女性と男性が思う可愛いの違いは?可愛くなるためにしたい15のこと

女性なら誰でも可愛くなりたいと願ったことがあるのではないでしょうか。「好きな人に可愛いと言われたい」「男性からモテるようになりたい」「他の女の子から一目置かれたい」「自分に自信を持ちたい」など可愛くなりたい理由は人それぞれです。

可愛いと一言でいっても、感じ方は人によって変わってきますし、女性が思う可愛さと男性の思う可愛さが違っていることもあります。

外見や内面など、可愛くなる方法はたくさんあります。何もしないで願っているだけでは、自分を変えることはできません。

どんなに可愛い人でも、努力をしていたり、日頃からケアをしているものです。男性や女性が可愛いと思う違いを理解して、可愛くなるために何をしたらいいのか知っていきましょう。

女性が思う可愛い人

いつも明るくポジティブな人

いつも明るい人は、一緒にいると楽しい気持ちになれます。どんなに顔が可愛くても、いつも不機嫌だったり、暗い人だと可愛いと思えなくなっていきますよね。人の悪口を言わず、どんな場面でも明るくポジティブでいる人は、女性から見てもとても可愛く見えるものです。

いつも明るい人は、その場の空気を作り出すため、周りに人が集まりやすかったり、人付き合いが広いことがあります。その分、男性との出会いも多くなるので、モテることも多いでしょう。嫌なことがあっても顔に出さず、うまく受け流すことができる賢さも感じるため、性格も美人に感じて、さらに可愛く見えることもあります。

メイクがうまい人

メイクが上手じゃない人からすると、キレイにメイクをしている人はとても魅力的に見えますよね。メイクがうまい人は、どういったメイクをすれば、自分が可愛く見えるのかを知っています。元からスッピンが可愛い人は、素顔を活かすようなメイクをしていたり、スッピンに自信がない人は、メイクで別人のように可愛くなれる術を身につけています。

メイクがうまい人は、メイク術を研究していたり、流行のメイクを常にチェックするなど努力をしていることが多いです。可愛くなるための努力や研究をしていることで、自分の長所がわかるようになるのでしょう。

ファッションセンスがいい人

おしゃれに敏感な女性にとって、いつも服装がおしゃれな人は可愛く見えますよね。

ただ高いブランドのものを身につけているわけではなく、小物使いが上手だったり、色のバランスがいいとその人自身のセンスを感じて魅力的に見えるものです。ファッションセンスがいい人は、流行をチェックしているだけでなく、自分の個性を出すことも大事にしています。

個性を大事にすることは、自分への自信も身に付きますから、その人だけの可愛さが際立って見えるのでしょう。ファッションセンスは生まれ持ったセンスでもありますが、努力をして身につけることもできます。ファッションセンスがいい人が近くにいる時には、どういったものを身につけているのか参考にしてみてもいいでしょう。

スタイルがいい人

背が高く、脚が長いモデル体型のようなスタイルの人は、女性にとって憧れの対象になりやすく、可愛く見えるものです。

痩せている女性や、くびれがあり全身のバランスがいい女性は羨ましく感じますよね。男性にとっては、ぽっちゃりとした体型の方が人気があったりもしますが、女性が可愛いと思う人はほっそりとしたタイプが多いようです。

スタイルがいい人は、ファッションも楽しめたり、どんな服装でもきれいに見えます。ジーンズを履いた時にお尻がキュッとしていたり、スカートを履いた時に脚がきれいに見えると可愛く感じるものです。また、バストが大きかったり、形がきれいな人に女性は憧れることもあります。

髪がきれいな人

ツヤがあり、傷んでいないきれいな髪の毛は、女性にとって憧れるものです。髪の毛がきれいな人は、女性らしさを感じるからでしょう。女性に人気のある女優やモデルなども、シャンプーなどのCMに出演している人が多く、髪の毛がきれいなイメージがあります。特にロングヘアの女性は可愛いといわれることがありますね。

