『頭がよくなる方法』なんてあるの?頭を活性化させるコツを教えちゃいます!

頭を良くするためには記憶力や思考力、創造性を高めることが大切です。様々な方法を紹介しているのできっと役に立ちますよ。

頭が良くなる方法って?

頭を良くするには記憶力を高めることから

頭がいいひとは記憶量が高いために蓄積された知識がたくさん脳の中にあります。そのため考える時に様々な知識を関係づけて思考するので奇抜な発想やおもしろいアイディアを思いつきやすいといわれています。

頭の良さというと先天的にもって生まれたものと思いがちですが実はたくさんの知識を吸収してしっかりと考える過程を積むことで得られると言われているようです。

なので頭を良くするために知識をたくさん吸収しないといけないのですが、記憶力を高めていないとせっかく覚えたことも忘れやすくなってしまうものです。頭の良さの土台となる記憶力を高める方法を紹介するのでぜひ実践してみましょう。

暗算をする

暗算は頭の中で計算をすることです。暗算をすることは脳をとても活性化するために記憶力を高めるにはとても良いと言われています。最近は電卓やパソコン、スマートフォンで数字の計算が簡単にできるので多くの方が自分の頭で計算をすることが少なくなっているようです。

暗算を普段からするようにしておくと思考が早くなるので難しいことを考えたりする際にすぐに結論を導き出すこともできるようになります。

でも暗算をする機会が日ごろあまりないなと思ってしまうかもしれませんが大丈夫です。買い物をしているときに商品の価格を見たときに消費税抜きならば消費税込みの値段を暗算で計算するのもトレーニングになります。

暗記をする

学生のころに暗記を何度もした経験があるかと思います。例えば英単語50個を一気に覚えるために紙に書いたり、音読したりして覚えていたはずですがこのようなことは頭を良くするのにとてもいいのです。

暗記をたくさんすることは後から思い出す量を増やすことにつながります。なので何かを考える際に色んな情報を組み合わせて考えやすくなるというメリットがあります。

暗記するものは何でも構いません。円周率を何桁も言えるようにするだったり英単語をたくさん覚えるでもいいですし、好きな洋楽の歌詞を覚えることも記憶量をアップさせるのに役立つでしょう。暗記のコツはすぐに忘れても気にしないで何度も反復して覚えようとするのが大切です。

頭にいい食べ物を食べる

日々の食生活も頭をよさに影響を与えている?

頭のよくするためにはしっかりと勉強したり考えることが大切なのは間違いありません。しかし頭をよくするためには食事面でも気を使う必要があります。食事の内容によって頭にいい成分が含まれていたり、逆に頭に悪い影響を与えてしまうような成分もあるたります。

そのためしっかりといい成分を知った上で食事を心がけるようにすると頭にいい影響を与えて、思考力が上がったり記憶力のアップにつながると言われています。

以下では頭にいい働きをしてくれる食べ物を詳しい成分の紹介とともに説明するのでとても役に立つはずですよ。

青魚

昔から「魚を食べると頭がよくなる」といわれていますがこれにはきちんとした理由があるんです。それは魚に含まれているDHAやEPAという成分が脳にいい働きをしてくるからだといわれています。

DHAやEPAには血液をサラサラにしてくれるために脳の血行も良くなるので思考力が高まるといわれています。またこの成分は脳の記憶を担当している部分に多く存在しているのでDHAやEPAを摂取することで細胞を増やすことができると考えられています。

そのため記憶力を高めたいのなら必須の成分とも言われているのです。また脳を研究している科学者の本を読むと食生活には青魚を取り入れるようにしましょうという言及が良く見かけられるので普段魚をあまり食べていない方はこの機会に食べてみるのをおすすめします。

大豆製品

大豆にはレシチンという脳内の情報の伝達を良くするといわれる成分が含まれています。脳内の情報伝達の速度が速いほど脳の機能は高まると考えられているためにレシチンのような成分は頭を良くするためにはおすすめの成分と言えるかもしれません。

