【イケないSEXから卒業】彼女も彼氏も感じるエッチでイケるようになる方法

セックスは愛を確かめあう行為ですが、イケないことに不満を持つ女性はアンケートによると25%近くにものぼります。

また男性は簡単にアダルト画像が見られるようになったことでオナニーで満足してしまって、セックスでイケない男性も増えてきている傾向があります。

男性、女性ともに二人のセックスでイケない理由は色々あるようです。

これから男女それぞれ見ていきますが、セックスは体を使った大切なコミュニケーションです。二人で一緒に気持ちよくなるためにチェックしていきましょう。

彼とのセックスでイケない女性は意外に多い

アンケート結果によると10回中何回イクかとう質問に、前戯で1回もイケない女性は24%だったのに対し、挿入では1回もイケない女性はそれを上回る33%という結果でした。

これには、以下のような理由が考えられるのではないでしょうか。

  1. オナニーではイケるけれど、男性とのセックスではイケない
  2. イクという感覚がわからない。

オナニーで「イク」という感覚がわかっている女性であれば、男性とのセックスの仕方をお互いに話しあって変化させてみることで「イケる」ようになる可能性が高いでしょう。

男性としては、女性が「イク」姿を見るのはとても興奮するものだと思います。彼女と「どうすると気持ちがいい?」ということを話しながらお互いの体の反応をよく見ながら、二人でイケるセックスができるといいですね。

女性をイカせられないNGセックス3選

1.前戯のないセックス

セックスは体でするものではなく「脳」でするものとも言われることがあります。

そのためにセックスの導入部分である「前戯」は女性にとってはとても大切なものなのです。男性からの前戯があってはじめて、女性は男性を受け入れる体の準備が整うのです。

前戯はベッドに行く前からすでに始まっています。女性と食事をしている時から、これから始まるセックスに対する期待を高めてほしいものです。

2.キスがないセックス

セックスはキスに始まってキスに終わるといっても過言ではありません。

風俗店などではキスをしないことになっていることが多いのは、キスはある意味恋人同士だけに与えられた特別な行為であるからでしょう。

特に女性は、キスをするのもされるのも大好きなものです。

そのため、キスが上手い男性に出会ったら女性は間違いなくそれだけで陥落してしまいましょう。そのためにも、キスのテクニックは身に着けておくにこしたことはありません。

3.力加減が強すぎるセックス

女性の体はデリケートにできています。

そのため、男性自身を受け入れるためには気持ちも体も準備が必要です。それにも関わらず、ロマンチックな雰囲気もエロチックな雰囲気もないままに、いきなり押し倒されて下着を脱がされるなどということは論外です。

さらにまだ濡れていない女性器を粗々しく触ったり、挿入しようとするようなことがあれば、女性器は傷つけられてしまうこともあります。そんな自分本位のセックスを押しつけることは女性にとっては本当にNGです。

彼女をとろけさせる極上セックステク4選

①まずは言葉で女性を感じさせる


女性は、言葉で愛情を確認したいものです。

セックスが始まる前に、まずは服を着た段階で女性を強く抱き寄せながら、彼女に「愛してる」「大好きだ」という言葉を耳でささやいてみましょう。それだけで女性は男性から愛されている安心感でセックスに集中することができるのです。

次に女性を感じさせる言葉は、「そのキレイな体に触れたい」「○○のことが早くほしい」「もうガマンできない」「と彼女のことを強く求めていることを言葉にして表現するとよいでしょう。

言葉だけで彼女の頭の中ではもう男性とセックスをはじめています。女性の体もほぼ男性を受け入れる準備が整ってきています。

②ディープキスで焦らす


ディープキスで焦らせるには、そこまでの過程が大切です。

まずは、彼女から後ろから抱き締めながら、女性の性感帯になりやすい耳元や首筋に触れるか触れないかの力で、軽いキスを位置を変えながらしていきます。優しいキスで彼女が鳥肌がたてるぐらいが理想です。

