【彼女がほしい社会人必見】出会いが落ちている場所と出会いを作る方法

社会人になって長らく彼女がいない。付き合っていた彼女と別れて新しい出会いが欲しい。そんな社会人は、どこで女性に出会えば新しい恋が始まるのでしょうか!? 素敵な出会いにめぐりあえる場所をまとめたので、出会いがないとぼやく前に、自分で出会いの場にでかけてみてはいかがでしょうか

彼女が欲しい社会人はどこで出会うの!?

学生時代は学校やバイトを通じて、ちょこちょこと出会いがあったはずなのに、社会人になると職場のメンバーも代わり映えがないため、出会いがないと感じてしまってはいませんか?

彼女が欲しいと思っても、どこに出会いがあるかがわからなければ、チャンスもうまくつかめません。では、彼女が途切れず常にいる男性は、いったいどこで女性と出会っているのでしょうか。社会人はどこで素敵な出会いをゲットしているのかを教えちゃいます♪

出会いが欲しい人必見!マッチングサイト【ペアーズ】

「マッチドットコム」は現在世界25カ国、日本の登録者数187万人のマッチングサイトです。利用者層は20代前半~40代と幅広く、このサイトを通じてメールの交換をした人のうち、6割以上の人がカップルになるという実績を出しています。

充実のマッチング検索で趣味や職業があっている人を選べる

「マッチドットコム」には、趣味や職業などを絞って自分の理想の人を探せるマッチング検索機能があり、登録者数が多い中から自分の条件に合う人を検索することができます。この機能を使うことで、メールや実際に会うことになっても話が続き、交際にいたる可能性も高くなります。

真剣に婚活、交際目的をしてる人が集まっている

登録している人にサクラや遊びで登録している人がほぼおらず、真剣に婚活で利用している人ばかりです。

また有料会員に登録すると、メールの送受信が可能になったり、足跡機能もついて、自分に興味を持ってくれている人が確認できるようになり、ますます円滑に恋が進みます。

登録はとっても簡単で、時間もかからないので、気になる方はまず無料会員から登録してみましょう!

合コンで出会う

出会いの王道の場といえば合コンです! 「合コンにはいい子が来ない」なんて思って行かないのなら、それは間違いです。参加した合コンにまったく好みの女性がいなかったとしても、そこで終わらせてはいけません。

参加したイケていない女性の友達には、ものすごく可愛いフリーの友達がいるかもしれません。合コンは新たな合コンを呼びます。出会いがあるかどうかは、そこであなたが次に繋げるように努力をするかどうかにかかっています。

興味がなくても連絡先は交換しよう

彼女候補がいなかったからといって、その場で連絡先を交換しないのは、出会いを探す社会人としては失格です! どんな女性でも連絡先は必ず交換するようにしてください。

合コンで成功するコツは、新しい出会いをそこでつなげることです。例えあなたが興味をもてない女性でも、あなたの友達からするとドンピシャで好みのタイプかもしれません。彼女のいない男性にその子を紹介して、自分には他の女性を連れてきてもらいましょう♪

彼女募集中の仲間をつくる

合コンをセッティングするときに難しいのが、シングルの参加者を集めることです。ある程度年齢が上がってくると結婚している人が多くなり、合コンに呼ぶ人もいなくなっていきます。既婚者を独身と偽って連れていくのもいいですが、万が一何か女性とトラブルがあった場合、連れて行ったあなたも責められて二度と女性を紹介してもらえなくなってしまいます。

あなたとの合コンは外れがないと、女友達に思わせることも合コンをするときは大切です。自分だけがおいしい思いをしたいからといって、不細工や定職につかないダメンズを連れて行くのはやめましょう。

合コンをするためには、一緒にいく彼女募集中の仲間選びも重要です。

街コンで出会う

「街コン」と言う言葉を聞いたことがありますか?最初は町おこしのためにはじめた男女の出会いイベントだったのですが、今は全国津々浦々で毎週のように開催している大規模な男女出会いイベントのことを言います。もちろん街コンの中には小規模で数十人の単位でやるものもありますが、中には数千人単位でやるメガ街コンもあります。

