「芸能人みたいに結婚式を海外でしてみたい。」「海外挙式は憧れるけど、やっぱり自分には無理なのかなぁ。」など、海外で結婚式をすることに憧れているけれどちょっと自分には無理かなぁっと思ってしまっている人もいるのではないでしょうか。気になる方はぜひ、読んでみてくださいね

海外での結婚式ってどんなもの?

海外での結婚式に憧れてしまう。広い青空にさんさんと降り注ぐ太陽の中で自分の挙式を挙げることができるなんて、本当に羨ましい。やはりお金持ちの人や芸能人みたいな人しかできないのかなぁ?もし、私もそんなところできたらどんなに最高だろう。

そんな風に憧れている女性も少なくないのではないでしょうか。女性にとって結婚式は自分がお姫様になれるたった一度きりの大イベントです。少しでもいいところで行いたい。最高のロケーションでやりたい!海外で挙式をしたと言うだけで自慢できる。そんな方のために、今回は、海外で結婚式をする場合についてご紹介したいと思います。

海外で挙式をしたいと思っている方におすすめの記事です

どうにか海外で挙式をしたい。両親を海外に連れていくのがずっと夢だった。でも、やっぱり結構費用がかかるのかなぁ?お金がある人でなければできないのかなぁ。っと思っている人もいるのではないでしょうか?実は、海外挙式は意外とそこまで金額はかからないのです。

そこまでこだわらなければ、国内挙式よりも安く済むこともあります。海外挙式をする場合にかかる費用やゲストを招待するべきかどうかなど、詳しくご紹介していきたいと思います。ちょっとでも海外挙式に興味がある人はぜひ、最後まで読み進めてみてくださいね。

 

国内挙式と海外挙式の違いを比較!

まずは、国内挙式と海外挙式の違いをチェックしてみましょう。挙式を行う場所が国内なのか海外なのかということだけではないのです。海外で行うからこそのメリットが沢山あるのです!そのメリットを考慮して、どちらがいいのか考えてみてくださいね。

費用が海外挙式の方が安い

海外挙式の方がお金がかかりそうという。飛行機代もホテル代もかかるから絶対国内挙式の方が安いはず。と思っている人も少なくないのではないでしょうか?思いのほか海外挙式の方が安く済むこともあるのです。海外挙式も国内挙式もどれだけこだわるかにもよりますが、海外挙式でもかなり金額を抑えることができるのです。

国内挙式の相場は大体300万円くらいの方が多いですが、海外挙式の相場は100万円前後。意外と安いですよね。ご両親の旅費も負担するかどうかで金額は変わってきますが、工夫次第でかなり安く済ませることができるのです。ハネムーンも兼ねて行っていると思えば、そこまでハードルが高いものでもないようです。

海外挙式の方が準備期間が短くて済む

海外挙式は準備期間が短くても大丈夫というメリットもあります。国内挙式だとかなり早めの段階から会場をおさえておかなければ、人気の会場だとなかなか取れないということもあります。また、ゲストに予定を合わせてもらうために早めに招待状を送ったり、事前に連絡をとったりとかなりやることが沢山あります。

そのため、早い方であれば挙式の1年くらい前から準備を始める人もいるでしょう。それにくらべて海外挙式は大体半年くらい前から準備を始める人が多いです。簡単な挙式であれば2~3ヶ月前でも十分間に合います。ちょっと旅行のついでに挙げたい。忙しいからさらっと挙げたいという人には海外挙式の方がいいかもしれません。

海外挙式の方が両親はゆっくりできる

国内挙式だとご両親はいろんな方にご挨拶をしなければならないため、かなり忙しいです。自分の子供の結婚式のためにわざわざ来ていただいた方にお礼を言ってまわらなければなりません。自分の子供の結婚式なのにゆっくり見届けてあげることができないのです。

その点、海外挙式だと家族だけの招待がほとんどなので、ゲストへの配慮や挨拶をする心配はありません。万が一友人などのゲストを招待したとしても少人数のことがほとんどなので、そこまでご両親に負担はかからないでしょう。ゆっくり二人の結婚式を見届けてあげることができるかと思います。また、なかなか行けない海外旅行も一緒に行くことができますので、これほど幸せなことはないのではないでしょうか。両親にも楽しんでもらいたいという人は海外挙式を選ばれるといいかと思います。

