相手のいやなところばかり目について最近ケンカばかり…。もしかしてこれが倦怠期?突然やってくる辛くて苦しい倦怠期の乗り越え方や対処法を知って解決していきましょう!

「倦怠期」の意味とは?

恋人と付き合いたての頃は、一緒にいるだけで楽しかったり、どんな時でも愛おしく感じるものですよね?しかし、幸せだと感じている気持ちがいつまでも続くと思っていたのに、突然「倦怠期」が訪れることがあります。

「倦怠期」とは、恋人に慣れてしまったり、飽きてしまうことから嫌になってしまう時期をいいます。どんなに好きな人でも、長く一緒にいると、それまでドキドキしていたことが当たり前になってきたり、新しい刺激を感じなくなります。

そのため、だんだんと気持ちも落ち着いてくることから、なんだか一緒にいてもつまらなく感じてしまい、「倦怠期」になってしまうのです。「倦怠期」をうまく乗り越えるためにも、さまざまなパターンや解決策を知っておきましょう!

つらい別れを感じさせる倦怠期

このまま別れたら後悔しそう…

倦怠期がやってきた時には、恋人と一緒にいてもつまらなく感じたり、ちょっとしたことでイライラしてしまうことがあります。ちょっとしたことでケンカになり、感情的になった勢いで別れてしまうこともあるでしょう。しかし、倦怠期が訪れたからといって、すぐに別れてしまうと後悔してしまうことがあります。

倦怠期がきたら、冷静になって、本当に別れてしまっていいのか考えることが大切です。まずは出会った瞬間や、今までのことを思い出してみましょう。一緒に過ごした時間が当たり前になりすぎていると、相手への優しさや思いやりを忘れていることがあります。

このまま別れたら後悔しそうだと感じたら、相手にもしっかりと気持ちを確認して、2人で倦怠期を乗り越えるように努力しましょう。

カップルだけじゃない!夫婦の倦怠期

倦怠期はカップルだけではなく、夫婦にもやってくることがあります。夫婦の場合、一緒に過ごす時間が長かったり、日常生活の中で相手のいやなところが見えやすいため、早い時期に倦怠期を迎えることもあるようです。

また、恋人として過ごした時間が長かったり、同棲している期間が長かった場合には、一緒にいることに慣れ過ぎて、結婚生活に刺激がなくなってしまうこともありますね。

会話をしたくないと思ったり、距離を置きたいと思っても、生活空間が一緒のため、倦怠期を抜け出すのが難しいことがあります。新しい刺激を求めて、浮気や不倫などをしてしまう場合もあり、そのまま放っておくと離婚の危機を迎えてしまうかもしれません。これから長い結婚生活を円満に過ごすためにも、倦怠期がきたら、しっかりと向き合って、早めに解決していきましょう。

倦怠期が長引くと別れる確率は高くなる

倦怠期がくると、いつまで続くのか、いつ終わるのかと不安になりますよね。倦怠期は自然に解消することもありますが、お互いに向き合うことで解決するのが大切です。解決するのを先延ばしにしていると、倦怠期が長く続き、修復が難しくなっていくため、別れる確率も高くなるようです。

倦怠期を一週間で乗り越えられたというカップルもいますが、一般的には、一ヶ月程度続くといわれています。それ以上長引いてしまうと、泥沼化して距離を縮めることができなくなったり、離れている方が楽になり、別れてしまうことが多くなるでしょう。せっかく好きになった人といやな別れ方をしないためにも、なるべく早めに解決したいですね。

付き合って半年ほどでイライラする原因

お互いに慣れすぎてしまう

付き合って半年ほど経つと、相手に対してイライラすることが多くなってきますよね。付き合い始めの頃は、相手の良いところばかりに目がいっていたり、好きな気持ちだけでなんでも許せてしまうものです。しかし、付き合って半年ほど経つと、相手の欠点がわかってきたり、お互いに慣れすぎてしまうため、今まで平気だったことにもイライラしてしまうのでしょう。

彼氏や彼女の自然体の姿を知る時期でもあるので、どうしても今までの態度とは違うと感じてしまい、いやになることもありますね。夫婦も半年ほど経つと、一緒にいることに慣れてくる時期ですが、お互いが今まで過ごしてきた生活スタイルや環境の違いがわかってくる時でもあります。ちょっとしたことでイライラしやすくなるので注意したいですね。