一気に多人数の異性と知り合えるということで、ブームとなりました。ほとんどの街コンの場合は主催者側が席を決めてくれるので、その時に知り合った女性と話すことになります。席替えも頻繁に行いますので、一回街コンに参加すれば、多いと20名程度。少なくても10名くらいと知り合いになることができるでしょう。

女性側も出会いを目的で来ているわけなので、連絡先の交換はかなりの高確率で成功できます。とくに今はLINEなどのアプリで連絡先を交換できるので、気に入らなければブロックすればいいということで、ほとんどの人が教えてくれます。とにかくいっぱいの異性と知り合いたいと言う人には街コンはおすすめのイベントです。都会であれば平日にも開催しているので、平日休みの方にもチャンスがあるのが嬉しいです。

友達の紹介で出会う

合コンと同様、彼女をつくるときに確率が高い出会いが友達からの紹介です。

友達ならあなたの好みや性格をわかっているので、自分の理想とかけ離れた女性を紹介されることも少ないでしょう。また、あなたの素性を相手の女性はある程度理解したうえで会うことになるので、理想と現実のギャップにショックを受ける可能性も少ないといえます。

ただし、紹介されてうまくいかなくなったとき、友達に迷惑をかけてしまう可能性は少なからずあります。何かトラブルがあっても、紹介してくれた友達を巻き込まずに解決するようにしましょう。

彼女募集中なことは常に伝えておく

男性同士だと、彼女がいるかどうかをわざわざ話すことはないでしょう。これでは、友達が誰かに紹介をしてほしいとお願いされても、紹介する対象から外されてしまう可能性があります。あまりにも長い間女性の影がないと、そもそも女性に興味がないと思われてしまうかもしれません。

普段から彼女募集中だということを伝えておけば、友達が一番に思い出してくれてあなたに女性を紹介してくれます。「彼女がほしい」ということは、恥ずかしがらずにアピールしておくのが成功の秘訣です!

職場で出会う

社会人で最も多いのが職場での出会いです。職場の女性だけでなく、取引先の女性も出会いの候補に入るため、可能性は無限大といえるでしょう。

「職場にはおばちゃんしかいないよ」そんなことを思っているのは、目の前にいる女性しか見えていないからです。受付の女性や総務や人事の女性など、出会ったら積極的に仲良くなってしまいましょう。

ただし、仲良くなっても全ての女性に手をだそうとしてはいけません。あなたの評判が悪くなり、会社に居づらくなるだけです。まずは人脈づくりをして、本当に好きになれる女性がいたら、口説きに行くようにしましょう。

お見合いで出会う

古くから結婚をするための出会いの場として利用されてきたお見合い。最近では、お見合いしたからすぐ結婚というわけではなく、一つの出会いの可能性を広げる手段として使われているようです。気に入らなければお断りをすればいいだけです。せっかく紹介をされるなら、会うだけでも会ってみてはいかがでしょうか。

両親や上司にすすめられたら取り敢えず会ってみる

このパターンは少し難易度が高く感じますが、お見合いはお互いの気持ちが合って、初めて成り立ちます。昔と違って、政略結婚のために、好きでもない相手でも断れないようなお見合いは少ないので、会って損はないでしょう。あなた好みの女性に出会えれば願ってもないチャンスです。

ただし、結婚をするつもりがないのであれば、相手の女性や紹介してくれた人に失礼になってしまうので、いづれは結婚するつもりがある場合にのみ、お見合いの話をうけるようにしましょう。

お見合いサイトに登録してみる

結婚を考えた出会いが欲しいのなら、お見合いサイトに登録するのもいいでしょう。相手と自分の年収や学歴、趣味などを登録して、自分に合う人をお見合い会社が探して紹介してくれるため、結婚までに無駄がありません。出会いにお金がかかってしまうことに抵抗を感じる人も多いでしょうが、あまりにも出会いがなく不安を感じているのなら、将来に対する投資と考えれば高くはないかもしれません。

