【自己顕示欲が強い人の15の特徴】プライド高めな人と楽に接するポイントって?

自己顕示欲ってどんな欲なのか知っていますか?自己顕示欲が強い人には、さまざまな特徴があります。多くの特徴に当てはまる人は、自己顕示欲が人よりも強いのかもしれませんね。

そもそも自己顕示欲って何?

自己顕示欲と言う言葉を耳にする機会は、少ないですよね。中には、初めてきいた。と言う人もいるのではないでしょうか。自己顕示欲とは、人間が生まれつき持っている、欲の1つです。食欲や睡眠欲、性欲は3代欲求として、多くの人が、自覚をしている欲求ですが、その次に、重要な欲といっても、過言ではありません。

また、自己顕示欲は、誰しもが持っている欲求なのです。自分自身の存在を、多くの人の中で、アピールしたいという欲求です。人に自分をアピールするということは、正常なコミュニケーションをとるためにも、社会の中で生きていく中でも、欠かせないものです。

「テストでいい点を取りたい。」「早く出世をしたい。」という欲も、元をたどれば、自分の存在を社会の中で確立したい。という自己顕示欲なのです。自己顕示欲を、上手にコントロールすることができれば、社会の中で生きていく上で、役立つものとなります。

しかし、自己顕示欲が強すぎてしまうと、周りの人に不快な思いをさせてしまうこともあるのです。自己顕示欲がうまくコントロールできなくなると、「周りの人に、迷惑をかける行為をする」「度を超えて、犯罪の域まで達する」といったことに繋がってしまいます。

自己顕示欲が強い人の15の性格とは?

1.会話の中心にいたがる

自己掲示欲の強い人は、周りの人たちに自分の存在をアピールしたいという気持ちがあります。なので、会話の中でも自分が常に中心にいて、相手にされたいと思っているのです。もちろん、その人がとても面白い人で、皆が話しを聞きたいと思っているのであればお互いストレスも溜まりません。しかし、そんなに話しが面白くないとか、不快な気分にさせられるのに話しを聞いていないといけない場合はしんどいですよね。

特に女性の場合はグループを作って行動することもあるかと思います。学生時代だけでなく大人になってからも、ママ友との付き合いなどがありますよね。そんな時に、グループの中には必ず1人リーダー的存在の人がいます。そのような人は、周りの人に自分の話を聞いてもらわないと気が済まない、自己掲示欲の強いタイプと言えるでしょう。

2.ファッションに敏感

会う度に新しい服を着ている。流行のファッションは必ず取り入れている。そんな人はいませんか?そのような人は、毎回違うファッションをすることで、周りの人から「お洒落だね」「可愛いね」と言ってもらいたいという気持ちがあります。

いい意味では美意識が高いという事ですが、それを自覚していてどことなく自慢っぽくなってしまうと、周りの人からの印象も悪くなってしまいます。

3.負けず嫌い

自己掲示欲が強い人は、何かと負けず嫌いです。例えば学生時代であれば、常に成績が1番じゃないと気が済まず、2番になるとものすごく落ち込むとか、授業中に先生に当てられなかったらすぐにやる気をなくしてしまう人などです。

社会人になってからだと、自分が常に成績が優秀と思われたいがために、ライバルに対して露骨に嫌な態度を取ったりして、職場環境が悪くなってしまう原因にもなりかねません。

負けず嫌いは決して悪い事ではありませんが、協調性や譲り合いの精神がないと人間関係がギクシャクし、独りぼっちで寂しい人生になってしまうでしょう。

4.SNSがないと生きていけない

フェイスブックやツイッター、インスタグラムを見ると、毎日のように何かを投稿している人、いますよね。そのような人は、「私の人生、充実しています!」という事をアピールしたいのか、友達と一緒の写真やお洒落な場所の写真を次々と投稿します。

最初のうちは、「わー、羨ましい!」など多くの人が注目しているのですが、毎回となってくるとだんだん「いいね!」ボタンを押す人も少なくなってきていたりするものです。逆に、「毎日投稿するなんて、よっぽど寂しいのかな?」と思われてしまう事もあるでしょう。