髪の毛は、かきあげる時や耳にかける時の仕草で、女性らしさをアピールすることがあります。結んだりアレンジをすることで印象が変わるのも、その人を可愛いと感じる瞬間でしょう。髪をかきあげたり、結んでいる姿は、男性にも人気がありますが、女性にとっても魅力的に見えるものです。長さだけでなく、ヘアスタイルが素敵な女性も、年齢に関わらず可愛く見えますね。

肌がきれいな人

女性が可愛いと思う条件には、美肌は欠かせないものです。肌にハリツヤがあると若々しく見えることもあり、可愛く感じますよね。実際、肌がきれいな人は、実年齢よりも若く見えるものです。反対に肌荒れがひどい人は、若い世代でも実年齢より老けて見えたり、自分へのケアを怠っているように感じてしまいます。

肌がきれいな人は、スキンケアをきちんと行っている印象も受けるので、女子力の高さを感じることができます。常に自分に気を使っていることが、可愛さをキープするのに大事なことかもしれません。肌がきれいな人はもちろん男性にも人気がありますが、女性の場合は自分もそうなりたいという憧れから可愛く感じることが多いでしょう。

雰囲気がある人

女性には母性本能があるため、赤ちゃんや子供のような幼い雰囲気のある人を、可愛いと感じることがあります。優しい雰囲気を持っていたり、一緒にいるだけで癒されるような人は、スタイルや顔にあまり関係なく、可愛いと思われる場合が多いですね。個性的な雰囲気を持っている人も可愛いといわれることがあり、女性は全体のイメージや醸し出している雰囲気で可愛いと感じるようです。

女性は、スタイルがよかったり、顔が可愛いといったことがなくても、雰囲気に可愛さを感じるため、男性とは可愛いの意味が違うことがあります。マスコットのような可愛さや、ゆるい印象を可愛いといっていることがあるので、男性との行き違いが起こることもあります。

可愛い子を紹介するつもりで男性に会わせたけど、がっかりされたということもあるので、男性と女性が思う「可愛い」の違いを理解しておきましょう。

男性が思う可愛い人

いつも笑顔を絶やさない人

男性は女性の笑顔を見ると可愛いと感じるようです。それまではなんとも思っていなかったのに、笑顔を見たら意識するようになったということもあるそうですよ。男性にモテる女性を見てみても、いつも笑顔を絶やさない明るい人が多いですよね。女性も明るくポジティブな女性が可愛く感じるように、男性もいつも明るく笑っている女性に好意を抱きます。

一緒にいても無表情だったり不機嫌な人よりも、笑顔でいる人の方が魅力的に感じるのは当然かもしれません。笑顔でいる人は、身近に感じることもでき、親しみも湧いてきます。男性は、女性が笑顔でいることで安心感を感じたり、楽しませていると自信を持つことができることも魅力に思う理由のひとつでしょう。

隙を見せてくれる人

男性にとっては、完璧すぎる女性は近寄りがたいイメージがあり、話しかけづらいことがあります。少しでも隙がある人は、守ってあげたいと思うため、男性から見て可愛いと感じるようです。クールな女性や隙を見せない女性は、プライドが高かったり、冗談が通じない人だと思われることがあります。

隙を見せなかったり、完璧な女性を演じすぎると、コミュニケーションを取りづらくなることもあります。元から男性に頼るのが苦手だったり、隙を見せたくないという人もいるでしょう。しかし、男性は女性よりも優位に立ちたいと思っていたり、女性をリードしたいという本能的な願望があるので、男性を立てる気持ちで接するといいかもしれません。

相手とのコミュニケーションを円滑にするためにも、男性と話をする時には、少し気を緩めたほうが可愛いと感じてもらえるでしょう。

甘え上手な人

甘え上手な人は、ぶりっ子に見えたり、八方美人に感じることから、女性にはあまり良く思われないことがありますよね。しかし、男性は女性に頼られたいという気持ちがあることから、甘えてくる女性は素直に可愛いと感じるようです。わざとやっているのがバレバレな人は、嫌がられることもありますが、大人な男性からすると、計算で甘えてきているのも、それはそれで可愛いということもあるようです。

