【生きる意味が分からない】そう思ってしまう原因や気持ちを変える有効な方法

何かをきっかけに、今まで一生懸命に生きてきたのに生きる意味を失ってしまう…。そんな原因や解決方法を紹介します。気持ちを切り替えてより充実した人生を送りましょう!

なぜ生きる意味が分からなくなるの?

人生を歩んでいると、ふとした瞬間に生きる意味を感じられなくなることがあります。そのきっかけは人それぞれですが、多くの場合はみな同じような理由があるようです。

人生が長くなればなるほど、関わる人が多くなればなるほど、自分の立ち位置が不安定になったり、人とのかかわりに疲れたりと一筋縄ではいかない理由で、落ち込んでしまったりしますね。

どうしても気持ちがあがらなかったり、やる気が無くなってしまう、人と接するのも嫌になってしまうと言う時って、実は自分だけではなく案外誰にでもあるんです。明るく見せているあの人も、毎日生き生きしているあの人も、心は充実できず悶々としている場合だってあるのです。

誰にでも陥りやすい、「人生ってなに?」「生きる意味ってなんなの?」と立ち止まってしまう時に、どうやったら落ち込む気持ちから脱出できるのか、自分が苦しまない為にも解決策を持っている事が必要なのです。

糸口が見えなかったり、生きる意味を追及しすぎてしまうと、自分の欠点までまるごと見なければならなくなり、辛い作業に最悪の場合心が病んでしまうこともあります。

こういった出口のない考えに迷ってしまった時、どうやったらこの状態から抜け出せるのか、自分で気持ちのコントロールができるようになりたいですよね。生きる意味を無くしてしまいがちな思考の原因っていったいどこからくるのでしょう。

毎日やることが多すぎて思考停止状態

朝は始発、夜は終電で家と勤務先を往復するだけの毎日が続くと、忙しすぎて何も考えることができなくなったりします。希望にあふれて勤務していた頃と違い、忙しすぎるととにかく目の前の案件をこなすことだけで精一杯になり、全く気持ちの余裕が無くなります。

しかも、忙しくなる状態を止めると自分も苦しむ上に、人に迷惑がかかったりする為、無理をしてしまい追いつめられた状態になります。手を休めることもできず、一人でひたすらこなしていくことだけに気持ちが向いてしまいます。そうなると、「どうして自分はここまでしなくてはいけないんだ。」という不満もなくなるほど無気力になってしまいます。

この様に、どんなに忙しくても自分の為になっていたり、好きでやっているなら無気力になることは少ないのですが、疲労が重なっていくと、時間の切れ間にふと「自分が生きる意味ってなんなんだろう。」と思い悩んでしまう事があります。

今している仕事は、本当に自分だけしかできない事でしょうか?自分がいなくなると本当に他の人にはできない仕事ですか?うまく断れない性格で、仕事が増えていったりしていませんか?人に迷惑をかけたくないという性格の方ほど疲労が蓄積しやすく、「何のために生きているのか?」が分からなくなってしまいがちです。

心の支えを失ったから

何よりも大切にしてきた関係や対象を失ってしまった経験はありますか?自分を精神的にサポートしてくれていた人や物がなくなると、人は一気に気持ちが暗い闇に落ち込んでしまったりします。特に愛している家族や恋人や親友などは、普段居てくれてあたりまえの気持ちになっている為、いなくなることも予想がつかず、失って初めてその大切さに気付きます。

幸せだった時が何度も頭をよぎり涙が止まらないほど泣き腫らしてしまう毎日が続くでしょう。すると精神的にも身体的にも疲労が蓄積していき、眠れない日々が続き悪循環が続いてしまいます。

このように心から頼っていたものが無くなってしまうと、心にぽっかり穴が開いたような気持ちになって、心身ともに疲労が蓄積して「何のために生きているのか」?と自答自問してしまうこともあります。

自分を理解してくれる人がいない

どんなに人と触れ合って話をしていても、どこか心に隙間ができてしまうことがありませんか?大勢の仲間の中にいても、理解してもらえないことに焦り、疎外感を感じることはないでしょうか?