また、自己掲示欲の強さから、SNS上での友達の数にこだわる所もあるようです。SNSでは、その人のページを開けば、友達がどのくらいいるかが見れるようになっていますよね。その時に、友達の数が50人だったら、そんなに多いとは思われないでしょう。それが100人、500人、1000人など数が増えれば増えるほど、周りの人も「この人、こんなに友達がいて凄い!」と思うようになるでしょう。

しかし蓋を開けてみると、見ず知らずの人に「お洒落で興味があるので、申請お願いします!」というような形で、自分から友達を増やしにいっていたりする事もあるそうです。

5.SNSのプロフィール画像を頻繁に変える

定期底にSNSのプロフィール画像を変える人、いますよね。自分が写っていない画像ならまだしも、自分の顔がばっちい映っている画像を載せている人は自己掲示欲が強いと言えるでしょう。SNSでは、プロフィールを変えただけでも「〇〇さんが、プロフィール画像を変えました」と周りの人に報告が行くようになってますよね。なので、誰かがそれに気づけば、「いいね!」ボタンを押してくれたり、何かしらのコメントを残してくれることもあるのです。

自己掲示欲の強い人は、頻繁に自分の顔が出てる画像を変更することで、定期底に周りの人に自分の存在をアピールしたいようです。

6.でしゃばり

自己掲示欲が強い=でしゃばりという事です。例えば、海外旅行に行った時に英語がペラペラと話せる人は羨ましいですよね。肝心な時に英語が話せる人がいるのは頼もしいことです。しかし、誰かが「私も頑張って英語で話してみる!」と言っているにも関わらず、「いーのいーの、私が全部喋ってあげるから!」なんて言われると、なんとなく嫌な感じがするものです。なんだか、「あなたには無理でしょ」と決めつけられているような気持ちになるからです。

自己掲示欲が強い人は、どんな場面でも自分が一番目立とうとするので、一緒に旅行などに行く時は相手によっては大喧嘩にもなりかねないでしょう。

7.人の話を聞いていない

自己掲示欲の強い人は、とにかく自分が中心にいたいと思っています。なので、友達と話している時でも、誰かの話に皆が興味を示しだすと、つまらなくなってしまうのです。そして、会話の途中でも「っていうかさー」など会話を中断させ、自分の話をしだしてしまうなんて事もあるようです。

自己掲示欲の強い人は、自分が注目してもらいたいため、周りには気が優しく何でも言うことを聞いてくれるタイプの人を集めたがる傾向があります。なので、周りの人は、何か不満があっても泣く泣く話しを聞かざるを得ない、何て状態になってしまうでしょう。しかし相手にも限界というものはあります。毎回このような態度でいると、いつの間にか誘いにも乗ってくれなくなるかもしれません。

8.人の気持に鈍感

自己掲示欲の強い人は、自分だけに興味があるので、周りの人の気持を考える事が苦手です。なので、普通なら言わない事でも、遠慮なく言えちゃったりするのです。

例えば、友達同士で合コンに行ったとします。タイプの男性が自分の友達といい感じになっている時に、「〇〇は、前の合コンでもいい感じになってたよねー」など、その友達が遊び人のような発言をしてしまう、なんてこともあるでしょう。または、友達のファッションを見て、「今日のファッション、おかしー!(笑)」など、上から目線で発言する場合もあるようです。

平気でこのような事を言えるのは、人の気持を考えるのではなく、自分が良いポジションでいるという事の方が大事だからでしょう。

9.リーダー役に就きたがる

学生の頃、学級院長には必ず立候補する人、いませんでしたか?そのような人は社会人になってからも、プロジェクトのリーダーなど、極力周りがしたくない職務を積極的にしたがる傾向があるようです。もちろん、周りが手を挙げないから自分がする、というのは責任感があって素晴らしい事ではあります。しかし、本人の心の中では「これをすれば、自分は目立てる!」という計算もあるようです。

自分がするべき職務をきちんと果たしているのであれば何も問題ありませんが、中には実力が伴っていないにも関わらずやりたがる人もいるようなので、その場合は結構厄介な存在になるようです。