男性に甘えない女性は、1人でなんでもできるようなイメージがあったり、自分の出番がないような気がして可愛げがなく感じられることもあります。たとえ自分でできることでも、時には男性に頼ってみたり、寂しい時は甘えるようにすると可愛いと思われるかもしれません。いつもクールな女性が頼ってくると、ギャップで女性らしく感じることもあるでしょう。

天然orほんわかしている人

天然だったり、雰囲気がほんわかとしている人は、男性に可愛いと思われることが多いです。ほんわかとしている女性は、家庭的なイメージがあり、柔らかのある女性らしさを感じるようですね。動きがゆったりとしていたり、話をしている時ものんびりと話すような人は、それほど外見が好みでなくても好意を持たれやすいでしょう。

天然だったり、ほんわかしている人は、男性からすると守ってあげたい気持ちになることもあります。自分がいないと何もできないと思ったり、女性から頼りにされると余計に可愛く思えることから、放っておけなくなるようですね。あまりわざとらしすぎると逆効果ですが、男性に可愛く思われたい時には、喋り方や動きを柔らかくしてみるといいかもしれません。

気配りができる人

気配りができる人は、周りの人を常に気にしていたり、細やかな心配りができることから、男性にモテることがあります。気配りができると女子力が高いように感じますし、自分のことを大事にしてくれるように感じて可愛くみえるようですね。

自分から行動することや、相手が求めていることを瞬時に判断できることは、社会人として大事です。しかし、なかなか上手に気配りをできている人は少ないもので、気配りをしているつもりが、反対に相手に気を使わせていることもあります。アピールするように感じることもあり、本当の気配りができている女性を魅力的に感じるのでしょう。

すっぴんが可愛い人

メイクをしている時に可愛いだけでなく、すっぴんも可愛いことは男性にとって大事なことです。女性のすっぴんは許された人にしか見せない顔ですから、男性には特別なものです。そのすっぴんが可愛ければ、よりその人を好きになるのかもしれません。特にメイクをしている時と、すっぴんの時に差がないと嬉しいようですよ。

男性はメイクをしっかりとしているよりも、すっぴんに近いナチュラルメイクを好む傾向があります。すっぴんに自信がないからとメイクを濃くしすぎると、すっぴんとの差がつきすぎてしまうことがあるので、自分の素顔を活かすようなナチュラルメイクをしてみましょう。

素直で愛嬌がある人

感情がわかりやすく、素直な人は親しみやすいものです。たとえばプレゼントを贈ったときに無反応な人よりも、素直に喜んでくれる人の方が可愛く見えますよね?素直な人は感情が豊かで、一緒にいて楽しく感じることが多いです。あまり感情を表に出せない男性には、素直に感情表現をする女性は魅力的に感じるのでしょう。

素直で愛嬌がある人は、女性でも可愛く見えたり、仲良くしたいと感じます。しかし、愛嬌のある可愛い人になろうとして、勘違いをしている女性もいるようです。愛嬌といっても、ただ笑顔を振りまいているだけだと八方美人だと思われることがあります。また、素直になろうとして自己主張が激しいと、単なる自己中だと思われることもあるので、やりずぎないように気をつけたいですね。

可愛くなるためにしたいこと9つ・外見編

1.ヘアスタイルを変えてイメチェンしてみる

見た目を変えるのにいちばんやりやすいのは、ヘアスタイルやカラーを変えることでしょう。ヘアスタイルやカラーを変えるだけでイメージがガラッと変わりますし、印象を変えたい時にすぐにできるのでおすすめです。

可愛いヘアスタイルというと、ふんわりしたパーマやストレートロングなどが女性らしくて人気です。髪が短い人でも、マッシュなどボリュームのあるヘアスタイルにすることで、女性らしさを表現することができます。カラーはブラウン系やピンク系など明るめにすると、女性らしい印象になりますよ。

