仕事ストレスの5つの原因って?うつ病や眠れなくなる前にストレスを発散させよう

仕事を行う上で「これは仕事ストレスだ」と感じるようになることもありますよね。ストレスが過剰になることでさまざまな症状が現れるようになるかもしれませんね。そうならないように原因や解消法をしっかりと把握しておきましょう。

仕事ストレスは眠れない原因になることもある!?

仕事を行う上で、ストレスを過剰に抱えるようになることもありますよね。仕事ストレスが原因で「寝つきが悪い」「寝てもすっきりしない」というような睡眠の不調を感じるようになるかもしれませんね。また、仕事を行う上でのストレスは仕方がないと考えている人もいるようです。しかし、このストレスをそのままにしておいてもいいのでしょうか?

どんなことでもストレスを感じるようになることで、自律神経が乱れるようになることもあると言われています。そのため、結果的に仕事ストレスが原因で「眠れない」だけではなく心や身体にさまざまな悪影響を及ぼす可能性も考えられます。

そうならないようにするためにも、なぜ自分が仕事ストレスを感じているのかを明確にする必要があるといわれています。症状が出てくる前に「ストレス」と感じた時には適切な方法で解消を行うようにできるといいですね。仕事ストレスの原因や解消法、身体や心に与える影響をなどを紹介します。

仕事ストレスを解消させる6つの方法

運動をする

仕事ストレスだなと感じた時には、休みの日や空いている時間に運動を行うようにしましょう。中には昔から運動が苦手だという人もいるかもしれませんね。しかし、運動といっても激しいことをする必要などないのです。ジョギングやウォーキングなど比較的軽い運動でもストレスを発散させることができると言われていますよ。

運動を行うようになることで、脳内にエンドロフィンという物質が分泌されるようになります。この物質は脳内麻薬とも言われている分泌なのです。運動を行うようになることで、この物質によって気持ちを高めることができるとされています。また、運動を行うことでストレスを感じた時に分筆されるコルチゾールの分解を促進させることができるようです。

このようなことから、積極的に運動を行うようにするだけで仕事ストレスを軽減させることができると言われていますよ。また、定期的に運動を行うようにすることで新陳代謝を活発にしたりとさまざまな健康効果を得ることができるようになるかもしれませんね。

このようなことから、運動でストレスを発散させたり健康な身体を維持したりと嬉しい効果がたくさん得られるようになるとも考えられていますよ。運動が苦手な人は、ヨガや散歩などを行って身体を動かすようにしましょう。

お酒を飲む

お酒を飲むようにすることで、ストレスを発散させる効果があると言われています。そのため、この効果を得るために毎日お酒を飲むという人もいますよね。お酒を飲むようになることで、リラックスをするという人もいますよね。リラックスをすることができれば、自分の気持ちを明るくすることができるようになることもあるのです。

ただ、お酒をストレス発散のために飲むということに関しては賛否両論があるようです。過剰にストレスが溜まっているからと言って大量に摂取するというようなことは控えるようにしましょう。これが原因となって身体に悪影響を及ぼす可能性があるということを頭の中に入れておくようにできるといいですね。

お酒を飲むようになることで幸せを感じるセロトニンという物質が分泌されるようになります。そのため、これがきっかけでストレスがなくなるという可能性も考えられるのです。ただ、これは個人差があるため、その場しのぎのストレス発散になることもあると言われていますよ。また、毎日お酒を飲むのではなく休肝日をしっかりと作るようにできるといいかと思います。

ストレスの内容を書き出す

ストレスは自分の中に溜め込むようになることで、さらに辛いと感じるようになってしまいます。しかし、頻繁に人に愚痴を話すようになれば相手の負担になってしまうことも考えられますよね。そのため、ストレスを感じた時にはその内容を書き出すようにしましょう。

しっかりと内容やそのことに関して何をかんじるのかを描くようにすることで、ストレスを発散させることができると言われていますよ。また、日記やブログを活用してみるのもいいかもしれませんね。近年では気軽に投稿ができるSNSなども発達してきていますよね。

このような場所でストレスを発散させるのもいいかと思います。ただ不特定多数が観れるということを忘れないようにしましょう。相手の実名を出したり、あからさまにわかるような投稿をすれば結果的にそれがトラブルになってしまうこともあるかもしれませんよ。

