【会話が苦手】なら必見!たったこれだけ?会話上手になる5つの方法

あなたは会話が得意ですか?それとも苦手ですか?もし、会話が苦手だと認識していて、それを克服したいと思っているなら、是非試してほしい5つの方法があります。誰にでもできる、簡単なたった5つの方法です。会話上手になれれば、人間関係や仕事もスムーズに進むと思いませんか?気になる方は是非チェックしてみてください!

会話は苦手ですか?

このページをご覧いただいているという事は、もしかしてあなたは会話が苦手なのではないでしょうか?自分のことを会話下手だと思っていませんか?もちろん物事には得手不得手があります。でも、人間関係を円滑にするためにも、会話が弾むにこしたことはないですよね。

こちらでは、会話が続かない理由や、会話が続かない人の特徴、そして会話が続かない時の対策方法をご紹介いたします。是非ご覧いただいて、明日からの会話に役立ててください!

会話が続かない理由

「お願いだから黙って!」と言われる人がいる反面、「実は会話が苦手で…」という人も沢山います。誰に対しても会話が苦手な人もいれば、状況によっては会話が苦手という場合もあるでしょう。会話が弾むと相手の人との関係をグッと縮めることもできますし、会話が続かないと気まずい雰囲気が流れてしまうこともありますよね。ここで、会話が続かない理由を考えてみましょう。

話をきちんと聞いていない

何とか会話を続けなければ!という焦りなのか、そもそもそういう性格なのか、理由は様々だと思いますが、会話が続かない理由の一つに、“人の話をきちんと聞いていない”という事が挙げられるのではないでしょうか?

そもそも会話とは言葉のキャッチボールです。ただ、音が出ていればいいわけではありません。内容のやり取りをしてこそのものだと思いませんか?人と話をしているときに、会話を続けなければならない、という気持ちで焦ったり、相手が話している間も、次にどんなネタを話そうか?とそちらに意識が行ってしまい、相手の話がうわの空になってしまってはいませんか?

相手の話を理解して、そのことに対する意見や更なる質問を投げかければ、会話は自然と成立します。そうしていても会話にならない相手だとしたら、あなたが会話下手なのではなく、相手に原因があるのかもしれませんよ。

脈絡のない質問を投げかけ続けている

会話というのは、自然の流れで盛り上がるのが理想的ですよね。でも、会話が苦手だと自覚している人は、もしかすると、話に詰まったらこれを話そう!とあらかじめいくつか会話のネタを用意しているかもしれません。もしかして、そのネタを片っ端から話してませんか?

会話というのは、言葉を借りた心のキャッチボールです。あなたが用意した“ネタ1”に対することを答えたのに、それにはコメントがなく、すぐに“ネタ2”を話されてしまったら相手はどう思うでしょうか?自分が話したことと全く関係のない言葉が相手から出てきたら、あれ?相手が期待した回答じゃなかったのかな?この話を早く切り上げたいのかな?と心配になってしまいませんか?

もし焦りのあまり、相手からのコメントを無視し、自分が用意したネタを順番に投げつけているだけなら、それはキャッチボールにはならず、ただの暴投ではないでしょうか?予め会話の内容を準備しておくということはいいことだと思います。ただ、ネタを投げ続けるのではなく、できるだけ一つのネタで会話をするように心がけてみましょう。

会話が続かない“会話下手”な人の特徴

会話下手という認識が強すぎる

会話が苦手な人というのは、自分が会話が苦手だと“認識している”人だといっても良いでしょう。実は、会話が弾まない人でも、そのことを自覚していなければ気にもしていない人も、この世の中にはたくさんいるのです。

話しかけられても、「うん」「違う…」などの短い返事しかしない人や、質問に対する答えが単語の人もいます。しかも、そのことを相手に突っ込まれたとしても、全く気にしない人もいるのです。こんな場合は、“会話がヘタな人”という風になるのでしょうか?

