生きる目的がないと思う5つの原因って?目的を見つける有効な方法!

自分には生きる目的がないと感じている人もいますよね。生きる目的がないことが原因で「毎日が楽しくない」と感じるようになってしまいます。なぜ、生きる目的を失うようになるのでしょうか?生きる目的がないと感じる原因や目的を見つける方法を紹介します。目的を見つけて楽しい日々を送るようにしましょう。

生きる目的ってなに?意味をしっかりと考えるようにしよう!

なぜ人間は生きるのでしょうか?また、生きる目的を持っていなければ生きていくことはできないのでしょうか?多くの人は、なぜ自分が生きているのかを深く考えることはないと言われています。命として誕生してなんとなく毎日を過ごすようになることが多いですよね。

しかし、同じように生きていても生きる目的を持っている人とそうでない人は物事の考え方や感じ方が変わってくる可能性もあります。生きる目的を持つようになることで、「生きているだけで幸せ」というような考え方をすることができるようになります。

また、このような考えをもつことで、どんなことでも「楽しい」と思えるようになるのかもしれませんね。反対に生きる目的が無い人は、物事に対して否定的な考えを持つようになってしまう可能性もあるのです。また、最悪の場合には目的がないことが原因でみずから命を絶ってしまうということも考えられます。

生きる目的がないと悩んでしまっているときには、心がけ不健康になってしまっているのかもしれませんね。なぜ、生きる目的を失うようになるのかも、どうしたら生きる目的を見つけることができるようになるのかを、しっかりと頭の中に入れておくようにしましょう。

生きる目的がないと感じる5つの原因

孤独を感じた時

自分は孤独であると思い込むようになることで、「周りの人から必要とされていない」「自分は価値のない人間だ」と思うようになってしまう可能性もありますよね。他人と自分の気持ちを共有できなくなることで「生きる目的がない」と思うようになってしまうのです。家族がいることで「家族のために頑張る」というような気持ちになれる人も多いですよね。

中には、生きる目的を見つけるためにあえて結婚をして子供を作って養うという状況する男の人もいるのです。また、女性も子供を産んで子供のためならなんでもできる、子供のために一生懸命頑張ろうと子供の幸せを生きる目的にするようになることも少なくありません。

これは大切な人から、自分を求められるようになることで、大切な人を守りたいという本能が働くようになるからだと言われています。孤独であることが原因で自己評価が低くなってしまうことも少なくありません。結果的に「自分は生きていても無意味な存在」だと思うようになってしまうのです。

毎日が暇だと感じた時

毎日が忙しい日々を送るようになることで、「暇な時間が欲しい」と思うようになりますよね。このような人たちにとっては「暇な時間」はありがたいものだと感じるようになります。しかし、あまりにも暇な時間が多くなることで時間を持て余すようになってしまうことも考えられます。そうなることで、無意識的に「生きる目的」を探すようになってしまうのです。

また、このような状況になることで「自分の人生には刺激がない」「毎日が楽しくない」と思うようになってしまいます。平日は毎日のように仕事に追われているのに、休日になると特にやることもなくて暇だという人は、このような状況に陥るようになる可能性も高いと言われています。

また、今までは忙しい日々だったのに、急に暇な時間が多くなった場合でも生きる目的を失うようになってしまうのかもしれませんね。

忙殺されていると感じた時

あまりにと暇な時間が多くなることで、生きる目的を失うようになることもあります。しかし、反対に毎日のように忙しい日々を送るようになることで、生きる目的を失うようになる可能性もあるのです。多くの人は、忙しければ生きる目的を必要以上に考える事はないと思っているかと思います。また、考える暇などないと思う人もいるかもしれませんね。

好きでもない仕事に毎日追われるようになる、一生懸命に仕事をしていても評価されない、給料が低いというような状況になってしまっている人もいるかと思います。また、毎日忙しいことが原因で寝るためだけに家に帰っている人も少なくありませんよね。このような状態になれば、時間が経つにつれてどんどん心も身体も疲れるようになってしまいます。

忙しいことが原因で趣味が持てなくなってしまったり、家族を持つことができなくなることで「なんのために頑張っているのだろう」「大変なだけな毎日ならば生きている意味はないのでは?」とも思うようになってしまうのです。働くために生きていると思うようになれば、悲観的な考えが浮かぶようになってしまいますよね。

自分が無気力だと感じた時

人間は誰にでも欲望というものがありますよね。この欲望を常に我慢するような日々を送るようになることで、欲望を諦めることは当たり前なことだと思うようになってしまいます。またこれが原因となって生きることを諦めるようになることもあるのです。

諦めることが普通だと思うことで、今更あえて生きる意味を探そうという気持ちにもなれなくなってしまいます。前向きな気持ちになれずに「どうせ生きていても何も得ることはできない」と思い込むようになることで「生きる目的がない」と感じるようになります。

何に対しても無気力になってしまえば、どんなことに対しても「楽しい」と思うことができなくなってしまいますよね。これが原因で生きる目的を失ったり、そのまま生きる目的を見つけようとしなくなってしまう可能性も十分に考えられます。

大切な人や物を失ってしまった時

今まではずっと一緒にいた家族やペットが亡くなってしまった時に、ありえないほどの悲しみに襲われるようになることも少なくありませんよね。また、友達と喧嘩をして仲が悪くなった、自分自身が病気に成ってしまったという時にでも生きる目的を失うようになる可能性は十分に考えられます。

今までは大切だと思っていた人が自分の前からいなくなったり、大切にしていたものが自分の手元になくなることで、気持ちを塞ぎこむようになってしまうのです。人によっては時間が経つことで、悲しみから解放されることもあります。