レシチンは大豆製品にならすべて含まれているので自分が摂取しやすいものから摂り入れるのが一番です。また頭の働きを良くするだけでなく美肌効果や腸内環境を整えてくれる働きもあるのでそれらを目的に大豆製品を選ぶのもありです。

納豆ならば納豆菌が多く含まれているので腸内環境を改善してくれる働きが見込めます。また豆乳ならばイソフラボンが豊富に含まれているので美肌効果が見込めます。

炭水化物

炭水化物は消化していく過程でブドウ糖に変化しますがこれは脳がエネルギーにする際の唯一の成分なんです。そのため炭水化物を摂取しない生活が続いてしまうと脳が栄養を補給することが困難になります。

ブドウ糖が不足してしまった脳は思考力の低下、記憶力の低下が表れ、体全体の調子が悪くなると言われています。たまに炭水化物抜きダイエットを実践している方がいますが脳にとってあまりよくないので長期的にされるのはあまりおすすめとはいいにくいでしょう。

ブドウ糖が不足してしまうと頭のいい人でも考える力が低下してしまうのでいつもならできたことができなくなってしまうこともあり得るのです。

緑茶

お茶に含まれている「カテキン」という成分は脳の中にある神経細胞の生成を促してくれる働きがあるといわれています。脳の神経細胞とは物事を記憶するはたらきをもった細胞のことです。

この細胞は先端部分が木の枝のように分かれているのが特徴です。また神経細胞の数が多いほど思考力が高まり記憶力も高まると考えられています。物事を考える際にはこの細胞の先端にある枝のような部分が他の神経細胞とつながっていく働きがあります。

なのでこの細胞を不足させないためにも生成を促してくれるカテキンを摂取するのが良いといわれています。

逆に食べないほうが良いもの

ここまでは摂取した方が良い食べ物について紹介しましたが中には頭にあまりよくない影響を与えてしまう食べ物をあります。

例えばインスタント食品には添加物や体に悪い油がたくさん含まれているので摂取しすぎると健康を損なうといわれています。インスタント食品の添加物や油には血管の流れを悪くしたり体内のビタミンを破壊する働きがあるので摂取するメリットがあまりないとも言われているぐらいです。

なので食事をするさいにはできるだけインスタント食品には頼らずに添加物の少なく体にいい油を使用した料理を食べたほうが健康に良く、頭にもいいというわけなんです。

体を動かす

運動することは頭にいい

考え事をしているときに軽く散歩をしていると急にいいアイディアが思い浮かんだ経験はありませんか?実はこれ体を動かすことで脳を活性化した体と言われているんです。逆に体を動かさないと脳の神経細胞の働きが低下するので頭のキレが悪くなるとも言われています。

ウォーキング

ウォーキングは全身を筋肉をバランスよく使うので脳の情報伝達の働きが活性化されやすくなるといわれています。ウォーキングとランニングだとどちらの方が脳にいいのかと思うかもしれませんがウォーキングのほうが良いと考えられています。

理由はランニングはウォーキングに比べて息が荒くなるために酸素が全身に送られにくくなるからだと言われていまする。ウォーキングをする際には足への負担を減らすために専用のシューズを履供養にしましょう。また歩く時間は20分以上を目安にすると効果が見込めます。

歩きながら脳への刺激を高めるために五感を意識することもいいそうです。たとえばウォーキングしているときの手にふれる空気の感覚、遠くから聞こえてくる音に耳を集中させたり、植物の近くを通っているならその香りを嗅覚で感じ取ってみたりなどを行うと脳がとても活性化します。

指の運動

指を動かす運動をすると脳をとても活性化しやすく様々な効果があるといわれています。それは指には脳に直結している神経が多いために指先を意識して動かすことで脳の血行が良くなる記憶力を高めたり情報の伝達をしやすくなる効果があるからだそうです。

