽しいと思っていても、あまりに続くと面倒くさくなってしまうからです。

特に社会人の場合には、仕事が忙しくて、メッセージのやり取りを頻繁にできない可能性があります。ほかのことに気を取らる状態になりたくない、と言うこともあるでしょうから、相手がどれくらいの頻度でLINEをして、迷惑にならないのか考えるようにしましょう

毎日のLINEは迷惑と思われる可能性も

好きな人とは、毎日でもLINEをしたくなるものです。ですが、毎日では話題がなくなってしまいがちです。お互いに社会人なら時間が取れず、自然と毎日のLINEはできない状態になるかもしれません。ただし、高校生や中学生など学生の場合は、LINEをする時間が比較的多いので、好きな人に対して毎日メッセージを送ってしまいがちです。

もちろん、脈があれば毎日でもLINEが続くでしょう。この場合には、毎日LINEをしてもかまいません。ただし、相手が明らかにまだ自分のことを好きではないときは、毎日のLINEは控えましょう。

好きな人以外から毎日のようにLINEが来ては、付き合ってもいないのに、付きまとわれているようで嫌な気分になります。好きな人にアピールすることも大切ですが、好きな人に嫌われない努力も大事です。気持ちを抑えて、毎日立て続けに送り続けるようなことは控えましょう。

付き合った瞬間に頻度が減るのはよくある

好きな人と付き合うことができた瞬間に、LINEの頻度が減ってしまったと嘆く人もいます。ですが、これはある意味、当たり前のことなのかもしれません。

好きな人と付き合う前は、相手に自分のことを見てほしいので、頻繁にLINEをして、気持ちを向けさせる努力をします。ですが、好きな人が自分のものになった瞬間に、安心してLINEをする必要がなくなってしまうのです。

「釣った魚に餌をやらない」タイプの人とお付き合いを始めたなら、特にこの傾向が強いでしょう。この場合には、付き合う前よりも頻度を落としつつ、相手がほかに目を向けることがないよう、きちんとメッセージのやり取りをすることが大切です。

LINEで見られる脈ありサインは?

1.好きな人が自分から友達追加を申し出てくる

好きな人から、LINEの友達追加を申し出てきてくれたら、脈ありサインの一つだと考えても良いでしょう。嫌っている人は友達追加しません。さらに、自分から初めてのメッセージを送ってきてくれたら、脈ありだと思うことができる一つになります。

それだけでは脈ありだと判断はできませんが、少なくとも嫌われていないことは確かでしょう。ここから恋に発展する可能性が高いと考えて、そこからLINEのトークで仲を深めていきましょう。恋の最初のステップとしては悪くありません。両思いになれる可能性の高いサインとして、期待することができます。

2.時間はかかっても必ず返信してくれる

既読後、すぐのメッセージではないかもしれませんが、必ず好きな人がLINEの返信をくれるのは、良いサインです。特に、半日以内のメッセージは、脈ありのサインだと考えても良いのではないでしょうか。

即レスしてくれると嬉しいですが、好きだからこそ避けてしまうような行動をとる男性もいます。相手に気持ちを知られないために、わざと焦らすのです。完全に嫌われているときには、絶対にLINEの返信はしません。

決まって半日以内にLINEのメッセージを返してくれるようなら、わざと時間を置いているのだと考えましょう。それよりも、必ず返信をくれるというところが嬉しいポイントです。

3.トークが終わりそうになると質問文

やり取りが盛り上がってからひと段落すると、一度、トークが終わりそうな雰囲気になります。ここで好きな人に何か質問をされて、新しい話題を始められたら、それは脈ありのサインです。

相手が、やり取りを続けたいと思ってくれているからこそ、必ず返信をしてくれるであろう質問文を送ってくるのです。嫌いな相手とは、いつまでもメッセージのやり取りはしたくないものですが、好きな人とは、誰でもずっと話をしていたいものです。

