黒目が小さい人は目付きが悪くみられる!?黒目を大きく見せる方法を教えます!

「自分の黒目小さいかも」と感じたことがある人もいますよね。黒目は工夫次第では大きく見せることができるようです。黒目小さい=ブスだと考える人もいると言われています。方法を知って自分なりに可愛く見せる努力をしてみてくださいね。

黒目小さい=ブスという考えは間違えている!?

誰のことを睨んでいたわけでもないのに、いいがかりをつけられてしまったことがある人もいるかと思います。また、鏡を見てみると目の大きさに対して黒目小さいと感じたことがある人もいますよね。女性の中には黒目を大きく見せたいとカラコンを活用している人もいるのです。

カラコンを活用することで、黒目をより大きく見せる効果があると言われています。しかし、黒目が小さい人はカラコンを活用しなければ可愛く見せることはできないのでしょうか?また、黒目小さい=ブスというわけではないのです。

黒目が比較的小さい人でも「美人」「かわいい」という印象を持たれる人はたくさんいるようですよ!黒目が小さいことがコンプレックスという人は、自分なりに努力をして黒目を大きく見せるようにしてみてください。

黒目の大きさは生まれた時から変わらないの!?

黒目の大きさは成長とともに大きくなると思いますか?それとも生まれた時から同じ大きさだと思いますか?多くの人は生まれた時から変わらないものだとカン変えているようです。結論としては身体が成長したからといって黒目か大きくなるということはないようです。成長と共に黒目が大きくなるのなら、わざわざカラコンなどを活用する必要もなくなりますよね。

しかし、赤ちゃんを見てみると、比較的黒目が大きいように見えます。しかし、黒目が大きいと思っていた赤ちゃんが成長することで「黒目小さい」と思われるようになることもあるのです。このことから、黒目は大きくなることはなくても小さくなることはあると考える人もいるのではないでしょうか?

実際には、黒目が小さくなったのではなく、「目」が成長したことで小さく見えるようになるのだそうです。そのため、黒目は生まれてから大きくなることもなければ小さくなることもないと考えることができますよね。また、このようなことから「黒目小さい」というコンプレックスを抱えている人はなんらかの方法で、大きく見せる努力をする必要があるのです。

日本人の黒目の大きさはほとんど同じ!

日本人の場合、実は黒目の大きさに個人差はなく、ほとんど同じ大きさであるとの調査結果があります。日本人の若い世代からお年寄りの人まで黒目の大きさは約11mmから12mm程度なのです。そのため差があるとしても約1mm程度しかないと言われています。これは実際に多くの人の黒目の直径を測って得た結果となっています。

しかし、黒目が小さいと感じる人や大きいと感じる人はたくさんいますよね。どうして、こんなにも見た目の大きさに差ができるのでしょうか?これは、まぶたの開き具合で違いが出ているようです。まぶたが大きく開いている人は、より黒目が大きくパッチリ目に見えているのです。こういう人が、どうしてまぶたが大きく開けられるかというと、なんと、まぶたの筋力が強いためにパッチリと目を見開く事が出来ているようなのです。

反対にまぶたを開ける力が弱い場合には、まぶたが下がり黒目が小さく見えるようになってしまうと言われています。このようなことから、黒目を大きく見せるためには小顔になってみたり、まぶたの筋肉を鍛えてみることで効果が得られる可能性が高いと考えられています。

【人相占い】黒目小さい人は強運の持ち主!?