自分の気持ちに沿わない人生を送っていると感じてしまうことがあると、人は無性に孤独を感じてしまい、人と触れ合っていてもどこかよそよそしいとか、お互いに理解していないと思い込んでしまうことがあります。自分の意とする気持ちをわかってもらえてないという孤独感は、いくら拭おうとしても拭えない時があります。

一人でいる時は感じなくても、集団の中や強い絆で結ばれていた仲間の中にいる時に感じることもあります。自分と人は異なることを受け入れられないと言う時に、自分の価値観が人に理解してもらえず苦悩し、「生きている意味がない。」という思考になってしまうのです。

たとえ相手が自分を理解しようと接してくれていても、それをうまく感じ取ることができず、理解されていないと勝手に思い込んで塞ぎ込んでしまうこともあります。

人生で初めて大失敗をしたとき

今まで順調に人生が進んでいた人に多いのが、失敗をしてしまった時に自分を責めすぎて「何のために生きているのか?」と言う気持ちに陥りやすくなります。過去にしたことがない大失敗をした時に、人は自己蔑視に陥りやすくなります。

今までなら失敗をしても後でうまくカバーすれば何とかなっていたとしても、自分の人格すら否定されるほどひどい失敗をしてしまった場合、弁解する余地もないため、自分を責め、とことんまで後悔をしてしまいます。特に真面目な人は、人がそれほど落ち込まない内容でも、ひどく責任を感じてしまって限りのない暗闇に入りこみ抜け出せなくなるのです。

今まで忘れていた軽い数々の失態まで思い出してどんどん自分を責めるため、心も疲弊してしまいます。すると「自分は生まれてこなければよかった。」とか「自分は何のために生きているのか。」などという気持ちが沸き起こり、できない自分に嫌気がさし、やりきれない気持ちを抱いてしまうのです。

日々同じことの繰り返しだったとき

毎日規則正しく朝起きて会社に行き、特に趣味もなく過ごして、夕食を食べお風呂に入って後は寝るだけ。そんな毎日規則正しい生活を送っているのに、あまりにも同じことの繰り返しばかりの毎日だと嫌気がさしてくると、次第に「自分は何のために生きているのか。」という思いが心を支配していきます。

平凡な毎日が幸せだとは思うのに、どこか満たされない気持ちでいっぱいになるのは、毎日が平凡であることに幸せがあると本当に感じられないからです。嬉しいことや、楽しいことが少ないと、ついつい感じてしまうもっともっとと言うエゴ。エゴがあることで、人は平凡な日常には喜びがないと思ってしまうようです。

人に会う気がしない時

人生はいつも上昇気流という人はほとんどありません。多くの人は多かれ少なかれ山あり谷ありの人生を送っていることでしょう。運気が上がっている時は何をしても気持ちがすっきりして、人に会うのも楽しくなりますが、運気が下がり始めると何をしてもどんな人にあっても、物事が不思議と良い方向に進みません。

そんな時はたいてい人に合うのが苦痛になってくるでしょう。人に会うという事はある程度、自分が人に合わせなくてはいけませんが、精神的に落ち込んでいる時には、そういったやり取りが無性にめんどくさくなり、人に会うのが非常に億劫になってしまいます。

人に合う気がしない時には、「どうして今人に会えないんだろう…。」「本当は大勢の仲間に入って仲良くしていきたい。」といった気持ちが沸き起こるも行動ができず、行動できない自分に苛立ち始めます。

行動できない自分を見つめていると、「どうしてこうなってしまったのか?」「このままでいいのか?」と生きている意味を失って、ただ焦ってばかりになる悪循環に陥ります。

人より自分が劣っていると感じる時

受験戦争を勝ち抜いて生きてきた真面目なタイプの方に多いのが、社会に出てからの競争に敗れた時に自分は人より劣っていると感じてしまうケースです。

学生時代にはいなかったようなタイプの人に出会い、「どうやっても勝てない」「憧れるのに近づけない」「自分とは生きる場所が違う」など、新しい人間関係に戸惑い、順応できなくなると、自己嫌悪に陥りがちです。自分の限界を感じ、今までの人生はなんだったんだろうか…という思考に陥りやすくなります。

今までと同じスタンスで働いていると、自分は果たして生まれてきてよかったのか?というゴールにしか考えが行かず、やり場のないどうしようもない気持ちをいつまでも解消することが出来なくなってしまいます。そのような時に、つい「人生ってなんだろう…。」「生きる意味って何?」などとと考えこんでしまうのです。