遠距離恋愛にイライラしている

一緒にいる時間が少ない遠距離恋愛の人には、遠距離恋愛だからこそ、相手にイライラしていやになってしまうことがあります。遠距離恋愛を始めた頃には、時間を作って会いに行ったり、毎日電話をしたりと、相手に心配をかけないように気を使います。

相手に会えない寂しさから恋人の大切さを感じて恋愛が盛り上がることもあるでしょう。しかし、遠距離恋愛をしてから半年ほど経つと、恋人がそばにいない生活に不満を募らせたり、はたまたそんな生活にも慣れてきて、連絡を取るのが少なくなってしまうこともあります。

お互いが納得している場合はいいですが、どちらかがそうなってしまうと、浮気を疑ったり、別れたいんじゃないかと不安になってイライラしてしまうでしょう。遠距離恋愛中は、会わないことに慣れすぎずに、お互いの気持ちを考えられる信頼関係を築くことが大切です。いやだと感じることがあったら、正直に相手に伝えることもイライラしないコツですよ。

お互いの生活スタイルが合わない

倦怠期は大きなことが原因で起こるよりも、ちょっとした不満から起きることが多いです。例えば、服を脱いで散らかしたままにしているのが気に障ったり、話をしているのに相づちが適当でイライラするなど、普段の日常生活の中で感じるちょっとしたいやなことが原因になることがあります。

相手を知れば知るほど、良い部分ばかりではなく、欠点が見えてくるのは当然なのですが、自分がいやだと感じる知らない一面を見たときには、すぐには受け入れられないものです。倦怠期には、相手とキスをするのもいやになったり、話もしたくないと感じる人もいます。

ちょっとした不満をそのまま溜め込んでいると、倦怠期が重くなり、乗り越えるのが難しくなっていくので、気をつけましょう。

恋愛ホルモンの減少

片思いの時や、付き合いたての頃は恋人との時間は毎回新鮮で、「この人とならずっと一緒にいても飽きない!」なんて思いますよね。これは、人が恋をした時に分泌されるホルモンが関係しています。恋愛初期は、PEA(フェニルエアチミン)という恋愛ホルモンが大量に分泌されているため、好きな人のどんな一面を見ても良いように見えるのです。

しかし、その時間は永遠には続かず、しばらく経ってくると相手に対して「おや?」と思う事が見えるようになってくるのです。これはホルモンの問題なので、私たちの意志ではどうする事もできないですよね。

付き合って半年くらいなら、まだ倦怠期になるカップルは少ないかもしれませんが、3年ほどの付き合いになってくれば、昔のようなトキメキを感じずに倦怠期を実感する人もいるでしょう。ただ、倦怠期はいいように解釈すれば、「お互いの存在がより密なものになってきた」という事です。

トキメキこそは減ってしまっても、お互いなくてはならない存在と思える方がより2人の愛を感じる気もしますね。

倦怠期になる時期は?

恋愛ホルモンの分泌が落ち着いてくる時

先ほどご紹介した、恋愛ホルモンPEA(フェニルエアチミン)ですが、実際には恋愛を始めてから3ヶ月くらいで分泌が止まり、3年後には脳内からなくなってしまうそうです。そのため、好きな人といても刺激を感じなくなり、3ヶ月を過ぎた頃からだんだんと、倦怠期が訪れることがあります。

また、付き合った時には、相手のことを好きだという気持ちでいっぱいになっているため、相手を知ろうとしたり、喜ばせようと頑張りますよね。しかし、だんだんと気持ちも落ち着いてきて、相手のことがわかってくると、新しい刺激が足りないと感じてくるものです。そのため、恋人として落ち着いてきた頃から倦怠期になることが多いようです。

ちょうど3ヶ月目が危険!

「魔の3ヶ月」や「3年目の浮気」など3のつく時期は、間違いを起こしやすくなったり、別れやすい時期だといわれています。その理由は、恋愛ホルモンの「フェネチルアミン」が不足してくる時期のため、新しい刺激を求めて浮気をしてしまったり、相手に飽きてしまうことがあるようです。

付き合ってから3ヶ月経った頃には、相手への慣れから、新鮮さがなくなったり、気を使わなくなってくる時期でもあります。付き合い始めは優しかったのに、態度が冷たくなってきたと感じるのも、ちょうど3ヶ月目からが多いでしょう。倦怠期を避けるためには、3ヶ月目からが危険だということを覚えておいて、お互いで恋人への態度を気をつけるようにしておきましょう。

距離を置く期間も必要!

