焦燥感ってなに?意味や原因を紹介!対処方法を知って気持ちを楽にしよう!うつ病の可能性もある!?

焦燥感という言葉を聞いたことはありますか?頻繁に焦燥感にかられることで「自分は病気ではないか」と不安を抱えることもあります。そんな時には、焦燥感の意味や原因をしっかりと把握した上で適切な対処を行いましょう。うつ病による焦燥感がどんなものなのかを紹介します。

そもそも焦燥感の意味って何!?意味を知らない人が意外と多い!?

焦燥感の意味とは…

焦燥感という言葉を耳にしたことはありますか?多くの人は焦燥感の意味を知らないままなんとなくこの言葉を使っています。そのため、周りの人からは「焦燥感の意味を間違えている」と思われるのです。自分が焦燥感にかられたときに、しっかりとした意味で活用出来るようにまずは焦燥感の基本的は意味をしっかりと把握しましょう。

焦燥感の意味は基本的に「不安の感情の1つ」です。不安を抱えることで、「イライラする」「じっとしていられない」「ソワソワする」などの状況の事を言います。多くの人は、いままでにこのような経験をしたことがあります。この焦燥感は誰にでも起こる感情なのです。しかし、焦燥感に頻繁にかられることで「自分はおかしいのではないか」と更に不安を抱えることもあります。

そんな時には、焦燥感の正しい使い方や、原因などをしっかりと把握してください。焦燥感にかられる=病気と決めつけるのは難しいです。どんな瞬間に焦燥感にかられるのか、病気による焦燥感はどんなものなのかを見てみましょう。また、自分が焦燥感にかられた時には適切な対処で自分の気持ちを楽にすることも大切です。

焦燥感の使い方って?正しい使い方を例文で見てみよう!

焦燥感の類語って何だろう!?

焦燥感の意味を聞いても、いまいち意味が分からないという人もいます。そんな時には焦燥感の類語をみて「こんな感じの感情なのかな」と考えることも大切です。意味だけではなく焦燥感の類語を知ることで、より意味をしっかりと把握することで出来るのです。焦燥感の類語としては「切羽つまった状態になる」「切迫感」「苛立ち」「じれったさ」「焦り」があります。

このことから、焦燥感にかられることは、心が落ち着いた状態ではないことがわかります。多くの人が感じる「苛立ち」や「焦り」が自分の負担になって冷静でいられなくなる状態のことなのです。「残された時間が少なくなることで焦っている心の状態や物事を早くやろうとして苛立ちを感じている状態の事なのです。この状態に陥る人は少なくないです。

ふとした時に、多くの人が焦燥感にかられる可能性があるのです。日常生活の中で起こる焦燥感の中には、気にするべきである場合もあります。焦燥感を伴う病気の可能性や、焦燥感の対処方法をしっかりと把握しておきましょう。病気ではない焦燥感でも、対処方法を知っていれば気持ちを楽にできるのです。

自分の心が乱れている時の焦燥感の使い方

基本的に焦燥感の意味は「不安によって感情が乱れている」という意味です。そのため、多くの場合では「自分の心が乱れている」時に活用されます。自分の心が乱れている時に、どのような焦燥感の使い方をするのかを見てみましょう。例文を参考にすることでよりわかりやすく焦燥感の使い方を把握できます。心が乱れている時の焦燥感の使い方は以下です。

・堪えがたい焦燥感を感じる
・今にも爆発しそうな焦燥感を抱える
・心の中を掻き毟られるような強い焦燥感を感じる
・胃が焼けるような焦燥感
・じっとしていられない程の焦燥感を感じる
・追い詰められた心境によって焦燥感が湧いてくる

などです。このように焦燥感が感情の1つとしての使い方をされることが多いです。自分がイライラしたり、ソワソワした状況に陥った時にこのような焦燥感の使い方をします。また、不安を感じた時だけではなく「怒り」の感情が芽生えた時にも同様の焦燥感の使い方をします。ただ、実際に日常生活の中で「焦燥感」を頻繁に使う人は少ないです。

焦燥感は病気なの!?焦燥感はうつ病の症状って本当!?

焦燥感の原因は心が乱れているから!?