質問文が送られてくることが多いと思ったら、それは脈ありのサインでしょう。相手を焦らすために避けるようなことはせずに、素直にやり取りを楽しんでください。

4.グループトークでも積極的に話しかけてくる

好きな人の脈ありサインは、個人トークだけが判断基準になるわけではありません。LINEのグループトークでの相手の態度も、脈ありかどうかを診断するためには役に立ちます。

グループトークの中でも、積極的に話しかけてきてくれるような様子があったら、それは脈ありのサインでしょう。集団の中で、積極的に話しかけてくるのは独占欲の表れです。

他の人間に対する、牽制の意味を込めて話しかけてきてくれていることが多いので、グループトークでの絡みの多さは、かなりはっきりした脈ありのサインだと考えてよいでしょう。

5.質問に対して丁寧に長文で返してくれる

好きな人に、LINEの個人トークで質問した時に、長文で丁寧に返してくれるようなことがあったら、脈ありのサインです。どうでも良いと思っている相手に対しては、ほとんどの人はそれほど丁寧に答えません。

現在では、たいていのことはインターネットで調べれば分かるものです。調べれば分かるから良いか、と思う気持ちが先行するので、自然とLINEで質問されても、簡単な返事しかしないようになってしまっているのです。

ですが、その相手が好きな人なら話は別でしょう。頼れる人だと思ってほしいという気持ちと、ずっとLINEのトークを続けたい、という気持ちが相まって丁寧な回答になるのです。親切で丁寧に回答をしてくれたのなら、「もしかして好きでいてくれるのかもしれない」と期待しても良いかもしれません。

好きな人とのLINEでのスタンプ活用法・5つ

1.返しにくいメッセージを送ってきたときにスタンプ

好きな人とは、LINEをできる限り続くものにしたいでしょう。ですが、短い返信など、それ以上何を返してよいか分からなくなる時もあります。そんなときには、スタンプを利用することで会話を再び盛り上げられますよ。

何か、相手がつっこまずにいられないような、可愛くて面白いスタンプを選んで送りましょう。相手が「それ何?」や「(笑)」と返して来たら、そのスタンプに関する話を続けることができます。あまり気持ち悪くないような、可愛くて面白いものを用意しておくと良いでしょう。

2.可愛いスタンプを利用して既読無視状態を解決

好きな人とのLINEで困るのは、既読無視になってしまったときでしょう。相手から返信が来ないと寂しい気持ちになるものです。こんなときには、可愛らしいスタンプを押して、相手の既読無視を解決すると良いのではないでしょうか。

相手が、忘れているだけということもありますので、何かスタンプを送って、トーク画面を見る機会を作ってもらうのです。送ったスタンプを見ると同時に、前のメッセージが表示されますから、そこで初めて、既読無視にしていたことに気づくかもしれません。

このときには、相手を責めるような、怒ったスタンプを送るのはやめましょう。既読無視を責められるのは、かなり重く感じてしまうものです。どちらかといえば「面白い!」「何て言うスタンプ?」などと、新しくメッセージのやり取りが弾むようなものを選ぶと効果的でしょう。

3.可愛いハートマークのもので、さりげなく好意を伝える

告白するには至っていなくても、好きな人に気持ちを少しずつ知ってほしいこともあるでしょう。相手が鈍感すぎるのは、恋愛を進めるのには面倒くさい障害となりかねません。

そんなときには、LINEのトークで、ハートの混じった可愛らしいスタンプを送ってみると良いのではないでしょうか。例えば、お礼を言うときに「ありがとう」の言葉共に、ハートマークが飛んでいるものを選びます。

直接的な告白ではないので、相手から拒絶されることはありませんが、好意はさりげなく伝えることができます。あまり頻繁に送っては「ただ単にこのスタンプが好きな人」になってしまうので、時折使って送ってみると良いのではないでしょうか。