ムリに頑張りすぎず余裕を持とう

倦怠期を乗り越えるのは、とても大変なことです。精神的にもストレスを感じて、仕事やプライベートがうまくいかなくなる人もいます。不安やイライラから、食事を食べすぎてしまったり、夜眠れなくなる人もいるでしょう。恋愛の悩みは、日常生活に影響が出やすいので、まずは、ムリに頑張りすぎずに余裕を持ちましょう。

倦怠期を乗り越えるには、相手との距離を置く期間も必要な場合があります。別れを回避しようと、無理やり一緒にいると、お互いに余計にストレスがたまって、相手をさらに嫌いになってしまうこともあります。全く連絡を取らないようになると、そのまま別れてしまうこともあるので、自分が余裕を持てるように、適度に距離を保つようにするといいですね。

お互いの気持ちを尊重しよう

倦怠期を乗り越えるには、まずお互いの気持ちを尊重できるようになることが大切です。倦怠期の真っ最中のカップルは、相手がいることが当たり前になって、自分勝手な行動をとっていたり、気持ちを考えずに傷つけるような言葉を言ってしまうことがあります。そばにいると、すぐにイライラしてしまって、相手とも向き合えないこともあるので、そんな時には、相手の気持ちを尊重できるように、距離を置いてみましょう。

距離を置いて1人でゆっくりと考える時間を作ってみると、お互いの大事さに気がついて、余裕を持って相手を思いやれるようになれます。小さなことでイライラしていた自分を反省することもできるでしょう。お互いの気持ちを尊重できるようになるまで、焦らずに乗り越えていくといいですね。

周りの人にも倦怠期がある事を知ろう

男女の恋愛には、倦怠期はつきものです。辛くて苦しい時期ですが、ほとんどの人が経験しているものなので、友達などに話してみると、同じ経験をしたことがある人は多くいるでしょう。ずっと仲が良くて円満にみえるカップルも、辛い倦怠期を乗り越えて絆を深めているものです。自分だけでなく、みんな経験していることだとわかれば、少し気が楽になりませんか?

ほとんどの人が経験していることなので、話をすれば共感してくれる人も多くいるでしょう。恋人と長く付き合っている友達などに、話を聞いてもらったり、乗り越え方を相談してみるのもいいですね。1人で悩んだり、不満を溜め込んでいると、いつまでも解決策が出ないこともあります。「愚痴を聞いてもらったらスッキリした!」ということもあるので、友達などに頼るのも大事ですよ。

倦怠期がこないラブラブカップルもいる

幸せなことに倦怠期を感じないカップルも

倦怠期はどのカップルにも訪れるわけではなく、倦怠期がこないカップルもいます。「そんな幸せなカップルがいるなんてうらやましい!」と思いますよね。倦怠期がこないカップルは、お互いのちょうどいい距離を知っていたり、何でも話し合うようにすることで、信頼関係を築いているようです。それが自然とできているカップルもいますし、お互いの恋愛経験から学んできたカップルもいます。

ちょっとしたいやなことがあったら、大きな問題になる前に話し合い、マンネリになったり、関係に慣れすぎないように、新しい刺激を常に取り入れています。何よりもムリをせずに、自然とお互いを思いやれる関係を作っているのでしょう。倦怠期がないからといって、相手への不満を感じているわけではなく、相手を思いやって、上手に解決しているのが特徴ですね。

恋人との時間がたまらなく愛おしい

倦怠期のないカップルは、恋人との時間がたまらなく愛おしいと感じているでしょう。付き合った時のドキドキや刺激がなくなっていったとしても、新しい刺激を作るように努力したり、相手の欠点を認めて、その関係を楽しむことで、長い付き合いができています。倦怠期がなく長続きしているカップルは、刺激のある時間と落ち着いた時間の両方を上手に作っているのでしょう。

