綺麗になりたいならまずは自分を「ブス」だと思うのはNG!メイクやお風呂など、綺麗になれる簡単な方法

なぜ多くの女性は綺麗になりたいと思うのでしょうか?綺麗になりたいと思っている人が今すぐにやるべきことを紹介します。綺麗になりたいけど何をしたらいいのかわからないという人は是非参考にしてみてくださいね。努力をして、誰もが羨む「綺麗」を手に入れましょう!

なぜ女性は綺麗になりたいと思うの!?

多くの女性は常に「綺麗になりたい」と考えているようです。また、周りの人と比較をして「なぜ自分は綺麗ではないのか」という疑問や不満、悩みなどを抱えていることも多いと言われています。なぜ、他の人と比較してまでも綺麗になりたいと思うのでしょうか?

綺麗になることで、たくさんの人から注目をされたり、誰もが羨むような外見を手に入れることで、自分の自信に繋がるのです。そのため、今まで比較的消極的だった人でも、綺麗になることで積極的で明るい性格になったというケースも少なくありません。

「不特定多数の男性からモテたい」「自分の価値観をあげたい」というようなことが理由ではないかと言われています。自分も周りの人のように綺麗になりたいと考えている人も多いですよね。そんな場合には、ただ思うのでなく行動に移す努力をしましょう。

文化や時代によって「綺麗」の条件は変わる

文化や時代によって、多くの人が考える綺麗の基準は変化していくと言われています。同じ地域であっても時代によって綺麗の定義はどんどん変わってきますよね。また、時代が同じでも住んでいる場所の文化や地域の考えによって、綺麗の定義は異なります。

欲しい情報がすぐに手に入れられるようになったことで、多くのひとが自分の価値観を持つようになりました。そのため、昔と比べると「綺麗」だと思う条件は人によっても大きく異なってしまうのです。

江戸時代以来では、女性は色白で肌のキメが細かい、細面、比較的小ぶりな唇、富士顏、綺麗な黒髪、涼しげな目元などが綺麗の条件だと言われていました。しかし、近年では、外国の人と交流する機会や西洋の影響を受けることも多くなりましたよね。そのため、このような綺麗ではなく比較的白人に近い顔立ちが綺麗だと考えられるようになったのです。

綺麗は顔で判断される!?綺麗な人の特徴を見てみよう!

周りの人に比べると「小顔」である

綺麗な人は小顔であることが特徴だと言っても過言ではありません。どんなに綺麗な顔立ちをしていても、顔が大きければ「顔立ちは綺麗なのに残念」と思われるようになる可能性も高いのです。ただ、顔と身体のバランスととても大切ですよね。

そのため、ただ単に顔が小さければいいということでもないようです。ただ、このようなことから多くの人は「小顔」になれば綺麗になれると思っているのも確かだと考えることができます。身体と顔のバランスが良く、比較的小顔である場合には、「綺麗な人」だと思う人も多いのです。

「綺麗になりたい」という気持ちからまずは小顔になろうとしている人もいますよね。綺麗になりたいときに、小顔になる努力をすることはとても大切なことなのですよ!周りに「綺麗」だと思う人がいる場合には、顔と身体のバランスに注目して見てみてください。

バッチリとした二重

近年では、パッチリとした目を持つことで「綺麗な顔立ち」「可愛い人」だと思われる傾向があります。これは、西洋化が進んできたことで白人のようなパッチリとした目が綺麗だと考えるようになったことが理由ではないかと言われています。人気がある女優さんやモデルさんが二重である場合も多いですよね。

また、プリクラを撮ることで目が大きくなったり、メイクをするときには目を大きく見せようとしたりすることも多いかと思います。このようなことから、目が大きければ大きいほど、周りの人からは羨ましいと思われるようになる可能性も高いのです。

ただこれも全体のバランスが重要になります。ただ単に目が大きいだけでは「バランスの悪い顔」ということになりかねないのです。また自分が一重や奥二重だからと言って落ち込む必要などありませんよ。メイクによって二重にすることも出来ますし、二重でなくても綺麗な人はたくさんいるという事を忘れないようにしましょう。