焦燥感や不安感は精神的な症状が多いです。この感情に頻繁にかられることで「自分は病気なのではないか」と更に大きな不安を抱える人も少なくないです。焦燥感の多くはストレスによって自律神経が乱れることが原因で起こるのです。更に、自律神経が乱れることで焦燥感だけではなくさまざまな症状が現れる可能性もあります。

焦燥感を伴ううつ病の場合には「めまい」「立ちくらみ」「動悸」「不眠」などの背心的な症状だけではなく身体にも症状が現れることが多いです。また焦燥感によって「不安感」「イライラ」「憂鬱な気持ち」などの精神的な症状が伴って、どんどん症状が悪化することも考えられます。初めのうちは気にならなかった焦燥感が徐々に気になりだします。

また、焦燥感に頻繁にかられるとそれが自分の負担になることもあります。この時の自分への負担がどんどんうつ病を引き起こす原因になる可能性もあるので注意をしましょう。焦燥感だけではなく、精神的な身体に何らかの症状がある時には病気による焦燥感の可能性もあると言われています。この時には一人で抱え込むのではなく、専門の医師に一度相談を行いましょう。

うつ病による焦燥感って?症状は焦燥感だけではない!

うつ病になることで、うつ病の症状の1つとして焦燥感にかられることもあります。焦燥感にかられるうつ病は比較的高齢者のうつ病に多いようです。うつ病による焦燥感にはどんな特徴があるのかをしっかりと把握しましょう。うつ病などの自律神経失調症になると「イライラ」「憂鬱」「不安」「焦燥感」を引き起こすこともあります。

この感情が原因で「集中力や記憶力の低下」「好奇心の低下」「無気力」などの、典型的なうつ病の症状が現れるのです。うつ病による焦燥感がどんなものなのかを把握しないと「自分の焦燥感が病気なのか」を見極めることも難しいです。自分が感じている焦燥感と、うつ病による焦燥感を比べてみましょう。うつ病による焦燥感などの症状は以下です。

  • 原因はわからいが気分が晴れずもやもやしている
  • 何もする気になれず、やる気が消失
  • 普段は気にならない事でも、必要以上に不安感が起こる
  • 焦燥感を感じて、人から疎外されている気がする
  • 涙がすぐでてしまう
  • 落ち込みが激しい時がある
  • 突然イライラが止まらずトラブルになってしまう

などです。ただ、うつ病などの自律神経失調症の精神的な症状には個人差があります。人によって、症状の現れ方や程度が異なるので一概に「焦燥感=うつ病」と決めつけるのは難しいです。このような症状を感じる時には、自分で判断するのではなく専門の医師の受診を行いましょう。うつ病ではないと自分で判断することで、どんどん症状が悪化することもあります。

焦燥感の原因って何!?焦燥感は自律神経と深い関わりがある!?

焦燥感の原因とは…

焦燥感の主な原因は「自律神経の乱れ」です。自律神経が乱れることで焦燥感や不安などの精神面に大きな不調をもたらす可能性もあるので注意をしましょう。人間は心と身体が繋がっています。そのため身体が健康でないと、精神面にも支障が出るのです。身体の不調によって過剰にストレスを感じます。このストレスによって精神的に落ち着かない状況になります。

「早く身体の調子を整えたい」「このストレスをどうにかしたい」という気持ちが焦燥感や不安に繋がる可能性も十分に考えられます。ストレスによって自律神経が乱れることで頻繁に焦燥感を感じるのです。
ストレスを抱えることは交感神経が優位な状態です。交感神経は「活動的で興奮」した状態なのです。これを改善するためには副交感神経を優位にする必要があります。

焦燥感にかられるメカニズムとしては「ストレスを感じる」「交感神経が優位になる」「筋肉は硬くなって緊張状態になる」「身体が不調を抱える」「精神的な不調が現れる」の順番です。これは、普段は健康な身体や精神状態の人でも何らかの原因でこの状況になる可能性もあります。そのため、誰にでも焦燥感を感じる瞬間はあるのです。

うつ病の焦燥感ってどんな感じ!?