そうなればさらにストレスを抱えるようになる可能性も考えられます。そのため、自分だけにしかわからないような日記などがおすすめです。ストレスを感じたら紙に書き出すという習慣を持つようにできるといいかと思います。

感情に名前を付ける

仕事ストレスは例えば仕事量が多い、仕事内容が自分に合わないといったものから、上司が暴言を吐く、同僚がいじめてくる、などの人間関係、それから給料が安い、自分の能力が正当に評価されていない、など種類は様々で、それらがいくつか混じっていたりすることも珍しくないですよね。

そうしたストレスにさらされている時の感情は「怒り」や「悲しみ」などはっきりと名前が付けられるものではなく、複雑に絡み合っているかと思います。名前が付けられない、ということはよくわからないもの、ということになり、頭の中で理解して整理するということができないので、その「わからないもの」に溺れてしまいます。

そうならないためには、感情に名前を付けることです。例えば仕事量が多くてイライラするなら「出た、イライラさん」、同僚がいじめてくるなら「来た、悲しいさん」など頭の中で名前を呼びます。

この感情に名前を付ける、ということは一見なんの意味もないように思えますが、名前を付けることで自分の中で整理しやすくなり、その対策もたてやすくなるというメリットがあります。仕事ストレスでお悩みの方は、是非1度試してみて下さい。

周りの人に感謝する

周りの人に感謝する、というのはこのこと自体がストレスを消し去ってくれる訳ではありませんが、ストレスを発生させないことに繋がる効果的な方法と言えます。

まず仕事があることは当たり前、と思わず、仕事をさせて貰えることに感謝しましょう。上司に叱られることがストレスになっている方は、叱られることに感謝しましょう。「言われるうちが華」という言葉もありますから、注意して貰えることに感謝するべきです。

それから同僚にいじめられている場合は、そのこと自体に感謝はできないと思いますが「人の振り見て我が振り直せ」という言葉があるように、悪い見本として自分が同じ行動をとらないように注意するといいでしょう。どんな人でもどんなことであっても、自分になにかを教えてくれている、と感謝すると、怒りや苛立ちが少しは和らぐかと思います。

また人間関係をよくするためには、些細なことでも「ありがとう」と伝えることが大切です。仕事は1人でなにもかもできる訳ではなく、誰かに助けられていて、協力し合って行うものです。周りの人に感謝する、この気持ちを持てばきっと仕事ストレスは減っていくことでしょう。

モノの見方を変える

モノの見方を変える、というのも仕事ストレス解消法のひとつです。例えば上司や先輩に叱られた時、「むかつく」という感情に支配されると、それはストレスになります。そうならないためには、何故叱られたのかを考えてみることが大切です。

コツとしては「何故?」と自分に問いかけることで、「上司に叱られた」何故?「仕事でミスをしたから」何故?「ちゃんと教えてくれなかったから」何故?「自分が聞かなかったから」など、起きた問題に対して「何故?」と問いかけてみると、自分の問題点が見えてくるかと思います。

また上司や先輩が自分を叱るのは「自分のことが嫌いだから」と思ってしまうと腹がたってストレスになりますが、「成長して貰いたい」という思いがあるからと考えると、自分は期待されている、頑張ろうと思えるのではないでしょうか。

同じことを言われても受け取り方で、ストレスになるか、成長できるか、大きく変わってくると言えます。難しいですが、どんなことでも自分のプラスになるように、モノの見方を変えてみましょう。

仕事ストレスを感じる5つの原因

さまざまな場面で落ち込むようになってしまう

仕事を行う上で、上司から毎日たくさんの言葉を伝えられるようになりますよね。その多くは、仕事に対するアドバイスや自分に対する説教だと考えることができるかと思います。このような言葉を受けることで、より自分を成長させることができるようになりますよね。

しかし、場合によっては上司の気晴らしのためにも理不尽に毎日のように怒られるということもあるかもしれませんね。内容のない小言を毎日言われるようになれば「ストレス」だと感じるようになりますよね。この時に、上司からの言葉だからと言って重く受け止めるようになる人も少なくないのです。