この場合周囲からは、無口な人、あまりしゃべらない人、というキャラ付けをされるだけで、「会話下手だな」と決めつけられるようなことは、あまりないのではないでしょうか?そもそも会話というものは一人ではできません。会話が続かない、というのは片方だけの問題ではないのです。会話が続かずに悩んでいる人は、もしかすると自分のせいで会話が続かないと“気にしすぎ”なだけなのかもしれません。

気の利いたことを言わなければと思っている

私たちは、お笑い芸人のように会話の面白さを仕事にしているわけではありません。また気の利いたコメントをするコメンテーターでもありません。何もそんなに気の利いたコメントを求められているわけではないのです。

会話下手だと自覚している人は、無意識のうちに“気の利いたコメントをしなければ!”などと思ってはいないでしょうか?実は会話というのは、気の利いたコメントを出さなくても、十分に盛り上がることができるのです。

『あなたの話を、興味をもって聞いていますよ』というという事さえ伝われば、相手は気持ちよく話しを続けるでしょう。誰もあなたに気の利いたコメントなど求めていません。ただ、話を聴いて時折意見を言ってくれれば十分なのです。

会話下手を卒業する方法

会話に苦手意識のある人は、圧倒的に『会話が楽しかった』という経験が少ないのだと思います。会話が続いたり、笑い声が多い会話をすることができれば、自然と苦手意識もなくなっていくはず。でも、最初からハイレベルな結果を求めずに、徐々にステップアップしていきましょう。こちらでは、会話が続かないと自覚している、会話下手さんが比較的取り組みやすい方法をご紹介します。会話のコツをつかんで、苦手意識を克服しましょう!

表情に意識する

会話が苦手だと意識するあまり、話しかけられたときに緊張で表情がこわばってしまってはいませんか?目は口ほどにものを言う、という言葉があるように、表情は感情を伝える重要なツールです。

会話が苦手で、気の利いた返事ができなかったとしても、会話の中に口を挟めなかったとしても、あなたが笑顔を絶やさずに聞いていてくれれば、周りの人からは「会話に入っている」と受け取られることでしょう。

もちろん会話の内容にもよりますが、できるだけ微笑みを絶やさずに、その場にいることを心がけてみましょう。

聞き上手になる

「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない!」かの有名なマリー・アントワネットのお言葉です。パンを作る材料がないのに、お菓子を作るなんてことは到底無理であることは、アントワネット以外の誰もが容易に想像できることです。

では「会話がヘタなら、聞き上手になればいいじゃない!」これはいかがでしょうか?材料は相手が提供してくれるので、これならなんとかなりそうですよね?聞き上手になるポイントは、いかに「あなたの会話に興味を持っています」ということを相手に伝えられるかにかかっています。

何も口に出して、あなたの話って面白い!など会話中に挟まなくても「ええ?!」「そうだったの!!」「なるほど!」「知らなった」「凄いね!」「それから?」などの数種類の適した相槌を使えば、その思いは伝わります。あなたが興味をもって自分の話を聴いてくれていることがわかれば、相手はもっと聴いてもらいたくなるでしょう。そして、自分から会話を続けてくれるのです。

会話は一人では成り立ちません。また話す人ばかりでは、盛り上がらないのです。会話は話し手と聞き手がいてこそ盛り上がるのです。会話下手だと思っているあなたは、もしかすると聞き上手になれるかもしれませんよ。そうなると、会話に沿った相槌を打つだけで、会話を盛り上げられることができるのです。

言葉に感情を付け加える

会話の中に、感情を織り交ぜてみるのはいかがでしょうか?ベタな話ですが、会話に困ったら天気の話をすればいい、なんて半ばギャグのように言われたりもしますよね。このような何気ない日常の会話に、あなたの感情を+αしてみるのです。

すれ違いざまの挨拶でもなければ、「今日はいい天気ですね」だけで終わらせるのは、むしろ会話の達人です。相手が「ほんと、そうですねぇ」と言っただけで、次のステージに会話を続けられることができるのですから!