次にキスは段階を踏んでいきたいです。もちろんキスをする時は必ず彼女の体を包み込むような姿勢ですると女性は安心感が得られるでしょう。

バードキス

彼女の顔をこちらに向けて、顎を指でもちあげ頬を手のひらで包んで目をみながら、鳥が口ばしでついばむような唇に軽いキスを何度も強弱をつけながらします。

プレッシャーキス

次にお互いの唇を押しつけるキスを、唇の感触を味わうように2~3回繰り替えしましょう。

ディープキス

ここまで色々なキスを繰り替えして、ようやく濃厚なお互いの舌を絡めあうディープキスへ。お互いにの舌をゆっくり探るように絡めながら、セックスの期待を高めていきます。

③時には強引に迫ってみるのもあり


女性は基本的に受け身で男性にリードされるのが好きなタイプが多いです。

その心理を利用して、男性ならではの逞しさで迫ってみるのは効果的です。

キスをする時には、彼女が身動きできないように壁に押しつけて、手をつかんだまま強引に唇を奪うというのもドキドキ興奮するシチュエーションでしょう。

また、お互い合意の上であれば軽いSMの要素を取り入れてみても興奮度合いは高まるでしょう。

彼女の腕を軽く縛り自由な動きができないようにしたり目隠しをして、男性だけが女性の体を攻めたり、言葉で想像をかきたてたり。動きを制限され視覚を奪われた彼女は、見えないことでどんな風に彼が攻めてくるのかわからないので、いつも以上に体の感覚が敏感になるようで刺激も強くなります。

④セックス中は言葉攻めをするのも◎


女性とセックスをする時に、無言でもくもくと行為だけをしていませんか。

女性は脳でセックスをして妄想を膨らませます。そのためには耳元でささやかれる言葉がとても重要になってくるのです。

女性をほめる

「○○…すごくキレイだよ」「○○…可愛いね」「○○色っぽすぎるよ」と必ず名前を呼んで耳元でささやいてあげてください。それだけで彼女のテンションはアップします。

男性の気持ちを伝える

「もっと気持ちよくさせてあげたい」「二人で一緒にもっと感じあおう」「がまんできないよ」などと、男性側の気持ちも言葉にして伝えてあげるとさらに女性の興奮度もあがっていきます。

過激なセリフ

AV男優のような「びちょびちょになってる」「ここの名前をいってみろ」といったちょっと乱暴で直接的な言葉はは、もうちょっとお互いの好みや信頼関係を築いてからの方がよいでしょう。

どうしてもイカせられないときは靴下に頼るのもあり!


なんで靴下に頼るとイケるの?と聞いて驚かれる人が多いと思います。

セックスする前はほとんど何も身に着けていないことがほとんどです。

なぜ靴下をはくとイケるようになるかというと、簡単に言えば体が温かい状態を保ったままでセックスをした方がイキやすくなるということのようです。

体がを温めると、女性がリラックスするということが大事なポイントでしょう。セックスでイケるようになるにはリラックスした状態で行うことがベストです。

靴下効果はオランダの実験によるものですが、具体的な結果は靴下を履いている人と履いていない女性を比較した場合、履いている人は80%がイケるのに履いてない人は50%しかイクことができなかったようです。

靴下を履いてセックスをすると、イケる確率が1.6倍に上がるという結果に!靴下は身近にあるものなのでぜひ一度試してみる価値はあるかもしれません。

彼女とセックスでイケない男性も急増中!


今は、スマホでもパソコンでもエッチな画像をみようと思えばいくらでも見られるような恵まれた環境になっています。

そのため、視覚的な刺激の強いおかずに慣れてしまうと現実の女性見てもあまり興奮しなくなり、セックスでイケないという人もいるようです。

また、最近よく聞くのが若い思春期の男性のマスターベーションの方法が変わってきているということです。

うつ伏せになって床や布団にペニスを押し付けるなど、手を使わずに行うマスターベーションや強く握りすぎてしまう、仰向けで足をピーンと伸ばしていないと射精できないなど、強い刺激を求めすぎるあまり、女性の包み込むような膣圧の中でのピストン運動ではイケなくなってきているのです。

彼がイケない時の女性の心理4選

①自分への自信がなくなる


男性も女性も、相手がイク姿を見るのはすごく幸せな瞬間です。

しかし、彼がなかなかイケない、イクことにすごく苦労しているのを見るのはとてもツライ状況です。女性としては、自分の体に問題があるのではないかと思ってしまいがちです。

特に考えてしまうのは、膣の中の括約筋がゆるくて締め付けることができないからではないかと心配することが多いようです。「彼がイケないのは、私が悪いんだ」と自分自身を責めてしまい、そのことがばかりが気になってしまい、彼とセックスしていることがどんどん楽しくなくなってきてしまいます。

②イケない状況にうんざりしてくる


あまり彼がイケない時間が、長くなってくると、その状況に対して彼女はげんなりしてきます。

強者の彼だと、6時間近く入れっぱなしでもイケないという人も極端ながらいるようです。

彼女としては、男性にイってほしいので、あれこれ自分も努力をして、積極的に出て体位を変えてみたり、あえぎ声をよりセクシーにしてみたり、ビジュアルでより興奮してもらえるように努力しているのに、時間ばかりが過ぎていくと行為事態に嫌気がさしてきてしまいます。

