「期待しない」生き方のススメ!恋愛でもメリットだらけの理由とは?

あなたは友達や彼氏に期待しすぎて失敗した経験がありませんか?期待しない生き方なんて一見後ろ向きなようですが、実は期待しないことによる素敵なメリットがたくさんあるんです。もし今まで期待する生き方でうまくいっていなかったのなら、これからご紹介する期待しないことのメリットや期待しない方法をぜひ参考にしてみてください。

期待しないで生きられますか?

あなたは相手や自分に常に期待して生きていますか?それとも期待しないで生きていますか?期待することは、前向きな気がして健全なイメージがありますが、期待しないということは諦めであったり後ろ向きであったりするイメージを持っていませんか?では、やはり期待する生き方の方がいい人生になるのでしょうか?実は一概にそうとも言えません。

こちらでは、期待しないで生きることのメリットや、期待しないことで彼氏とうまくいく方法をご紹介いたします。さらにどうしても期待してしまう!という人のために、期待しないで彼氏と付き合い続ける方法も合わせてご紹介いたします。これは彼氏だけではなく、色んな人間関係に応用できますので、ぜひ参考にしてみてください!

期待しないで生きるメリットは?

期待する生き方と期待しない生き方とでは、どちらが幸せになれるんだろう?そんな風に考えたことはありませんか?例えば期待する生き方の場合。期待することによって行動を起こすモチベーションに繋がることもありますし、期待することで前向きな気持ちになったり、ウキウキとした気持ちを維持したりすることができるなどのメリットがあります。

では、一般的に期待しないという、どちらかというと暗くて後ろ向きなイメージのある生き方ではどうなのでしょうか?こちらでは、期待しないで生きるメリットをチェックしてみましょう。

喜びをより多く感じることができる!

人は特に意識していなくても、心の片隅では何かしらの“期待”をしてしまっているものです。でも、もし全く何の期待もしていなかったことで喜べる状況が起こったとしたら、期待していた時よりももっともっと嬉しくはありませんか?

ある程度期待していた場合は、もちろん嬉しいけれど心のどこかに「やっぱりな」という気持ちがあると思います。ところが、まったく期待も予想もしていなかった嬉しい出来事は、まさしく予想外の喜びに繋がるのです。

例えば全く成功を期待していなかった恋愛の場合。片思いだとフラれる覚悟で告白したらまさかのOK!逆転満塁ホームラン状態で、喜びが爆発しそうですね。もともといい感じの二人が告白をしてOKをもらうよりも、もっともっと大きな喜びなのではないでしょうか?

このように、期待しないことによって、喜びをより多く感じることができることが、期待しないで生きるメリットなのです。

ガッカリしないので心の平安が保たれる

もし期待していたことがボツになったり、うまくいかなかったりしたら人はどうなるでしょうか?まるで、一番高いところまで上がってから急降下するジェットコースターですよね?期待していればしているほど、その落差は大きくなるものです。また、人は“ちょっと”期待しているつもりでも、期待した時点で“かなり”期待しているのです。

期待していたことがうまくいかないとなると、ガッカリ度合いも大きくて心が乱れてしまうでしょう。もしはなから期待していないことならば、ゼロから再スタートを切ることができますが、少しでも期待していたのならその期待に比例して、気分的にはマイナスからの再スタートとなってしまいます。

期待することは素敵なことですし、期待している間は楽しいしウキウキできるという利点を十分に感じることができるのなら好ましい事なのですが、期待はずれになった場合かなり落ち込んでしまう、やる気をなくしてしまうタイプだという自覚があるのなら、期待しないで生きることは、ガッカリしないで心の平安が保たれるというメリットになるでしょう。

自分の気持ちに正直に生きていける

もし、自分の行動が何らかの見返りを期待したものだとしたら…。それは自分の気持ちに正直な行動と言い切ることができるでしょうか?本心ではAに行きたいけれど、パートナーはBがいいと言っている。

ここで恩を売っておく方が、後々の為にいいのではないだろうか?と、心の片隅で思ってしまったら、あなたは自分の希望するAではなく、Bに行くことを選んでしまうでしょう。でも、本来の希望はAなのです。そもそも何の見返りも期待しないのであれば、本当に行きたい方に行けるはずです。

このように、何かに期待してしまう、見返りを期待してしまうということは、自分の気持ちに正直に生きられない可能性も出てくるのです。

先ほどの例で見ると、恩を売っておいたことが功を奏して後からより大きな幸せをつかむことができるかもしれませんが、万が一恩を売ったのにその効果が得られなかったときに、さらにガッカリしてしまいませんか?