センスに自信がないと悩んでいる人は、美容師さんにお任せすると上手にイメチェンすることもできます。「可愛く女性らしくなりたい」とイメージを伝えると、自分の顔の形や全体の雰囲気に合わせたヘアスタイルを提案してくれるでしょう。憧れの芸能人やモデルなどがいるなら、写真を持っていくとイメージが伝わりやすくなります。

2.自分に合うメイクを研究する

可愛くなりたい時には、自分に合うメイクを研究してみることも大切です。メイクが下手だったり、自分に合うメイクができていないと、魅力も半減してしまいます。好きなメイクが自分に合っているメイクとも限らないので、いろいろと試してみましょう。メイクのやりかたがわからない時には、上手にメイクをしている友達を参考にしてみたり、雑誌などのメイク術を実践してみましょう。

デパートなどの化粧品コーナーでは、メイクのアドバイスをしてくれる所もあるので、利用してみてもいいですね。メイクアップアーティストなどの講座を受けてみるのもおすすめです。せっかくメイクをきれいにできても、肌荒れやニキビができていたらもったいないので、しっかりとスキンケアも行うことが大事ですよ。

3.良い姿勢を心がける

きれいな姿勢で座っていたり、立ち姿がきれいな女性は魅力的に感じますよね?良い姿勢でいる人は、第一印象が良くなります。つい猫背になったり、座っている時に脚が開いてしまう人は、常に良い姿勢を心がけるようにしましょう。姿勢はクセになっているので、なかなか直すことができません。誰かが見ている時だけでなく、1人の時にも良い姿勢にすることを意識しておくことが大切です。

姿勢を良くするには、ヨガやストレッチなどを行うのもいいでしょう。腹筋や背筋をしっかりとつけることで姿勢を保ちやすくなります。良い姿勢をするとバストアップ効果やダイエット効果もあるので、可愛くなるために努力しましょう。

4.ファッションを変えてみる

男女ともにおしゃれな女性は可愛いと感じるので、ファッションを変えてみると、魅力的に感じられることがあります。男受けするものと女受けするものは違うことがありますが、どちらにも好感度を持たれるのは、清潔感のあるファッションです。いくらおしゃれをしていても、汚らしく感じるものは可愛いと思われないので気をつけましょう。

雑誌や芸能人のファッションを参考にする時は、そのまま真似しているだけでは、自分らしさがなくなってしまいます。トレンドを意識しつつ、自分の個性を出すようにしましょう。あまり奇抜すぎると近寄りがたいと感じる男性も多いので、程よいおしゃれを楽しむといいですね。

5.ネイルで気分を変えてみる

ネイルに気を使っている女性は、女子力が高いと感じるため、男性にも女性にも可愛いと思われるでしょう。いつも同じようなネイルをしている人は、気分によってデザインを変えてみるといいですね。ネイルを変えるだけで、女性らしい仕草を意識するようにもなり、自分にも自信が持てるでしょう。

シンプルなデザインやカラーは清潔感も感じられるので、女性らしさが際立ちます。長さのあるネイルや派手なネイルをしていると、人によってはあまり良い印象を持たないこともあります。特に仕事の時や、食事をしている時にはネイルが気になることがあるので、TPOをわきまえて楽しむようにしましょう。

6.お風呂でのリラックスタイムを作る

毎日のお風呂をシャワーで済ましているという女性は、湯船に浸かることをおすすめします。湯船に浸かると、新陳代謝が良くなるので、肌がきれいになり、むくみも取ることができます。また、湯船に浸かりリラックスする時間を作ることで、ストレスも解消できます。イライラしたり、ネガティブな気持ちになってしまうことが多い人は、お風呂でのリラックスタイムで癒されましょう。

お風呂で体を温めてリラックスすると、自律神経を整えることができ、女性ホルモンも整います。バストアップや女性らしい体を作るには、女性ホルモンを整えることが大事ですから、外見をきれいにしたい時には、40度のお風呂に20〜30分程度ゆっくりと浸かるといいでしょう。香りのいい入浴剤やアロマオイルを使うと、相乗効果でより気分がリラックスできますよ。

