会社を辞める理由ランキングをご紹介!スムーズに辞めるためには嘘も必要

今の会社を辞めたいけど、どうやって辞めたらいいのかわからないという人もいるかと思います。また、正直な理由を話してもスムーズに辞めることができない場合も考えられますよね。多くの人はどんな理由で会社を辞めているのでしょうか?会社をスムーズに辞める理由を紹介します。

会社を辞める理由は人それぞれ

今の会社を辞めたいと思った時に「なんて言えばいいのだろう」と悩んでしまうこともありますよね。自分が会社を辞めたいと思った理由は必ずあるはずです。「給料が少ない」「残業が多い」「自分には合っていない」などの理由で会社を辞めたいと思う人は少なくありません。しかし、このような自分の本当の理由を伝えることで、必ずしもスムーズに辞めることができるというわけでもないのです。

どうせ辞めるのであれば波風を立てずにスムーズに辞めたいと思いますよね。いきなり本当の理由を伝えることで「周りの人のことを考えない自分勝手な人」というような印象を持たれるようになってしまう可能性も考えられます。

また、辞めるとなった時に「いざこざになったらどうしよう」などとネガティブな思考になってしまうこともあるかと思います。このようなことが原因で「辞めたいのに辞められない」というような状況になってしまうかもしれませんね。会社を辞めたいと思った時にスムーズに辞められる理由を紹介します。今会社を辞めたいと思っている人は是非参考にしてみてください。

多くの人の本当の会社を辞める理由

会社を辞めたいと思うきっかけは必ずあるはずですよね。「人間関係がうまくいかない」「労働時間が自分に合わない」「給料が少ない」などさまざまな理由で会社を辞めたいと思うようになってしまうのです。

しかし、実際に会社を辞めるとなった時に、このような本当の理由を伝える人は少ないと言われています。これは、本当の理由を伝えることで波風が立ってしまう可能性があるからです。多くの人がなぜ会社を辞めたいと思ったのかという本当の理由を見てみましょう。

  • 上司や経営者の仕事の仕方が気に入らない
  • 労働時間や仕事の環境に不満がある
  • 同僚や先輩、後輩との関係がうまくいかない
  • 給与が思っていたよりも低かった
  • 仕事の内容に面白さを感じない
  • 社長がワンマンだった
  • 社風が自分には合わないと感じた
  • 会社の経営方針や経営状態が変化してついていけない
  • キャリアアップをしたいけど今の会社では難しい
  • 昇進や会社での評価に不満がある

というようなことが挙げられます。しかし、実際にはこのような理由で会社を辞めるとしても、この理由を素直に伝える人は少ないということを頭の中に入れておくようにできるといいですね。

会社を辞める理由の中には「嘘っぽい」と思われるものもある

今の会社を辞めて夢を追いかけます

会社を辞める理由として「自分の夢を追いかけます」と伝える人もいるようです。自分の夢を追いかけるのであれば、辞めることになっても仕方がないと思われるようになるかもしれませんね。しかし、このような理由を活用することで多くの人は「ただ単に会社が嫌いなだけなのではないか」「具体性がないため本心がわからない」というような疑問を持つようになる可能性もあるため注意をしましょう。

このような理由で会社を辞める際には「起業をします」「夢のためにこんな職業につきます」などと具体性を持つようにできるといいかもしれませんね。ただ単に「夢を追いかけます」とつたえるようになることで「この人は会社を辞めるために嘘をついている」と思われてしまうかもしれませんよ。そうなってしまえば、辞めると伝えてから退職するまでに自分の仕事をしにくい状況に陥ってしまうかもしれませんね。

自分がいたら周りの人に迷惑をかけてしまうので

本当にいつも失敗ばかりで「周りの人に迷惑をかけている」という可能性もありますよね。しかし、それほど迷惑をかけていない人が「自分は仕事ができないから周りの人に迷惑をかけている」という理由で会社を辞めようとすることで「ただ単に会社を辞めたいだけでしょう」というように思われるようになる可能性も考えられます。

また、「迷惑をかけているという自覚があるのなら仕事ができるように努力をすればいいのに」と悪印象を持たれるようになる可能性もあるため注意をしましょう。本当にこのような理由で会社を辞める場合でも、あまりおすすめできない理由だと判断することができるかもしれませんね。

辞めると伝えた時に「迷惑なんてかかっていない」と言われてしまえば、会社を辞めることが難しくなってしまう可能性もあるため注意をしましょう。

田舎に帰ります

会社を辞めたいと感じた時に「急に田舎に帰らなければいけなくなった」というような理由を活用する人も少なくありません。しかし、この理由は多くの人が活用しているため「この人は嘘をついている」と思われるようになる可能性も高いと言われています。

実際にこの理由を活用して会社を辞めたのに、ある日偶然その人を見かけたということも少なくないのです。自宅から近い会社に勤めている場合には、引っ越しなどをしない限り、辞めた後に遭遇してしまう可能性もあるため注意をしましょう。

本当にこのような理由で会社を辞める場合には、「なぜ田舎に帰ることになったのか」というようなことを詳しく説明できるようにしておくといいかもしれませんね。ただ単に「田舎に帰ります」というよりは具体的な理由を伝えた方が信憑性が出てくるかと思います。本当の理由なのに「嘘」だと思われないようにしてみてくださいね。

スムーズに辞めることができる会社を辞める理由ランキング

1位「キャリアアップがしたかった」

キャリアアップやスキルアップは、円滑に仕事を辞める理由の定番だと言われています。このような理由を活用することで、よりスムーズに仕事を辞めることができるようになるかもしれませんね。また、この理由であれば次の転職先での志望動機としても活用することができるかと思います。