エステティックラインが整っていれば「横顔」まで綺麗

エステティックラインってなに?と感じる人も多いかと思います。エステティックラインはEラインと言われることもあるのです。これは、頭と鼻と顎を一直線に結んだときにできるラインのことです。このラインの中には唇が収まるようであれば、比較的綺麗な横顔だと考えられています。

このエステティックラインが整っていることも綺麗な顔立ちの条件なのです。エステティックラインよりも唇が前に出ている場合には、歯の矯正などをおこなうことである程度改善することができるようです。しかし、綺麗だと思われる人の一つの要素だということを忘れないようにしましょう。たとえ、エステティックラインよりも唇が前に出て いても綺麗になることは十分に可能なので安心してくださいね。

柔らかそうな髪の毛

昔は髪の毛が黒くしっかりしている人が綺麗だと考えられていました。しかし、近年では髪の毛にしっかりとツヤがあり、柔らかそうな髪の毛であることが条件だと言われています。考え方の違いはありますが、昔から髪の毛が綺麗であることが綺麗な人の第一条件となっているのです。

そのため、どんなに綺麗な顔をしていても、髪の毛が必要以上に痛んでいたり、ボサボサである場合には「綺麗な人」だと思われることは難しいでしょう。綺麗な人を見かけても、髪の毛が痛んでいる様子もなく流行のヘアスタイルだけではなく、髪質にも気を使っていることが多いですよね。「綺麗な人」だと思われたいのであれば、顔と同じように髪の毛を重要だということを忘れないようにしましょう。

透明感のある肌

透明感のある肌を「美白」や「美肌」と呼ぶことも多いですよね。綺麗な肌は、綺麗になるためには欠かすことができません。どんなに綺麗な顔立ちをしていても、綺麗な髪の毛だったとしても顔がカサカサしていたりテカリを感じてしまえば意味がありません。生まれつき比較的地黒である場合もありますよね。

地黒で美白にはなれないから、綺麗になることはできないと落ち込む必要はありませんよ!海外のセレブの中には、こんがりと焼けた小麦色の肌でも「綺麗」だと言われている人もたくさんいますよね。そのため、肌が白いから綺麗だという考えは間違えていると考えることができるかと思います。

大切なことは、肌の色よりも質感だと言われています。色を気にするよりも健康的で綺麗な肌を目指すことが大切だと考えられています。

綺麗な人は身長が高め

街を歩いているときに「この人綺麗だな」と思う人は、比較的身長が高いことが多いかと思います。160cm以上身長がある場合には「綺麗」だと感じられることが多いと言われています。反対にそれよりも身長が低い場合には「綺麗」ではなく「可愛い」という印象を持たれるようになることが多いと考えられているのです。

ただ、身長は生まれつきのものですよね。そのため、もともと身長が低いから綺麗になることはできないと落ち込んでしまう人もいるかと思います。諦めるしかないと思うのではなく、おしゃれなヒールなどを上手に活用すれば、身長を高く見せることも十分に可能ですよ!

10cmのヒールを履けば、今の身長よりもさらに高く見せることができますよね。10cmも身長が変われば、また違った印象を持たせることができるようになるのです。急に高いヒールを履くようにすることで、「上手く歩けない」「足が痛くなる」というような状況になってしまう可能性もあります。無理をせずに徐々にヒールに慣れるようにしましょう。

綺麗な人はいい匂いがする

綺麗な人はいい匂い・香りを漂わせています。ある研究結果によると男性はいい匂いと感じる女性に対してそうではない女性と比較したときに3倍も綺麗に見えるそうです。

香水など日頃から自信の匂いを気にすることも綺麗に近づく近道かもしれません。

適度な大きさの美乳

女性を象徴する「胸」ですが必ずしも”大きければいい”ということではありません。胸が大きすぎるとセクシーかもしれませんが綺麗とはまた少し違ってきます。適度な大きさと綺麗な形が望ましいかと思います。

綺麗なネイル

「ネイルなんて後回し!」なんていう方もいらっしゃるかもしれません。しかし、綺麗になりたいのであればそんな細部までに美意識を追求しなければなりません。ネイルサロンもおすすめでうが日頃から自分で手入れするのもおすすめです。

色気のあるオーラ

綺麗な人には特有のオーラがありますよね?実はあれ「女性ホルモン」だそうです。女性ホルモンによって本来誰もがある”女性らしさ”が引き立てられる効果があるそうです。

自分がブスだと思い込まないようにすることも大切!
周りの人に「ブス」だと言われたことがある人もいるかと思います。特に男性にブスだと言われることで、必要以上に傷ついたり「自分はブス」だと思い込むようになってしまうこともありますよね。綺麗になるためには、自分を必要以上にブスだと思い込まないようにすることも

大切だということを忘れないようにしましょう

ブスだと思い込むと本当にブスになる!?

