カビ対策は原因を知ることから?!湿度と温度とゴミが栄養!予防の3原則と住まいのタイプ別対策やグッズを徹底解説!

梅雨時になると特に発生しやすくなるカビ。気を付けていたつもりでもいつの間にか生えているカビにはどのように対処したら良いのでしょうか。また、日々の生活で気を付けておくべきことはどのようなことなのでしょうか。この記事では、カビに対しての予防法と対処法をご紹介しています。

快適な住まいの大敵、カビの対処法

住んでいる家の中にカビを発見してしまうと憂鬱になりますよね。カビは、見た目が悪いばかりでなく、場合によっては病気を引き起こしてしまうこともあります。それでは、そんなカビにはどのように対処したら良いのでしょうか。この記事では、カビの予防と対策についてご紹介しています。

まずはカビの原因を知ろう

カビは湿度の高いところに発生する

カビは湿度の高いところに発生しやすいと言われています。湿度が80%を超えると発生しやすいと言われています。雨が続く梅雨の時期などは要注意であると言えるでしょう。そもそもの湿度が高いことに加えて、洗濯物を室内干しする機会が多くなることも室内の湿度を高め、カビが発生するリスクが高くなります。

その他、風呂場を初めとした水回りや、風が通りにくい押し入れや洋服ダンスの中などもカビが発生しやすい環境であると言えるでしょう。

カビが繁殖しやすい気温は20~30℃

カビが繁殖しやすい気温は20~30℃と言われています。イメージとしては気温が高ければ高いほどカビが繁殖しやすいと思われるかもしれませんが、実はカビにとっての適温は25℃前後となります。30℃以上になるとカビは衰えはじめ、36℃以上になるとほとんどが活動を停止するようです。

最近では夏が高温となっていますから、真夏の時期よりも初夏や秋口などの季節の方がカビが発生しやすいと言えるかもしれません。また、家の中では日が当たらず温度が上がりにくいところの方が要注意であると言えるでしょう。

カビの栄養源は?

カビが繁殖するには栄養源が必要ですが、人間が使う物質や生活に伴って出るもの、廃棄物などを含めてほとんどがカビの栄養源となってしまうと言います。典型的な例としては、チリ、ほこり、アカ、石鹸などが挙げられます。人間がいる環境というのは、カビにとって栄養豊富で繁殖しやすい環境であるということが言えるでしょう。

カビ予防の3原則

水気はなるべく早くふき取る

カビは湿度が高ければ高いほど繁殖しやすいため、室内で発生した水気はなるべく早くふき取っておくことが原則となります。例えば、シンクを使った後には必ずふきんで水気をふき取ったり、お風呂から上がる前には壁の水分をバスタオルでふき取っておいたりすると効果的であると言えるでしょう。

また、畳やじゅうたんなどに水分をこぼしてしまった場合にはそのまま放置するとカビが発生する原因となります。タオルなどで水分を十分にふき取った後、ドライヤーなどを使って取りきれなかった水分をなるべく早く乾燥させておくと、カビの発生を防ぐことができます。

換気をする

カビ予防のためには換気をすることも重要です。換気をすることで、室内に溜まった湿気を放出し、外の乾いた空気を取りいれて室内の湿度を下げることができます。天気が良い日には、押し入れや下駄箱、クローゼットなどの扉を開けて換気をしておくのも良いでしょう。

一番良いのは、天気が良い日の昼間に窓を開けて風を通す方法です。経済的で、カビ予防の効果も最も高いと言われています。仕事などで昼間不在になる場合には、換気扇を回しておくだけでもある程度カビの予防をすることができます。特に、風呂場は使用後には必ず換気をする習慣を付けておくと良いでしょう。洗濯物を室内干しする場合には、換気扇の近くがオススメです。

掃除でカビの栄養源を断つ

人間の生活で発生するものは、ほとんどがカビの栄養源となってしまうと言っても過言ではありません。すべてを取り去ることは難しいのですが、こまめに掃除をしてできるだけカビの栄養源を取り除いておくことで、カビの発生を予防することができます。

具体的には、ほこりを取り除いたり、風呂場を使った後には綺麗に流して石鹸カスが残らない様にしたり、皮膚が触れたシーツなどをこまめに掃除したりといったことです。身の回りを清潔に保っておくことで、カビの発生を防ぐことができると言えるでしょう。