比較的黒目が小さく左右と下の3か所白くなっているような目を三白眼と呼ぶそうです。人相占いでは三白眼である場合には体力と精神力を全てかけて一生懸命にやり遂げようとする生活意識が高いと言われています。また、優れた手腕を持っていたり、強い運勢を持っていることが多いようです。

常に冷静な状態で物事を判断することができるのです。このことから時には冷酷残忍だと周りの人から思われるようになってしまう可能性もあると考えられています。このことが自分にとってマイナスな方向に向かうようになることで、最悪の場合には犯罪を犯すこともあるため注意をしたほうが良いと言われています。

これは人相占いになる判断となっています。そのため、必ずしもそうであるとは限らないので、あくまでも参考程度に頭の中に入れておくようにできるといいかと思います。

黒目を大きく見せるメイク方法

最も重要なのはアイライン

黒目を大きく見せるメイク方法の中で最も重要なポイントはアイラインだと言われています。黒目を大きく見せたい場合には以下の方法でアイラインを引くようにしてみてください。

【粘膜にアイラインを入れる】

上まぶたの粘膜にアイラインを入れるようにしましょう。粘膜に黒のアイラインを入れるようにすることで、より黒目を大きく見せる効果があると言われています。粘膜にアイラインを入れると涙目などが原因となって落ちてしまう可能性もあります。

そのため、比較的落ちにくいウォータープルーフのものを活用して見るようにしてもいいかと思います。粘膜のアイラインが落ちることで、目の周りが真っ黒になることもあるため注意をしてくださいね。

【黒目の上は少しだけ太めにアイラインを入れる】

上まぶたの黒目の上の部分だけ少しだけ太めにアイラインを引くようにしましょう。このように黒目の上だけを太くすることで、黒目を強調して大きく見せる効果があると言われています。ただこの時にふとくするだけではなくまつげの隙間もしっかりと埋める容器することがポイントですよ。まぶたを軽く上に引っ張りながら行うことでまつげの隙間も綺麗にアイラインを引くことができます。

このようにアイラインの引き方を工夫するだけでも黒目を大きく見せることができるようになりますよ。アイラインは場所に合わせてリキッド、ペンシルを使い分けるようにできるといいかと思います。まつげの隙間はペンシルで引くことでより綺麗に埋めることができるようになりますよ!

目をぱっちりと見せるためにはマスカラ

より目を閉じぱっちりと見せたいという時には、マスカラを上手に活用しましょう。マスカラを活用することで黒目を大きく見えることができるとされています。ただマスカラを塗るだけではなく以下の方法でより黒目を大きく見せるようにしてみてくださいね。

【マスカラの下地を塗る】

マスカラだけを塗るのではなく、しっかりと下地を塗るようにすることでより長く綺麗にまつげを塗ることができるようになりますよ。また、マスカラを長持ちさせる効果があるとも言われています。下地にもボリュームタイプやロングタイプのものがあります。どちらでも構いませんが、なるべくロングタイプを活用して、よりまつげの長く見えるようにできるといいですね。

【黒目の上のまつげをしっかりと持ち上げる】

黒目の上の部分のまつげをビューラーを活用してしっかりと上向きに持ち上げるようにしましょう。まつげを持ち上げるようにすることでより上に広い目に見せることができるようになりますよ。ビューラーを上手に活用できない人は、部分用のビューラーを活用して黒目の上の部分だけをしっかりとあげるようにできるといいですね。ホットビューラーなどもおすすめですよ!

【黒目の上の部分はしっかりとマスカラを塗るようにする】

マスカラは全体に均等に塗るようにするのではなく、黒目の上の部分だけ2.3回重ねる塗りをするようにしてみてください。この部分にマスカラをしっかりと塗るようにすることで黒目を強調して大きく見せることができるようになりますよ!ただ、マスカラはたくさんつけるとダマになってしまうこともあります。ダマになってしまった時には専用のコームなどでしっかりととるようにしてくださいね。

目を大きくするためには涙袋を作る

涙袋があるのとないのでは目の大きさがかわってくると言われています。涙袋があることで目の幅をより大きく見せることができるようになるのです。涙袋がないという人はメイクで作るようにしてみてください。涙袋は意外と簡単に作れるんですよ!