会話が苦手な人こそ、最初の第一歩を大切にしましょう。「今日はいいお天気で、本当に気持ちがいいですよね」とすれば、言葉も長くなり会話という感じがしてきませんか?もしかすると、相手も「ほんとに気持ちいいですよね。こんな日は布団を干したくなりますよね~」などと、次の会話に繋がる答えを返してくれるかもしれません。

もし、ここで相手が「そうですね」だけで終わったとしても、会話としてはあなたの方が上手な感じがしませんか?すると、「自分のせいで会話が続かない」という意識は薄れてくるでしょう。また、自分の感情を付け加えることで、「上辺だけ」という感じもなくなるでしょう。会話の中に、自分の感情を入れるという事を意識してみましょう。

オウム返し作戦

円滑な会話を続けるテクニックとして「オウム返し」がよく紹介されていますよね。オウム返しとは、相手が発言した内容を繰り返すようにこちらも発言することです。「いいお天気ですね」「ええ、ほんといいお天気ですね」。「明日友達とテーマパークに行くんだ!」「あら!明日テーマパークに行くんだね!」など。

でも、こんな会話だけだと長くは続きませんよね?そこで、オウム返しに軽い質問をプラスしてみましょう。「明日友達とテーマパークに行くんだ!」「あら!テーマパークに行くの?いいなぁ。どこのテーマパーク?」「ディズニーに行くの!」「ディズニーに行くんだね、いいなぁ。ランド?それともシー?」「ランドの方だよ」「ランド楽しいよね、私も好き。ランドにはよく行くの?」…と会話は自然に続いていきます。

オウム返しすることによって、相手は自分の発言が認められたと感じるでしょうし、軽い質問が来ることによって、この話に興味を持ってもらえてると安心するので、会話が弾みやすくなるでしょう。また、会話下手さんからしても、会話の内容は自分から作り出さなくてもいいので、比較的ハードルが低いのではないでしょうか?相手の発言を適度に繰り返しながら、軽い質問をプラスする。是非チャレンジしてみてください。

ひとつの会話をある程度掘り下げる

何か話さなきゃ!会話を続けなきゃ!と焦るあまり、次々と質問を繰り出してしまうのは、キャッチボールではなく、一方的にボールを投げ続ける暴投のようなものだと先ほどもご紹介いたしました。人が話が弾んだな、楽しかったなと思うのは、いったいどんな会話をした時なのでしょうか?

それは、1つのテーマで深く語りあえた時ではないでしょうか?会話がコロコロ変わるということは、そもそもそのテーマでは意見があまり出なかった、という事になります。先ほどの、オウム返し+軽い質問を繰り返すと、スムーズに1つのテーマ、もしくは関連性のあるテーマで会話を続けることができます。

途中で自然にテーマが変わるのなら、それはそれでいいことですが、もし会話が途切れたからといって、何の関連性もない話をはじめるよりも、できるだけ関連のあるテーマを選んだ方が良いでしょう

それでも会話が続かない時は…

色んな努力をして、会話を楽しもうと思っても、何をしても会話が続かない場合があると思います。そんな時は少し冷静になって考えてみてください。それはあなたのせいですか?もしかすると、相手も会話下手なのかもしれません。

また、本当に会話したいと願っている相手なのでしょうか?人にも相性があるように、会話にも相性があります。会話にだって思いやりが必要です。こちらが努力しているのに、会話を続ける意思がないことを前面に押し出してくるような人も、残念ながら存在するでしょう。

会話が続かない相手と無理して話そうとすると、ますます会話が苦手になってしまう可能性があります。そんな場合は、自分が会話下手なせいで会話が続かない、と落ち込まず、「相手が悪かった」と開き直って、別の人と会話を楽しみましょう。

会話できそう?

いかがでしたか?会話が続かない原因や、会話が続かない人の特徴、会話が苦手なら是非意識してほしい、会話下手を卒業する方法などをご紹介致しました。どれか一つでも、やってみよう!改善してみよう!と思える内容はございましたか?

記事の中でも言いましたが、会話というのは複数人数で成立するものです。一人ではできません。もし会話が弾まないのは自分のせいだ、と自分を責めているのなら、まず会話の責任は一人ではなく、会話に参加していたみんなにあるという事をしっかり認識しましょう。悪意を持って会話していなければ、どちらかだけが悪いという事はないのです。

まずは苦手意識をできるだけ感じないようにして、少しずつ会話の成功体験をふやしていくようにしてみてはいかがでしょうか?