劣等感が強い人には特徴がある!もやもやとした劣等感を解決する方法

劣等感は、誰にでも感じる感情です。しかし、劣等感が人よりも強い人には共通の特徴があるのです。劣等感を頻繁に感じる人は、より良い解決を行う努力をしてみましょう!

そもそも劣等感ってなに?

劣等感にはいくつか特徴があり、劣等感の強い人には何らかの特徴があるものです。それは考え方や日常的な会話などにも現れるようですが、劣等感が強い本人自身はそれに気がついていないことが多いと言われています。

本人が劣等感に気づいていなくても、会話をしている相手や他の人は、言葉の端々や話の内容などから少なからず劣等感を感じ取ってしまいます。劣等感はネガティブなものが多いので、他人からはあまり良い評価はされなくなってしまいます。その結果、劣等感はさらに増し、強いものへとなっていくようです。

このような現象が起こることで劣等感が大きくなり更に悪循環になってしまう事も少なくないと言われいます。自分が人に対して強い劣等感を感じている場合には、より良い改善を行うようにしましょう!

他人と自分を比較して落ち込んでしまう

人は社会の中で、多くの人と関わって生きることがほとんどです。家庭や会社、学校など、他人の中にいることで、自分という存在を認識することができます。

他人と関わるということは、少なからず自分と比較しているものですが、劣等感の低い人は仮に比較したとしても「自分は自分」と考え、特に落ち込むことはありません。むしろその比較をバネにさらに上を目指そうとしたり、前向きにとらえます。

しかし劣等感が強い人は、この比較の時に「私はあの人より劣っている」「どうせ私は」とつい考えてしまい、過度に落ち込んでしまったり、できない自分にコンプレックスを抱いてしまうようです。

他人の良い点を認められない

劣等感が強い人は、つい人の良い点や優れている点に目がいきやすいと言われています。しかし、その良い点を素直に認めることができずに、相手の持っている能力や地位などに対して、強い嫉妬心を抱いてしまい、相手への批判となって言動などに現れます。このような劣等感は攻撃性の劣等感と呼ばれています。

たとえば、ブランド品などでキレイに着飾っている知人などを見ると「どうせ親に買ってもらったんでしょ」など勝手な推測をしてみたり、自分より優秀だった同僚が降格すると、陰で喜んだりという場合は、攻撃性の強い劣等感の持ち主である可能性が高まります。

攻撃的な劣等感が強くなると、自分が高評価を得たいのに得られない、自分じゃなく他人がその評価を得ているといった場合に、嫉妬心がより強くなり、他人に対しての批判も強く出る傾向にあるようです。

自信がなく自己肯定感が低い

劣等感の強い人は、とにかく自分のダメなところを気にしてしまいます。ただ、そこでそのダメなところを改善しようとするところまではいきません。なぜなら、まずダメな自分を受け入れることができないからです。

ダメな自分を受け入れ、肯定することができずに無意識に否定ばかりしてしまいます。自分を否定してばかりいると、自己肯定感が育まれずにどんどん自分に自信がなくなっていき、どんどん劣等感が強くなるという悪循環が起こってしまうのです。

不幸な自分をアピールしたがる

劣等感が強い人の中には、不幸話をすることで自分をアピールしたがる人もいます。さも気にしていないように、自分の不幸話をおもしろおかしく話し、周囲の気を引こうとします。聞かれてもいないのに、こういった話をしたがる人の心の中には、強い劣等感が隠れていることが多いようです。

不幸話をすることで「かまってもらいたい」「なぐさめてほしい」という気持ちもあるようです。しかし、こういった話は、いくらおもしろく話しても根底にあるのはネガティブな感情のため、聞いている人は徐々に不快になっていきます。

また聞いている方は自分も不幸になったような気になり、話を聞くこと自体嫌になってしまいます。不幸アピールは他人からの評価も下がってしまいます。

自分を大きく見せようとする

劣等感が強い人中には「優越コンプレックス」というものが強い人がいます。このようの人は「人より優越感を感じたい」という思いが強くなり、会話などで自慢話などとなって現れることが多いようです。

他人との会話中に自分の知識をひけらかしたり、あまり知らないことでも「自分は知っている」というような態度や言動をしたり、あまりお金がないのに外見を着飾ったりして、他人に対して優越感を得ることで、自分の自信のなさやコンプレックスを隠そうとします。

このように、必要以上に自分を大きく見せようとする心理の裏には、劣等感の強さが隠れていることがほとんどのようです。

劣等感が誰にでも起こる感情!?