10.LINEがなかなか終わらない

自己掲示欲が強い人は、常に誰かに自分の事を構ってもらいたいという心理があります。そのため、LINEなどで連絡を取り出したら、なかなか終わらせてくれないという特徴もあります。こちら側はただ相槌を打つことしかできないくらいの勢いで次から次へと文章が更新されていくので、本人としては自分が伝えたい事を伝えられているだけで自己満足しているのでしょう。

聞く側も、割り切って相手に出来る心の余裕がある時は問題ないのですが、時間や相手の都合などを考えないでLINEを送ってこられまくるのは困ります。自己掲示欲の強い人は、周りの事が見えない、視野が狭くなってしまうことが問題なのです。

11.都合のいいように解釈する

自己掲示欲が強い人は、よく言えばものすごく前向きな人です。中には、ちょっとしたことですぐに落ち込んでしまい、その暗い空気が回りに伝染してしまう人もいます。それに比べて自己掲示欲が強い人は自分に自信があるため、「私の何がいけなかったんだろう…」とうじうじ考えることはあまりありません。

なので、たとえ誰かに悪口を言われたとしても、「ふん、きっと私のことが羨ましいから、やっかみだわ!」と、自分が優位に立っていると思うことが出来るのです。前向きで自信がありすぎると、周りの人も飽きれてしまう事もありますが、何事も自分に都合のいいように解釈して、気にしないで生きていけるのはある意味羨ましいですよね。

12.髪型がなかなか決まらない

特に女性なら、毎日出かける前には鏡の前でヘアセットをしますよね。そんな時、自己掲示欲が強い人は「周りの人にどう見られるか」という事を非常に気にしているので、ヘアスタイルが決まるまでが長いのです。

お洒落に気を使うことはもちろん大切ではありますが、自分の見た目を気にしすぎて待ち合わせの時間の遅刻してしまったりすれば、迷惑な話になってきますよね。自己掲示欲の強い人と遊ぶ時には、遅刻してくる可能性が高いと思っておいた方がストレスはたまりにくいでしょう。

13.親子関係にトラウマがある

自己掲示欲とは、周りに自分の事を認めてもらいたいという気持ちの裏返しです。そして、このような人は幼少期に親からあまり愛されてこなかったというトラウマを抱えていることも少なくないようです。例えば幼少期に、母親があまり面倒を見てくれなかったら、「こんな母親にはなりたくない」と思い、自分が大人になってからはものすごく完璧な母親を演じようとするのです。

例えば、子供には周りが羨むほどの可愛いお弁当を作ったり、参観日の時には他のどのお母さんたちよりも着飾って目立とうとしたりするのです。それなりに努力をしているので、もちろん凄いのですが、それを誰にも認められないのは悲しいので「私、こんなことも出来るの。凄いでしょ!」と言わんばかりにSNSなどに投稿したりすると反感を買いやすいでしょう。

14.自分の子供の人生を支配したがる

親になれば、自分の子供の事が心配なのは当たりまえです。しかし、自己掲示欲の強い親になってくると、自分の思い通りに子供をコントロールする事に必死になる傾向があるようです。例えば、就職先などを決める時に、子供が「ここに行きたい」という会社があったとしても「そんなとこダメよ。ここにしなさい」とあらゆる手段を使って自分の言う事を聞かせようとするのです。

親という立場を使って自分の子供を丸め込もうとするのは、愛情というよりも単なる自己満足の世界です。本人からしてみれば、「その方がこの子のためなの」と言うかもしれませんが、子供の意志を捻じ曲げてまで思い通りにさせようとするのは、間違っているような気がします。

15.頼んでいない事をしたがる

自己掲示欲が強い人は、褒められる事が大好きです。なので、一度でも「凄いね!」と言ってもらえた事には、とことんアピールしようとする傾向があるのです。

例えば、裁縫が得意なのを褒められたら、頼んでいなくても「これ、あなたに似合うと思って作ったの!」と作ってきてくれるのです。最初のうちは、相手も喜んでくれるかもしれませんが、毎回それをされるとだんだん申し訳なさを覚えたりもしてくるでしょう。もしくは、趣味が合わなければ貰っても困るでしょう。