7.ムダ毛のお手入れをする

彼氏がいない人や、恋愛から遠ざかっていると、ムダ毛のお手入れを怠ってしまうことがあります。特に冬は洋服で隠れるからと、何もお手入れをしていないという人もいるでしょう。しかし、誰に見せるわけでなくても、ムダ毛のお手入れをしっかりと行い、女性としての意識を高めることが可愛くなる大事な一歩です。

彼氏がいない時こそ、女性として磨きをかける時期です。今では低料金の脱毛サロンも多くなってきているので、自分でお手入れをするのが面倒な人も、気軽に脱毛をすることができます。きれいにしようと心がけるだけで、気持ちも引き締まり、女性らしいオーラが出るものですよ。

参考

おすすめの脱毛サロン人気12選!口コミ・安さ重視など選ぶポイントや注意点もご紹介!脱毛サロン時々エステ

8.無理のないダイエットをする

自分に自信が持てないなら、それなりの努力をすることも必要です。痩せてて可愛い人を羨むよりも、自分も可愛くなるために行動することが大事です。可愛くなるためにダイエットをする時には、すぐに痩せようと無理をせずに、時間をかけて行いましょう。

過度な食事制限や激しい運動は、体調を崩したり、肌荒れの原因になることがあります。栄養バランスのとれた食事を心がけて、適度な運動でダイエットをすることで、健康的に痩せることができます。

女性の場合、痩せてほっそりしている人が可愛いと思われがちですが、男性から見ると、少しぽっちゃりとしている方が、女性らしくて可愛いと感じる人が多くいます。あまり体重にこだわりすぎて、痩せ過ぎてしまうと、女性らしさがなくなってしまうこともあるので気をつけたいですね。

9.生活習慣を見直す

可愛くなりたいと思った時には、生活習慣を見直してみましょう。夜更かしをしていたり、不規則な生活をしていると肌荒れやニキビができたり、代謝が悪くなって太りやすくなることがあります。外見を可愛くしたいなら、睡眠時間をきちんと確保して、栄養のある食事をしっかりととることが大事です。

甘いお菓子ばかり食べていたり、ファーストフードやインスタント食品ばかり食べていると、外見に影響が出るだけでなく、イライラしやすくなったり、ネガティブな考えをしやすくなるため、精神的にも影響が出てきます。心に余裕がないと、可愛くなるための努力も苦痛に感じてしまうので気をつけましょう。

可愛くなるためにしたいこと6つ・内面編

1.ネガティブなことを考えない

可愛くなるためには、自分に自信を持つようにしましょう。自分のことをブスだと思い込んでいると、ネガティブな考えしかできなくなり、表情も暗くなって魅力的に見えなくなります。ポジティブな考え方をするだけでも、素直な態度がとれるようになるので、相手に与える印象は大きく変わります。

顔や容姿に自信がないのなら、ダイエットをしたり、メイクを変えてみるなど行動してみましょう。ただ落ち込んでいるだけでは、どんどん魅力がなくなってしまいます。どんなに外見が可愛くてもネガティブな考えしかできない人は、一緒にいても楽しくないですから、まずは性格美人を目指すようにしましょう。

睡眠不足になっていたり、ストレスを抱えていると、自律神経が乱れてネガティブな考えしかできなくなることもあります。自律神経を整えるためにも、睡眠時間を十分に確保し、体をしっかりと休めて、栄養バランスのとれた食事をするようにしましょう。起きてから10分でも太陽の光を浴びるのも効果的ですよ。

2.言葉遣いに気を付ける

外見が可愛くても言葉遣いが悪い女性は印象が悪くなるものです。男性の前では気をつけているけど、友達や家族の前では、つい言葉遣いが悪くなってしまうという人もいるのではないでしょうか。言葉遣いは普段から気をつけていないと、ちょっとした時に口に出てしまうものです。「可愛いと思っていた女性が汚い言葉を使って一瞬できらいになった」ということもよくあります。