今日からできるカビ対策

部屋のカビ対策

部屋の中でもっともカビが発生しやすいのが窓付近と考えられます。特に、結露が発生している時には念入りにふき取っておきましょう。結露吸水用のテープは一見便利に見えますが、テープ部分に水分が長時間残ってしまいがちなので注意が必要です。

湿度が高い日には、除湿機を活用してみるのも良いでしょう。部屋の湿度を下げることで、カビが発生する確率を下げることができます。特に、室内で洗濯物を干す場合には必需品であると言えます。また、家電の裏などにほこりが溜まっているとそれがカビの栄養源になってしまいますから、こまめに掃除しましょう。火災予防にもなり一石二鳥です。

畳のカビ対策

畳のカビ対策には換気が有効です。晴れて湿度が低い日には風を通しておくことで、部屋の湿度とともに、畳に含まれている水分を放出させることができます。逆に、雨の日には新しい畳ほど水分を吸ってしまいやすくなると言われているため、換気は避けた方が良いでしょう。

布団を敷きっぱなしにすると、その部分の水分が逃げないためにカビが生えてしまいやすくなります。布団は必ず毎日畳んで押し入れなどに収納するようにしましょう。畳んで部屋の隅に置いておくだけというのも同様にカビが生える原因となりますので避けた方が良いでしょう。

お風呂のカビ対策

お風呂のカビ対策のためには、湿度を下げることと温度を下げることの2点が重要になります。湿度を下げるためには、換気をこまめにするのが効果的です。お風呂場を使い終わったあとは必ず換気扇のスイッチを入れる習慣をつけておくことで、カビを予防するのに役立ちます。窓がある場合には、窓をあけておくのも効果的です。

お風呂場の温度を、なるべく早くカビの活動しない温度まで下げるということも重要になります。お風呂場を使い終わった後には、シャワーなどで水を撒いてお風呂場の温度を20℃以下にしてあげるとカビが生えにくいと言われています。ただし、気温がそもそも20℃から30℃の範囲内となる時期には少し難しいかもしれません。

カビが生えやすい時期には、なるべく換気をこまめに行うとともに、石鹸カスが残らないよう使用後すぐに掃除をする習慣を付けてカビの発生を防ぐのが良いでしょう。

押入れのカビ対策

押入れのカビ対策としては、すのこが活躍してくれます。押し入れにすのこを敷いて布団などの下に空気の通り道を作ってあげるだけでも、カビの発生確率をぐっと下げることができます。天気がいい日にはふすまを開けて換気をしましょう。また、「水とりぞうさん」のような押入れ用の乾燥剤などのグッズを使うことも、押し入れ内の湿度を下げることに役立ちます。

クローゼット、下駄箱のカビ対策

クローゼットや下駄箱は、湿気が溜まってしまいやすく、またカビが発生すると洋服や靴などにもダメージを与えてしまう可能性がある場所です。こちらも、晴れた日にはなるべく扉を開けて風を通してあげると良いでしょう。また、クローゼットや下駄箱用の吸湿剤も販売されていますので、そちらも合わせて活用してみると良いでしょう。

布団のカビ対策

布団のカビ対策として最も良いのは、晴れた日に外に干すことです。これによって、布団の中の水分を放出させることができます。それがなかなか難しいという場合には、布団乾燥機や除湿シートなどのグッズを使ってみると良いでしょう。特に、裏側はカビが生えやすく、気が付きにくいので注意しましょう。

マットレスのカビ対策

マットレスも敷きっぱなしにしているとカビが発生する原因となります。特に、畳の部屋の場合にはカビが発生しやすくなりますので注意しましょう。どうしてもマットレスをベッドのように使う必要がある場合には、フローリングの上にすのこを敷いて、その上にマットレスを敷くと空気の通り道ができるためカビが発生しにくくなります。

マンションでのカビ対策

コンクリート壁は結露が出やすい

マンションの場合、コンクリート壁だと結露が出やすく、したがってカビも生えやすいと言われています。特に1階の場合には地下から上がってくる湿気もあるためカビが発生してしまいやすい状況になるようです。壁紙がカビてしまうようなこともあると言います。