動きたいと動けないの間に挟まれた焦燥感

うつ病の症状が悪化すると、動けないほどの辛い状況に陥ることもあります。この状態から治療によって徐々に気持ちが楽になるのです。この時に、気分の上下によって少しだけ活発になれる時期が訪れます。この時にうつ病の症状として、焦燥感が現れる可能性もあるのです。ある程度自分が動ける状態になると、自分について冷静に考える時間も増えます。

自分と向きうことで「周りの人は頑張っているのに」「自分はこのままでいいのか」「早く仕事に復帰をして今まで通りの生活を取り戻さないと」などの心配を抱えます。この時に「何をやらないと」という強い焦燥感や不安を抱えるのです。その結果ソワソワして、自分ではどうにもできないような感情に頻繁にかられます。

また、うつ病の初期症状でも焦燥感にかられることもあります。これは猛然とした不安を常に抱えるようになることで引き起こる焦燥感です。落ち着いた気持ちを失うことで、常に心が休まらない状況に陥ります。その結果焦燥感や恐怖心などのマイナスな感情がどんどん発展する可能性も考えられます。このようにうつ病による焦燥感はさまざまな場面で引き起こるのです。

焦りから起こるイライラの焦燥感

うつ病によって焦燥感を感じると、次第にイライラが募ることもあります。これが原因で多くの人が「貧乏ゆすりをする」「うろうろと動き回る」などの目に見えた症状が現れるのです。この状態を放置することで、ふとした時に「しっかりとやらなければ」などの焦りを感じます。そのため、強迫神経症のような症状が現れることもあるのです。

強迫神経症のような症状の中には「どうしてもやらないといけない」という焦りの気持ちや強迫された気持ちから、何度も同じ行動を繰り返すことが挙げられます。例えば「何度も手を洗う」などです。また、この焦燥感によって精神的な症状だけではなく「頭痛」「動悸」「手が震える」などの身体の症状が現れる場合もあります。

感情の波が大きくなって心が不安定な状態です。うつ病による焦燥感が強いストレスになる可能性も考えられます。この状況になることで、自分の命を絶とうとする人もいます。うつ病などを発症していない健康な人でも焦燥感によってマイナスな感情が芽生えるのです。これが、積み重なることでどんどん悪影響を及ぼす可能性もある為注意が必要です。

焦燥感は薬で気持ちを落ち着かせられる!?

焦燥感には「抗不安薬」が効く…

焦燥感は薬で気持ちを落ち着かせることも出来ます。焦燥感を抑える薬として活用されるのが「抗不安薬」なのです。抗不安薬は、基本的に自分が不安を抱えてる時に服用をします。

うつ病では、焦燥感の他にも常にふさぎ込んでしまうと言った気分の落ち込みが酷く、どうしようもない不安や焦燥感に見舞われて、不眠になる事もあります。こうした眠れない場合には、抗うつ剤を一緒に飲むと効果が上がるようです。

ただし、抗不安剤や抗うつ剤は、必ず医師の指示に従って服用したり中止したりしましょう。

強い焦燥感には「抗精神病薬」を服用…

焦燥感は人ぞれぞれに感じ方が違ってきますが、焦燥感が強い場合は抗うつ薬や抗不安薬でも、いっこうに変化がない場合もあるようです。こうした場合は、心療内科に受診するのが一番です。心療内科では、個々の病状に合わせて、焦燥感や不安を取り除くお薬を処方してもらえます。時にそれが、「抗精神病薬」の時もあります。

「抗精神病薬」は、服用すると強い焦燥感や不安などが、抗うつ剤よりも改善効果を強く感じることができます。抗精神病薬は、本格的に不安や焦燥感を取り除いていきたいとされる方に処方されます。抗精神薬は、心療内科で受診して希望したとしても、希望通りのお薬が出ないことがあります。

もちろん個人の病状によって処方されるので、処方されたら医師の指導の下で必ず服用しなくてはなりません。勝手に服用をやめるとかえって弊害になることもありますので注意が必要です。

焦燥感を抑える薬!市販のものでも効果がある!?