「自分はブスだ」と思うようになることで、自分自身を受け入れられなくなってしまってはいませんか?また、自信がなくなってしまっている人もいるかと思います。このような状況になることで、自然に消極的になったり、周りの人に暗い印象を持たれるようになるようです。

笑顔を忘れてしまったり、本当の自分を出せなくなってしまえば、本当の綺麗だということはできませんよね。大切なことは、自然な自分の姿で綺麗になるということなのです。

このように、自分がブスだと思い込むようになることで、本当にブスな表情になってしまったり、ブスな立ち振る舞いをするようになってしまうこともあるということを頭の中に入れておくようにしましょう。自信がなくなってうつむき加減になってしまえば、美しい姿勢になることも難しいでしょう。

男性は自分のタイプではない場合に「ブス」だという

男性にブスだと言われることで必要以上に落ち込んでしまう人もいるかと思います。しかし、多くの男性は自分のタイプではない女性をブスだという傾向があるのです。そのため、一般的には普通の容姿をしている人に対しても「ブス」だということが多くなると考えられています。人のタイプはそれぞれですよね。

自分をブスだという人は、ただ単にタイプではなかったと判断するようにしてみてください。そうすることで、重く受け止め過ぎてしまわないようにすることが出来ますよ。周りの人にブスだと言われても、自分のことを綺麗、可愛いと思う人もいるということを忘れないでくださいね。少数の男性の意見は軽く聞き流すように出来るといいですね。

今まで言われたことがない人も、そんな人にまだ出会えていないだけなのかもしれませんよ!他人の価値観をいちいち気にしていたら、自分の負担になってしまうかもしれません。

綺麗になりたいときに、行うべきこと5選

メイクの練習をする

メイクは身だしなみの一環として行われることが多いですよね。仕事や外出の際に素っぴんで家を出る人は少ないかと思います。また、自分にあったメイクをすることで、より綺麗な顔立ちを作ることも十分に可能なのです。近年では「整形メイク」というものが話題になっていますよね。

メイクの練習をして、自分のコンプレックスを隠すことができれば、綺麗になることができると考えられています。中には、化粧をしているときは綺麗なのに素っぴんはそれほど綺麗ではないという人もいますよね。このような人は、自分にはどんなメイクが合うのかをしっかりと把握することができているのです。

ネットや雑誌に載っているメイクをそのまま真似しても意味がないのです。そのメイクが自分にあっていなければ、綺麗になることは難しいでしょう。時間があるときに、自分にはどんなメイクが合うのか、ということを踏まえながらメイクの練習をするようにしましょう。

健康的なダイエットをする

顔立ちが綺麗であっても、比較的ふくよかな体型をしている場合には「痩せたら綺麗になるのに」というような印象を持たれてしまう可能性もありますよね。綺麗になるためには、ある程度健康的でスリムになることも大切だと考えられています。

綺麗になるためには何をしたらいいのかわからないという場合には、まずは健康的なダイエットを始めるようにしてみましょう。ダイエットだからと言って偏った食生活を送ると、栄養不足になって肌質や髪質が悪くなることもあります。

そのためバランスの良い食事をとって、適度に運動を行うように心掛けてくださいね。運動が苦手な場合には、日常生活の中でなるべく歩くようにしましょう。健康的な生活をして、健康的に痩せていくということが大切だということを頭の中に入れておくようにしましょう。

湯船にしっかりと浸かるようにする

毎日シャワーで済ませている人も多いですよね。仕事で忙しいから、疲れているから、面倒臭いからという理由で湯船に浸からないことで、自分では気がつかないうちに、綺麗から遠ざかっているかとしれないということを頭の中に入れておくようにしましょう。

