理想の上司ってどんな上司?理想の上司の特徴や嫌われ上司の特徴を徹底解説!

理想の上司とはどのような上司のことなのかをご存知でしょうか?多くの人は理想の上司の下で働きたいと思っていますよね。また、できるだけ理想の上司に近づきたいと考えられている人もいるかと思います。理想の上司と嫌われ上司特徴や理想の上司になるための方法を紹介します。

理想の上司は意外と少ない!?

「理想の上司の下で仕事がしたい」「こんな上司だったらいいのに」と一度でも思ったことがある人は、とても多いと言われています。同じ仕事をするのなら、嫌な上司よりも理想の上司と一緒に頑張りたいと思いますよね。

理想の上司=良い上司と判断することもできるかと思います。また、理想の上司になることで、しっかりと部下に信頼され付いてきてくれるようになる可能性も高いようです。

しかし、部下に必要以上に嫌われている。陰口をたくさん言われている。という人のほうが多いと考えられています。では、理想の上司と嫌われている上司の違いは何なのでしょうか?それぞれの特徴を把握した上で、理想の上司に近付けるように努力をしてみてください。

理想の上司だと思われる5つの条件

「自分が責任を取る」と言ってくれる

仕事を行う上では、上司が部下に「これをやっておいて欲しい」とお願いするケースが多いですよね。この時に、部下は頼まれた仕事を失敗してしまったらどうしよう。というような不安を感じることがあるようです。

特に、過去に仕事で失敗をしてしまった人や仕事の経験がそれほどない人は、特にこのような不安を抱えると考えられています。そんなときに、上司が「全力でやって欲しい。失敗した時には自分が責任を取るから気にしなくていいよ」などと一声かけてくれることで、気持ちが楽になることが多いと考えられています。

また、このように責任を取ると言ってもらえることで、「この上司についていきたい」というような信頼を持ってもらえることもあるそうです。

感情任せにして怒鳴ったりしない

仕事で失敗をしてしまうこともありますよね。そんなときに、理想の上司だと思われている人は、感情任せで頭ごなしに怒鳴ったりしないと言われています。ただ頭ごなしに怒鳴られることで、不満を抱えてしまう人も少なくないですよね。

また、感情任せで怒鳴ったところで、その失敗によって起こった問題は解決しないのです。また、最悪の場合には怒鳴られたことで気分が落ちたりして今後の仕事にも悪影響を及ぼす可能性もあると言われています。

理想の上司は怒鳴ることでこのような原因になることをしっかりと把握することができているのです。そのため、部下が失敗をした時にはむやみに怒鳴るのではなく最もよい解決策を考えて一緒に失敗をカバーしてくれることが多いと言われています。

部下を好き嫌いでヒイキしない

たくさんの人と関われば関わるほど、自分に合う人やそうでない人がでてきますよね。しかし、この好き嫌いで部下をヒイキしてしまえば嫌われていると感じた人に「理想の上司」だと思ってもらえる可能性は低くなると考えられています。

嫌いだからという理由で、仕事を行う上で差別化をされるようになれば上司として見ることができなくなってしまうようです。

「自分だけ仕事を与えてもらえない」「雑用ばかりさせられる」というようなことが原因で仕事を辞めてしまう人も多いと言われています。嫌いだから面倒臭い仕事を押し付ける、無視をするなどの行動は上司としてだけではなく、人間性も疑われるようになってしまいますよね。

悩みがないか頻繁に気にかけてくれる

仕事を行う上では「報告」「連絡」「相談」のホウレンソウが重要だと言われています。しかし、自分よりもはるかに忙しそうな上司を目の前にすると、相談しにくくなってしまうこともありますよね。そのため、自分の中で抱えているものがあったとしても「相談」することができなくなってしまう可能性もあると言われています。