漢方鎮静剤「イララック」

焦燥感を抑える市販薬として「イララック」があります。イララックは、植物から抽出した生薬が中心となった漢方鎮静剤で、神経が過敏になり興奮した状態だったり、焦燥感に伴う頭痛や気分の落ち込みなどを鎮めてくれます。カプセルタイプで、飲みやすいのも特徴です。おだやかな気分でいたい時に、是非お試しください。

漢方鎮静剤「パンセダン」

焦燥感を抑える市販薬として「パンセダン」もあります。パンセダンは焦燥感を抑える市販の薬として、比較的安価なのが魅力です。植物性の成分によるものなので、比較的副作用が少ない静穏剤です。また、効果としては「イライラを抑える」「緊張感を抑える」ことが目的です。ストレスから来る焦燥感をある程度鎮めることが出来ます。

「レスフィーナ」

焦燥感を抑える市販薬として「レスフィーナ」があります。レスフィーナは、仕事や育児、受験、介護などのさまざまな場面でのストレスによる焦燥感を抑えます。ストレスが原因で「イライラする」「寝付きが悪い」などの症状を鎮めるのです。レスフィーナは抑肝散加芍薬黄連水製乾燥エキスの生薬製剤です。

頻繁に焦燥感を感じる人が1日3回服用することで「精神の高ぶり」「気分の塞ぎこみ」「不眠」の効果が期待できる市販の薬として、多くの人から注目されています。9種類の生薬エキスが、高ぶった気持ちを和らげて、落ち着いた気持ちにするのです。

焦燥感を抑える薬には副作用がある!?

抗不安薬にはどんな副作用があるのだろう…

焦燥感を抑える薬として「抗不安薬」が用いられることが多いです。抗不安薬はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)があります。このSSRIの主な薬としては「デプロメール」「ルボックス」「パキシル」「ジェイゾロフト」「レクサプロ」が挙げられます。SSRIは基本的に、副作用の少ない薬として知られています。

しかし、だからといって全く副作用がないわけではありません。SSRIの抗不安薬の副作用はさまざまなものがあります。服用する前に、しっかりと焦燥感を抑える薬の副作用を把握しましょう。また副作用にも個人差があるので、重い副作用が現れる場合や全く副作用を感じない人もいます。焦燥感を抑える薬の副作用は以下です。

  • 喉の渇きや吐き気・胃のむかつき・食欲不振
  • 頭がボーっとして眠気を感じる
  • 不安感の増大やイライラの増大
  • 動悸
  • 性欲の低下

が挙げられます。また、服用する量や一緒に服用する薬によっては非常に危険な副作用が生じる可能性もあるようです。そのため、抗不安薬の服用の際には自己判断をせずにかかりつけの医師としっかりと話し合うことも大切です。恐ろしい副作用として「セロトニン症候群」があります。これは神経が暴走状態になることで更に激しい焦燥感を感じます。

その結果、発作や嘔吐などを引き起こす可能性もあります。最悪の場合には発作的な自殺を招く可能性もあるので十分に注意が必要です。また、長期間抗不安薬を活用することで離脱症状が現れる可能性も考えられます。主な離脱症状は「幻覚」「めまい」「震え」「倦怠感」です。この症状が原因で自殺を招くこともあるようです。

焦燥感にかられる…焦燥感の対処方法

ストレスを軽減させる

焦燥感が起こる原因として「ストレス」が大きく関係しています。ストレスを感じて自律神経が乱れることで焦燥感を感じやすい状態になるのです。「最近焦燥感を頻繁に感じる」という人もいるかと思います。この時の対処方法として「ストレスを軽減させる」ことも重要です。自分の日常生活を振り返って、ストレスを過剰に感じていないのかを確認してください。

ストレス解消方法は人によってそれぞれです。運動をしたり、深呼吸をして気分転換を行いましょう。また、好きなことに没頭したり湯船に浸かってリラックスするだけでもストレス解消の効果があります。まずは、自分に合ったストレス解消方法を見つけてください。どんなことでも構いません。自分の気持ちが楽になればいいのです。

また、平日に溜まったストレスを休日に発散させる人もいます。しかし、この状態になると結果的にストレス発散させるまでは自分の中にストレスが溜まる状態です。そのため、ストレスを感じた時にすぐに発散出来る方法を見つけておくことも大切なのです。すぐにストレス発散が出来ない状況でも、その日のうちにしっかりとストレス発散を行いましょう。