③体の相性が悪いのだと思ってしまう


結婚していセックスレスの夫婦の間でよく言われることが多いのですが、奥さんとはイケないけど相手が変わればいくらでもイクことはできるということがあります。

そのため、イケない彼を見ている彼女は、いくら気持ちはお互いに好きであっても、体の相性はよくないと思ってしまいがちです。なかなかそれを解消する方法がないことも彼女にとってはツライことでしょう。

④セックスの時間が憂鬱になってしまう


実は女性はあまり長時間のセックスは好きではありません。アンケートによると、女性の理想のセックスの時間は、、前戯は18分、挿入は14分程度であわせても30分強ぐらいが理想としているのです。

さらに挿入より前戯に時間をかけてほしいという女性の気持ちがわかります。強引に準備が整っていない男性器を挿入され、時々中折れするため、なかなかイケないようなセックスでは、楽しく充実した時間になるはずのセックスがただただ憂鬱になってしまうのです。

セックスで男性がイケない理由

①オナニーのしすぎ


女性とのセックスでイケないという理由で一番多いのが、オナニーのしすぎではないでしょうか。と、いうより実はオナニーの仕方に問題があるのかもしれません。

男性が一人でオナニーをする場合、刺激を求めるあまり強く男性器をしごきすぎる傾向があるのです。

それに比べ女性の膣内の圧力はいくら締め付けが強い女性とはいえ、手での刺激に比べてら圧倒的に弱いものになります。強い刺激に慣れすぎてしまうと、セックスでイケない原因になるのでしょう。

また、オナニーをする際に「おかず」にも問題があるかもしれません。

最近はスマホなどでも気軽にエッチな動画が見られるます。その中に彼女とのセックスに比べるとかなり刺激が強い内容のものもあります。そういうものに慣れてしまうと、彼女のセックスでは満足できずにこちらもイケないことにもなります。

②仕事などで体が疲れている


女性とのセックスは、男性側の方が圧倒的に体力を使うことが多いでしょう。体が疲れていると、かえってしたくなるという話もあります。

でもやはり、体に疲労がたまっている場合は、セックスの途中で力が尽きて最後までイケなくなってしまうことになりかねません。そんな時は無理せずに、彼女に疲れていることを伝えて抱き合って眠って体力を回復させることが何より効果的でしょう。

③ストレスを溜め込んでいる


体の疲れもさることながら、仕事や人間関係の精神的なストレスがある場合もイケない原因になりがちです。

セックスは、目の前にいる彼女の感じている様子や自分のコンディションなどに意識を向けながら、意外なぐらい集中力をかなり使っています。

そのため、精神的なストレスがあると、どうしても気になることに気持ちが向いていってしまいセックスに集中できなくってしまいます。その結果イケなくなるということになるのです。

④刺激が少ない


男性がオナニーをするための「おかず」は、スマホの発達ともにその材料を得ることにはまったく困らなくなってきました。

簡単にアダルト映像が見られるようになり、さらにその内容も自分の嗜好にあったものを簡単に見つけ出すことができます。男性は視覚的に目に入る情報から興奮していくことが多いようです。

そのため日常的に興奮度の高い映像ばかりを見ていると、実際の彼女とのセックスに物足りなさを感じてしまうようです。彼女とイケるようになるためには、少し控えるようにしてみるとよいかもしれません。

⑤女性のデリケートゾーンが気になる

女性のデリケートゾーンのニオイや黒ずみが気になって集中できない…!という人も多い深刻な問題です。かといって簡単に指摘出来る問題ではありません。

そんなピンチを助けてくれるアイテムが「ジャウム・ハーバルソープ」です。このアイテムは、女性のデリケートゾーンのニオイを徹底ケアし、色素沈着による黒ずみも優しくケアしてくれる石鹸です。

「こんな露骨に勧められない!」もちろんそうでしょう。しかしこれを手軽に使ってもらう手段はこちらです。

この石鹸は、インドネシアのハーブから作られている天然自然派で、美容アイテムとしても力を発揮するアイテムなのです。そこに着目して「美容にも良いから、今度からボディソープをこれに代えてみたら?」この一言で一気に露骨感が薄れ、女性も喜んで使ってくれそうです。ぜひこの手段でプレゼントしてみてください。

イケない時に彼女にねだってはいけない幻滅言動3選

①ひとりエッチを見せてという


ひとりエッチを見せてというは、アダルト画像の女優さんにお願いするようなもの。

セックスという男女間のコミュニケーションではなく、一方的に彼女を単なる「おかず」のような扱いにしていると女性は感じてしまうかもしれません。

ただし、場合によっては男性の興奮をあおるために、女性側からひとりエッチをすつところを見てほしいという要望があることもあるので一概にNGではありませんが、必ず女性側からお願いがあった時にした方がよさそうです。