指の運動は五本の指をしっかりと動かせればどんな運動でもかまいません。たとえばパソコンを使用している方ならタイピングでもいいですし、両手の指先を合わせて同じ指の部分を触れないようにぐるぐると回す運動でもいいそうです。

この指の運動は認知症予防のために高齢者の方にも実践されているということもあり脳を活性化するためにはとても良い運動なので空いた時間でやってみるのがおすすめです。

趣味を持つ

好きな趣味を持っておくメリット

自分の趣味を持っている人は脳の細胞が活性化しやすく学習能力が高い傾向にあるといわれています。好きなことに没頭するのは自ら積極的に試行錯誤を行って上達してくので創造的な思考力が高まりやすいとも考えられています。

また頭のいい人の中には多芸に秀でている人が多くいる傾向にあります。これはいろんなことを学習する中で脳の神経細胞が密につながり合ってどんなことを学んでもすぐに理解できる状態になっているといわれています。

といってもたくさんの趣味を持つ必要はなく一つの趣味でもいいので突き詰めていくことでも脳の働きをとても良くなると言われているので趣味を持っていないという場合には「自分は何が向いているのかな?」と深く悩まずにとりあえず何でもいいのでやってみるのがおすすめです。

楽器の演奏

楽器を演奏することは脳をものすごく活性化する働きがあります。演奏しているときにはその音がちゃんと正しいのか耳でチェックするために聴覚が活性化され、また楽器を演奏する際の指先の運動により脳と筋肉との情報伝達の速度が高まったりする効果があるといわれています。

初めて楽器を覚える時には一曲でも覚えられるようになると頭の中にその曲の最初から最後までの流れがしっかりと記憶されるのでものすごく記憶力を鍛えることにつながっているといわれています。

楽器をやり始めたときには最初の一曲を覚えるのが大変ですが覚えた後には次の曲を習得するのがスムーズになるので頭の働きが良くなったことをとても実感できるはずです。

絵を描く

絵を描くことは脳の創造的な働きを担っている右脳を活性化することにつながります。普段から絵を描くことで右脳を活性化させておくと考え事をしているときに直感的に良いアイディが生まれることが多くなるとも言われています。

絵が下手だから自分には向いていないと思う必要はありません。絵が下手でも絵を描く行為自体がとても脳を活性化するからです。特に自分で想像したものを描くことは想像力を高めたり推測したりする力を高める効果があるといわれているので問題解決能力をアップできることに期待ができるでしょう。

また絵を描くのに本格的に道具をそろえる必要があるわけではなりません。ボールペンで紙に自由に絵を描くことでも十分に脳を活性化する働きがあるといわれているからなんです。

文章を書く

自分の考えをまとめる

普段考える時に自分の頭の中だけで済ませていませんか?実は自分の考えを紙に書くことで思考力は高まるといわれています。紙に書かないで頭の中だけで考えていると一度に想起できる情報に限度があるのでうまくいく解決策を見つけ出すことに苦労します。

紙にたくさん考えていることを書き出すことで自分が何を考えているのかが俯瞰してわかるようになり良いアイディが生まれやすくなるといわれています。

また書くことは脳の細胞をとても活性化させるので集中力が非常に高まるといわれています。自分の考えをまとめる習慣を作ってみたい方はまずは毎日日記をつけることをおすすめします。一日の終わりに日記を書くことでその日の情報をうまくまとめる能力が身につくからです。

頭のいい人の文章をまねする

本を読んでいて「この作者は頭がいいな」と感じたりしたならばその作者の考え方をなぞってみるのが大切です。「なんでこういう考え方ができるんだろう」としっかりと考えたり、その人の文章を音読・模写したりすることで無意識的にその文章の論理的なパターンが身につきやすくなるのでおすすめです。

日ごろ本を読まないから何を参考にしていいのかわからないという場合には新書の本を利用するのがいいでしょう。新書は難しいことを簡単な内容で紹介してくれているものが多いために論理的な思考力が身につくだけではなく、難しいことを簡単に伝える能力も身につくと考えられます。