4.スタンプのプレゼントを利用して距離を近く

何かしてもらったお礼に、LINEのスタンプのプレゼント機能を利用することもできます。課金はする人としない人に分かれますが、送られてきて嫌な思いはしないでしょう。
LINEのスタンプのプレゼントは、スタンプを選んで課金し、それをプレゼントするだけなので簡単です。お金を渡すほどではないようなちょっとしたお礼として、利用することができるのが便利な点です。普段、好きな人がよくスタンプを使っているのなら、送ってあげましょう。
ただし、何の脈絡もなくプレゼントを送り付けるのは、気持ちの押し付けになりかねません。あくまで、何かのお礼としてスタンプをプレゼントするようにしましょう。

5.スタンプだけのメッセージは嫌がられる可能性も

スタンプは、会話を盛り上げるのには便利かもしれませんが、スタンプの連打をするようなことはやめましょう。ただし、気心知れて、相手も同じようなことをする場合には問題ありません。

ですが、スタンプを連打されることに対して、不快感を表す人もいるので、相手がどのような人か完全に分かる前に、スタンプだけ送るのは考え物です。やるのなら、せめて相手が同じことをしてきた後にしましょう。自分からスタンプの連打をするのはおすすめできません。

好きな人とのLINEのスタンプは、時折、相手との会話を盛り上げる、スパイス的な使い方をした方が効果的です。

LINEで好きな人に告白するときの注意点・4つ

1.実はLINEでの告白はあまり人気がない

相手との距離を近づけるためには有効なLINEですが、これを利用して告白するときは、どうすれば良いのでしょうか。まず、LINEでの告白はあまり人気がない、と言うことを覚えておいた方が良いかもしれません。

LINEは、あまりに手軽で簡単にメッセージが送れるがゆえに、真剣な気持ちは伝わりにくいものなのです。軽いやり取りをしていた文面のままに告白をしても、冗談だと思われかねません。相手が、どこまで本気で言っているのかを推し量ることが難しいので、LINEでの告白はお勧めすることができないのです。

やはり告白は、直接伝えるか、せめて手紙やメールでの文章の方が良いでしょう。ですが、LINEで告白したからと言って、必ずしも悪いわけではありません。その場合の注意点も紹介します。

2.LINEでは真剣さが伝わるような文面を心がける

LINEで告白をするのなら、真剣さが伝わるような文面を心がけてください。多少、長文でも構いません。LINEというツールを使っているときでも、真剣だと言うことが相手に分かる文面にしましょう。

LINEでの告白は、真剣かどうかが伝わりにくいのが問題です。そこで、「好きだ」という言葉だけではなく、「付き合ってほしい」「一緒にいてほしい」という、将来の希望を述べると良いでしょう。

この場限りでふざけて言っているのではなく、「二人でお付き合いをする」という、真剣な将来のことを考えていることが伝わるように工夫してください。長くなっても良いので、真摯に言葉を選んで伝えることが重要です。

ただし、相手がスクロールしないと読めないような超長文は、避けた方が良いですね。それほどの長文になると、文章から圧迫感と重さを感じます。重い存在だと思われたら、告白は成功しにくくなってしまいます。

3.スタンプで愛情を伝えないようにする

恥ずかしいからと言ってやってしまいがちなのは、LINEのスタンプを利用して告白すること。「大好きだよ」と、伝えるスタンプを送ったとしても、相手に気持ちは伝わりません。

もちろん、恋愛対象になっている相手から、「大好きだ」ということを伝えるスタンプが送られて来たら、ドキリとするでしょう。ですが、それは真剣な告白と同じものだとは思われません。

スタンプは、どうしてもLINE独特の、気軽で軽いやり取りのイメージが大きいのです。相手に対する真剣な感情を伝えるのに即したツールであるとは言えません。場を和ませるためには必要かもしれませんが、緊張感のある場にはふさわしくない

告白を相手の心に届けるためには、やはり、自分自身の言葉で気持ちを伝えることが大切です。誰にでも送ることができるような既製のスタンプでは、本当に自分にとって、相手が特別だという想いは伝わりません。

恥ずかしいかもしれませんが、本当に大切な相手に気持ちを伝えたいのなら、スタンプではなくメッセージの形で送信してください。真剣だということが伝わるために、スタンプ自体使わない方が良いでしょう。

