怒りっぽい原因って何?!自分を見つめなおして精神をコントロールする方法

私って怒りっぽいな、この人怒りっぽいなと思ったことはありませんか?いろいろな理由があるにしろ、自分が怒っている時も人が怒っている時も良い気持ちになれる人はいませんよね。すぐイライラを感じてしまい、怒ってしまうのは一体なぜなのでしょうか。

怒りっぽい人とそうでない人

自分は怒りっぽいなと感じることはありますか?
世の中には、短気な性格ですぐ怒ってしまう「怒りっぽい人」と穏やかな性格で普段怒ることも少ない「そうでない人」がいます。怒りっぽい人とそうでない人の違いは一体何なのでしょうか。怒りっぽくなるのには必ず原因があるはずです。

イライラでストレス過多になる

自分は怒りっぽい性格の人間だと思っていたり、まわりの誰かから怒りっぽいと言われた場合には、その性格を直したいと考えるものです。
怒りっぽい性格の人は、ストレスをいつも抱えた状態で生活することになります。それは、精神衛生状態を考えると良くないことだと言われています。

ストレスはあらゆる病のもとになると言われているので、ストレスを感じにくい心と身体になれるように努力をしましょう。自分で治したいと思っていてもなかなかすぐに治せるものではありませんが、まずは毎日意識することが大事なので、「治したい」という気持ちを常に持つことをおすすめします。

怒りっぽい人は、周りの人にこわいと思われたり、人を嫌な気持ちにさせてしまったりとデメリットが多いので、怒りっぽい性格の改善を目指しましょう。周りの人に明るく接することができて、いい印象を持たれる人になれるはずです。

なぜ怒ってしまうのか原因を探ろう

普段から怒りっぽい人は、まずはなぜ自分がイライラしてしまうのか考えてみましょう。
何事も改善するには原因を知ることが大切です。なんとなく漠然とイライラしてしまう人もいますが、そんな人にも必ず何か理由があります。

人間関係や仕事でうまくいかないことがあって心に余裕がなくなっている時は、全然関係のない出来事にさえもイライラしてしまう。自分の思い通りに事が進まないからという勝手な理由でイライラしてしまう。理想とする自分になれなくて自分自身にイライラしてしまう。など、思い当たることはないでしょうか。

自分自身の普段の生活を見つめ直して、なぜ自分がそこまでイライラして怒りっぽい性格になっているのかを知ってください。世の中には怒りっぽい人と怒りっぽくない人がいますが、怒りっぽくない人の場合にはストレスがあっても、それを上手に解消するなどして、うまく人生を歩んでいるケースが多いのです。

イライラやストレスの原因をなくそう

自分がイライラしてしまう原因を知ることができたなら、次はその原因をなくせるように頑張ってみましょう。
自分にとってストレスになっていることが家族や会社などの人間関係にあるならば、その人間関係を良好なものにする努力をしましょう。また、自分自身の行動などがストレスになってしまっているような場合には、自分を律していくことも大切と言われています。

たとえば、自分の人生がうまくいかず、どうしてもストレスが生じてしまってイライラしてしまうようであれば、それが怒りっぽい性格のもとになっている可能性が高いです。
自分の日々を見つめ直して、「すぐに諦めてしまう」「人と自分を比べるだけで自分を磨く努力をしない」などのうまくいかない原因となっている自分の悪いところを知りましょう。

自分で見つめ直すことができれば、どんなことが原因でも少しずつでも改善することができます。イライラを薄めることができるように、夢中になれることや自分に合った気を紛らわす方法を見つけることも大事です。

カルシウム不足などの栄養不足を解消しよう

イライラして怒ってしまう理由の1つとして挙げられるのは、栄養素不足です。
イライラする人はカルシウムが足りていないと良く言います。カルシウム不足だけがイライラの原因となっているわけではありませんが、カルシウム不足も少なからずイライラの原因となっています。

カルシウムが足りないと、身体の神経や筋肉の異常興奮が起こってイライラすると言われているのです。
その他に、ビタミンB群の不足もイライラの原因とされています。ビタミンB群は集中力や冷静を保つために必要な栄養素です。

イライラするけど具体的な対策が見つからないという人は、食生活を変えてカルシウムとビタミンB群を多く摂ってください。カルシウムは牛乳やチーズ、ひじき、緑黄色野菜などから、ビタミンB群は納豆や豆腐、トマト、ほうれん草などに多く含まれています。

健康に良い食生活は、心と身体も健康にしてくれるので、カルシウムとビタミンB群を積極的に摂りつつもバランスの良い食事をするように心がけましょう。

怒りっぽいと人は嫌な思いをする

怒りっぽい性格のまま過ごしていると、デメリットしかありません。
怒りっぽい性格は、特に人間関係に大きく影響を及ぼしてしまうと言われています。自分に対して怒りっぽく接してくる人がいると想像してみてください。とても良い気分にはなれませんよね。

やはり、常にイライラしていて怒りっぽい人のそばにはいたくないと考える人が多いわけですから、自然とその人の周りから人は減ってしまいます。とても悲しいですが、仕方のないことです。このような状態にならないようにするためにも、イライラや怒りを抑えられる人間になりましょう。

1人で生きていくことができないのが世の中であり、誰かとともに過ごすからこそ楽しい時間を得ることができるわけですから、人間関係を良好にするよう心がけましょう。

まとめ

誰でも、イライラして怒っている時よりも、楽しさを感じて笑っている方がいいものです。怒りっぽい性格は個性ではありますが、自分勝手な怒りっぽさは人を遠ざけるだけです。多くの人と楽しい時間を共有するためにも自分自身を見つめ直しましょう。