生きていれば必ずといってもいいほど、劣等感を感じる機会はあります。日常生活の中で、自然に人と比べたり、人を羨んで劣等感を感じるケースが多いと言われています。ある程度の劣等感は、誰にでも感じる感情なので、それほど気にする必要はないそうです。

しかし、頻繁に劣等感を感じる場合には、劣等感によって人を不快にさせている可能性があるため、注意をしたほうが良いと考えられているようです。劣等感を感じないようにするためには、人と比べないようにする必要があると言われています。自分の価値は、自分で決めるようにすることが大切です。

劣等感と精神的症状

赤面症

劣等感とは一種の精神症状なのですが、その精神症状がまた他の精神的問題を生むことがあると言われています。その典型的な精神症状をここからいくつか紹介していきたいと思います。

まずはじめに、劣等感という感情を強く持つ事で赤面症という症状がその人に出ることがあります。この症状はその名の通り、顔が赤くなったりすることに特徴があるものなのですが、良く緊張したりする場面で多くの人がこの様な症状を体験をしたことがあるのではないでしょうか?

この症状はあくまでもめったにないような緊張を強いられる場面でのみ出るのが普通なのですが、劣等感の強い人は、普通の人よりも頻繁に、日常的にこのような症状が出やすいと言われています。このような赤面になることは、その症状自体が恥ずかしさ、劣等感を強く増長する傾向があり、余計にその人に強い劣等感を与えてしまう事があるのも問題の一つとして考えられています。

多汗症

多汗症も赤面症と同様に、強い劣等感からくる精神症状と言っていいでしょう。多汗症とは汗が大量に体中から溢れ、止まらないという症状を言います。この症状は甲状腺に異常があったり、ひどく緊張したり、パニックになっている所謂精神が不安定な時によく起こると考えられている症状ですが、劣等感のある人は常に、自分を卑下したり、精神状況を自分から追いつめてしまう傾向があるので、結果として多汗症を日常の緊張感の無いような場所でもよく起こしてしまうのです。

これも赤面症と同様に、多く汗をかく姿が余計に自分の劣等感や恥じらいを増幅させてしまって、その人を劣等感の底にさらに追い込んでしまう、厄介な二次症状と考えられるでしょう。

対人恐怖症

対人恐怖症という症状を聞いた事がある人は比較的多いのではないでしょうか?この症状は人と対面する際に、普段の自己をうまく出せず、相手とのコミュニケーションがうまく確立できず、ひどく恐れ、結果として人とのコミュニケーションを過度に避けるようになるのが特徴と言えます。

劣等感の強い人がこの症状に陥いるプロセスとしては、まず劣等感によって自分に自信が持てず、人と対等に話すことができないという妄想を強く自分の中で作ってしまい、結果、人とのコミュニケーションに抵抗が生じ、現実に人と話すことが無くなり、最終的に人と話す事が全くできなくなってしまうというものが考えられます。

劣等感はそれ自体、人の精神を傷つける物ですが、それに加えて思わぬ精神的二次症状を生み出してしまう所に最大の脅威があるといっても過言ではないでしょう。

劣等感が強い人の特徴って?

劣等感が強い人には、いくつかの特徴があります。自分では気がつかないうちに劣等感を頻繁に感じている場合もあります。そのため、劣等感が強い人の特徴を知って、自分と比較することが大切なのです。以下の項目を見て冷静に自分はどうなのかを比較してみましょう。

理想の自分が現実とかけ離れている

劣等感が強い人は、自分に対して高い理想を持っている人が多いと言われています。これは、自分自身に高い理想を持っていることで、自分に大きな不満を抱えてしまうようになるため、強い劣等感を感じるようになることが多いそうです。

理想と現実の差が大きければ大きいほど、劣等感は強くなると考えられています。高い理想を持つことで、現実の自分に対しての不満が大きくなり、劣等感が生まれてしまうそうです。高い目標を持つことは良いことです。

しかし、あまりにも高い目標や理想を持ってしまうと、結果的に自分を苦しめてしまうのです。理想や目標に達成できない自分に対して、無力さを感じることが多くなると言われています。そのため、劣等感を感じるだけではなく、自信を喪失してしまう可能性もあると言われています。

