女性が気になる人にだけ取る分かりやすい態度まとめ

「あれ、なんか前にあった時と随分印象が違うような・・・」なんて事があったそこのあなた!もしかすると、それは女性からの脈ありサインかもですよ!男性も女性も、気になる人を相手にすれば、自然と態度が違うものです。今回は、女性の場合にはあなたに気がある場合、どんな態度になるかを、分かりやすいものから9つ厳選してお届けします。

気になる人には違う応対!

はじめに

「あれ、なんかあの子の応対、俺にだけ違ったような・・・」なんて事があったそこのあなた!それはもしかすると、女性からの脈ありサインかもしれませんよ。

一般的に気になる人に応対をする場合、男女を問わずに他の人への応対とは違ってきます。あなたもそんな事はありませんか?ある意味で、これは当然です。

気になる人には気に入られたいという思いが働き、ついつい良くも悪くも応対が変わるのが人間です。

しかも、これは「脈ありサイン」として意識的に変えている事もあれば、「無意識に変わってしまう」場合もあります。今回は、そんな気になる人には意識的に、または無意識に変わってしまう女性の態度について、お伝えさせて頂きます。

気にならない男性には無視します

さて、それでは具体的な本題に入る前に、基本をお伝えします。

一般的に男性は八方美人であり、仮に相手が気になる方であっても、一見大げさに態度が変わる事はあまりありません。もちろん変わりはするのですが、少なくとも同じ男性では、察する事ができない程度の違いです。

ところが女性は、気になる男性とそうでない男性では、態度に雲泥の差があります。

一般的な女性は、気にならない男性には無視または冷たい応対、あるいは社交辞令が基本です。

そして若い男の子のように、気になる方が相手でも、その本心を隠そうとして、あえて突き放す方も相当数おられます。

つまり女性の場合、プラスかマイナスかの違いはともかく「男性に相応の人間的な応対をした」という時点で、十分に脈ありサインだと言えるのです。 

男性はどうすべき?

さて、いかがでしょうか?つまり意識的にせよ無意識にせよ、気にならない男性には無視をして、気になる男性には相応に応対をするのが女性なのです。

ただ気になる場合の応対は、意識の有無に関わらず、おおよその傾向があります。 あとは前向きな態度か本心を隠した裏の心理かの違いだけです。

ちなみに態度が違うかどうかは、複数の人間がその場にいれば分かりやすいです。

そして女性は、気にならない男性とは2人では会おうとすらしませんので、2人で会えればそれも一種のサインです。

そして、女性からの無言の告白をあなたが見抜ければ、あなたも安心して応対ができ、一気に2人の距離は縮まるでしょう。そのために、ぜひ今回は女性の態度について、しっかりとお伝えさせて頂きます。

初対面の時は目線と会話に注目

口数が多い、または寡黙

さて、それではここからは具体的な女性の態度についてお伝えします。

まずは「初対面」の時です。まず代表的な態度は「やけに口数が多い、または逆にやけに寡黙」を挙げておきます。この態度は、男性でも相当数おられる態度ですね。

男性でも照れ隠しとしてやけに多弁になるか、あるいは逆に何を話せば良いのか分からなくなり、黙りがちになる…あなたはいかがですか?

それとほぼ同じ心理に、目の前の女性がなっているのです。もちろんこれは、あなたに気があるからこその応対です。

ちなみに、どの程度が多いのか少ないのかは個人差が大きいところですが、その辺は経験を積みましょう。

またこういう応対の時には、あなたは逆の応対をするとより好感度が上がる事が多いです。つまり女性が多弁になっていたらあなたは聞き役に、寡黙になっていたら話し手に回ります。その場の調和が取れるよう、上手に空気を作っていきましょう。