お見合いパーティーに参加してみる

お見合いサイトに登録するのには抵抗があるのなら、単発で開催されているお見合いパーティーに出席するのもいいでしょう。一度に大人数の女性に出会えるので、出会いの場としては効率がよいです。ある程度若くて身なりがきちんとしていれば、選ばれる確率も高いでしょう。

ただし、出席するのに所得制限や、職種の制限があるお見合いパーティーもあるので、自分に合ったものを事前に調べてから申し込むようにしてください。

インターネットで出会う

出会い系サイトに登録してみる

彼女が欲しいのに出会いのチャンスがないのなら、インターネットを利用して、普段では知り合うことのないところに人脈を広げるのもありでしょう。

ただし、ネット上の情報は、真実かどうか保障されていないものがほとんどです。自分自身できちんと判断をして、慎重に行動をするようにしましょう。

恋人がほしいのなら、出会い系サイトに登録することは、インターネットでは手っ取り早い方法でしょう。写真やプロフィールが載っているので、自分の好みの女性に出会えるかもしれません。

本当に出会いを求めて登録をしている人もいますが、課金目的の悪質なサイトや、写真と全く別人のとんでもない女性が来る可能性もあります。トラブルに巻き込まれないように注意をするようにしましょう。

出会い系サイトやアプリ初心者におすすめする評判超えの人気サイト【2017年12月版】

趣味のオフ会に参加してみる

好きなお笑い芸人や、ゲーム、ドラマや映画などのオフ会も出会いのチャンスがあります。好きなものが一緒の人たちが集まるので、共通の話も多く、楽しい時間が過ごせる可能性が高いでしょう。

ただし、オフ会は出会いを目的で集まっているのではなく、好きなことを話すための場です。女性と出会うための参加だと思われてしまうと印象は悪いので、趣味の話の延長線上で出会いがあればラッキーくらいの軽い気持ちで行くようにしましょう。

もちろん趣味によっては女性がまったくいない可能性もありますので、出会い目的で趣味のオフ会に行くのは自分の趣味のオフ会に女性が来そうかどうか考えてからにしましょう。

アプリを利用してみる

最近のスマートフォンを非常に便利で出会い専用のアプリなども多くあります。怪しいアプリも多い中、最近はFacebookなどのSNSと連動して利用できるなど信頼性も大きく向上しています。もちろん自分が出会いアプリを使っていることはFacebookの友達には通知されませんのでご安心ください。

Facebookと連動していると何がいいかと言うと、やり取りをしていて、気に入った相手には自分のFacebookページを見せることができるのです。当然相手のFacebookページも見られるので、相手がどんな人かわかりやすいです。ほとんどの場合、Facebookには写真などもアップしているので、容姿の確認も簡単にできます。

そして、何より昔からFacebookを更新している人であれば、サクラでないことも確認できます。これは単なる出会い系とは違う大きなメリットです。下手な出会い系はサクラが多く存在して、出会うのが不可能と言うところも少なくありません。

もう一つこれはメリットでもあり、デメリットでもあるのですが、自分の顔写真をはじめから公開している人が非常に多いのが特徴です。最終的には自分のFacebookページを見せることになるので、写真くらいは抵抗がないかもしれませんね。

しかし、写真を公開することで人気のある方とそうでもない方の差が非常に激しくなっています。やはり第一印象は容姿で選ぶので、どうしてもこれは仕方がないのですが、「いいな」と思った方にメッセージを送っても他の方も同じように思っていることが多いようで、返事が来る確率はかなり低いです。(ただし、自分の載せている写真がかなりイケメンの方は除く)