退職するとき、面接を受けるときにそれぞれ理由を考える必要がなくなることで、多くの人がこの理由を活用するのではないかと言われています。また、会社を辞める理由として「自分が思っていた仕事とは違う」「やりたいことができない」「興味があることは全くやらせてもらえない」ということもあるかと思います。

このような理由を素直に伝えれば「自己中心的な人」というような印象を持たれる可能性もありますよね。しかし、この理由の言い方を変えれば「キャリアアップがしたい」「スキルアップがしたい」というようなポジティブな理由として捉えてもらうことができるようになるかもしれませんね。

2位「仕事の内容が面白くなかった」

会社に入る前には「こんな仕事がしたい」というような希望を持っていたかと思います。しかし、実際には思っていた仕事内容とは違い「面白くない」「やりがいがない」と不満を抱えるようになるケースも少なくありません。この時に「思っていた内容と違った」と伝えることで波風が立つようになってしまう可能性も考えられます。

このような場合に「仕事の内容が面白くなかった」というような理由を活用する人も少なくないのです。ただ、これをそのまま伝えるようになると「わがままな人」だと思われるようになることもあるため注意をしましょう。

「自分はこのような仕事をしたいと思っていたのに、全くその業務が自分には回ってこない」などと、自分ではどうすることもできない状況であるということを伝えるようにできるといいですね。このようなことを伝えることで「現状をだはするためには退職するしかない」というような意味を込めることができるようになると言われています。

3位「労働時間や環境に不満がある」

会社を辞めたいと思った時に「労働時間が合わない」「今の会社の環境に不満がある」という理由を活用する人は少なくありません。このような理由である場合にはストレートに理由を伝えるようにしてもいいかもしれませんね。ただ、この時にただ単に労働時間が合わないなどの理由を押し付けるようなことは控えるようにしましょう。

あくまでも、「肉体的に限界で身体が思うようについてこない」「実際に身体を壊して病院通いになってしまった」などと辞めなければいけないような理由をしっかりと持つようにすることが大切ですよ。しっかりと相手にこれを伝えるようにすることで「それならば仕方がない」というようにスムーズに会社を辞めることができるようになるかもしれませんね。

また、今までに「環境を変えたほうがよい」などの提案をしたり、相談をしているのにも関わらず一向に改善しない場合にも、辞める理由を素直に伝えることができるかと思います。

4位「人間関係がうまくいかなかった」

会社の中で、周りの人も関係がうまくいかないということもありますよね。このような理由で退職を行う人も少なくないのです。周りの人と関係がうまくいかなくなることで「仕事がしにくい」「精神的に辛い」という状況に陥ってしまう可能性も考えられます。

このような理由の場合には、まずは上司に現状を伝えて共感を得るようにすることも大切です。相談を行い「改善するためにはどうしたら良いのか」ということを一緒に考えるようにしましょう。このようなことを行っても人間関係が良くなる傾向が見られないこともあります。

その場合には、努力をしたけど改善できなかったということを素直に伝えて「会社を辞めたい」というようにできるといいですね。相談をした時に上司に共感をしてもらえれば、このような理由でもスムーズに会社を辞めることができると考えられています。ただ、誰にも相談せずにいきなりこの理由で辞めることは難しい場合もあるので注意をしましょう。

5位「雇用形態に満足できない」

入社をした時には「正社員として雇用する予定」などと前向きな雇用形態を伝えられていたという場合もありますよね。しかし、実際に仕事を行うようになったら、いつまでたっても正社員にしてくれない、3年で昇格すると言っていたのに昇格する雰囲気もないというような状況になってしまう可能性も考えられます。

このような場合には、素直に「雇用形態に満足できない」「社員登用を前提としていたのにいつまでたっても社員登用をしてくれない」と素直に伝えるようにしてもいいかと思います。入社の時と言っていることが違うということをしっかりと伝えるようにすることでスムーズに会社を辞めることができる可能性も高くなりますよ。

このような理由である場合には、会社の経営が悪化したなどの会社側の理由が絡んでいる場合が多いのです。そのため、この理由で辞めると言われても強く引き止めることができなくなるため、よりスムーズに辞めることができるようになると考えられています。

会社を辞める理由としてNGなこと

会社を辞める理由としておすすめできないものもいくつかあります。どんな理由でも、その場で辞めることができればいいと考えている人もいるかもしれませんね。しかし、より円滑に会社を辞めるためには極端な嘘をつかないようにするということも大切なのです。

よりベストな口実や理由で本当の理由ではないという場合には「前向きな嘘」だと判断することができるかと思います。しかし、会社を辞めたいからといって極端な嘘をつくようになることで、結果的にうそだということがバレるようになる可能性もあるため注意をしましょう。

親が入院をしてしまった、自分の体調が悪くて入院をするなどの極端な嘘をつくようになれば、後々それが嘘だったということがバレるようになるかもしれませんね。嘘だとバレることで自分が大変な目に合うようになることもあるため注意をしましょう。

また、人間関係がうまくいかないという時には実名を挙げるのは控えるようにしましょう。実名を挙げることで、ことが大きくなり波風を立てるようになってしまう可能性も考えられます。また最悪の場合には、辞めたいと思っているのに別の部署に異動するというような結果になってしまうかもしれませんよ。

会社を辞める理由にはある程度の嘘も必要!?

このように会社を辞めたいと感じた時に、その理由を素直に話すようになれば波風が立ってしまう可能性も考えられます。よりスムーズに会社を辞めるためにも、前向きな嘘をつくようにできるといいかもしれませんね。

ただ、その場で考えた適当な嘘になると、「嘘をついている」と思われるようになる可能性もあるため、しっかりと具体性を持つようにしましょう。曖昧な理由では、辞めることが難しくなってしまうかもしれませんよ。