他人の優れている所を発見しやすい

劣等感の強い人は、他人の優れているところに対してとても敏感です。人の良い点や優れているところをすぐに見つけることができるのは、それだけ観察力があり長所ともいえるでしょう。人の悪い所ばかりを見つけるよりも、周りから好かれることが多いと言われています。

例えば、モデルのようにキレイな女性に対して「キレイだから異性からモテる」といったように、「キレイ」という1つの評価に「モテる」という先入観が働き、全体の評価が上がってしまうような場合があります。これは「ハロー効果」と呼ばれる心理的効果の1つで、この効果によって、他人の優れている所を発見した場合に、その人は完璧な人間だと思い込むようになると考えられているようです。

そのため、強い劣等感を感じるようになると言われています。他人の優れている所を発見することは、とても大切なことですが、人は完璧ではありません。頻繁に他人の優れている所を発見することで、欠点があることを忘れしまうのが原因だと言われています。

「今」が見えていない

劣等感は、自分の思い描く世界と実際の世界とのギャップから生まれます。理想と現実を比べ、そのギャップが大きいほど「こんなはずじゃなかった」とマイナス思考におちいりがちになります。理想があることはいいことですが、それが高すぎるのもあまり良いとは言えません。このように現在の状況や、今自分が持っている長所を見失うことで、必要以上に劣等感を感じるようになってしまうのです。

また劣等感が強い人は、現在の自分や置かれている状況に対しての不平不満が多かったりと、現状を認め満足することが苦手で、自分自身が持っている優れている分野には、気が付けないことが多いと言われています。そのため気づくと理想が高くなり、手に届かないようなことやものばかりに執着しようとするのです。

他人の真似ばかりをしたがる

劣等感が強い人は、なんでも他人と同じにしたがる傾向があります。他人と同じ髪型やファッションにしたがる場合には、劣等感が強い可能性がとても高いと言われています。これは個性を持つことよりも、周りに高い評価をされたいと言う気持ちが大きいことで起こります。

「◯◯みたいになりたい」と思うことで、自然とその人の真似をしてしまうのです。自分自身に自信がなく、人を羨む気持ちから起こる行動だと言われています。これは自分の個性では、高い評価を得られないと感じることや、自分自身に自信がないことが原因だと言われています。

他人を批判するような言動を行う

劣等感が強い人は、他人に対して必要以上に批判をすることが多いと言われています。自分より優れている人に対して、必要以上の批判を行うことで、自分が感じている劣等感を優越感に変えようとして起こる言動だと言われています。

自分が他人より劣っていると感じた時に、相手の悪いところを見ようとする傾向があると考えられているようです。。そのため、喧嘩をして明らかに自分が悪い場合でも、人の悪いところを無理やり引っ張り出すようになることも少なくないと言われています。

自分には足りないことを認識することができずに、必要以上に相手を責めたり、責任転嫁しようとしてしまう事が多くなると言われています。

自分の欠点ばかりに着目してしまう

劣等感の強い人は自分自身に対する考え方におけるスタンスに若干普通の人とは違った特徴があると言ってでしょう。それは常に自分の存在を意識しすぎる、所謂自意識過剰な所があるのです。しかも、それに加えて、自分への自身の無さが合わさることになるので、常に自分の弱い部分を意識的に捉えようとしてしまうのです。

そして、それを他者のものと比較しようとする傾向もあり、この結果自分を余計に追い込んでしまう事があるのです。

劣等感と恋愛の関係

彼氏に劣等感を感じる

交際をしている相手にも劣等感を持つことは良くあることです。実際にこの記事を読んで頂いている方にも交際相手に強い劣等感を感じた経験があるのではないでしょうか?ここからは、交際相手に対して持つ劣等感の特徴を簡潔に紹介していきたいと思います。

まず、彼氏に対して劣等感を持つときに良くある女性の心理について紹介していきたいと思います。一般的に女性に交際をしている男性に対して劣等感を持たせるトリガーとなっているのは、交際男性の自分とは違った性格と言えます。要するに、男性の性格に対して劣等感を持ちやすいということです。

特に、自分が決して持つことのないような性格を交際男性が持っている所を見ると、女性はとても劣等感に陥りやすいのです。先程上で紹介したように、劣等感を持っている人の多くには自分の内面に自信が持てない人が非常に多いと言えます。

そして、その自分自身の性格とはかけ離れた彼氏の性格を見て、それに惹かれる一方で自分の性格に対する問題性を深く認識してしまうことがあるのです。そのため、自分自身の性格にコンプレックスを持っている女性が自分か交際する男性の自分とは真逆の性格を見ることで劣等感を強く感じることは非常に多いのです。