よく言えば、自己掲示欲が強い人は面倒見が良いということになりますが、相手が求めていない時にまで世話をしようとすると、かえって嫌がられてしまうので注意が必要です。

【タイプ別】自己顕示欲が強い人との上手な付き合い方

自己顕示欲が強い人との関わりを拒むひとは少なくありません。
これは、自己顕示欲が強い人は、常に自分をアピールすることに、必死になってることが原因だとされています。自己顕示欲が強いことで、会話をしていても楽しくない。一緒にいても疲れるだけ。と感じる人は、とても多いですよね。

自己顕示欲の強い人と関わることで、人間関係のストレスを抱える人もいます。自己顕示欲が強い人と関わらなければいけないこともありますよね。
そんな時に、自分にストレスを与えないように、相手を傷つけないように接したいと思いませんか?自己顕示欲が強い人と上手に関わる対処方法を紹介します。

周りに自己顕示欲が強い人がいる場合には、是非参考にしてみてください。

常に「私が…。」という人との上手な付き合い方

常に自分が中心にいないと気がすまない人と、付き合うことは、とても大変ですよね。常にその人を持ち上げていないと、不機嫌になってしまうし、周りの人は、いつも気を使わなければいけなくなります。
自己顕示欲が強い人を、傷つけてしまった時には、手のつけようがないほど、怒ってしまいます。
そんな時には、周りの人たちで、あの手この手を使って、その人を持ち上げてみましょう。
自己顕示欲が強い人は、自分の気持ちが良い時には、明るい。自分が気に入らない時には、暗い。と、とてもわかりやすいのが特徴です。
何をやるにしても、その人を主役にして、持ち上げてあげることで、気分が良くなり積極的に行動するため、なるべくその人を持ち上げて、あげることが大切です。

人がやりたがらないようなリーダーなども、気分がよければ引き受けることもあるます。何か問題ぎ起きた時にも、積極的に解決する努力をしてくれるでしょう。
言い方は悪いですが、「私が…」という人は、上手に持ち上げて、周りの人の為になることに、積極的になってもらうようにすることで、自分たちのストレスにならずに、上手に付き合うことができます。
自分たちがやりたくないことを、自己顕示欲が強い人は、喜んで引き受けてくれるので、お互いの、気分が良くなるでしょう。

会話に入れないことに過剰に反応する人との付き合い方

自己顕示欲が強い人は、「常に誰かに構っていてほしい」という気持ち強いのが特徴です。
そのため、数人で集まって話をしている時に、話の話題に入れないと感じることで、不機嫌になったりすることもありますよ。
皆で楽しく会話をしているのに、一人だけ機嫌が悪くなることで、雰囲気を乱すことも少なくありません。自己顕示欲が強い人は、人から外されることに敏感です。

その人が、仲間外れにされたと感じた時には、そうでないことを、しっかりと説明するようにしてみてください。
自分が仲間外れにされていないことが分かれば、自然に機嫌が直るでしょう。
また時には、その人の機嫌が直るまで、そっとしておいてあげることも必要です。自分が不機嫌になったことで、皆が自分に注目するようになると、エスカレートして、どんどん機嫌が悪くなっていくこともあるので、注意しましょう。

一度説明をしてもわかってもらえない時には、そのまま機嫌が直るまでそっとしておくと良いでしょう。
そうすることで、このままでは、誰も自分に気を向けてくれないことが分かれば、自然に機嫌は直りますよ!

思い込みが激しい人との付き合い方

自己顕示欲が強い人の中には、思い込みが激しい人が多いです。思い込みが激しい人と、上手に付き合っていくのは、とても難しいことです。ちょっとしたことでも、自分が被害者のように、捉えられてしまったり、いちいち面倒臭いなと感じることもあるでしょう。そんな時には、真正面から向き合わないようにすることが大切です。

思い込みが激しい人は、「どうしたらそんな発想が浮かぶの?」と聞きたくなるようなことが多いです。これは自分自身が自信に満ち溢れていることが、原因だとされています。
このような人と、真正面から向き合っても、意味がありません。場合によっては、急に感情的になったり、攻撃的になったりと、対等に会話が出来ないことも少なくないのです。

その場では、真正面から向き合わずに、一旦その人が冷静になってから、順序良く、「それは◯◯だから違うよ。」と話合うようにしてみてください。
そうすることで、自己顕示欲が強い人が、感情的になったりすることを防ぐことができる場合があります。