「ヤバい」「マジ」「うざい」などは、嬉しかったり怒った時など、感情的になるとつい言ってしまう言葉です。口走ってしまう前に、本当に口に出していい言葉か考えるようにしましょう。意識することで自然と使わなくなっていきます。可愛く見えるというだけでなく、きれいな言葉遣いをすることは、大人として当たり前のことです。恥ずかしい思いをしないためにも、言葉遣いには注意しましょう。

3.聞き上手になる

自分の話ばかりしていたり、常におしゃべりをしている女性は、自己主張が激しく見えることから可愛いと思われないことがあります。特に男性は女性のようにおしゃべりが得意ではない人もいるので、ずっと相手に喋られると疲れてしまいます。男性の話にきちんと耳を傾けるようにすると、自分に興味や関心を持ってくれていると感じて、可愛いと思われるでしょう。

聞き上手になるには、その人の話の腰を折らずに、聞き役に徹するようにしましょう。人は自分の話を聞いてもらっている時には、脳内に快感物質が放出されます。自分に自信を持つこともできるので、聞いてくれている相手に好意を持ちやすいといわれています。相手の目をしっかりと見て、話している内容に合わせて質問をしたり、相づちをすることも聞き上手になるコツです。

4.笑顔を絶やさない

常に笑顔で明るい人は、男性にも女性にも人気があります。常に笑顔でいる人は、一緒にいるだけでも明るい気持ちになれますし、親しみやすいからです。可愛くなりたいと思ったら、まずは笑顔を絶やさないように意識してみましょう。意識をして笑顔でいるだけで、本当に明るい気持ちになることができますよ。

笑顔を絶やさないようにすると、印象が良くなるだけでなく、美容面でも効果があります。笑顔を作ると顔の筋肉である表情筋が鍛えられるので、たるみや毛穴の開きを改善できます。顎もシャープになり、外見的にも可愛くなれるので、なるべく笑顔でいるようにしましょう。

5.気配りをする

自分のことだけを考えていたり、人のことを気遣えない人は、どんなに外見が可愛くても魅力的ではありません。特に男性は気配りのできる人を女性らしく感じるので、自然と気配りができるようになれば可愛いと思われることもあるでしょう。

気配りのできる女性になろうとした時に注意したいのは、アピールをしないことです。気配りは相手を思いやることですから、本当に気配りのできる女性は、やってあげたことをアピールしないものです。好きな人に優しい人だと思われたいからと、わかりやすくアピールしてしまうと、逆に引かれてしまうこともあります。自然と出しゃばらない程度に気配りをするようにしましょう。

6.恋をする

「恋をすると女性はきれいになる」といわれるように、可愛くなるためにいちばん効果的なのは恋をすることです。その理由は、恋をすることで女性ホルモンが活性化し、自然と女性らしさがでてくるからです。幸せを感じやすくなり、ポジティブな気分になることで、外見も内面も可愛くなることができます。可愛くなるための努力も、好きな人のためだと思うと頑張れますよね。

実際に恋をしていなくても、好きな芸能人を作ったり、妄想だけでも女性ホルモンは活性化します。

現実に好きな人がいない人は、頭の中で恋をしてみましょう。ただし、つらい恋はネガティブな考えになったり、精神的にも不安定になりがちです。睡眠不足や食生活が乱れることもあり、外見にも内面にも影響が出るので気をつけましょう。

飾らない自分が一番可愛い!

外見や内面を磨くことで可愛くなる方法はたくさんあります。

容姿に自信がなかったり、性格を変えたいという人は、自分に自信が持てるようにいろいろな方法を試してみましょう。

可愛くなりたいと思っている時には、今の自分を否定してしまうことがあります。しかし、可愛いと思う感性は、人によって違うことを覚えておきましょう。

今のままでも十分可愛いのに、否定ばかりして魅力がなくなっているということもあります。

飾らない自分がいちばん可愛いということもあるので、まずは自分の長所を理解することから始めるといいですね。誰ひとりとして同じ人間はいませんから、自分だけの可愛さを最大限に引き出してあげることが大切です。