口が大きいのはコンプレックス?口が小さいとどんな人相になるの?メイクで工夫するなど悩みを解決させる4つの方法を紹介

口が大きいことを気にしている方も多いのではないでしょうか。けれど、口が大きいことのメリットや、チャームポイントになることももちろんありますよね。そんな口に関する情報をまとめてみました。メイクの方法など、今日から簡単にできることも満載ですので、ぜひ試してみてくださいね。

口が大きいこと どう思いますか?

みなさんは、口が大きいことをどう思うでしょうか。芸能人やモデルさんでも、口が大きい人が多いような気もしますよね。笑った時の表情や、魅力的な印象を与えるイメージがあると思います。

その一方で、口が大きい人からしてみたら、コンプレックスを感じてしまうこともあるようですね。その本当の魅力に迫ってみたいと思います。

人相で口を見てみよう!

大きな口が気になる人も多いかもしれませんが、人相学ではどのような意味を持っているのでしょうか。実は、大きな口は明るい印象を与えるので、人相学では良いとされているのです。

口の大きさが表すもの

人相学で言うと、口が大きい人は生活力、経済力がある、そして、口は唇とイメージが直結するので、第2の性器とも言われているのです。口が印象に残ると、セクシーだというイメージにもつながりますよね。また、ぽってりした唇はとても魅力的ですよね。

口が大きい人

口が大きい人の特徴として、生活力が旺盛で、生きる力を持っている人と言えるでしょう。強い運を引き寄せる力を持っているので、ラッキーなことが舞い込んできることも多いはず。その一方で、浮気性な一面もありそうです。

口が小さい人

逆に、口が小さい人の特徴はどうでしょうか。口が小さい人は、人相学的に、欲がなく、あまりお金には縁がなおと言えそうです。小さな口は、可愛らしい、おしとやかな印象を与えますよね。

口が大きい人のメリット

口が大きいことによって、メリットはたくさんありますよね。魅力がさらにアップするために、そのメリットを知っていきましょう。

魅力が増す

口が大きな人の大きなメリットは、表情が豊かで、魅力がアップすると言うことです。どんな人でも、自分の意見を話したり、物を食べたりして口を動かしていますよね。大きな口の人は、その印象から、自分の思いが伝わりやすかったり、相手に対して明るい印象を与えるのです。

思いっきり笑っている人を見ると、こちらまで嬉しい気持ちになりますよね。大きい口の人は、周囲の人に、そんな幸せな気分を振りまくことができるということです。

他のパーツが小さく見える

口が大きいことによって、他の顔のパーツが小さく見えるというメリットがあります。鼻が小さく見え、全体的なバランスがよく見えるのですね。とくに、口角の上がった大きな口だと、その魅力はアップすること間違い無しです。最近人気なモデルさんや芸能人の方も、口が大きい人が多いですよね。大きな口で笑うと、その印象も強くなります。

笑顔を伝えやすい

口が大きい人は、小さい人に比べて笑顔の印象を相手に持たせやすいのです。表情が豊かで、笑った時に大きな口だと、笑顔もより大きなものに感じるのですね。笑顔が伝わりやすいと、好印象を与えやすいと言えるでしょう。

自分では笑っているつもりでも、人に伝わらなければ「楽しくないのかな?」と思われてしまいます。笑顔が伝わりやすいと、人間関係も自然とうまくいきやすいですよね。

口が大きくても可愛く見えるポイント

口が大きいことを気にしていると、そのことばかりが気になってしまいがちです。けれど、その魅力をしっかり理解して、それを最大限に引き出すようにすれば、もっと可愛く見えること間違い無しですよね。口が大きいことをもっと魅力的に伝えるポイントを、見ていきましょう。

口角がキュッとしまっている

口が大きいことを気にしている人は、小さな可愛らしい口に憧れますよね。けれど、大きな口を最大限に魅力的に見せることができるのです。口角がキュッとしまっている人は、明るくしっかりした印象を人に与え、口が大きいことでより魅力的に感じます。口元がだらしなく開いていたり、口角が常に下がっている人は、気をつけて口角をキュッと上げるように意識すると良いですね。