思い込みが激しくて、トラブルが起きてしまったら、すぐに解決しようとせずに、一度相手が冷静になるのを待つようにしましょう。
自己顕示欲が強い人は、その場で何を言っても聞く耳を持ってくれません。

不平不満が多い人への対処法

自己顕示欲が強い人は、常に自分が一番でいないと、気が済まない人が多いです。そのため、自分の考えてや行動と違うことをしている人に対して、不平や不満を言うことは少なくありません。
思い通りにならなかった時には、必ずと言ってもいいほど、不平や不満を言うようになります。自分の行動や発言に、いちいち不平や不満を言われると、腹が立ってしまいますよね。
また、別の人に悪口のように不平や不満を言う人もいます。会うたびに、誰かに対する不平や不満を聞かされていたら、疲れてしまいます。

このような人とは、関わりを持たないことが大切です。その人に、何を言っても聞き入れてもらえない場合のほうが多いでしょう。
そんな人に、いちいち、時間や労力を使って必要などないのです。

しかし中には、会社の同僚や上司などが自己顕示欲が強いという場合もあります。
このような時に、「関わらない」ことは、とても難しいですよね。そんな時には、話を半分に聞き、適当に相づちを打ってその場を乗り切るようにしてみてください。
話を聞いている素振りを見せれば、相手を不快にさせる心配もありません。また自分自身も、ストレスに感じる心配がなくなりますよ!

不平や不満が多い人とはなるべく関わらないようにして、どうしても関わらなければいけない時には、その場しのぎの対応をするのが一番です。

自己顕示欲が強いと自覚している人が気をつけることは?

1.周りの顔色を気にしてみる

自分は人よりも、自己顕示欲が強いと感じた時には、自己顕示欲によって、相手を振り回さないように、注意してください。時に、自己顕示欲によって、人を不快にさせてしまいます。自己顕示欲を持つことは、良いことですが、場合によっては、それが裏目に出てしまうのです。

その場を雰囲気をあえて読まないのではなく、なるべく場の雰囲気は読むようにしてみてください。少しだけ、自己顕示欲を抑えることで、より良い人間関係が築けるでしょう。

また、時には相手の表情や気持ちを察することも必要です。相手が直接言ってこないだけであって、不満が募っていることも少なくありません。
一度冷静に自分と見つめあい、自分の行動や発言を、客観的に見直してみてください。自分の行動や発言が、間違えていることに気がつけますよ。

2.何かする前に、一呼吸

自己掲示欲の強い人は、思いついたら即行動する傾向があります。あまり相手の気持ちを熟考せずに、「自分がしたいからする」というスタンスでいるから、結局相手に迷惑がられてしまうことがあるのです。

誰かのために、何かをしてあげたいと思う気持ちは素敵ですが、それが時に相手にとっては重く感じてしまうこともあります。何かに取り組む前には、一度落ち着いて考え直してみる癖をつけてみましょう。

自分の価値観を中心に考えてしまうと、相手も同じことを思っているはずと感じてしまうので、「自分がしようとしている事は、相手が頼んできたことなのか」という事をメインに考えてみるといいでしょう。そうすれば、あなたも無駄な労力を使う必要もなくなり、相手もあなたからの押し付けがましい提案に悩むこともなくなるでしょう。

3.自己掲示欲が強い事に気付く

人は、他人の事はよく分かっても自分の事はあまり見えていないものです。ニュースなどで話題になる問題発言をしている芸能人などに対しては「こんな人、最低よね!」なんて事が言えるのに、実は自分も同じような事をしているなんて事もあるでしょう。

そこで、自分の信頼できる友達や家族に、自分の性格について一度聞いてみましょう。自分では分からないけど、周りの人から嫌われてしまう、自分が会話を始めたら皆なんだかつまらなそう、という空気を感じるのであれば、それを素直に誰かに相談してみてはいかがでしょうか?