付き合いの中に切り替える時間を作ることで、常に新鮮な気持ちになり、相手の新しい一面を知ることができます。どんなに長く一緒にいても、相手を100%わかることはできませんから、付き合った時に、相手の知らないことがたくさんあると思っていれば、たとえ欠点を知ったとしても、愛おしく感じられるのかもしれません。

お互いを信じ合っている

このまま倦怠期がこなければ最高ですよね。しかし、いつやってくるかわからないのが倦怠期です。倦怠期がくる時期は人によって違いますから、ちょっとしたことで突然相手がいやになってしまったり、関係がマンネリしてしまうこともあります。倦怠期がないカップルは、すぐに関係が壊れてしまうカップルよりも信頼関係が強いような気がします。

お互い、付き合っていく中で倦怠期が訪れることは認識していて、その上で関係がマンネリ化してしまった時には、その時に2人なりに楽しめる事を探しているのです。人によっては、倦怠期が来ると相手の浮気を疑ってしまう人もいるかもしれませんが、倦怠期こそ相手への信頼感を忘れない事が長続きの秘訣なのかもしれませんね!

憂鬱な倦怠期の3つの乗り越え方

自分だけの気持ちを押し付けない

憂鬱な倦怠期を乗り越えるためにまず大切な事は、「自分だけの気持ちを押し付けないように注意すること」です。倦怠期がくると、ついつい自分の辛さばかりに集中してしまいますが、相手も同じように苦しんでいることをわかっておきましょう。自分の気持ちを押し付けないようにすることは、これから長い付き合いをしていく上でも大事なことです。

早く倦怠期が終わってほしいと思っても、お互いが納得しなければ終わりはきません。自分の気持ちが落ち着いたからといって相手を焦らせたり、適当に問題をうやむやにしてしまうと、今度は重い倦怠期がやってくることもあります。お互いがスッキリした気持ちで付き合っていくためにも、ちゃんと乗り越えましょう。

倦怠期が終わるのを待つ

倦怠期を乗り越えるには、お互いの気持ちが落ち着くまで時間をかけることが必要です。時間が解決してくれることもあるので、焦らずにその時期が終わるのを待ちましょう。倦怠期が過ぎると、なんであんなに相手をいやになっていたのかと不思議に思うこともあります。時間を置くことで、冷静に判断できるようになり、それまでいやだったことも許せるようになるのでしょう。

倦怠期の終わりはカップルによってさまざまですが、一般的には、一ヶ月程度で落ち着いてくるようです。終わりを待っている間は、あまり憂鬱になりすぎずに、自分と向き合う時間にしてもいいですね。今までの欠点を直すように努力したり、おしゃれをしたり、仕事や勉強に力を入れたりと自分磨きをすることで、相手との関係を修復するきっかけになるかもしれませんよ。

2人でじっくり話し合う

倦怠期を迎えた時には、相手と話すのもいやだったり、あまりの辛さから、このまま別れた方が楽なんじゃないかと感じることもあるでしょう。しかし、倦怠期をきっかけに勢いで別れてしまうと、離れたあとに後悔してしまうことがあります。復縁をしたいと思っても叶わないこともあるので、まずは、2人でじっくりと話し合うようにしましょう。

倦怠期の時には、お互いに向き合うことを避けてしまいがちですが、人との関係を築いていくには、真剣に話し合わないといけない時があります。実は、自分の考えていなかった理由で相手がいやがっていたり、勘違いでケンカになっていたりということもあります。自分の話だけをするのではなく、相手の話にも耳を傾けることで、分かることもありますよ。

好きな人とずっと一緒にいたいという気持ちが変わらないなら、じっくりと話し合って、いちばん良い解決策を2人で見つけましょう。

どうしても倦怠期を乗り越えられなかった時は?