そんなときに、上司の方から「何か悩みはないか?困っていることはないか?」と声をかけてくれることで、相談しやすくなることが多いと考えられています。また、頻繁に声をかけかけてくれることで「自分のことを気にかけてくれている」と感じることができますよね。

そのため、信頼できる関係もより強いものになる可能性が高いのです。しかし、理想の上司はこれを特定の人人だけではなく、すべての部下に行うことができると言われています。

発言と行動が矛盾していない

仕事を行う上で「失敗をする前に、わからないことがあったらすぐに聞いて」と伝えられていることも多いですよね。わからないことを聞けない状況では、仕事をしっかりとこなすことは難しいと考えられています。

しかし、実際にわからないことには直面した時には「こんなこともわからないのか?自分で考えてどうしてもわからなかった時だけに質問をしろ」と怒られてしまうこともあるかと思います。理想の上司は決してこのようなことはしません。

わからないことを聞いた時には、どんな些細なことでも丁寧に教えてくれるようです。このように、理想の上司は自分の言ったことに責任を持って行動することができると考えられています。

嫌われている上司の特徴5選

何でもかんでも部下に押し付ける

嫌われている上司は、仕事の内容などを吟味せずにそのまま部下に押し付ける傾向があると言われています。また、全ての仕事を部下にやらせることが上司の役割だと思い込んでいることも多いそうです。自分が嫌だと思うことをすべて押し付けるようになるための、部下達の不満はどんどんましてしまいます。

自分が怒られたくないという気持ちが大きいことから、社長が顔を出す時には理由をつけて逃げたり、失敗を部下に押し付けて責任を取らせようとすることも多いと考えられています。このような行動を頻繁にすることで、次第に部下から嫌われるようになってしまうのです。

必要以上に部下を怒鳴りつける

部下が失敗をしてしまった時に「お前の代わりなどいくらでもいる」「こんなことでは世間には通用しないぞ」などと部下自身を否定する言葉をかける上司は嫌われる可能性が高いと言われています。このようなことを言われて良い気分になる人はいないですよね。

また、常にこのような人を傷つける発言をしていれば、信頼されることも好かれることも難しいでしょう。失敗をした時には、解決策を考えずにただ自分の感情任せに怒鳴りつける上司は意外と多いと言われています。

しかし、必要以上に怒鳴りつけたり部下を批判しているだけでは何も解決することはできません。ただ、どんどん嫌われる上司になっていくばかりだと言われていますよ!

絶対に部下を褒めない

どんなに仕事がうまくいった時でも、絶対に部下を褒めない上司は嫌われる傾向があると言われています。常にどんな小さなことでも注意をして褒めることができなければ、部下も嫌な気持ちになってしまいますよね。

また、このような言動によって「常に自分が偉い存在だと思い込んでいるように感じられるようになってしまう可能性も高くなります。

さらにアラ探しのように細かいことを注意するようになることで「器の小さい人」と馬鹿にされるようになる可能性もあるため注意をしましょう。部下は何をしても褒めてもらえず注意ばかりされることで、仕事に対する意欲を失ってしまうことも少なくないようです。

部下の気持ちを察することが出来ない

人間はさまざまな感情を持って生きていると言われています。この感情を無理に安定させようとすることはとても難しい事だと言われています。感情は、誰かに聞いてもらって表に出すようにすることで安定させることができると言われています。

そのため、仕事をする上で抱えている不満や不安なども誰かに聞いてもらう必要があるようです。しかし、嫌われている上司は部下の変化に気がついていても、話を聞いてあげようとはしないようです。気がつかないふりをして、部下の不安や不満から目をそらしてしまうケースが多いと言われています。

そのため、部下はどんどん不安や不満を溜め込むようになってしまうそうです。そのため、上司に信頼を持つこともできずに「自分の気持ちを理解してもらえない」と感じるようになってしまうのです。