目線がよく合う、または常に横や下を向いている

さて、次は「目線がよく合う、または常に他方を向いている」を挙げておきます。

これは先ほどの口数に関する態度と、心理的な面においてはほぼ同じですね。

ストレートに気がある事を伝えたい女性ならあなたを見続け、気持ちを知られるのが恥ずかしい女性はあえて目線を合わせません。

またこれについても、男性でも同様の行動を取る方が相応におられます。もっとも、多少なり恋愛経験がある男性なら、目線を外す方は少数派でしょうか。 

しかし女性は少々の経験があっても、いくつになっても恥じらいを忘れない「乙女」です。

こういった時は、あなたは常に相手を見てあげましょう。相手を見る行為は、素直に好意を伝える事に繋がります。また大抵の女性は、気になる男性と目が合うと、合った瞬間に目線を逸らします。これが何度か繰り返されたら、お相手の気持ちは確定とお考え下さい。

質問が多い、または自分の事をよく語る

さて、次は「質問が多い、または自分の事をよく語る」を挙げておきます。これも、こうして見ると分かりやすいと思います。

前者は「もっとあなたの事が知りたい」という気持ちが、後者は「もっと私の事を知ってほしい」という気持ちが元になります。時としていきすぎ、質問攻めやしゃべりすぎという事になるケースも多いです。

ですがそれは、そのくらいの焦る気持ちがこもっているとも言えます。

いずれにせよ、安定的なキャッチボールが成立しない会話の場合は、一定の気があると見てよいでしょう。ちなみに、一般的な男性なら圧倒的に後者が多いでしょうか。

多くの男性は仕事での人間関係が中心で、自分の事をアピールするのは比較的得意です。ところが相手の内面に関心を持つ方は少数派なので、質問する力が低い方が多くなっています。

またこういった展開に不快感を感じる男性も相応にいるのですが、そこは女性の気持ちを理解して、質問されたら回答し、話されている間は静かに聞いてあげましょう。

やけに褒めてくる、または口撃してくる

さて、次はちょっと特殊な「やけに褒めてくる、またはやけに口撃してくる」を挙げておきます。これは、こうして並べてみると分かりやすいかと思います。

気になる相手だからこそ褒めて持ち上げるのが普通です・・・が、気になるからこそ照れ隠しにキツい当たりになる…あなたも心当たり、ありませんか?

ちなみにこの時は、いずれにせよ「常に当たりが変わらない」という特徴があります。つまり、褒める方ならどんなにあなたが暗いマイナス発言をしても褒めて持ち上げます。

逆にキツい場合は、どんなに第三者から見て凄い事でも、落とす事に躍起になります。

またこの場合、前者はともかく、後者の場合は「嫌われてるのかな?」と思う男性が多いです。

ですが冒頭でお伝えした通り、嫌っていたらあなたの前にいませんし、いても無視するのが女性という存在になります。目の前にいて席を立たず、あなたの応対をしている時点で脈ありなのです。ここだけは、くれぐれも思い違いをしないようにしましょう。

次への誘いがある、または空き時間を言ってくる

さて、それでは初対面の最後として「次への誘いがある、または空いてる時間を自ら言ってくる」を挙げておきます。

これを言ってくる女性の気持ちは分かりやすいですね。いずれにせよ「また会いましょう」という意思表示が形になったものです。不満なら、女性は2度も同じ男性と会いません。

ちなみにこれは、ストレートに言ってくる事も多いのですが、そうでない事も相応にあります。

次への誘いの場合は、例えば「(いつもあなたが行っている)〇〇に、今度私も行くんですよ」など、さも偶然を装ったり「なら一緒に行きましょうか?」を引き出す狙いの事もあります。

空いてる時間を言ってくる方は、「そういえば来週の日曜は午前に美容院行くだけなんだよねー」などと、「じゃあ午後はどうするの?」という質問を狙ってたりする事もあります。

このように若干分かりにくい表現の事もあるのですが、ポイントは「次の出会い」に関する話題です。

これが出た時には、むしろあなたから積極的にお誘いしましょう。

次のポイントは、初対面と比べた大きめの変化

前回より服装が華やかになる

さて、それではここからは「出会うのが2回目、または複数回目の時」における、気になる男性に対する態度についてお伝えします。

まず、真っ先に「前回より服装が華やかになる」を挙げておきます。これは個人差もあり、女性によっては「露出が増える」「スカートが短くなる」「髪型が変わった」など、色々です。