人に合わせてばかりで疲れた

いい人を演じてしまうと、つい人に合わせてばかりで自己主張をしなくなるタイプになってしまいます。特に真面目で自分も相手も傷つけたくないタイプに多いのですが、いい人を演じることが苦痛でなく、むしろ相手が喜んでくれたらそれでいいといった利他的な人物は、人に合わせる生活が過ぎると、疲れ果ててしまう時があります。

人に合わせてばかりで、そのせいで何か失敗が起きてしまった場合、今まで自分がしてきた事があだになってしまうため、自己嫌悪に陥り「自分はこんなに人に合わせていたけれど、それが一体どんな良い事を生んだんだろう」などと悩んでしまうことも。

人に合わせるという事は、自分を押し殺しているという事にもなりますから、ほどほどの関係でないといつかは疲れてしまいます。

ひとりぼっちの気分になってしまう

仕事や学校で他人から阻害されていると感じると、人は必要以上に孤独感を感じ、他人とコミュニケーションを取ることに怯えてしまい、自分から人と交わることが出来なくなります。

すると、次第に自分の周囲から人がいなくなり、更に精神的につらさが増していきます。人と交わらなくなると、自分の自信も喪失してしまい、そんな自分に嫌気がさしてしまいます。そうして自分自身が嫌いになってくると、「こんな自分を誰も好きになってくれない。」と益々孤独感をもってしまいます。

自分から孤立していったり、いじめで他者から孤立させられたりといった場合、ひとりぼっちになることが心の大きな負担となり「生きている意味って何?」「生きる価値があるの?」と考えてしまいがちです。

生きる意味をみつけるための6つのヒント

生きる意味を見失っている人にオススメの生きる意味を見つける方法を紹介します。生きる意味を見つけてより有効な人生を送ってみてください。

些細な生きがいを感じる

特別に大きな意味を見つける必要はありません。生きる意味を見つけることは、見失っている人にとってはとても大変なことです。

どんな些細なことでも構いません。「楽しい映画を見る」「美味しいものを食べる」「音楽を聴く」などの日常生活の中で簡単に出来ることを生きる意味にしてみてください。

そんな事で生きる意味を見つけることは出来ない。と感じる人もいるでしょう。しかし考えてみれば美味しいものを食べるにしても、楽しい映画を見るにしても、生きていなくては出来ないことです。

命があるからこそ些細な楽しみや喜びを感じることが出来るのですよ。どんな理由であっても生きる意味が分からなくなってしまった時には、まず深く考え込まずに自分の楽しみを生きがいだと考えるように努力しましょう。

映画を見るために生きていても、美味しいものを食べるために生きていても生きていることに変わりはないのです。

また実践することで今日も映画を見れた、美味しいものが食べられたなど、小さなことに喜びを感じられるようになってきますよ。

まずは些細なことに生きる意味を持つようにして気持ちを落ち着かせることが大切です。些細なことから喜びを感じるようになれば、自然と前向きになれるはずですよ。

自分がどうなりたいのか考える

生きる意味を見失ってしまった時には、自分が社会とどのように関わっていきたいのか、どんな人間になりたいのかを想像してみてください。

「人の為になることがしたい」「家族を守りたい」「世の中を変えたい」などなんでもいいのです。今後自分が何を生きる意味にしたいのかを時間をかけてゆっくりと見つけていきましょう。

そして生きる目標が決まったら、具体的にどのような活動をしていけばよいのかを紙に書いてまとめると良いでしょう。

紙に気持ちや考え、夢などを書くことで自分の気持ちを再確認することが出来ますよ。ただ紙に書くだけでは意味がありません。気持ちに余裕が出来たら、紙に書いたことを1つ1つ実践してみてください。

実際に具体例で紹介します。これは「家族を守りたい」と思った時のことです。

  1. 家族が困らないようにお金を稼ぐ
  2. 家族が健康でいられるように美味しいご飯を作る
  3. 生活で困らないように洗濯や掃除を行う
  4. 家族が楽しく生活出来るようになるべく笑顔でいる
  5. 安心して帰って来れるように温かい家庭を築く
  6. 毎日笑顔であいさつをする

このように些細なことでいいのです。わざわざ家族を守る為にストイックに身体を鍛えたりする必要はありません。
このように紙に書きだしたことを忘れないように毎日実践するようにしてください。そうすることで気が付かないうちに生きる意味が分かるようになりますよ。