こんなことなら、自分の希望通りにすればよかったと思うこともあるでしょう。このような点からも、期待しないで生きるということは、自分の気持ちに正直に生きられるというメリットもあるのです。

相手にも期待しないことで負の感情が軽減される

期待するということは、何も自分に対してだけのことではありません。期待しないで生きるということは、自分に対しても、また相手に対しても期待しないで生きることなのです。

友人や人間関係でのガッカリや怒りの感情は、いったいどんなときに生まれるのでしょうか?「私は○○してあげたのに、相手はちっとも○○してくれない」という、物理面や心理面で与えたのに与えてくれない、というイライラや怒りが大きいのではないでしょうか?

でも、よく考えるとこれは“期待している”から起こる負の感情なのです。自分が与えたからきっと相手も与えてくれるに違いない、という期待が外れたことでイライラしたり怒ったりするのです。自分が与えたいと思ったから与えたのであれば、本来相手が与えてくれなくても気にならないものなのです。

期待しない生き方を選ぶことによって、人間関係における負の感情が軽減されるというメリットがあるのです。

期待しないことで彼氏とうまくいく理由って?!

期待しない生き方のメリットをご覧いただきました。いかがでしたか?一見後ろ向きな感じを受ける“期待しない”という生き方にも、たくさんのメリットがあることがわかりましたね。では恋愛ではどうなのでしょうか?

恋愛においても相手が好きだからこそ、ついつい期待してしまう場面が色々あります。期待しない恋愛が、彼氏とうまくいく理由をご紹介いたします。

期待をしなければ失望もしない

先ほどもお伝えした通り、相手に対してイライラしたり、怒ったり、不満が湧き出てしまうのは、心のどこかで「○○してくれるかもしれない!」という期待があるからなのです。仕事仲間や友人に対しても期待が外れるとガッカリしたり、ムッとしたりしてしまうのですから、それが恋愛関係にある彼氏のことならなおさらです。

例えばプレゼントひとつとってもそうではありませんか?誕生日やホワイトデー、クリスマスに結婚記念日。人によっては付き合った記念日にもプレゼントを期待する人もいるでしょう。欲しければ欲しいと伝えておけばいいのですが、心の中で期待して当日を迎えるので、万が一もらえなかったときに怒ったりすねたりしてしまうのです。

また、貰えなかったことにより「もしかして愛されてない?」「他に好きな人ができたのかも…」といらぬ心配をする可能性もあるのです。加えてそんなキモチすら“言わなくても分かってほしい”という期待をしているので、いじけたりそっけなくしたりと変な態度をとってしまうのです。

もしこれが、最初から期待などしていないとしたら?彼に対して全く怒りの感情やイライラする気持ちは湧いてこないでしょう。変な態度をとって、相手を怒らせることもありません。もし彼に対して過剰な期待などせずに、一緒に居られるだけで十分幸せ、ありがたい、と思えることができるのなら、彼との喧嘩は格段に減るでしょう。

期待していないので些細なことでも感謝できる

相手がやってくれて当たり前、と期待しないことも大切です。先ほどご紹介したように、プレゼントをもらえるかもしれない、と期待しているとあのようなことになってしまいます。

もし節目節目で毎回プレゼントをもらっていたとしても、それを当たり前と思わずに、毎回もらえるわけではないと認識し、期待していなかったとしたらどうでしょう。貰ったた時の喜びは期待していたときよりも何倍にも膨れ上がると思いませんか?

昔、俳優の水谷豊さんが夫婦円満の秘訣を聴かれた際に「(やってもらう事を当たり前だと)相手に期待しないことです」とおっしゃっていたのが、強く印象に残っています。人は「してくれて当たり前」と期待するようになれば、相手がしてくれたことに関して素直に感謝できなくなってしまいます。

反対に、期待していないのにやってくれたとしたら、どんな些細なことでも感謝の気持ちが自然と湧いてきますよね?今日もメールをくれた、「待っててね」と言わなくても帰りを待っていてくれたなど、やってくれたひとつひとつのことに対して素直に「ありがとう」「うれしい」と喜びや感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

すると彼としても、やってあげて良かった、もっとやってあげたいと思うでしょう。

期待しないで彼氏と付き合い続ける方法

先ほどの項目で、期待しないことで彼とうまくいく理由をご紹介いたしました。勝手な期待による喧嘩がなくなり、些細なことで感謝できる関係は理想的な付き合い方ですよね?でも、愛する彼氏だからこそ、ついつい期待してしまう、という人もいるのではないでしょうか?