マンションを選ぶ場合には、カビ対策のことを考えるならば、なるべく1階は避けた方が良いと言えるでしょう。コンクリート以外の壁でできてるマンションというのは珍しい上に、防音効果が低いなどのデメリットもあると言われていますので、できるだけのカビ予防策を実施することで解決していくことが良いと言えるでしょう。

家具と壁の隙間を作る

家具を壁にピッタリとくっつけてしまうと、その間に空気が通らないためカビが発生しやすくなってしまいます。家具を置く時には、壁から5センチほど離して置くと、空気が通ってカビが発生しにくくなります。また、隙間にほこりが溜まりにくくなり、溜まってしまっても掃除しやすくなるため、カビの栄養源を減らすことにもつながります。

また、隙間を作ることでゴキブリの発生を防ぐ効果もあると言われています。また、ほこりが溜まりにくくなることで火災予防にもつながるので、メリットの多い方法であると言えるでしょう。

洗濯物を部屋干ししない

洗濯物の部屋干しは、部屋に湿気をため込んでしまう原因となります。できれば、雨の日は洗濯せずに、晴れた日にまとめて洗濯して外に干すのが理想的です。雨の日は乾燥機を使うというのも良いですね。それができない場合には、風呂場などの換気扇がある場所に洗濯物を干すか、除湿機などを使ってなるべく部屋に湿気が溜まらない様にしましょう。

ストーブにやかんを置かない

冬場、ストーブの上にやかんを置いて加湿器の代わりにするという使い方をよく見かけます。しかし、この方法は実はカビが発生してしまいやすい方法なのです。やかんから出る水蒸気は調整が効かないため、どうしても加湿しすぎな状態になってしまうことが多いのです。

冬の乾燥対策には、きちんと加湿器を使って加湿するのが良いでしょう。その際、湿度の設定を60%以下にしておくことで、カビの発生を防ぐことができます。

お風呂はドアを閉めて換気扇

お風呂場を換気するときに、ドアを開けた方が効率が良いように感じるかもしれません。確かに、お風呂場内の湿気はドアを開けておくことで逃げやすくなるでしょう。しかし、問題はその湿気が逃げた先が室内であるという点です。お風呂場のドアを開けて換気扇を回すと、湿気を広い範囲に広げてしまうことになり、結果的に換気の効率を下げてしまうことにつながります。

あると便利なカビ対策グッズ

カビ対策プロシリーズ

カビ対策プロシリーズとは、生えてしまったカビにスプレーするだけで、そのカビを取り除き、新たなカビの発生を防いでくれるという商品です。さらに強力なカビに対してはジェルも用意されています。「プロでも取れないカビが取れる」とうたわれているだけあって、その効果は強力なようです。

エタノール、逆性石鹸

消毒用エタノールや逆性石鹸をスプレーすることも、カビ対策には効果的だと言われています。これらをスプレーした後に、掃除機で吸い取ったり、捨てても良いタオルなどでふき取るとカビを綺麗に取り除くことができると言われています。比較的安価で購入できますので、ぜひ試してみてください。

漂白剤、マスク、手袋

漂白剤もカビを落とすのには役立つアイテムです。布にカビが生えてしまった場合などには漂白剤につけると綺麗に落とすことができるでしょう。ただし、色物や柄物は色落ちしますので避けてください。漂白剤は非常に強い薬剤ですので、使用する時にはマスクや手袋を着用しておくと安心です。

カビ対策の注意点

漂白剤と洗剤を絶対に混ぜない

漂白剤と洗剤は混ぜると有毒なガスが発生する場合があります。「混ぜるな危険」の表示がないものでも、基本的には混ぜない様にして扱った方が安心です。同じ場所に2種類の薬品を使う場合には、必ず前のものをよく洗い流してから、時間をおいて使用するようにした方が良いでしょう。

まとめ

カビ予防の原則は「湿気をため込まないこと」「カビの栄養を減らすこと」です。こまめに換気と掃除を行っていれば、カビの発生を予防することができるでしょう。特に、水回りやマンションの1階に住んでいる人は注意が必要です。グッズを上手につかうなどしながら、快適な住まいの環境を保っていけるようになると良いでしょう。