彼女に劣等感を感じる

次は男性が自分の交際している女性に対して劣等感を感じる心理について説明していきたいと思います。男性は女性と違い、劣等感を感じるうえでの背景が大きく変わってきます。男性が女性に対して劣等感を持つのは、その女性の内面という特性よりもその女性の社会的ステータスという外面的な要素が強く関わってくるのです。

男性は女性よりも社会的に優位な立場にいることを自然に、本能的にそして社会的に望む傾向があり、自分が交際している女性よりも社会的なステータスが低いことが許せないのです。そして、その結果、そのことに強くコンプレックスを覚え、劣等感を感じてしまいやすいのです。

特に、自分と一番身近な女性には自分の強さを見せたいという欲求が非常に強く作用するので、自分よりも社会的なステータスを彼女が持っていると非常に劣等感を感じてしまいやすいのです。例えば、交際女性が自分よりも高い給料をもらっていたり、自分よりもレベルの高い学歴を持っていたりすると、劣等感が強く出やすいと言えます。

それぞれの解決法

上で男性と女性それぞれが交際相手に持つ劣等感の生成過程を紹介しましたが、このような劣等感はどのようにして解消すればいいのでしょうか?ここでは、それぞれが交際相手に持つ劣等感の解消方法を一緒に考えていきましょう。

まず女性が持つ交際男性への劣等感ですが、これはあくまでも自分の性格を悪いものとして前提にしている問題があると言えます。そのため、そんな悪いと決めつけた性格を考え直すことが根本的な解決法になるのではないでしょうか?

性格というものは良い、悪いという二択で単純に決めることができない複雑なものです。そのため、どんな性格もそれを個性としてしっかりと受け入れてあげましょう。そうすれば、劣等感を持つこともなくなりますし、交際男性との性格における優劣の無駄な比較も意識しなくなるのではないでしょうか?

次に男性が交際女性に持つ劣等感の克服法ですが、この問題の根本には自分の社会的ステータスに自信が十分に持てていないという問題が考えられます。自分の社会的立場に自信が持てないあまり、他者のステータスに人一倍劣等感を感じてしまいやすいのです。

そのため、まずは自分の社会的立場に自信を持つ努力をする必要があります。そのうえで、キャリアアップを図ったり、資格習得などして自分の立場を改善していくことは、自然と自分の自信を高め、また交際女性への劣等感克服にも有効となるでしょう。

仕事と劣等感の関係

働く人達の立場が明白にレベル分けされる仕事は正に劣等感を強く引き起こす土壌と言えます。自分よりも仕事ができる人が多くいる職場では当然強い劣等感を持ちやすいし、それを無視しろと言われてもとても難しいことなのです。

そのため、職場で劣等感を持たない人はいないのではないでしょうか?もし劣等感を感じないというのなら、それは職場で一番役職が高い社長や取締役などのような人達に限られるでしょう。しかし、こうした人達でさえ、他の会社の役員などに対して劣等感を感じることもあるので、そうとも言えないかもしれません。

要するに、仕事という比較対象になる多くの人達がいるようなフィールドで他者に対して劣等感を持たずに、仕事をすることは不可能なのかもしれません。しかし、そういった劣等感を意識しすぎて、仕事に対して億劫になるのはとても愚かなことです。

劣等感を味あわない人はいない、とはっきり割り切って自分ができる仕事をコツコツと行っていくことが職場では大事なのではないでしょうか?

劣等感と優越感って同じもの?

劣等感と優越感は良く対照的なものとして比べられますすが、実は根っこは一緒で、とても似たものなのです。どちらもその根本には他者との空しい比較行為から引き出されたものという共通点があると言えます。自分と相手を何かしらの程度において比較し、それに対して良い思いをするのなら優越感を、それに対して悪い思いをするのなら劣等感を人は持つのです。

このような比較という行為が劣等感と優越感の背景にあるのですが、人は人と比較して自分の幸せを客観的に計ろうとする傾向があり、その結果、この過程で引きだされた感情で無駄に悩んだり、無駄に悦に入って一喜一憂してしまうのです。

このような比較行為は一種のギャンブルと言えます。というのも、比較行為で得られる結果は優越感という気持ちの良さだけでなく劣等感という気持ちの悪さもついているのです。そのため、必ずしも優越感という表だけを引くことができないのです。