しかし、中にはいつまでも悲しみから解放されることがなく、常に「悲しい」「辛い」というような状況になってしまうのです。そうなれば、無意識的に「生きていたくない」「自分はなぜ生きているのだろう」と生きる目的を失うようになってしまいますよね。

生きる目的を見つける有効な方法

心が温かくなるような写真を目につく場所に置いておく

大きなボートに自分の心が温かくなるような写真をたくさん貼り付けるようにしましょう。この時に、自分なりにオシャレにコラージュを行うようにしてもいいかもしれませんね。このような物を作成したらいつでも目につくようなところに飾っておくようにしましょう。自分の心が温かくなるようなものであればどんなものでも構いません。

過去に楽しいと感じた時の写真や風景写真であったり、ポエムが書いてある物を張るようにしてみてくださいね。このような写真は自分だけではなく、他人が見ても幸せな気持ちになれるようなものだと判断することができるかと思います。「こんなことをしてなんの意味があるの」と疑問に思う人もいるかもしれませんね。

このような写真を頻繁に見るようになることで、自分の気持ちをよりポジティブにすることができるようになるのです。ポジティブになれれば、さまざまなことに対してより良い考え方を行うことができるようになるかもしれませんよ。また、自分に夢がある場合にはそれに関連しているものを張るようにしてもいいかと思います。これを見て「頑張ろう」と前向きな気持ちになれるようにすることが大切なのです。

自分を偽らないようにする

多くの人は自分自身に嘘をつきながら生活をするようになると言われています。本当はこう思っているけど、自分の中に閉じ込めているというような状態になってしまっているのかもしれませんね。本当はやりたいことがわかっていてもさまざまな理由でそれにフタをするようになることも少なくありません。これは、それに対して恐怖を感じていることが原因だと言われています。人間には7つの恐怖があるのです。

  • 既在の宗教に対する恐怖
  • 自分の知性が足りないと思う恐怖
  • 失敗をすることに対しての恐怖
  • お金を失うことや稼げなくなることへの恐怖
  • 周りの人から信頼されなくなる恐怖
  • 人から拒絶されることの恐怖
  • 容姿や体力に関しての恐怖

だと言われています。このような恐怖を抱えるようになることで、自分の心を曇らせて気持ちに嘘をつくようになってしまうのです。しかし、このような恐怖は見方を変えればなんてことないと思えるようになります。恐怖に打ち勝って、本当の自分の気持ちに素直になるように心がけましょう。

幸せを見つけるようにする

なぜ多くの人は生きる目的を見つけようとするのでしょうか?多くの人は、自分が幸せになるために生きる目的を見つけようとしますよね。反対に不幸になるために生きる目的を見つけようとする人はいません。生きる目的を見つけたいのなら、自分から積極的に幸せを見つけるようにしましょう。幸せには自分から掴みに行かなければいけません。

幸せになりたいと思っているだけでは意味がないのです。中には「生きる目的」と「生きがい」を同じものだと考えている人もいます。しかし、これは決して同じものではないということを忘れないようにしましょう。似ているようで違うこの言葉の意味をしっかりと理解できるようになるといいですね。趣味を持つことが生きる目的ではないのです。

趣味を持つことは、自分の人生をより楽しくする生きがいだと判断することができるかと思います。生きる目的を見つけるためには、自分か幸せを見つける努力をして、生きがいと生きる目的の違いをしっかりと把握するようにすることも大切だということを忘れないようにしましょう。自分が気がついていないだけで、身近にはたくさんの幸せが溢れているのかもしれませんよ。

自分に自信を持つようにする

孤独を感じたり、マイナスな思考になることで自分に地震がなくなってしまうことも少なくありません。自分自身に自信がないと「生きる目的がない」とおもうようになってしまいます。少しでも自分に自信がないと感じている場合には、まず自分に自信をもつ努力をしましょう。この時に周りの人と自分を必要以上に比べようとすることはやめましょう。

自分は周りの人よりも劣っていると思った時に、より良い結果になることはないですよね。ただ、更に自信がなくなるということを忘れないようにしましょう。また、その人より劣っていると感じたとしても、他の部分では自分の方が優れているということもあるのです。自分としっかりと向き合うようにして「自分の強み」を見つけるようにすることが大切なのです。

些細なことでも構いません。これだけは誰にも負けないという強みを持つようにしましょう。人よりも優しい心を持っている、こんな特技を持っているなどのことで十分ですよ。自分に自信を持つことができるようになれば、自分を好きになってより楽しい毎日を送ることができるようになるかもしれませんね。自信を持つだけで、今までとは違う世界のように見えるようになることも少なくありません。

積極的に人と関わるようにする

自分は孤独だと感じることで「生きる目的がない」「自分は必要のない人間だ」と思うようになってしまうことも少なくありません。そんな時には、自分から積極的に人と関わるようにしましょう。いきなり結婚をして子供を作るということは難しいですよね。

そのため、自分から積極的に友達を作るようにしたり、近所の人と会話を行うようにすることも大切なのです。また、よく行くお店の店員さんと会話をするようにしてみてもいいかもしれませんね。このように、人と関わりを持つようになることで、孤独によるマイナス思考を改善することができるようになりますよ。

今現在仲のいい友達がいないという場合には興味のあるコミュニティーに参加をするようにしてみてもいいかと思います。同じ興味がある人とは比較的スムーズに仲良くなることができると言われていますよ。

原因を把握してより楽しい人生を送るようにしよう!

このように生きる目的がないと感じる原因はさまざまだと言われています。生きる目的がないと感じた時には、なぜこのように思うようになったのかをしっかりと考えるようにしましょう。原因がわからないままでは解決することも難しくなってしまいますよね。また、原因がわかったらより良い解決策を見つけるようにすることも大切ですよ。生きる目的を見つけて、より楽しい人生を送るようにしてみてください。