指示をコロコロと変える

部下は上司の指示通りに仕事をしていることが多いですよね。しかし、仕事の途中で指示をコロコロと変えるようになることで、部下は「いったいどうしたらいいんだ」と混乱するようになってしまう可能性が高いと言われています。

そのため、上司に対して強い不満を感じるようになる可能性も高くなってしまうのです。このようなことで、仕事をする上で部下は大きなストレスを感じるようになるケースも少なくありません。仕事を行う上で指示を変更しなければならない場合もありますよね。

そんなときにただ「仕事とはそういうものだ」と割り切ってしまう上司は嫌われている上司だと言われています。指示が変わった時に部下を気遣う心やフォローする姿勢を見せることができなければどんどん嫌われる存在になってしまうそうです。

理想の上司になるためには大切なこと

大切な時には怒ったり叱ったりする

部下に嫌われたくないからといって、どんなことがあっても怒らないとなると「便りのない上司」だと思われるようになってしまいます。また、常に怒ってばかりいる上司も良い印象をもたれなくなってしまうようです。

理想の上司になるためには、本当に大切な時にはしっかりと怒ったり叱ったりすることが大切だと考えられています。また、この時にただ頭ごなしに起こるのではなく、なぜ失敗をしてしまったのか、今度どうしたら良いのかを部下と一緒に話し合うように心がけましょう。

ただ怒るだけでは、本当の理想の上司とは言えないようです。このように、怒る中にも愛のある言動をすることが大切になるそうです。こうすることで、部下への成長を期待することもできるようになると言われています。

自分の発言に責任を持つ

部下に仕事を任せた時に、自分の発言に責任を取れない上司も多いようです。部下は仕事を任されたことで「信頼してもらえている」と感じるようになると言われています。また、部下に仕事を任せることで上司も自分に余裕があるができてより幅広い仕事ができるようになるとも考えられています。

しかし、部下に仕事を任せた時に、自分の発言に責任を持てなければ部下は混乱するようになってしまう可能性もあるようです。

仕事を任せた以上、自分の発言に責任をもって何かあった時には自分が責任を取るという意気込みで、しっかりとサポートをするようにしましょう。そうすることで、部下も楽な気持ちで仕事ができるようになり、より高い信頼を得ることができるようになると言われています。

お手本になれる言動をする

理想の上司になるためには、部下から「こんな人になりたい」と思われるような人になる必要があると考えられています。そのためには、部下のお手本になれるような言動をすることが大切だと考えられています。感情任せに怒鳴ったり、コロコロと意見を変えるような人になりたいと思う人は少ないですよね。

また、人に尊敬される人になるためには、上司だからと言って仕事に手を抜かないことも必要になるでしょう。ビジネスマンとしてのマナーや仕事の仕方などビジネスマンとして基本となる部分は、お手本になれるように努力をしてみてください。

部下とは平等に接する

人間は自分に合う人やそうでない人がいることが多いですよね。これはぞれぞれ違った個性を持っているため仕方のないことだと言われています。しかし上司が部下をヒイキするようになってしまえば、嫌われていると感じる人が不愉快な思いになってしまいます。

部下に理想の上司だと思われたい場合には仕事上では好き嫌いを出さないことが大切だと言われています。嫌いな部下がいたとしても、仕事だと割り切って当たり障りのない関わり方をするようにしましょう。

「無視をする」「仕事を与えない」「その人にだけ過酷な仕事を任せる」というような行為は虐めを行っているのと同じような状態になってしまう可能性もありますよ!

理想の上司になって仕事をスムーズに行おう!

このように理想の上司だと思われる人にはいくつかの特徴があると言われています。自分が理想の上司に慣れるようにまずは冷静になって部下との関わり方を見直すようにしてみてください。嫌われている上司の特徴にあてはまっているかもしれないと感じた時には、すぐに改善を行う努力をしましょう。

理想の上司になることで周りから信頼されて、より良い雰囲気の中で仕事を円滑に行うことが出来るようになると言われていますよ!