新婚旅行を兼ねて行うことができる

国内挙式だと、式の費用とは別にハネムーンの旅費がかかってしまいます。しかし、海外挙式だとそのままハネムーンも兼ねて行うことができますので、費用を削減することができます。仕事の関係でなかなか連休を取る事ができないという人は、このようにまとめて行うといいかと思います。

また、海外挙式はどの写真も綺麗に撮れるというメリットもあります。どの角度でカメラを向けても、全てが撮影スポットです。どんな風に撮っても綺麗に撮る事ができるのです。たった一度きりの結婚式の写真。少しでも綺麗な状態でおさめたいですよね。笑顔溢れるとっておきの写真が沢山撮れることでしょう。

費用はどのくらい?安い予算で海外挙式を挙げるには?

二人だけの費用だとかなり安い!

海外挙式は二人だけでできる限り安くおさえたい!簡単に挙式をして写真を撮るだけで十分。という人はかなりお得なプランが沢山あります。どの地域に行くかによっても金額は大きく異なりますが、2名で大体40万円前後でできてしまうところもあります。

このプランの中には挙式やヘアセット、メイク、衣装も含まれています。また、安いところだと7~25万円ほどでできる挙式もあります。平日の挙式や旅行がオフシーズンの時期であればさらに安くなることがあります。また、その中でも朝一の挙式など人気が低い時間帯を選ぶことでもっと安くおさえることができます。

家族だけで行う場合はHISで格安に!
両親を海外に連れて行ってあげたい。お互いの両親だけを連れて行って6人で挙式をしたい。そんな方は、HISの「家族旅婚」というプランがおすすめです。このプランは利用できる人数が限られているので、期間によっては利用できない時もありますので必ずホームペーシで確認をするようにしましょう。

このプランは、安いプランだとグアム4日間6名でなんと88万円というプランもあります。このプランの中には、6名分の飛行機代はもちろん、ホテル代や挙式、衣装、メイク、アルバム、パーティー、送迎までついてこの金額です。こんなに経済的で親孝行ができるプランはなかなかないですよね。これなら両親の分も負担できるという人もいるのではないでしょうか。

親族や友人は招待するべき?

行きたいと言った人だけ招待する

海外挙式の場合、親族や友人を招待するかどうか迷う人も少なくないかと思います。こちらで旅費を全て負担できるのであれば積極的に招待をすることができますが、ほとんどの場合は相手に旅費を負担してもらうことになるかと思います。

誘ってしまうと相手も断れないかもしれない。でも負担はかけたくない。そんな場合は、さらっと招待をして「行きたい!」と言った人にだけ招待をするという方法がいいのではないでしょうか。お金がなくて行けないという人もいれば、お金はあるけど機会がなくてなかなか海外旅行に行けていないという人もいます。喜んで参加したいという人もいますので、とりあえず軽く声だけかけてみるのもいいかと思います。

招待状はどのくらい前に送るべき?

国内挙式と違って、海外挙式は数日間空けてもらわなければなりません。また、費用もかなりかかりますので、なるべく早めに招待状を送っておいた方がいいでしょう。基本的には、挙式の2~3ヶ月前くらいが理想と言われています。しかし、早いに越したことはありませんので、日程が決まり次第、メールか電話で伝えておくといいかと思います。

相手にも旅行の計画を立てる余裕が必要です。挙式に参列するだけではなく、いろんなところに観光したい。そのためにはいろいろと調べる時間もあった方がいいかと思いますので、相手のためになるべく早く伝えるようにしましょう。

ご祝儀はもらうもの?