自分を偽らない

自分で自分の気持ちを偽らないようにしてください。自分で気持ちを偽ってしまう事で本当の自分を見失ってしまいます。

本当の自分がわからなくなると生きる意味が分からなくなってしまうのです。人に言えない気持ちや願望でも自分でしっかりと受けとめてあげてください。

自分の気持ちに嘘をつく必要などないのです。人間は自分がやりたいことが心の中にあっても気持ちを押し殺してしまうのです。

本当にやりたことをやらない理由は恐怖があるからです。

今の仕事を辞めてやりたい仕事に就いた後に、生活をしていけるのか。やりたいことをやって失敗してしまうのではないか。身近な人に呆れられてしまうのではないか。などの恐怖を抱えていることで本当に自分がやりたい生きがいを自ら押しつぶしてしまっ

まずは自分は何でこれをやりたいのかを考えて恐怖を振り払うことが大切です。このような恐怖を振り払うことが簡単なことではありません。

今後楽しい人生を過ごせるようにまずは失敗や今後のことは何も考えずに、本当に自分がやりたいことに足を踏み入れてみてください。

失敗したら解決策を考えれば良いのです。やりたいことが出来るようになればそれが生きる意味になっていきます。

まずは覚悟を決める

本当に自分がやりたいことを実行するためには、それなりの覚悟が必要です。やりたい事を実行するときに、誰かに反対されたらどうしますか?

そのまま諦めてしまう人は少なくありません。しかし本当に諦めてしまったらまた生きる意味が分からなくなってしまいますよ。

やりたいことが明確にわかったらまず、誰に反対されても揺るがない強い気持ちや、何としてでも叶える覚悟を決めましょう。

覚悟を決めるということがそれなりのリスクがあります。新しいことに足を踏み入れて必ず成功する保証なんてどこにもありません。

あらゆる角度からリスクを考えて「それでもやりたい。」と強い気持ちがある時には、誰に反対されても、どんな事があってもめげない覚悟、絶対に成功させる強い気持ちを持つようにしましょう。

また壁にぶつかってしまった時には、一度初心に帰って強い気持ちや覚悟を思い出しましょう。覚悟を決めて始めたことは、壁にぶつかったくらいで諦めるような軽い気持ちで初めていないはずです。

中には自分を心配して必死に引き留める人もいるでしょう。そんな人の意見を無視することは出来ませんよね。

無視をして覚悟を貫くのではなく、時間をかけて本当の気持ちをさらけ出して、わかってもらう努力をしてみてください。

わかってもらうまでに何年もの月日がかかるかもしれません。そこで諦めてしまわないようにすることが大切です。

大切な存在を見つける

大切な存在がある人は、その大切な存在の為に生きる意味を感じるようになります。大切な存在を見つけることはとても難しいことです。

心から信頼できる友達は簡単には作ることが出来ません。またお互いを愛おしいと想い合える恋人を作ることも大変なことです。

普段何気なく一緒に過ごしている家族や恋人、友人はさまざまな奇跡や偶然が重なって巡り会えているのです。

生きがいを感じるために大切な人をすぐに見つけることは出来ないかもしれません。しかし大切な人を見つける努力を行うことが大切です。また大切なペットを飼うものいいでしょう。

まずは大切な存在を見つける努力をしましょう。積極的に人と関わって交友関係を広げてみたり、必要であれば合コンなどに参加してもいいと思います。

また人と出会った時に心を開かなければ相手も心を開いてくれません。相手が心を開くのを待つのではなく、自分から心を開く努力を行うようにしましょう。

自分と気が合うな、この人と仲良くなりたいなと感じる人に出会えた時には関係が続くように積極的にアプローチを行うことも必要です。

自分が消極的になることで関係が終わってしまう事もあります。まずは自分がどんな人であるのかを知ってもらうようにしてみてください。

大切なことは自分で決める

何かを行う時に、だれかにアドバイスをもらうことはとても良い事です。「こう思っているんだけど…。」と自分の意見を言えば「ここはこうした方がいいんじゃない?」とアドバイスをもらう事で、一人では考えつかなかった発想を知ることが出来ます。

しかし、アドバイスをもらったからといって全てを受け入れる必要はありません。最終決定の権利は自分にあるのです。

例えば自分がやりたくもないことを、誰かに言われてやるとしましょう。その時にあなたは生きがいを感じることが出来ますか?楽しんで行うことは出来ますか?