②エロい言葉をいってほしがる


セックスの中で自然にエロっぽい言葉がでてきてしまうことは、あることでですが、イケない男性が興奮するためだけ彼女にエロい言葉を「言わせる」のは、女性にとっては興ざめすることになりかねません。

③彼女の体を勝手に触る


好きな男性から体を触られて嫌な女性はいませんが、女性側のセックスしたいという気持ちがあまり高まっていない段階で、男性側のテンションが先に高まってしまったために彼女の体をむやみやたりに勝手に触られるのは女性としてイライラしてしまうこともあるようです。

セックスは体でするコミュニケーションなので相手の反応はしっかり見極めてからすすめていくのがよいでしょう。

遅漏であることを自覚することも大切!


まず挿入後の射精までの平均時間はだいたい7~12分と言われているようです。

この範囲にはいっていれば、他の男性と比べる上では早漏でも遅漏でもないということになります。

では「遅漏」はどれぐらいからなのかというと、大まかな目安としては挿入から20分を超えても射精に至らない場合は遅漏であることを自覚したほうがよいかもしれません。

自分が遅漏であることを自覚しておくことによって、それとなく彼女に伝えることができれば、彼がなかなかかにことで彼女自身が自分を責めることもなくなります。

早漏すぎて中でいけない場合は?

風俗で練習…は絶対ダメ


また逆に中には早漏すぎてすぐにイってしまい、それで女性が全然イケないどころか感じるヒマも無いという方もいるかもしれませんね。

近頃では20代~30代でも童貞だという男性も増えていますし……。

ちなみにあなたはいかがですか?こういう場合はけっこう露骨に女性が不満顔になったりしますし、ヒドいと堂々と愚痴を言うケースもあったりしますよね。心配しなくてもセックスに慣れてくれば自然と刺激にも慣れ、早漏は少しずつ改善されます。

無理をせず少しずつ経験を積みながら、セックスを楽しみましょう。

ちなみにこの場合、男性の中には早漏で恥をかきたくなかったり、彼女をもっと楽しませるためという名目で、隠れて風俗に通う方がいたりします。

早い話が風俗嬢を相手にセックスの練習ということですね。

お気持ちは実によく分かるのですが、風俗通いは彼女から見れば単なる浮気行為。どんなに早漏で不満を感じていても、彼氏に風俗に通って欲しいと思う女性などまずいません。

そして風俗通いがバレたら、それこそフラれてしまう可能性だってあります。どうぞくれぐれもご注意くださいね。

イケないセックスはいけない恋になりがち

しっかり理由を彼女に伝え、話し合おう


先ほども少し触れましたが、イケないセックスを続けていると女性は自信を失い、カラダの相性が悪いのかと悩み、どんどん不満が溜まっていきます。

そうすると女性はどうしても別れを考えてしまうんです。もちろん男性だって別れを考える機会が増えるのが一般的。

つまりイケないセックスはいけない恋だと感じ、別れに発展しがちなんです。ちなみにこれはカップルに限らず、夫婦であったとしても離婚に発展してしまいかねない重要問題。それだけに早期の改善が必要です。まずはそういう自覚をしっかり持って行動していきましょう。

そして同時になぜイケないのかを彼女に伝えて、彼女と話し合うのが大事なんです。ハッキリ言って女性は男性がなぜイケないのかなんてサッパリ分かりません。

普通、男は挿入したらいずれイクはず……という認識ですからね。

疲れてたりストレスが溜まっているなら理由を言って休みましょう。刺激が少ないなら彼女に過激なコスチュームでもおねだりしましょう。何らかの性癖でもあるなら正直に言いましょう。何らかの病気なら病院に行きましょう。

大抵の女性は「理由を言ってくれない」点にこそ不満を持つのです。セックスは一人ではできませんし、二人で素敵なセックスの形を作っていってくださいね。

満足できるような体位を二人で探すのも◎


これまで見てきたように、セックスについては男性も女性もかなりナイーブな一面をお互いに持ち合わせていることが見てとれました。

一番よいのはお互いがどうすれば気持ちよくなれるのかということを二人で一緒に探し出していくことでしょう。セックスというのはお互いが裸になって無防備な状態でする行為です。

本当に信頼できる相手だからこそ、他人には見せられない姿をお互いに見せ合うことができるのです。彼女と一緒に最高のセックスを探していきましょう。

セックスの体位はこちらの記事を参考にしてみてください

【セックス体位一覧マニュアル】体位を知ればエッチがもっと楽しくなる