湯船に浸かることで、身体を温めてリラックス効果や血行促進の効果を期待することができると言われています。そのため、毎日湯船に浸かるようにするだけでも、血行不良による肌荒れや浮腫の改善を行ったり、疲れをしっかりと取り除くこともできるようになるそうです。また、心や身体のリラックスさせることで、寝つきを良くすることも可能なのです。

そのため、湯船にゆっくりと浸かるようにするだけでも、質の良い睡眠をサポートすることが出来ますよ!睡眠不足になることで、ホルモンバランスが乱れてさまざまな悪影響を及ぼす可能性もあると考えられています。肌や身体の調子が悪くなることも十分に考えられるのです。このように入浴にはさまざまな効果があります。可能であればなるべくゆっくりと湯船に浸かるようにしてみてください。

しっかりとスキンケアを行う

綺麗になるためには、スキンケアを欠かすことはできません。毎日正しい洗顔やスキンケアを行うようにしましょう。顔の汚れを落とそうとしてゴシゴシと洗顔をしていませんか?正しい洗顔方法がわからないという人は以下のことに注意をして洗顔をするようにしましょう。

・基本的に洗顔は朝と晩の1日2回以内にする
・洗顔をしっかりと泡立ててから、泡の塊で優しく洗うようにする
(この時に手が顔に当たらないように注意をしましょう。)
・30℃から35℃程度のぬるま湯でジャバジャバとすすぐようにする
(この時すすぎ残しか内容にしっかりとすすぐようにしてくださいね。)
・洗い終わった後は、優しく水気を取る

また、スキンケアもとても大切です。スキンケアは流行に左右されずに自分にあった物を使うようにしてくださいね。自分に合っていないものを使うことで、肌荒れの原因となる可能性もあるため注意をしましょう。このように基本的なことを毎日コツコツと続けることで綺麗な肌質作り上げることができるようになるのです。

内面を磨く

見た目だけが綺麗になったとしても、それは本当の綺麗だということはできないですよね。本当に綺麗な人は、内面も綺麗であることが条件なのです。外見の綺麗だけにこだわるのではなく、内面もしっかりと磨くようにしましょう。

内面を磨くことで、自然に笑顔が出たり人から好かれるような立ち振る舞いができるようになると言われていますよ。一度自分の普段の限度や立ち振る舞いを見直すようにするといいですね。あまりいい言動や立ち振る舞いではなかったという場合には、改善する努力をしましょう。

姿勢の良い立ち方・歩き方を意識する

どれだけ綺麗な人でも猫背だと少し残念な感じなりますよね?モデルの方など綺麗な人は姿勢が良いです。日頃から全身鏡などを使って良い姿勢をキープできるよう意識するようにしましょう。良い姿勢はダイエット効果にもつながるそうなので一石二鳥でおすすめです!

歯と口のケアを怠らない

特に清潔感において重要なのが「口周り」です。特に歯は意外と人によく見られているため日頃のケアが大切です。

食後は必ず歯磨きを行いしっかりとブレスケアを行いましょう。

水をたくさん飲む

よく有名なモデルさんが「一日2リットルは水を飲むようにしている」ということをよく聞きます。水をたくさん飲むことで代謝がよくなり体の中から綺麗になることができます。毎日飲んでいるお茶を水に替えてみるなどして水を飲む癖をつけるようにしてみましょう。
(悪質の)油を控える
揚げ物などの脂っこいものは当然体によくありません。控えることをお勧めします。しかし一方でオリーブオイルなどに代表される良質なオイルもあります。大切なことはバランスです。食べ過ぎには気をつけるようにしましょう。

フルーツを食べる

フルーツには体を綺麗にしてくれる栄養素がたくさん含まれています。例えばみなさんのよく知っているビタミンCが多く含まれているリンゴやオレンジはおすすめです。いつもはおやつの時間にお菓子を食べているのをフルーツなどに替えてみるなんていうのはどうでしょうか?

綺麗になるためには、毎日の積み重ねが大切!

このように綺麗になりたいという場合には、毎日のコツコツと努力をすることが大切です。一つ一つの項目を見ていくと簡単に綺麗になれそうな気がしますよね。しかし、毎日続けるということは簡単なことではありませんよ。強い意志を持って自分なりに努力をしてみてください。綺麗はすぐに手に入れられるものではないのです。