これを防ぐには自分のプロフィールを充実するしかないです。やはりどんな人かわかった方が女性も安心しますし、返事が書きやすいです。メッセージを書く以上にプロフィールは考えて書いてください。プロフィールは一度書けば当分は変える必要がないですから、時間をかけて書きましょう。

習い事で出会う

友達からの紹介や飲み会などではなく、自然に女性と出会えることを期待しているのなら、習い事を新しく始めることをおすすめします。普段の生活のリフレッシュにもなり、出会いも広がるのなら一石二鳥です。同じことを目的として頑張ったり、共通の趣味があれば、付き合ったあとも一緒にいる時間が楽しく過ごせるでしょう。

学生時代に好きだったことや新しくチャレンジしたいことなどがあれば、仕事帰りや週末などに通ってみてはいかがでしょうか。

英会話教室に通ってみる

グループレッスンのある英会話教室なら、同じレベルの英会話を話す人たちが集まるので、恥もかかずに楽しく勉強をしながら自然と知り合うことができます。

仕事にも活かすことができるので、出会いだけでなく自己啓発にも役立ちます。例え素敵な女性に出会えなかったとしても、あなたの人生で無駄なことにはならないはずです。

料理教室に参加してみる

男女一緒にレッスンを受けられる料理教室もあります。家庭的な女性に知り合うこともでき、美味しい食事を作る腕も磨けるので楽しく通うことができるでしょう。

料理上手な男性は女性にはモテます! 単発での教室もあるので、気が向いたときに顔を出してみてはいかがでしょうか。

スポーツジムで出会う

教室に通うことに抵抗があるのなら、簡単に参加できるスポーツジムのレッスンに参加することをおすすめします。スポーツジムには、エアロビクスやヨガ、ダンスクラスなどいろいろなクラスがあります。

参加しているメンバーは、定着していることが多いので、長い期間通っていれば仲良くなるチャンスはあります。

クラスに参加しなくても、マシーンなどを使用しているときに会話をすることもあるかもしれません。体を鍛えながら、女性と知り合うチャンスを狙いましょう。

同窓会で出会う

学生時代の初恋の人に出会えるチャンスかもしれません。同窓会のお知らせが来たのなら、面倒くさがらずに参加しましょう。

好きだった女性が結婚していたり、激太りで変わり果てた姿になってしまっているかもしれませんが、まったく気に留めていなかった女性が自分好みのいい女になっているかもしれません学生時代を共に過ごした同年代の仲間は、いくつになっても絆が強く結ばれているものです。大人になってからの再会は、結婚までの近道かもしれません。

あなた自信も、学生時代とは違って頭皮や体型の急激な変化があるかもしれないので、同窓会に出席する前に、ダイエットなどできることをして望むようにしましょう。

ナンパで出会う

誰彼かまわず街中の女性に声をかけるのはNGですが、好みの女性がいたのなら、積極的に声をかけるのもいいでしょう。

ナンパをしてくる男性は遊んでいるイメージが強く敬遠されてしまうので、あくまでも誠実に、好みだから声をかけずにはいられなかったということを相手の女性に伝えてください。あなたが名前の知れた企業に勤めているのなら、そこの名刺を渡して警戒心を解くのもいいでしょう。

誠実できちんとした人間だということが相手に伝われば、女性も決して悪い気はしないはずです。

旅先で出会う

仕事の疲れをリフレッシュしたり、新たな刺激を求めて一人旅に行ってみてはいかがでしょうか。女性の一人旅も多いので、旅先で素敵な出会いがあるかもしれません。

男友達とグループ旅行を楽しむのなら、女性同士で旅行を楽しむグループを見つけて、積極的に飲みに誘ってみましょう。

旅先での出会いは非日常感があり、気持ちも多少奔放になるものです。普段はナンパをしたり、されてもついていかないような人でも、旅先だと警戒せずに楽しむことができるかもしれません。