また、それに対していちいち落ち込むようになればさらにストレスを感じるようになる可能性も考えられます。怒られている=自分が悪いと思い込むこともストレスの原因なのかもしれませんね。本当に自分から悪いという時には、しっかりと上司の言葉を受け止めるようにしなければいけません。

しかし、そうでない場合には聞き流すということも大切だということを忘れないようにしましょう。明らかに八つ当たりだなと感じる時には、それをわざわざ受け止めて落ち込む必要などないのです。

苦手な相手も深く関わりを持つ

仕事を行う上で、自分が苦手だなと感じる人もいますよね。しかし、このように思うからといって一切関わらないということは難しいかと思います。一緒に仕事をするようになれば、嫌でも関わりを持たなければいけなくなってしまうのです。

また、そんな相手と「仕事だから」と言って真剣に向き合うようになることもストレスの原因なのではないでしょうか?どんな人でも「苦手だな」と思う人はいます。表面上はうまく対応していても、実は苦手意識があるということも少なくないのです。

仕事ストレスを感じている場合には、この苦手な人も必要以上に関わりを持ってしまっているのかもしれませんね。人間は苦手だと思うようになることで、それが知らず識らずのうちにストレスになってしまうのです。これを改善するためには、その人と関わらないようにすることが一番なのかもしれません。

しかし、仕事という場面ではそれを行うことはできません。そのため、表面上では仲良くしてなるべく真剣に相手と向き合わないようにすることも大切ですよ。仕事上でしか関わりを持たないようにすれば自然とストレスが軽減されるようになるかもしれませんね。あくまでも仕事を一緒にしている人というように気持ちを割り切るようにしましょう。

仕事を完璧にこなそうとしている

仕事を行う上で、なんでも完璧にこなさなければと肩に力が入ってしまってはいませんか?確かに仕事を完璧にこなすことは大切なことです。しかし、常に肩に力が入っている状態では、肉体的にも精神的にも疲れを感じるようになってしまいます。

これが原因となって仕事ストレスを過剰に感じるようになる可能性もあるということを忘れないようにしましょう。常に肩に力を入れ入れていなくても、こなせる仕事はなるはずなのです。仕事を行う上で、100%完璧にこなそうとするのではなく、もしミスをしたらこうやって挽回しようというような気持ちを持つようにすることも大切ですよ。

また、肩に力が入っていることが原因でミスに繋がることも考えられます。大切な場面で最大限に力が発揮できるように、重要でない仕事を行う時には肩の力を抜くようにしてみてください。

メリハリをつけるようにすることで、自分の心に余裕を持たせることができるようになると言われていますよ。また、これができるようになれば今抱えている仕事ストレスを軽減させることができるようになるかもしれませんね。

終わったことをいつまでも引きずる

仕事を毎日行うようになれば、ミスをしてしまうこともあるかもしれませんね。人間はロボットではありません。どんなに仕事ができる人でもちょっとしたことでミスをするようになってしまうのです。このようにミスをした時に問題は解決しているのにいつまでも引きずってしまうという人もいるかと思います。

このような状況になることで、結果的に仕事ストレスを過剰に抱えるようになる可能性もあるため注意をしましょう。いつまでも引きずるようになることで、他の仕事が手につかなくなってしまうことあるかもしれませんね。

また、他の仕事に自由中できなくなって些細なミスをするようになるかもしれませんよ。これが原因で頻繁にミスをするようになれば「自分は仕事ができない」と落ち込んでストレスを感じてしまうことも少なくないのです。

ミスをして問題が解決したのなら、それをいつまでも引きずるようなことはやめるようにできるといいかと思います。いつまでも引きずっていても悪循環なだけだということを忘れないようにしましょう。

人の考えを受け入れることができない

どんな仕事でも一人で行うことはできませんよね。それぞれが協力し合う事でより精度の高い仕事ができるようになるのです。しかし、この時に周りの人の意見を受け入れることができないという人もあるかと思います。常に「自分はこう思う」「自分はこうしたい」というような考えを持つことで、相手と意見が合わないという仕事ストレスを感じるようになってしまう可能性も考えられます。