しかも、優越感を得たとしても、そこで得た快感はすぐに消えてしまう傾向があるのです。しかもこのギャンブルには常に劣等感という裏を引く可能性もあることを忘れてはいけません。このことから、他人との比較行為というものは、非常に割に合わない行為で無駄なことなのです。

要するに優越感も劣等感も根っこは同じで、どちらも他人との比較という無駄な行為から出てくる愚かな結果と言えるのです。

強い劣等感を克服する方法

他人より優れた何かを持つ

頻繁に劣等感を感じないようにするためには、他人より優れた何かを見つけるが大切です。なんでも良いのです。何か一つ人に自慢できるようなことを持ちましょう。自分の特技や長所を磨くことで、今まで感じていた劣等感を感じずに済むようになることがあると言われています。

これは、他人の優れている分野を発見したとしても、自分には誇れる特技や長所があることで、必要以上に他人と比べる必要がなくなるからだと考えられているようです。他の部分は劣っているけど、これだけは、誰にも負けないという特技を持つことで、自分への自信にも繋がります。

特技や長所を自分で見つけることは、簡単なことではありません。一度、自分と向き合う時間を作り、冷静に自分の特技や長所を見つけてみてください。特徴や長所が見つかったら、人に自慢できるくらいになるように努力をすることが大切です。

自分の事を好きになる

劣等感が強い人は、「自分のことが嫌い」「自分のことを認めていない」場合が多いと言われています。自分のことを認めることができないため、必要以上に他人と比べるようになってしまう可能性が高いと言われています。

反対にいえば、自分を好きになって、自分自身のことを認めてあげることができれば、他人と比べる必要などないのです。他人に良いところがあるということは、自分にも1つくらいいいところはあるはずです。自分の長所を見つけて、自分のことを好きになる努力をしましょう。

どうしても自分の長所がわからない場合には、周りの人に聞いてみるのも1つの手ですよ。まずは、自分を好きになり、自信を認めることから始めましょう。これは強い劣等感を解消するためには、とても大切なことだということができます。

ポジティブになる

劣等感が強い人は、ネガティブ思考になりやすい傾向があると言われています。何事もネガティブに捉えてしまうため、必要以上に劣等感を感じてしまうようになることが多いと考えられているようです。

客観的に見たらどうでもいいようなことにでも、必要以上に劣等感を感じることで、劣等感を感じることが癖になってしまうことも、少なくありません。自分が比較的ネガティブ思考だと感じる場合には、ポジティブ思考になるように努力をしましょう。

考えが前向きになるだけでも、今自分が感じている負担を減らすことができると言われています。ポジティブになることで、今感じている劣等感を軽減させることができる可能性が高くなるのです。また劣等感は、必要以上にウダウダと考えることで起こるものだと言われています。

時には、嫌なことをスパッと忘れたり、気分を変えることも大切なのです。いきなりポジティブになることは、難しいことです。自分のペースで焦らずポジティブになれるように努力をすることが大切です。

何も考えない

劣等感は、必要以上に考えることで起こると言われています。「自分より優れている。」「自分には価値がない」など、劣等感に関することはなるべく考えないようにすることが大切です。このようなことを、必要以上に考えなければ、 劣等感を感じる必要などないのです。

また、どうしても頻繁に劣等感を感じる場合には、楽しいことをして、忘れる努力を行いましょう。一人で旅行などに出かけて、心をリフレッシュしてもいいですね。心が疲れしまうと、劣等感を感じやすくなります。定期的に心のリフレッシュをおこなって、自分に余裕を持つようにしてみてください。

劣等感は手放すことができる

劣等感のある人は劣等感を克服できるものではない、と諦めていませんか?実はそんなことは決してないのです。実際に劣等感を昔持っていたが、それが今では無くなった、と感じている方も多くいらっしゃいます。そして、こういう人達は今まで紹介してきたような劣等感を克服するための実践を積極的に行ってきた人達と言えます。

そのため、一人でじっと自分の劣等感を痛感して、その症状を自分で重くするよりもまずは何かしら自分の劣等感を払いのけられるような環境に身を置き、存分に自分に自信を持てるように活動しましょう。そして、その前提として常に劣等感は克服できるもの、と強く心の中で認識しておきましょう。

劣等感は成功のカギになる

劣等感のある人は自分の事について非常にこだわりのある人間と言えます。だからこそ、自分の心の底にある、自分の欠点を強く意識してしまうのでしょう。しかし、それは必ずしも悪いことではありません。というのも、劣等感のある人はその分自分を深く理解できるのですから。

自分を深く理解できるという事は自分の本質をしっかりと見れているという事です。そのため、自己分析が高次元でできるのです。そして、自己の才能もまた見つけることが非常にうまいのです。実際に、この世の中の成功者の人達は劣等感を持った人が多い言われています。

こうした成功者は自分を謙虚に見る事ができ、かつ自分の才能をうまく理解しているので、それを発揮できることが劣等感を持たない人達よりも断然多いのです。こういった背景を考えると、劣等感を持っている自分に何か知らの誇りが持てるのではないでしょうか?