スムーズな別れ方は誠実な態度で

話し合いをしたり距離を置いても、どうしても乗り越えられない倦怠期もあります。そんな時は、お互いを傷つける時間を少なくするためにも、スムーズな別れ方を考えるようにしましょう。倦怠期は、お互いの相性がわかる時期でもあるので、どうしても合わないと思ったら、ムリをせずに別れることも必要です。

倦怠期がきっかけで別れることになったとしても、誠実な態度で接することが大切です。相手が別れることに同意していないなら、しっかりと説明をして納得した上で別れるようにしましょう。倦怠期の時は、ケンカ別れや自然消滅をしてしまいがちですが、お互いが後悔しないように、しっかりを話し合いをしてから別れた方がいいですね。

良い思い出を大切にする

倦怠期をきっかけに、別れることになったとしても、それまでの良い思い出は大事にしましょう。好きになった人と別れることはとても辛いことですし、傷ついたことが多いほど、いやな思い出も増えてしまうものです。しかし、付き合い始めの楽しい時期や、相手と過ごした時間は自分にとっても大切な時間だったはずです。

別れることを決めた時には、早く忘れてしまおうと思うかもしれませんが、相手とうまくいかなかった原因や、倦怠期の間に反省したことなどを覚えておくことで、自分を成長させるきっかけになることもあります。ただいやな思い出にするのではなく、感謝できるようになるといいですね。

別れは出会いのチャンスでもある

別れはつらいことばかりではなく、新しい出会いのチャンスでもあります。倦怠期の辛い時期を経験してしまうと、自分に自信がなくなったり、恋愛をすることが怖くなってしまうこともあるでしょう。しかし、人が変われば恋愛の仕方も変わるものですから、怖がらずに新しい出会いを見つけることが大切です。

倦怠期を経験した人は、また同じようなことをしないように気をつけるようになりますから、新しい人と出会った時にも、思いやりや相手を尊重することを大事にするでしょう。もしまた倦怠期が来ても、次はちゃんと乗り越えるように頑張ろうと努力もするはずです。経験を無駄にしないためにも、どんどん出会いを求めていきましょう。

遠距離恋愛の倦怠期の対処法

ストレスを1人で抱え込まない

遠距離恋愛の倦怠期は、なかなか会えない不安や不満などが溜まることで起きることがあります。付き合い始めは会えるように努力をしたり、相手を信用しようと心がけていても、付き合いが長くなるにつれて気持ちが変化していくことがあるからです。会えないことが当たり前になったり、時間を作るのが面倒になったりと、遠距離恋愛に馴れ過ぎると倦怠期はやってきます。

遠距離恋愛はすぐに顔を合わすことができないため、倦怠期になると、そのままケンカ別れしてしまったり、自然消滅してしまうことも多くあります。対処するためには、お互いにもう一度気持ちを確認して、大事な存在だということを確かめましょう。会えない時間に慣れてしまわないように、お互いで努力することも必要ですね。

お互いに信じあえる勇気を持つ

遠距離恋愛は、いつでも会えるカップルよりも、努力や勇気が必要になります。会っていない時間が多いほど、相手の行動を知ることができませんから、信じる以外ありません。浮気の心配をしたり、新しい交友関係に不安になったりと、心が休まる時間がないと思うこともあるでしょう。

会いたい時に会えないことがきっかけで倦怠期が来た時には、それまで以上にお互いに信じあえる勇気を持つことで、乗り越えられるでしょう。電話をする回数を増やしたり、なるべくメールなどで連絡を取るようにするなど、2人が安心できるルールを作るにもいいかもしれませんよ。

会いたい時は「会いたい」と伝えよう

付き合いが長くなってくると、なかなか素直に気持ちを伝えることができなくなることもあります。付き合い始めはラブラブだったのに、最近は冷めてきたと思う人は、自分の気持ちを素直に伝えるようにしましょう。遠距離恋愛だと、会えないのが当たり前になっているので、なかなか甘えるようなことは言えなくなってしまいますが、相手への気持ちを言葉にすることで新鮮な気持ちに戻れるかもしれません。

たとえ叶わなくても、会いたい時に「会いたい」と伝えることは、相手をドキドキさせたり、喜ばせるのにとても大事です。それまで我慢して言わなかった人も、素直に伝えることで会う機会を増やすきっかけになることもあるでしょう。

パートナーとの倦怠期を解決したいなら

別れ話を怖がらずに話し合う

倦怠期を解決したいなら、話し合いを怖がらないようにしましょう。別れ話になったらいやだと話し合いを先延ばしにしてしまうと、いつまでたっても問題が解決せずに、重い倦怠期になってしまいます。自分に別れる気持ちがないのなら、しっかりと話し合いをして、伝えることが大切です。もし相手の気持ちが離れていると感じても、話し合いしたことで仲が戻ることもあります。