【ホワイト系のアイシャドウを下まぶたに塗る】

下まぶた全体にホワイト系のアイシャドウを入れたら目頭から黒目の部分にかけて少しだけ濃くなるようにしっかりと塗るようにしましょう。ホワイト系は目立たないこともあるので、色のつきやすいチップで塗るようにすることがおすすめですよ。ラメ感のあるものを活用すればよりぷっくりとした印象にすることができると言われています。

【肌より少し暗めのアイシャドウやノーズシャドウで影を作る】

ホワイト系のアイシャドウを塗った下の部分にラインを引くように影を入れていくようにしましょう。この時に、あからさまに線のようになると不自然になるので、外側に向かってぼかすようにすることがポイントですよ。

また、影を意識し過ぎると濃くなってしまう可能性もあるため注意をしましょう。この時はブラシを活用するようにするといいかもしれませんね。影を作るのか目的なのでラメ感のないものを活用するようにしましょう。

黒目を大きくする3つの体操

眼球を支えている眼輪筋が衰えるようになることで、黒目かより小さく見えるようになってしまうと言われています。反対に眼輪筋を鍛えるようにすることで、黒目を大きく見せることができるようになるのです。また、眼輪筋を鍛えることで目の疲れを取り除く効果もあるとされています。

まぶたを引っ張りながら瞬きをする

指で黒目の中心部分を軽く上に引っ張るようにしましょう。この状態でゆっくりと目を閉じるようにします。この状態で10秒程キープをすれば簡単に眼輪筋を鍛えることができるのです。これを一日5回から10回程度行うようにしてみてくださいね。

目尻を引っ張りながら瞬きをする

指で目尻を外側の斜め上に軽く引っ張るようにしましょう。この状態でゆっくりと目を閉じて5秒程キープします。次に今度は外側の斜め下に目尻引っ張り同様に目を閉じるようにします。これを左右交互に3回から5回程度行うようにすることで眼輪筋を鍛えることができると言われています。

上目遣いで瞬きをする

顔を正面に向けたまま目線だけ上に向けるようにします。この上目遣いのような状態を2.3秒キープするようにしましょう。また、その後にゆっくりと目を閉じるようにすることもポイントです。これを5回から10回程度行うようにしてみてくださいね。

目の疲れを取りながら黒目を大きくする2つの方法

白目をより白く見せる

白目をより白くさせることで黒目をより強調して大きく見せることができると考えられています。白目はホットマスクなどを活用することで血行を促進して白くさせることができるのです。

・タオルを濡らして軽く絞る。
この時に水滴が垂れない程度にすることがポイントです。この濡らしたタオルを電子レンジで1.2分温めるようにします。

・少しだけ冷ます
タオルを取り出した時にはとても熱い状態になっています。火傷をしないように取り出してくださいね。また、そのまま活用すると熱過ぎるので手で持っても平気になるまで冷ますようにしてください。

・目を閉じて5分から10分程度目を温めるようにする
途中でタオルが冷たくなったらふたたび同じ方法で温めるようになってしてみてくださいね。冷たいタオルを目の上に乗せていても血行促進をすることはできません。

日頃の目の疲れはしっかりと取り除く

毎日テレビをみたり携帯をいじったり、パソコンを活用することで目が疲れた状態になってしまいます。起きているときには、常に目を活用していますよね。そのため、自分では気がつかないうちに目がすごく疲れてしまっているのです。寝る直前は携帯をいじったり、テレビを見たりせずに目を休めてあげる用意しましょう。

また、なるべく早く睡眠をとるようにすることも大切ですよ。コンタクトを活用している人は、なるべく短時間のみ使用するようにできるといいですね。コンタクトを活用する時間が長ければ長いほど目は必要以上に疲れるようになってしまいますよ。このようなことを心がけるようにすることで、目の疲れを取り除いて白目をより白くさせることができるようになると言われています。

「黒目小さい」から「黒目大きい」に変えよう!

このように黒目が比較的小さいと感じている人は目を開ける力が弱いと言われています。自分なりに努力をして、より黒目が大きく見えるようにしてみてくださいね。また、黒目が小さい場合にはクールな印象を持たれることが多いようです。

どうしても大きくできないという場合にはこれを最大限に活かす努力をしてみましょう。モデルさんや女優さんの中にも黒目が小さい人はたくさんいます。黒目小さいイコールブスだというわけではないということを忘れないようにしてみてくださいね。