社会の役に立つことで自分を認める

劣等感の強い人達は自分が普通の人とは劣っている存在故に自分が人、社会から相手にされていない、求められていない、と強く感じていることが多いと考えられます。そして、このような人、社会から求められていないという心理は非常にその人を無気力にし、自分への自信を奪うものとして考えられています。

そのため、自分を求められる存在にする事は、すなわち自分に自信を持ち劣等感を取り払ううえでに大いに有効な手段と考えられます。自分が求められる存在になるにはどんな形でもいいのですが、人の役に立つことをまずしましょう。

仕事でもボランティアでも何でもいいのですが、このような間接的であれ社会に貢献をするという事は、自分が人に役に立っているという事になるのです。その結果として、社会からあなたは求められているという事になるのです。このように社会に積極的に貢献して自分の存在価値をしっかりと認識していけば、あなたの劣等感は改善できるのではないでしょうか。

何か一つの事に集中して取り組んでみる

劣等感のある人におすすめなのが、何か一つでもいいので、自分の心から集中できるようなことを見つけて、その時間帯をなるべく取ることです。自分の心を全力で傾けられるものの存在は、あなたの脳の中に多く占められるマイナス思考の存在を一時的に消してくれる効果が期待できるのです。

人は良い意味でも悪い意味でも、一度に一つのことしか考えられない生き物です。それ故、一つでも自分の興味のあるものに心を集中させていれば、その間、嫌な自分にある感情を抑えることができるのです。

妄想しない

上でも触れましたが、人間は同時に二つ以上のことを思考することができない生き物なのです。それ故、この特性を生かして、自分の負の感情を抑えることはとても効果的なのです。従って、やはり、自分の心を思いっきり傾けられる瞬間というものを自分の中で積極的に作っていくことが劣等感克服のポイントと言えます。

そして、その逆として、暇な時間を持つということは劣等感を感じる妄想という機会を必然的に増やしてしまう元凶になりかねないので、十分気を付けるようにしましょう。とにかく、自分に嫌なことを考える隙を与えないということが何より大事なのです。

客観的に劣等感の原因を考える

客観的に劣等感の原因を考えるというのも劣等感克服には効果的な方法と言えます。特に、他人からのアドバイスというものは、自己の主観に基づく不条理かつ不必要なまでの自己批判とはかけはなれたプラスの評価を得られやすい傾向があり、自分に自信を持つきっかけに繋がったり、かつ劣等感の人が一番気にする、他者から見た自己という像をしっかりととらえるチャンスにもなるのです。

このように自分一人で深く自分のことを考えるよりも、人に協力してもらいながら、自分の問題を考えていくことの方が自分でマイナスに考えすぎてしまう人にはもお勧めと言えるので、是非自分の気持ちをしっかりと受け止めてくれる人に相談してみるといいでしょう。

劣等感が強すぎるのは良くない?

劣等感は誰にでも感じる感情です。しかし、必要以上に劣等感を感じることで、自分の負担になってしまうこともあります。また、強い劣等感を感じることで自分では気がつかないうちに、他人を不快にさせる言動を行っている可能性も少なくありません。

自分が人よりも劣等感が強いと感じた時には、より適切な方法で改善する努力を行いましょう。自分の性格まで変える必要はありません。自分に自信を持つことが大切なのです。自分が持っている性格を大切にして、自分に自信を持ち、他人と比べないようにする努力を行うことが大切です。

また、どうしても劣等感を感じてしまう時には、気分転換を行って嫌なことを忘れることも大切ですよ。劣等感を感じた時に、必要以上に考えることでさらに強くなってしまうこともあります。

劣等感と上手に向き合って、自分への負担を少しでも軽減できるようにしてみてください。誰でも欠点はあります。完璧な人間はいないということを忘れないでくださいね。