別れ話になった時には、本当にこのまま別れていいのか冷静に判断するようにしましょう。お互いが感情的になっている場合は、時間を置いてからまた話し合うようにするといいですね。倦怠期はすぐに結論を出さずに、何度もお互いが向き合うことが必要になります。相手の気持ちを考えて思いやりを持って話をすることを心がけましょう。

相手の気持ちをしっかりと受け止める

倦怠期は相手の気持ちを受け止められずに、何を言われてもイライラしてしまうこともあるでしょう。自分が責められれば相手を責めたくなりますし、欠点を指摘されれば傷つくこともあります。しかし、倦怠期を乗り越えて、今までのように一緒にいようと思うなら、相手の気持ちをしっかりと受け止めることが大切です。

自分の悪かったところや、相手にいやな気持ちにさせていることなどは、相手から聞かないと気づけない時がありますよね。まずは、自分の言い分ばかりでなく、相手の気持ちを知る余裕を持ちましょう。

なかなか素直に受け入れられない時は、ただ意地になっていたり、言われるのがいやなだけな場合もあります。感情的に話し合いをすると、ただのケンカになってしまうので、しっかりと受け止めるよう努力しましょう。

どんな結果でも思いやる気持ちが大事

倦怠期を迎えて、どんな結果になるのかは、人それぞれで違います。話し合いをしたことでお互いに信頼が深まり、より仲が良くなったというカップルもいれば、離れるのが一番良いとわかったというカップルもいるでしょう。どんな結果になったとしても、相手を思いやる気持ちを大事にしましょう。

倦怠期を乗り越えたからといって、欠点を直さなかったり、相手がいやがるような行動を取れば、また倦怠期がやってきてしまいますし、別れた場合でも、思いやりを持たなければ、次の恋愛でも同じことをしてしまうかもしれません。

人と付き合っていくには、思いやりや優しさをもって接することが何よりも大切です。自分はそばにいたいのに、相手に距離を置きたいと言われたり、会う回数を減らしたいと言われることもあるかもしれません。

たとえ自分の思い通りの結果にならなかったとしても、気持ちを尊重することで、解決する場合もあります。どんな場合でも、自分だけでなく2人にとって良い結果になるよう、よく話し合いましょう。

一緒に目指せるゴールを作る

男女関係における倦怠期は必ずやってくるものです。そのため、このような期間が来ることは大前提だと考えた上で、その倦怠期をどうやって乗り越えていくかを考えるかがとっても大事なのです。

ここからは、そうした男女関係には切っても切り離せないともいえる倦怠期のうまい乗り越え方を紹介していきたいと思います。まずはじめに、カップルであれ夫婦関係であれ、パートナーと同じ気持ちを共有することは、互いの信頼関係、絆を深めるうえで大変効果的であり、つらい倦怠期を何事もなく乗り越えるうえでとても効果的と言えます。

そのため、互いに気持ちが共有できる機会を積極的に作るのはとても良いことだと考えられます。例えば、ある共通の目標などを設定して、二人でそれに向かって頑張っていこうとする過程は、互いに感情を深く共有させ、互いの信頼関係を今まで以上に強くしてくれることが期待できます。

倦怠期というつらい期間だからこそ、このように互いの気持ちを深く共有することがなによりも大事なのです。

一人の時間を大切にする

倦怠期なのに、必要以上にパートナーに対して、接触を持とうとしてしまう人がいます。このように倦怠期という期間であるのにもかかわらず、必要以上にパートナーにからもうとするのは実は要注意なのです。というのも、倦怠期という期間は、カップル、夫婦間においての過熱感がひとまず冷めた状態と言えます。

この時期はまた加熱するための準備期間として男女関係におこる自然的なものと言えます。しかし、この期間に不必要に男女間に熱を持たせようとすると、男女間にある適度なバランス関係が崩れ、常に互いに情愛が満たされた状態が余儀なくされる、言わば依存関係に陥ってしまう恐れがあるのです。

そして、この依存関係は、男女間の恋愛感情を破壊してしまう恐れがあるのです。そのため、倦怠期には適度に距離をおいてカップルとして自然な関係を維持させることに努めましょう。そのうえで、互いに一人の時間をしっかりと持つようにすることは、大事と言えるでしょう。