きっと多くの人がやらされていると感じるでしょう。自分がやることは必ず自分で最終決定するようにしてくださいね。

自分で最終決定することで自分がやりたいように出来るので、自ずと生きがいを感じるようになるでしょう。

今まで全ての事を親に決めてもらっていた人もいるかと思います。自分の事を自分で決めるのは、簡単なように見えて実は、すごく難しいです。

一度に全て自分で決めるのは無理かもしれませんが、最終的に自分のことは自分で決断出来るように少しずつ努力をしてくことが大切です。

まずは小さなことから自分で決めるという事を、初めてみてください。今日は何を食べる、今日は何をするなど小さいことからでも十分ですよ!

大切なことは自分のことは自分で決める習慣をつけることです。

生きがいを見つけなくても楽しい人生は送れる!

実際に生きる意味が分からないのに、楽しくて充実した毎日を過ごしている人はたくさんいます。生きる意味を考えない人は意外とたくさんいるのですよ。

では何故生き意味が分からないのに満足のいく人生を歩んでいる人がいるのでしょうか?その人たちの特徴や生き方を参考にして、生きがいを見つけなくても楽しく生活をしていく方法をいくつか紹介します

たくさん考えたけどやっぱり生きる意味が分からない、人生が楽しくないという人は是非参考にしてみてください。

方法はとても簡単なものばかりです。辛い気持ちを楽にして、楽しい毎日を過ごせるようにしましょう!

先のことは考えない

生きる意味を見失ってしまう人の特徴は、先の事を考えてしまう事です。年を取ったらどうなってしまうのか、このままの状態がいつまで続くのかという事を考えることで生きる意味を失ってしまいます。

まず生きる意味を見失いそうになったら、先のことは考えずに今自分が楽しいと思えることを一生懸命に行うようにしましょう。

今日どんな楽しいことをして過ごそうかを考えて、二度と戻らない今を有効に過ごせるように努力してみてください。今日好きなことをして過ごす。今友達を遊ぶ。今日大好きな恋人と過ごす。などなんでもいいのです。

1日1日、その日をいかに楽しく過ごせるのかを精一杯考えてみてください。今日、明日楽しく過ごすことを精一杯考えていれば生きる意味を考える暇はなくなりますよ。

生きる意味が分からなくても時間はどんどん過ぎていくのですから、どうせなら楽しく過ごしたほうが良いと感じませんか?

先の見えない将来を想像するのではなく、先を想像しやすい今日、明日長くても1週間をどう楽しく過ごすのか考えるように心掛けてみてください。そうすることで、多くの人のように生きる意味など分からなくても今が楽しいからそれでいいという考えを、持てるようになりますよ。

趣味を持つ

自分が楽しいと思えるような趣味を持つことで、趣味に没頭することできます。趣味に没頭していればそれが自分にとって楽しいことになるので、生きる意味を考える必要がなくなります。

また趣味に没頭することで、退屈だった日常生活の中から刺激がもらえるようになるので、無意識のうちに人生に満足するようになることもあります。

趣味は楽しいと思えはば何でもいいのです。絵をかいたり、本を読んだり、音楽を聞いたり、映画を見たり、旅行に行ったり、と自分が定期的に楽しめるものを見つけてみてください。

なるべく自分が好きなことを趣味に変えられるようにしてみましょう。自分が何をしたいのか、何が好きなのかがわからない場合には、まずはいろんなことにチャレンジをする努力を行うことが大切です。

いろいろなことを試してみて、楽しい、続けたいと思えるようなものを趣味に出来るといいですね。時間に余裕がある人は教室に通ってみるものいいと思います。料理教室やスポーツ教室などは自分の健康の為にもなりますよ。

自分と同じ趣味を持っている人と情報交換を行ったりして周りの人と交流を持つきっかけを作ることも出来ます。

休みの日には趣味に没頭していたらあっという間に1日が過ぎてしまった。なんて素敵な1日を過こしてみてください。

美味しいものを食べる

人間は誰しも美味しいものを食べることで幸せを感じます。毎日忙しいからと言って適当な食事で済ませてしまっていませんか?