4.間違えて告白!その場合は取り繕わずに

相手に間違って告白してしまった場合には、どうしたら良いのでしょうか。その場の雰囲気で、言うつもりがなかったのに、相手に思いが伝わってしまうような、流れになることもあるでしょう。その場合は、焦って取り繕うのではなく、覚悟を決めて告白してください。

「こんな流れで告白するようなことになっちゃったけど、真剣だから」という一言を入れれば、相手もジョークではないと受け取ってくれます。相手も、自分も覚悟ができていない状態での告白かもしれませんが、「嘘だった」と取り繕うと、後から告白しにくくなるのでやめましょう。

好きな人が既読無視をして返信が遅い理由・4つ

2.もともとLINEの返信のペースが遅い人だから

LINEには既読機能がありますから、いつ好きな人がメッセージを開いたかがすぐに分かります。メッセージを呼んでいるのに返信が来ないのは、寂しい気分になりますよね。片思いの相手だと、余計に既読無視は辛いものです。

ですが、LINEの返信のペースはそれぞれ違います。既読をつけてすぐに返信する人もいれば、読んでしばらくしてから返信する人もいます。誰もが既読機能を気にしているわけではないのです。

もともとLINEの返信のペースが遅い人なら、すぐに返信をくれなくても当たり前です。好きになった人はこういう人だから、と思って気長に待つことにしましょう。必ず返信をくれるのなら、全く脈なしというわけではありません。

LINEで好きな人とやり取りをするときには、既読無視に耐えられる精神力が必要です。必ずしも全員が同じペースで返信をくれるわけではないので、相手のペースを掴んで、ゆったりと構えていることにしましょう。

2.大切な用事ではないと思われているから

LINEの既読無視が続いて、返信が遅い理由の一つとして、大切な用事ではないと思われている可能性があります。好きな人とは、たくさんのやり取りをしたいがために、日常の他愛無い話を何度も送信していませんか?こういった他愛無い話が好きな人もいますが、苦手な人もいます。

「今日有名なカフェに行ったよ」というような報告をされても、それに対して返信する必要がない、と思われてしまう可能性があります。どうしても返信が欲しいのなら、そういった日記的なメッセージを送信するのはやめて、質問を送ってみるなど、相手を会話に巻き込む努力をしましょう。

3.返信できる時間ではないときにメッセージを送信しているから

いつでもLINEが返信できるような状態にない人もいます。メッセージを読むことはできても、返すのはまた別の話なのです。例えば、仕事中に偶然見てしまって、メッセージを開くことはあっても、仕事中に会話を続けるわけにはいきません。

だからこそ、好きな人が自由にLINEでのやり取りができる時間になってから、返信をくれるということもあるのです。相手がどのような時間帯にメッセージのやり取りができるのか、一度聞いてみると良いのではないでしょうか。

もしかしたら、好きな人の暇な時間にLINEをすれば、送ったメッセージに対して、即レスしてくれるかもしれません。

4.嫌われているから

あまり考えたくありませんが、嫌われているからという理由もあります。LINEにはブロック機能もありますが、人間関係を円満にするためには、つかず離れずの距離を保つことが一番だと考える人もいます。

質問のようなメッセージを送っても、既読無視されて帰ってこない、緊急の用事に対する返信しかない場合には、相手に距離を置かれているかもしれないと考えてみましょう。どうしてそんな風に距離を置かれているか、考えてみることも大切です。

嫌われていることに気づかずに、メッセージをしつこく送り続けると、余計に嫌がられる結果になってしまいます。嫌われているのかもしれない、と思ったら、一度メッセージを送るのをやめて、実際に会った時に、相手とどんな雰囲気だったか考えてみることにしましょう。

まとめ

LINEは、好きな人と簡単につながることのできる便利なものです。その代わりに相手の気持ちが分かりにくいという欠点もありますが、コツを掴めば怖くありません。好きな人と両思いになるためにも、LINEを利用してたくさん話をすることを心がけましょう。