優れたリーダーの条件とは?周囲の信頼を得るための条件と2種類のリーダータイプを心理学的に解説

いつの時代にも、あらゆる生活状況のなかで2人以上の集団で活動する場合、リーダー的存在が自然と生まれます。そもそもリーダーとは何なのでしょうか。そしてリーダーの条件とは何でしょうか?ここでは心理学的視点から見る優れたリーダーの条件を3つご紹介したいと思います。

リーダーシップとは何か

時代とともに理想のリーダー像が変わった

リーダーシップとは、心理学的定義で言うと、集団や集団内の人々に対して影響を及ぼす過程というのが一般的です。
それに対して従う人をフォロワーもしくはビジネスシーンなどではメンバーと言います。

以前は、リーダーシップとは才能であり、他の人にはない特徴を持っている人に備わっている能力であると考えられていましたが、個人の持つ特徴とリーダーシップとの関連には一貫した結果が認められなかった為、現在では誰でも身につけ発揮できる能力であると認識が広まってきています。

昔の時代の日本で求められていたリーダーシップスタイルは専制型のリーダーでしたが、現在では時代の変化とともに理想のリーダー像が変化してきています。

このリーダーシップについて有名なのが、専制型(活動方針はリーダーが決める)・放任型(すべてメンバーに任せ口を出さない)・民主型(活動方針は討議で決める)と3つのリーダーシップスタイルに分かれてグループの様子や作業量など行動観察するというレヴィンとホワイトとレピットが行った研究です。

結果、仕事の量・質ともに優れ、グループの雰囲気が最もよかったのは民主型リーダーシップスタイルでした。
この結果から、フォロワーの意見を取り入れ激励するリーダーが優れたリーダーの条件の一つと言え、現在ではこのようなリーダー像が求められつつあります。

では、優れたリーダーの条件とは何か見ていきましょう。

周囲から信頼されるリーダーの条件とは

フォロワーから信頼されるリーダーとは

リーダーの条件として大事なことはフォロワーの信頼を得ると言う事なのは誰でも理解されている事と思います。先に述べたリーダーシップスタイルの研究においても、どのタイプであってもこの信頼関係が成り立たなければリーダーとして成立しません。

民主型が一番優れていたという結果を考えると、やはりリーダーとしてみんなの意見に耳を傾けると言うことが信頼関係を築くのに大切なことです。そして、フォロワーの気持ちや対人関係に配慮する思いやり・やさしさ(人間的配慮)が大事な要素の一つと言えます。

しかし、それだけでは優れたリーダーとは言えません。目的を達成させるリーダーシップも信頼を得るためには必要です。課題に対する目標達成について責任を持たせ、時には叱咤激励する厳しさ(目標達成)も大事な要素です。この両方を兼ね備えていることも優れたリーダーの条件の一つと言えます。

こうした視点での理論の代表的なもので、マネジリアル・グリッドとPM理論と言うものがあります。
どちらの理論も人間的配慮と目標達成の両方の側面を高度に両立させる行動がその人のリーダーシップを優れたものにすると指摘しています。

フォロワーの信頼を得るにはとても大切な要素の一つと言えます。

カリスマ型とメシア型リーダーシップスタイル

誰にでもはできないスタイル

リーダーシップとは他の人にはない特徴を持っている人に備わっている能力ではないと先述しましたが、実際にはそうでないスタイルのリーダーも世の中には多く存在します。いわゆるカリスマ型とメシア型と呼ばれるスタイルです。

精神分析医のコフートは、リーダーにはカリスマ型とメシア型の2種類があると言っています。

人間はこうしたいなどという野心が少なからずあるもので、色んな理由からその野心が自分では満たされない時、自分の代わりにやりたいことをやってくれる、または言いたいことを言ってくれるようなリーダーをカリスマ型、逆に自分の理想化の対象で「私がいるから大丈夫」などのように自分を救ってくれるようなリーダーをメシア型と言います。

このようなリーダーには、誰でもがなれるというわけではありません。リーダーの条件として、誰にでもはない特徴や才能が必要となるリーダーシップスタイルです。

ですが、このリーダーシップスタイルで気を付けなければならないことは、何もかもリーダーに頼りがちになり、フォロワーのやる気を引き出しにくくなるということです。優れたリーダーの条件として、頼られるだけではなく、フォロワーをやる気にさせるようビジョンを共有すると言ったリーダーシップも大切です。

まとめ

このように優れたリーダーの条件として心理学的視点から3つの条件についてご紹介しました。

カリスマ型やメシア型といったスタイルでなければ、リーダシップは誰でも身につけ発揮することが出来ます。そしてリーダーシップは必ずしもトップだけが持っていればよいというものではありません。

企業で言えば、部署、課、係、プロジェクトチームなど1人1人がそれぞれの形でリーダーシップを発揮しなければ、良い仕事が出来ません。そういったリーダーシップの積み重ねが優れたリーダーになるための糧の一つとなるのではないでしょうか。

ビジネスシーンだけでなく学校やプライベートなどあらゆる生活状況で優れたリーダーの条件としてぜひ参考にしてみて下さい。