社会に出ることで、さまざまなストレスを抱えます。ストレスを抱えずに生活をすることが難しいのです。そのため「ストレスを感じない」ではなく「抱えたストレスをすぐに発散させる」事を大切にしてください。ストレスが過剰に溜まることで、焦燥感だけではなく身体にさまざまな症状が現れる可能性も考えられます。

食べ物で自律神経を整える

焦燥感にかられる原因は「自律神経の乱れ」です。そのため、焦燥感にかられた時には自律神経を整えることは大切です。自律神経を整える効果のある食べ物を積極的に摂取して、焦燥感にかられる状態を予防してください。自律神経を整える食べ物は以下です。

自律神経を整える食べ物の1つとして「食物繊維が豊富な食べ物」が挙げられます。代表的なものは「玄米」「きのこ類」「海藻」「ゴボウ」「蕎麦」です。食物繊維が多い食べ物は腸の中を比較的ゆっくりと進みます。腸の中を食べ物が進んでいる時には副交感神経が優位に働きます。そのため、リラックスをして焦燥感を軽減できるのです。

2つ目は「すっぱいものや辛いもの」です。代表的なものは「レモン」「唐辛子」「わさび」「しそ」「梅干し」です。このような食べ物は副交感神経を優位にする効果があります。すっぱいものや辛いものは身体によっては「嫌なもの」です。そのため、この嫌な物を排出しようとして副交感神経が働くと言われています。

3つ目は「発酵食品」です。代表的なものは「ヨーグルト」「キムチ」「納豆」「漬物」「味噌」です。発酵食品には自律神経を整える働きがあります。また腸内環境を整えて免疫力をアップさせる効果もあります。発酵食品には酵素も多く含まれているので新陳代謝の促進など身体を健康に維持するためには欠かせないものです。

4つ目は「水分を小まめに取る」です。水分をたくさん摂取することで消化器系に刺激を与えます。そのため自律神経を整える効果的な方法として多くの人に知られています。ただ、冷たい飲み物を大量に摂取すると身体が冷えるので、なるべく温かいものを飲むようにしてください。「生姜湯」「黒豆茶」「紅茶」「ウーロン茶」などがおすすめです。

早寝早起きで自律神経を整える

副交感神経が最も優位になる時間帯は「睡眠時」です。しかし、睡眠の仕方や寝る前の過ごし方によっては副交感神経が優位にならないこともあるのです。これが原因で「寝てもスッキリしない」「常に眠りが浅い」などの症状が現れる可能性もあります。自律神経を整えるためには「早寝早起きをする」ことが大切です。しっかりと睡眠を取る為には以下の事が必要です。

  • 寝る前に湯船に浸かって身体を温めて眠りに入りやすくします。(シャワーだけの入浴は交感神経を優位にします)
  • 徐々に早寝の習慣を身につけます。
  • 寝る前に少量のお酒を飲んでからだをリラックスさせます。(飲み過ぎは逆効果なので注意をしてください)
  • 起きる時間も少しずつ早くしていきます。
  • 寝る前には蛍光灯の明かりではなく間接照明などのリラックスした雰囲気にします。
  • 寝る前には携帯やゲーム、テレビ、パソコンなどを使用を控えてリラックスをします。

まとめ

焦燥感を感じた時には1人で抱え込まないことも大切!

このように焦燥感は、うつ病の症状の1つとして知られています。ただ、うつ病でない健康な人が何らかの原因で焦燥感にかられる可能性も十分に考えられます。焦燥感にかられた時には、原因を把握して心を落ち着かせる努力をしましょう。焦燥感は誰にでも起こる感情です。自分には関係ないと考えていると、いざと言う時に適切な対処が出来ない可能性もあります。

頻繁に焦燥感にかられる時も、焦燥感は薬で和らげることも可能です。ただ、副作用などの問題もあるので、しっかりと医師の診断のもとで服用をしてください。頻繁に焦燥感にかられる時には、勇気を出して精神科での受診を行う必要がある場合もあります。焦燥感を軽減させて、自分の気持ちを楽にしましょう。