一般的な女性は、服装や髪形で自身の感情を表現します。もちろん一概には言えませんが、基本的には初対面に比べると、よりあなたに気に入られるために変わります。 

男性だって気になる女性に会う時は、多少なり服装を意識しますよね。それと同じ事です。またその変わり方は、分かりやすい変わり方もあれば、男性には分からないレベルで変わる事もあります。

ストレートな表現か、本心を悟られるのが恥ずかしいかの違いが、そのまま変化度に現れる訳です。どちらにせよ、女性からすれば変えている事が多いので、あなたがその変化に気づくか否かに関わらず「あれ、今日は何か印象変わったね?」などと言ってあげましょう。

前回と化粧が違う・・・?

次は「前回より化粧が違う」を挙げておきます。これは、女性の気持ちを考えれば分かりやすいかと思います。

いずれにせよ、あなたに気に入られたい気持ちが、そのまま変化として表れやすいのです。

ただ・・・この化粧については差もあります。厚化粧だった人がすっぴんになるというのは滅多にありませんが、薄化粧やナチュラルメイクになるという事があります。

逆に化粧が薄かった人が、突然にばっちりの厚化粧になるという事もあります。

これが良い変化か悪い変化かは、それを受け取るあなた次第でもありますので、一概には言えませんけどね。何より、少々の変化では違いに気づけない事も多いですが・・・。

また同様に「化粧直しが増える」事もあります。これも、理由は同じです。いずれにせよ、化粧は顔とともに女の命とも言われます。この命の変化を感じた時には、脈ありサインとお考えください。

過去と比べて、逆の行動になった?

さて、次は「過去と比べて逆または違う行動になる」を挙げておきます。ちなみに逆とは、初対面の時でご紹介したような、対のような言動を言います。

例えば、口数の多かった人が突然に寡黙になったり、その逆だったり・・・という感じです。あるいは、まったく違う言動になる事もあります。

これは簡単に言って、その女性に心境の変化が起こったためです。なお、繰り返しですが嫌われていたら2度目以後の出会いは無いはずですので、そういう意味ではありません。

例えば、上記の口数の多い女性が寡黙になる場合は「そこそこストレートに伝えてるのに気付いてくれない。ちょっと手を変えてみよう」といった心境です。

逆の場合は、あなたに安心感を覚えつつあるから、といった感じです。いずれの変化にせよ、あなたへの好意が元になっているため、何らかの言動に違いを感じたら、それは一種のサインだと認識しましょう。

ただし、あなたの言動の後で変化したら、素直に嫌われた可能性もありますのでご注意ください。あくまで、出会い頭などの前触れの無いタイミングにおいてです。

会う、会える時間が延びる

て、ここでの最後に「会う、会える時間が延びる」を挙げておきます。これはこうして表現すると、分かりやすい態度の違いかと思います。

素直に「もっと会いたい、一緒にいたい」という気持ちが、そのまま時間に反映された訳です。また同様の表現で、「会う頻度が増える」や「連絡頻度が上がる」などもあります。 

特に、比較的積極的な女性の場合、「夜に会う事が増えた」や「遅くなっても時計を気にしなくなった」など、極めて分かりやすい変化を出す方もいます。

また、直接時間などが伸びなくても、言動がそれを思わせる表現に変わる事もあります。ひとまずこういった時間に関する変化は、いずれも理由は同じですので、これらの応対をされた時には、素直にあなたも応じましょう。

大きな変化くらい気づきましょう!

さて、今回の内容は今回は特に、比較的気づきやすい女性の態度の違いをお伝えしました。他にも細かくは沢山ありますが、

まずは最低限として、今日の内容には気付くように努めましょう。男性は変化に弱いものですが、少しずつでも気づいて下さいね。

なお、最後に一点だけ注意をします。今日お伝えした内容は、あくまで傾向であり、全ての女性に通じる訳ではありません。

そして女性は、男性以上に複雑な心理の持ち主です。今日の内容はあくまで参考として考え、目の前の女性をしっかりと見てあげて下さいね。この内容が、あなたの恋愛に役立つ事を願って、終わります。