美味しいものを食べて幸せを感じることで、自然と嬉しい気持ちになります。毎日美味しいものを食べる必要はありません。

一週間に1回、月に1回など自分のペースに合わせて美味しいものを食べに行ってみてください。そうすることで定期的に幸せな気持ちになったり、美味しいものを食べることを楽しみに頑張ることが出来るようになります。

また普段頑張っている自分へのご褒美として美味しいものを食べるようにしてもいいですね。今日美味しいものを食べたから、次の時まで頑張るというやる気の源になりますよ。

美味しいと評判のお店をリストアップして順番に通うことで計画的に美味しいものを食べに行くことが出来ます。たまには自宅から遠い所まで食べに行ってもいいでしょう。

自分にとって楽しいことが見つけられない時には美味しいものをご褒美にしてみてください。これは誰にでも出来る簡単な方法です。

料理が好きな人は外食ではなく自分でご馳走を作ってもいいかもしれません。料理を作っている時間、作った料理を食べている時間を幸せな気持ちで過ごすことが出来ますよ。

環境を変える

可能であれば今自分が住んでいる場所から離れて全く知らない土地に行くことがオススメです。

今自分が置かれている環境のせいで生きる意味を見失ってしまっている可能性もあります。職場や学校でのいじめが原因である場合もありますよね。

そのような時には自分が置かれている環境から解放されることが大切です。可能であれば転職を行ったり、転校を行ったりしましょう。

自分が知っている人がいない環境に行って、一から心機一転頑張るという方法もあります。

中には自分の環境を変え幸せになった人もたくさんいますよ。自分の置かれている環境から逃げたくないと思う人もいますよね。でも冷静になって考えてみてください。

今置かれている環境は自分の人生を台無しにしてまでしがみつかないといけない程大切なものですか?そうでない場合には一度今置かれている環境を整理してみるものありですよ。

わざわざ苦しい思いをする環境の中にいる必要はありません。その場から離れられない時にはちょっと遠くまで旅行に行って気分転換を行ったりしてみましょう。

旅行に行って楽しい気持ちになれればまた頑張ろうという気持ちになることが出来ますよ。苦しい状況の中にいる時には無理をせずに一度環境を変えることが大切です。

誰かに相談する

生きる意味が分からないと感じる時には、心が疲れてしまっている可能性がとても高いです。

心が疲れてしまった時一人で抱え込んでしまう事で、更に心が疲れてしまいます。心が疲れてしまった時には一人でどうにかしようとする必要はありません。

身近にいる信頼できる人にまずは自分の気持ちを聞いてもらうようにしてみてください。話を聞いてもらうことで気持ちが楽になりますよ。

また人間は苦しい状況になると自分より恵まれていると思う人を遠ざけようとすることもあります。まず自分の気持ちを理解してもらえないと決めつけるのではなく、理解してほしいという強い気持ちを持って自分から歩み寄ることが大切です。

中には信頼できる人がいなくて誰にも相談できない場合もあります。そんな時には悩み相談を行える窓口があるのでそのような場所を利用しても良いでしょう。

また同じ状況の人と交流を行って自分と同じ気持ちの人と気持ちを共感することで辛いのは自分だけではない気が付くことが出来ますよ。辛いのが自分だけではないと思うことで、皆も頑張っているからと自分も頑張れるようになることもあります。

どんな些細なことでも気持ちの負担になるようなことは抱え込まずに、誰かに打ち明けるようにしましょう。まずは自分の気持ちを誰かに知ってもらう事が大切です。

大切なことは独りで抱え込まないこと!

このように生きる意味をなくしてしまった時には、必ず原因があるはずです。原因をしっかりと把握して、適切な解決を行いましょう。

中には、生きる意味が分からなくなってしまい命を絶ってしまう人もいます。自分の命を、自ら絶ってしまわないようになるべく早く生きる意味を見つける努力や、楽しいと感じるものを見つける努力を行うようにしましょう。

生きる意味は人それぞれです。大きな目標を達成したいから生きている。小さなことでも、生きていれば楽しい事があるから生きている、なんとなく生きている、どんなことでもいいのです。

まずは生きる目標を探してみてください。周りに相談出来る人がいれば、自分の気持ちを理解してもらってもいいでしょう。いない場合でも自分の悩みを聞いてくれる場所はたくさんあります。

大切なことは独りで抱え込まないことです。まずは気持ちを整理してみてくださいね。なかなか気持ちの整理が出来ない人は心の中にある感情を紙に書いたり、声に出してみてください。

また生きる意味を見失う前から、楽しいと感じることを積極的に行うことも大切です。