ツヤツヤした唇である

口の最大の魅力は、何と言っても唇ですよね。ぷるぷるでツヤツヤした唇だと、セクシーで美人な印象を人に与えます。乾燥していたり、ひび割れていては、せっかくの魅力的な口も台無しですよね。リップクリームやはちみつパックで、ケアを欠かさないようにしたいですね。

とくに冬は乾燥するので、唇が乾燥しないように、入念なケアが必要です。メイクが終わったら、グロスを人塗りして、さらにツヤ感をアップさせると効果的ですね。

笑顔が可愛いこと

大きな口の人が笑顔になると、とても幸せな気分になりませんか?思いっきり笑ったり、可愛い笑顔で微笑むことで、大きな口の魅力をさらに発揮することができますよね。常に笑顔でいるように心がけてみると、笑顔の魅力もさらにアップするのではないでしょうか。

口が大きい人のデメリット

口が大きい人が気にしていること、また実際のデメリットとは何なのでしょうか。デメリットを知ることで、対策も見えてきますよね。

不細工なイメージがつく

口が大きいことでのデメリットは、そのために顔のバランスが悪いと感じてしまい、ブサイクなイメージがついてしまうということです。これは、昔から言われる「おちょぼ口が美人」という概念によるものが大きいかもしれませんね。漫画やアニメのキャラクターも、小さな口が多いように思われます。

けれど、あくまでも顔のパーツはバランスが一番で、美人にも色々なタイプがあります。口が大きくても美人な人は、たくさんいますよね。

たくさん食べると思われやすい

口が大きいことで、たくさん食べると誤解されることもあるようですね。少食なのに、大きな口のイメージで、たくさん食べると思われてしまうのでしょう。これはただのイメージなので、あまり気にしないことが一番ですよね。

ただ、食べる時のマナーには、人一倍気をつけたほうが良いですね。音を立てたり、口に物が詰まった状態で喋ったりするのは、エレガントではないのでやめましょうね。

口を小さくするには唇が大事!

口の印象を決めているのは唇、と言ってほぼ間違いないでしょう。唇がどんな風かによって、人に与える印象は変わってきます。口を小さくしたいと思ったら、唇により意識を向けると良いかもしれませんね。

唇を薄くする

どうしても口を小さくしたい場合は、たらこ唇を整形によって薄くすることが可能です。たらこ唇だと、さらに口の印象を強めてしまうので、すっきりとした薄い唇に憧れますよね。医師に相談して、あなたに合った方法をアドバイスしてもらうと良いですね。
口もと(口元)・くちびる(唇) : 診療科目 : 美容整形・美容外科の高須クリニック(東京赤坂・横浜・名古屋・栄・大阪)

呼吸法に気をつける

口呼吸を普段からしている人は、無意識のうちに唇が前に突き出し、たらこ唇になってしまうと言われています。それを続けることで、次第にたらこ唇になってしまうのですね。睡眠の時も含めて、鼻呼吸を心がけるようにすると良いでしょう。

歯並びも関係する

実は歯並びも関係していて、歯が前に突き出している場合、唇もそれにともなって突き出してしまうのです。唇の内側が押される形になって、たらこ唇や口が大きくなってしまうのですね。
歯・口腔の健康 | e-ヘルスネット 情報提供

メイクで工夫する

口の印象は、メイクである程度カバーすることができます。口が大きいことを気にして、あまり目立たない色をつけたりするのは、逆に大きな口の魅力を半減しているかもしれません。それよりも、鮮やかな色で思い切ってリップメイクを楽しんでみましょう。きっと魅力がアップしますよ。

たらこ唇がきになる人は、一度ファンデーションで色を消してから、リップで唇が薄く見えるように工夫して描いていくと良いですね。

まとめ

いかがでしたか?大きな口は、見せようによってはとても魅力的な印象になります。可愛い笑顔で微笑むことを心がけ、コンプレックスを魅力に変えていくことができたら良いですよね。ぜひ参考にしてみてくださいね。