このような人は、人も意見を交換して助け合いながら何かを行うということができないのです。常に自分の意見がある採用されなければ「仕事をしていても楽しくない」「仕事がやりづらい」と感じるようになってしまうかもしれませんね。このようなストレスを感じている場合には、相手の意見を受け入れる努力を行う必要があるといわれています。

相手に従うと言うわけではないので注意をしましょう。相手の意見を受け入れた上でしっかりと自分で考え直すようにすることが大切なのです。他人の意見と自分の意見を合わせることで、より良い考えが思いつくようになるかもしれませんね。これがきっかけとなって自分をより成長させることができるようになるかもしれませんよ。

仕事ストレスが与える4つの病気や症状

仕事ストレスで初期のうつ状態になる

過剰地仕事ストレスを抱えるようになることで、結果的に心が不健康な状態になってしまうかもしれませんね。「朝刊シンドローム」という言葉を耳にしたことはありますか?朝刊シンドロームは、新聞を読む気持ちすら持てなくなるほどやる気や活気がなくなることを言うそうです。

朝は必ず新聞読むのが習慣なのに、それすらやる気が起きない。毎日の習慣にしていることができないくらいに気分が落ちているという場合には注意をしたほうが良いかもしれませんね。このような状態になることで「疲れている」と判断してしまう人もあるかと思います。

しかし、定期的にこのような状態になるようであればうつの初期症状であるとも言われているのです。午前中はなにもやる気が起きないけど、夕方になると割と元気になるという場合には注意をしたほうがいいかもしれませんね。このような使用上がエスカレートしていくと、夕方にすら元気が出なくなって本格的なうつ状態になることもあるといわれています。

サンドイッチ症候群に陥る

サンドイッチ症候群というものを聞いたことがありますか?サンドイッチ症候群とは上司と部下の間に挟まれていることが原因でストレスを感じるようになる状態のことを言います。また、これが原因でさまざまな症状が現れるようになることなのです。

中間管理職になることでこのような状況に陥る可能性もあるということを頭の中に入れておくようにしましょう。上司と部下の間に挟まれているストレスによって、不安を抱えたり神経症や抗うつなどを引き起こす可能性があると言われています。

また、症状が重くなることで仕事に行くのか怖くなり出勤拒否をするようになることもあるそうです。このような症状は「一人でなんでも抱え込む」という人に多く見られると考えられています。

セルフナーバス症候群

セルフナーバス症候群は常に周りの人からの評価を必要以上に気にするようになってしまうことを言います。他人の目を気にしすぎるようになることで神経過敏になってしまうことを言うのです。このような症状が現れるようになることで調査会社などに「会社がどんな評価をしているのかを調べて欲しい」とお願いするようになることもあるそうです。

このような状態になることで、さらに過剰なストレスを抱えて眠れない、怒りっぽくなるなどの明らかな症状が現れるようになることもあるため注意をしましょう。このような症状は誰にでも起こる可能性があると言われています。中でも比較的自意識過剰な人はセルフナーバス症候群になりやすいと考えられていますよ。

睡眠中の激しい歯ぎしりによる顎の痛み

ストレスを過剰に抱えるようになることで、睡眠中に歯ぎしりを頻繁に行うようになる可能性があると言われています。また、これが原因となって気がついたら顎に痛みを感じるようになったということも少なくないのです。

歯ぎしりは肉体的や精神的にストレスを感じたときに、それを発散させようとして行うことがあるのです。歯ぎしり自体はそれほど悪影響がないように思っている人も多いかも思います。しかし、歯ぎしりを頻繁に行うようになると睡眠時無呼吸症候群を引き起こしやすくなると言われているのです。

睡眠時無呼吸症候群は最悪の場合突然死に繋がることもある恐ろしい症状となっているため注意をしましょう。ただ、寝ているため自覚がないことがほとんどです。家族なとに事情を話して寝ている時の様子を一度確認してもらうようにできるといいですね。

仕事ストレスは誰でも抱える可能性がある

このように仕事ストレスは、毎日仕事を行っていれば誰にでも抱える可能性があると言われていますよ。ストレスを過剰に抱え込むようになることで、気分が上がらなくなったり、不眠症などのさまざまな症状が現れるようになる可能性も考えられます。症状が現れるようになる前に、しっかりと仕事ストレスを発散させるようにしましょう。