ましてや結婚適齢期に突入しているカップルなら、彼氏との結婚を期待しないというのは難しい事かも知れません。でも、期待しすぎて彼氏にとって重荷になってしまっては、選ばなくてもいいはずの別れを選ぶことにもつながりかねません。

そこで、期待しないで彼氏と付き合い続ける方法を確認しておきましょう。

彼と自分は違うということを理解する

恋愛をすると「いつでも何をするのも彼と一緒がいい」「同じ考えでいたい」と思う女性も少なくないとは思います。でも、そうすると「彼のことを全部知っていたい」「私のことをいつも考えていてもらいたい」という、自分勝手な欲求や期待で、相手を束縛しかねません。度を過ぎると、相手にとってはいずれ重荷になり、自分自身も満たされない思いが募り、苦しくなっていきます。

元は「彼と自分という違う者同士というが、お互い好きになって一緒にいる」ということを、きちんと理解し、彼と自分の違いを受け入れることが大切なのではないでしょうか。自分と意見が違っても「そういう考え方もあるんだな」と受け入れることができると、彼も自分を理解してもらえてると思って嬉しくなるものです。「違っていて当然」と思っていれば、少々のことでは腹も立たなくなるものです。

「お互い様」という気持ちを大切にする

彼への期待が大きいと、楽しみにしていたデートが仕事でキャンセルになったり、会えない日に電話やメールが来ないと、がっかりしたり怒ったりと、相手への不満がどんどん大きくなってしまいがちですよね。でも、彼には彼の時間があって、仕事や友人などあなた以外にも大切にしているものがあるのを忘れてはいけません。

また、相手に期待するあまり「どうして私を優先してくれないの?」「電話してほしいのに」といった、いわば束縛が強くなってくると、相手はあなたに嫌気がさしてしまったり、逆に彼の方もあなたに過度な期待や束縛をしてこないとも限りません。そうなってしまうと、いずれは互いに窮屈になり、別れることにつながりかねません。

そんな時は「彼も頑張ってるんだな」と思ったり、友人を大切にするところを素敵だなと、彼のいいところだと思って尊重してみましょう。また、自分でも仕事や友人との約束、体調不良などで彼との約束が守れないことも、付き合っていく中では出てくるでしょう。それをいちいちとがめられたり、嫌な顔をされたら、やはりうんざりしてきますよね。

まったく期待しない、ということは難しいことですが、少々期待が外れても「お互い様」という気持ちを大切にして、相手を尊重することが期待し過ぎずに彼氏と長く付き合う秘訣ではないでしょうか。

自分がしてあげたことに見返りを求めない

期待し過ぎるということは、それだけ相手に見返りを求めているということでもあります。「私はこれだけやったのに」「こんなに尽くしてあげてるのに」と思っている時は、自分が相手にしてあげたことに対して、同じように返してもらいたい!という思いが強いのではないでしょうか。

でも、そもそもそれは彼から「やって欲しい」とお願いされてしたことでしょうか?よくよく考えてみると、自分が彼にやってあげたいと思って、勝手にやっている可能性もないとは言えません。彼に「こうして欲しい」と言われたことについては、出来る限り答えることも愛情と言えますが、自分が「してあげたい」と思ってやったことに対して、見返りを求めるのは相手にとっては重荷にもなりかねません。

彼に喜んでもらいたいと思うことは、とてもいいことですが、でもそれが押し付けになってしまわないように気をつけましょう。好きという気持ちが強かったり、彼がすべてという状態だとついこういった状態に陥りがちですが、何かしてあげたい時は相手が望んでいるものが何かを考えたり、また「喜んでくれたらラッキー」くらいに期待し過ぎないでいることが大切です。

期待しない生き方は自由!

期待しないことによるメリットや、期待しないことで彼氏とうまくいく理由、期待しないで彼氏と付き合い続ける方法をご紹介いたしました。いかがでしたか?期待しないという生き方も悪くないですよね?

期待しない…“○○しない”という言葉には、マイナスなイメージがありますが、期待しないことに関してはこれだけのメリットがあり、また期待しないことによって自由に生きることができるのではないでしょうか?もし今まで期待しすぎてうまくいかなかったのなら、一度期待しない生き方を試してみてもいいのかもしれませんよ。