海外挙式で迷うのが、「ご祝儀」です。国内挙式であれば当たり前のようにいただいていますが、海外挙式の場合はゲストに旅費がかなりかかってしまっています。そのため、ゲストが旅費を負担する場合はご祝儀はもらわない。新郎新婦がゲストの旅費を負担する場合は、ご祝儀をいただく。というスタイルが多いようです。

また、人によっては旅費を一部負担するという方法もあります。お車代を5万円ほどお渡しをしたり、宿泊費だけゲストに負担してもったりなどいろいろなやり方がありますので、ご自身の予算と合わせて決められるといいかと思います。

海外風おすすめドレスはどんなもの?

レースで上品な花嫁に

f:id:ffgai:20170202231816j:plain

ふわふわと広がるウェディングドレスもいいですが、このようにストンとまとまりのあるウェディングドレスも上品で綺麗な印象になります。日本ではあまり見られない形で、ヨーロッパの雰囲気にマッチするデザインとなっています。

レースを綺麗に取り入れられていて、大人の花嫁さんに着こなしやすいドレスなのではないでしょうか。ウェディングドレスは、年齢相応のデザインを選ぶことができるという楽しみもあります。若い時には若い年齢に会うデザインを、大人の女性であれば大人っぽいデザインを選ぶと違和感なく着こなすことができるでしょう。

色が違うリボンで他にはないデザインを

f:id:ffgai:20170202231828j:plain

ウェディングドレスにリボンがついたものは結構ありますが、そのリボンが違う色でデザインされているものはなかなかないのではないでしょうか。まるでプレゼントボックスのように、遊び心があるウェディングドレスとなっています。

みんなの前を歩き回る花嫁にとって、後ろ姿もとても重要です。正面より後ろ姿の方が見られていると思ってもいいかもしれません。正面は顔の表情などでも華やかさを出すことができますが、後ろ姿は髪型やドレスのデザインがとても重要になります。ドレスを選ぶ時はしっかりと後ろ姿もチェックするようにしましょう。

くびれ効果でスタイルよく見せる!

f:id:ffgai:20170202231840j:plain

Aラインのドレスは、くびれをしっかりと見せることでよりスタイルよく表現をすることができます。このデザインは、そのくびれの部分に刺繍を入れることでより引き締まったウエストに仕上げています。柄を中心にもってくることで、より細く見せることができるのです。

ウエストが気になる人は、このようなデザインを選ばれるといいかと思います。白いウェディングドレスはとても綺麗ですが、膨張色でもあるため、体型が気になる人にとっては気になる部分が多いかと思います。しかし、このようにデザイン次第でカバーできるものは沢山ありますので、いろいろと探してみてくださいね。

実際に海外挙式をした人の体験談

「現地スタッフも本当におもしろく、いい方ばかりで、私達と一緒に泣いて喜んでくれました。あんなに温かな対応は海外ならではだと思います」。手配会社は何件か回ってみて、相性のよいスタッフを見つけよう。

やはり、海外挙式は最大の親孝行になるようですね。ご両親はお金があったとしても、今更両親だけで旅行に行こうということにはなかなかならないもの。しかし、家族で行けるとなると喜ぶ人が多いのではないでしょうか。口では言わなくても、心の中ではまた家族で海外旅行に行きたいと思っているご両親も結構多いかと思います。

また、なんと言っても最高のロケーション!日本ではなかなか撮れないような写真を沢山撮ることができます。特にハワイだと、大きな青空と光り輝く太陽とのコラボレーションがより二人を綺麗に見せてくれます。たった一度の結婚式を綺麗な形で残したい。そんな方は、海外挙式が向いているかもしれません。

まとめ

海外挙式なんて自分には無理だと思っていた人も、これなら私でもできるかもしれない!と思われた方も少なくないのではないでしょうか?確かに少し前までは海外挙式はかなりお金がかかる時代だったかもしれません。

しかし、時代と共に海外挙式が当たり前になってきて、かなり格安で行けるようになったのです。

人生は一度きりです。結婚式も一度きりですし、ご両親との海外旅行もこれが最後になるかもしれません。もしも、あなたがご両親のために海外で結婚式を挙げたいと思っているのであれば、ぜひ、行動に起こしてみてくださいね!あなたの想いは必ず届きます。二度と来ないこのチャンスを、有効的に使い、しっかりと親孝行をしてあげてくださいね。