一緒に旅行に行ってみる

普段は男女関係の中で行わないような新鮮な事を行うことも男女関係に訪れる倦怠期を解消するうえでは有効だと考えられます。やはり、互いの気持ちが冷めてしまうのは、互いの関係及びその関係から経験できる事へのマンネリ化が問題だとも考えられるのです。

つまり、そのようなカップル、夫婦間におけるアクティビティのマンネリを解消することは、男女間の倦怠感の解消にも深く繋がっているのです。そして、そんな非日常的なアクティビティとしておすすめなのが、互いにまだ一緒に行ったことのない所へ旅行に行ってみることです。

旅行は普段は訪れることのない新鮮な風景と空気、そして体験を与えてくれます。そして、そんな新鮮さをパートナーとともに感じることで、男女間の関係もいい具合にリセットできる可能性があるのです。

オシャレしてデートに行く

上でも紹介したように、男女関係におけるマンネリ感は倦怠期を長引かせる原因にもなります。そのため、男女間のマンネリ感をしっかりと排除していくことが倦怠感を無くす事においてとても大事なのです。そして、そういったマンネリ感は見た目にも現れてしまうのです。

例えば、いつも同じような服装、化粧、香水ばかりしていると、その人の印象は固定化され、新鮮さを失い、詰まる所マンネリ感のかたまりになってしまうのです。そんなマンネリ化したパートナーを見る事で、どこか愛情が覚めてしまう人も多くいるのです。

そのため、倦怠期というただでさえ愛情が冷え込んでいるような時期には、相手にいつもと違った新鮮なイメージを与えられるような服装、行動を積極的に取り、脱マンネリをするようにしましょう。

例えば、なんとなく、いつものようにデートに誘って、そこでいつもとは違ったお洒落な姿を見せてあげれば、パートナーもあなたに対して冷えていた感情を再燃させるかもしれませんよ。

思い出を一緒に振り返る

上でも紹介したように、互いの気持ちの共有は互いの関係を大きく発展させる力があるようです。そのため、過去に互いが作った感情の共有した物を思い出を通して、再利用してみるのも、倦怠期を乗り越えて、互いの関係を愛情の満ちた関係に復活させるうえで効果が期待できるものと考えられます。

例えば、過去に一緒に体験した辛かった事、楽しかった事、悲しかったことなど、互いの共有された感情が深く残っている思い出を二人で何気なく話し合ってみるという事は、互いの関係の発達ないしは倦怠期の解消に役に立つのです。

パートナーがいなくなったらと考えてみる

倦怠期の時期は男女互いにパートナーに対してその必要性が十分に感じられなくなる時期とも言えます。そのため、なんとなく、その場の流れで別れてしまおうとするカップル、夫婦も少なくありません。このような気持ちを持つ事は、倦怠期特有のものといえるもので、注意が必要と言えます。

そのため、パートナーの必要性を再認識できる機会をこの時期に積極的に持つことがその解消として有効と言えるでしょう。とはいえ、倦怠期中は中々、互いに接触しづらく、そういった互いの必要性を感じられるような機会を作ることは難しいと言えるでしょう。

その様な場合、パートナーがいなくなった時の事を考える癖を身につけましょう。このように、別れた後、現実的に自分に起こり得る後悔を容易に想起させやすい、このような現実的な想像はあなたの中にある倦怠期に汚染された軽いパートナーへの気持ち(必要性)を改善してくれる大きな力となるでしょう。

まとめ

倦怠期は辛くて苦しい期間ですが、2人の関係を真剣に考える良い期間でもあります。付き合い始めは、好きな人と一緒にいれるだけで満足だったり、恋愛をしている高揚感から、幸せな気持ちでいっぱいになるものです。しかし、気持ちが落ち着いてくることで、本当に相手のことを好きなのか、欠点も受け入れることができるのかと考えるようになれます。

倦怠期を乗り越えられれば、今まで以上に強い絆で結ばれるようになり、付き合い始めにはなかった安心感や、愛情、信頼を感じることができるでしょう。倦怠期を悪いことだと思うのではなく、お互いをより知るためのステップだと思うことで気持ちも楽になりますよ。試練のあとには、今まで以上に恋愛が盛り上がることもありますから、ずっと一緒にいたいと願うなら、しっかりと向き合っていくといいですね。