壁にカビが生えた時の除去方法とは?カビの「3大要因」と床などのカビを防ぐ「4つ」の予防法・除去法や注意点などご紹介!

壁にカビが生えてしまったとき、どう対処したら良いのか迷ったことはありませんか?こすっても落ちないカビや、何度も生えてくるカビに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、そんな壁に生えてしまったカビの対処法や、カビを予防するための方法についてご紹介しています。

壁に生えたカビの対処方法

壁というのは、意外とカビが生えやすい場所です。黒く目立って見た目も悪く、お客様も招きにくい状態になってしまいますね。また、病気やアレルギーを引き起こす原因となることもありますので、できるだけ早く対処しておくのが良いと言えるでしょう。この記事では、そんな壁のカビに対処する方法や、カビの予防法をご紹介しています。

カビが生える要因とは?

カビ発生の3大要因

カビは、三大要因である「湿度」「温度」「栄養分」がそろったときに発生します。湿度は60%以上、温度は20℃から30℃がカビにとって最適であるとされていて、そこにホコリやチリなどカビにとって栄養となるものが加わるとカビが発生します。逆に言えば、この要因のうちひとつでも排除することができれば、カビが生えるのを防ぐことができると言えます。

カビは百害あって一利なし

カビが及ぼす影響は?

カビは、私たちの生活に様々な影響を及ぼします。肺炎やアレルギーなどの健康被害を引き起こす原因となったり、カビをエサとしてダニが繁殖したり、カビによるダメージで建物劣化をひきおこしたりといったことが考えられます。一方で、カビが発生するメリットは全くと言っていいほどありませんから、できるだけカビを生やさないよう生活したいものです。

壁のカビの除去方法

カビ掃除の準備

カビ掃除をする時には、カビを吸い込まないようマスクを用意します。ひどいカビの場合には手袋もあると良いかもしれません。部屋は十分に換気し、子供がいる場合には別の部屋にいてもらいましょう。特に、小さい子供の場合には空気中に散ったカビやカビ除去に使う薬品の影響を大きく受けますので注意してください。ペットがいる場合も同様です。

色壁にも使えるエタノールで拭き取る

カビキラーを使うと壁が色落ちしてしまいますが、エタノールならば色がついた壁にも使うことができます。消毒用エタノールまたは無水エタノールを用意しましょう。エタノールをスプレーして、かたく絞った雑巾などでふき取ればカビを落すことができます。コンクリートの壁にも使用できますが、ペンキが塗ってある場合にはペンキが落ちてしまうので使用できません。

壁紙には酢と重曹

壁紙にカビが生えてしまった場合には酢と重曹を使って対処できます。まずは、酢をつけた雑巾などでカビをふき取ります。次に、水に溶かした重曹をスプレーしてかたく絞った雑巾でふき取ります。これでカビが落ちないくらい黒ずみがひどい場合には張替えをする必要があるかもしれません。賃貸の場合には必ず事前に大家さんに相談しましょう。

和室の壁の場合

和室の壁の場合にはエタノールまたは専用のカビ取り剤を使ってカビ取りを行いましょう。他と同様に、これらをスプレーしてから固くしぼった雑巾でふき取ります。これらがつかえない壁や黒ずみが落ちない場合には張替えを検討する必要があるでしょう。

カビを掃除する際の注意

塩素系と酸性の洗剤を絶対に混ぜない

カビ掃除の洗剤を使う時には、塩素系と酸系の洗剤は絶対に混ぜないでください。これらを混ぜてしまうと有毒なガスが発生する可能性があります。混ぜるな危険と書いてある洗剤はもちろん、それ以外のものも基本的に混ぜて使わないようにしておくと安全でしょう。

1つの洗剤を使った直後に、別の薬品を使うことも危険なので避けた方が良いでしょう。また、お酢は洗剤ではありませんが酸系の液体となりますので注意してください。

壁の性質に合ったカビ取り剤を使う

壁のカビ取りを行う場合には、壁の性質に合ったカビ取り剤を使うことが重要になります。例えば、キッチンハイターは真っ白な壁に使うことはできますが、色や柄のついた壁に使うと色落ちする可能性があります。エタノールは、ペンキを使った壁に使うとペンキを落してしまうので注意しましょう。

酢は比較的多くの場所に使えるカビ取り剤ですが、金属を腐食させる可能性がありますので、サッシなどの近くで使用する場合には注意が必要です。

カビを発生させないための予防法

換気、除湿、掃除が予防の基本

カビ対策の基本となるのは、「換気」「除湿」「掃除」の3点です。換気と除湿によって部屋の中の湿度を下げることにつながります。さらに、こまめに掃除をすることによって、カビのエサとなるホコリやチリなどの汚れを減らすことができます。

もうひとつのカビの発生要件である気温については、人間とカビの快適温度が似ているためコントロールするのは難しいのですが。湿度と栄養の2点をコントロールするだけでも、カビの発生を予防することにつながります。

結露対策

結露は、壁にカビが生えてしまう大きな原因となります。結露対策としては、天気が良い日には積極的に換気をして室内の湿気を外に逃がしておきましょう。また、除湿器を使ったり、結露防止シートなどの対策グッズを使うのも良いでしょう。朝、結露で壁紙などが濡れている場合には、水分をふき取っておくようにすることも重要です。

カビの予防剤を塗布する

壁にカビの予防剤を塗布しておくことも良い対策になります。エタノールや逆性石鹸、水に溶かした重曹などをスプレーしておくと、その作用によってカビが生えてくるのを防ぐことができます。また市販のカビ予防スプレーなどを使うとさらに手軽です。これらのスプレーは壁の素材によって使える場所、使えない場所がありますので、よく確認してから使用してください。

マンションの結露対策

コンクリート壁のマンション、特に1階はカビが生えやすいと言われています。これからマンションを選ぶ場合には、カビ対策としては1階を避けるのが良いと言えるでしょう。お風呂場を使った後には扉を閉めて換気扇を回すことで、部屋側に蒸気を逃がさず換気することができます。

洗濯物の部屋干しはなるべく避け、雨の日は洗濯を避けるか乾燥機を使用しましょう。どうしても必要ならば、お風呂場で換気扇を回しながら干すことで部屋に湿気がこもることを避けることができます。

外壁のカビの対策

高圧洗浄で除去する

外壁に生えてしまったカビに対策するには高圧洗浄機が非常に便利です。高圧洗浄機で水を壁に向かって噴射すれば、楽にカビ取りを行うことができます。ただし、それが原因で壁を傷つけてしまうこともありますので、柔らかい素材の場所に使う場合には注意が必要です。

高圧洗浄機がつかえない場所は、カビ取り剤を使って掃除を行いましょう。カビ取り剤をかけて数分待ち、柔らかいブラシなどでこするとカビを落すことができます。最後に、水をかけて綺麗に流しておけば完了です。

防カビ剤塗料で除去する

防カビ剤塗料でカビを除去するという方法もあります。防カビ剤塗料を壁に塗っておくことで、カビの発生を防ぐことができ、掃除の手間を省くことができます。こまめに掃除をしてもしょっちゅうカビが生えてしまうというような場所には、防カビ剤塗料を塗布しておくと、一度の手間で美しさを保つことができるでしょう。

まとめ

カビに対処するためにもっとも手軽で重要なのは換気です。天気が良い日にはなるべく窓を開け、不在の場合には換気扇を回しておく習慣をつけましょう。ただし、雨の日の換気は逆効果になります。掃除をこまめに行うことでもカビの発生を防ぐことができます。汚れに気が付いたらすぐに掃除できるような環境を作っておくと、面倒にならずに掃除をすることができます。