自分自身では気が付かなかった自己掲示欲の強さに気付くきっかけにもなるかもしれませんよ。

十分注目されていると認識する

自己掲示欲が強い人は、「誰かに認められたい」という気持ちが人一倍強かったりします。もっと自分の事を見て欲しい、もっと褒めて欲しい、という承認欲求が非常に強いので、度の過ぎた行動に出てしまったりするのです。

でも、褒められようとすればするほど、周りの人はどんどん引いていってしまいます。最初は褒めてくれていた人たちも、「そんなにいつも自分中心な人は疲れる」と、付き合いを控えようとするようになるでしょう。

独りぼっちになってしまう前に、自分はもう十分周りにたくさん自慢してきたから、アピールするのはもうやめようと、歯止めをかけてみましょう。

自己顕示欲の強い人と関わってストレスを感じたら…

1.ストレス発散方法を見つける

自己顕示欲が強い人と関わりを持ったことで、強いストレスを感じた時には、その人に何かを求めても、意味がありません。そのため、自分なりのストレス発散方法を見つけるようにしてみてください。ストレス発散法が見つかれば、人間関係によるストレスを、間接的に緩和できるでしょう。

ストレス発散法は、どんなことでも構いません。友達と楽しく過ごしたり、趣味に没頭したりと自分にあったものが必ずあるはずです。またストレスを発散するために、誰かに必要以上に、愚痴をこぼしたりすることで、自分が自己顕示欲の強い人になっていることもあります。そうなってしまわないように、気をつけるようにしましょう。

自己顕示欲が強い人とは、「この人はこういう人だから」と割り切って接するのが、最適かもしれませんね。自分のほうが大人な考えだからと、相手を大目に見てあげるようにすることで、自分への負担を軽減させることができますよ。

2.何かで忙しくする

いくら自己掲示欲が強い人でも、相手が忙しい時にまで「ねぇねぇ、相手にして!」なんてことは言わないと思います。例えば試験勉強で忙しいとか、仕事で忙しいという事が分かっていれば、他に暇そうな人を見つけようとするはずです。

なので、相手から連絡があった時にいつでも暇な状態を作ってしまうと、相手はあなたに頻繁に連絡をしてくることになるので、物理的に時間を要することを見つけてみましょう。仕事などをしている人はいいのですが、家にいる事が多いという人は、資格取得のための勉強を始めてみたり、習い事をしてみるといいでしょう。

3.聞き流す術を覚える

自己掲示欲の強い人は、自分の価値観で物事を押し付けようとする傾向があります。なので、何か相談事をした時も、「こうした方がいい、ああした方がいい」と自分目線の発言が多くなりがちです。そして、その内容のほとんどは、あなたにはしっくりこないような回答だったりすることもあるでしょう。なぜなら、あなたの事を思って答えてくれてはいないからです。

自己掲示欲の強い人とも仲良くしようとする人は、きっとお人良しで強く前に出れないタイプの人が多いと思います。なので、素直に話しを聞いてしまうかもしれませんが、「間違ってると思うことは聞き入れない」という心の強さを持ちましょう。

自己顕示欲は、誰の中にもあるもの

このように、自己顕示欲が強い人には、さまざまな共通点があります。自己顕示欲は誰でも持っている欲なので、さまざまな場面で自己顕示欲が出ることがあります。
自己顕示欲があることは、生きていく中では欠かせないことです。

しかし、あまりにも強い自己顕示欲を持っていることで、知らず知らずのうちに、人を不快にさせていることもあります。
また、自分には自己顕示欲があまりないと思っていても、他人から見たら強い場面も少なくありません。
紹介したような特徴に当てはまるなと感じたら、自分は自己顕示欲が強いのかもしれないと、考えたほうが良いでしょう。

自己顕示欲が強い場合には、1つ1つの行動に注意をするようにしてください。自分を見て欲しい。注目されたい。と思うことで、周りの雰囲気を乱してしまっているかもしれません。
また、自己顕示欲が強い人は、自分と見つめあい機会を設けるようにしてみてください。

社会の中で、自己顕示欲の強い人、関わりを持つときには、ストレスを感じないように、対処法などを頭に入れておくと良いですよね。
そうすることで、自分も相手も、快適に楽しく過ごすことができます。

自己顕示欲が強い人は、たくさんいます。
自己顕示欲が強い人と関わったときに、戸惑ってしまわないように、ある程度の対応法は頭に入れておくと良いでしょう。