飛行機で隣同士になった男女が、そのまま付き合って結婚をすることもあります。全ての出会いにアンテナをはりましょう。

結婚式で出会う

友達や会社の同僚の結婚式に招待される機会は、ある程度の年齢になれば多くなります。お祝儀代ばかり出ていき、面白くないとぼやくこともありますよね。 結婚式の披露宴や二次会は、大きな出会いのチャンスです。新婦のまわりの独身女性がたくさん出席しているのなら、

ぜひとも出会いの輪をつなげられるように頑張ってください。 出席者のなかには、あなたのことをチェックする彼氏募集中の女性もいるかもしれません。

新郎新婦をお祝いしながらも、好みの女性を発見したのなら、さりげなく近くに寄って話しかけてしまいましょう。

「写真撮りますよ」最初はあくまでも自然に声をかけて、それから新婦とどんな関係なのかを聞けば、話をする流れもできてきます。あとから新郎にお願いをして、合コンをセッティングしてもらうのもいいでしょう。

クラブイベントで出会う

社会人専用のクラブは都心にはいくつもあります。クラブにくるような女性には抵抗があっても、ハロウィンなどのイベントのときなら、普段は参加しない女性も、友達に連れられて参加している可能性があります。

また、夜遊びが苦手なクラブ初心者の人でも、イベントのときなら参加しやすいです。お酒も入っているので開放的な気持ちになり、話も弾むかもしれません。

せっかく参加するのなら、おどおど周りを気にしながらいるのではなく、思いっきりその場を楽しんで出会いもゲットしましょう。

バーで出会う

バーで出会うのも一つの方法です。バーで出会うなんてドラマとか映画の中だけのフィクションじゃないの?と思っている方も多いのかもしれませんが、実際にバーで出会って付き合う人は結構いるのです。家で一人でお酒をチビチビ飲んでいても出会いなんて100%ありません。どうせ一人で飲むならバーで飲みましょう。

しかし、そもそもバーに行ったことがない人に一人でバーに行けと言っても、とんでもなくハードルが高くて無理かもしれません。最初は友達や知り合いに頼んで行ってもらうと良いかもしれません。店の常連になれば、一人で簡単に行けるようになるのではないでしょうか。常連になれば、最悪の場合マスターと話していればいいので、気が楽です。

一緒に行ってくれる友達がいないのであれば、個人経営のバーではなく、全国にあるチェーンのバーなどに行くのも手です。個人経営のバーに比べると入り口から中も見やすくオープン作りでかなり入りやすくなっているので、そういうお店に行くといいでしょう。それなら一人でも行けるのではないでしょうか。

足しげく通っていれば、思ったより一人で来ている女性が多いことに気づくと思います。常連になれば、マスターの力も借りることができますし、声をかけるくらいは簡単にできるようになりますよ。自分から声をかける勇気がなければ、マスターに女性が来たら、声かけるきっかけを作って欲しいと言えば、作ってくれるはずです。そのためにもまずは家の近くのバーの常連になってマスターに顔を覚えてもらいましょう。

彼女ほしいけどできない社会人の特徴は?

これまでは社会人が彼女を作るために必要な出会いの場や広げ方を中心にご紹介しました。ですが、そもそも社会人で彼女ができない人には共通の特徴があります。例え出会いの場を増やしていったとしても、彼女を作れない原因が他にある場合は、いつまでたっても恋人ができません。

もし、出会いの場に出席していてもなかなか上手く行かないことで悩んでいるのなら、今回の記事を参考に自分を見つめ直してみてくださいね。ちょっとした意識変化が、劇的に周囲の環境を変えてしまうこともありえますよ。

仕事が忙しいのを理由に出不精になっている

上記に紹介したような出会いの場で、せっかく連絡先を交換したものの一歩が踏み出せない。その理由の一つに”仕事が忙しい””今は自分にとって大事な時期だから”とそんな考えを持っていませんか?確かに仕事は大事ですし、チャンスだと思えるような大切な時期はあるでしょう。ですが今出会っている女性との縁もチャンスなんです。これを逃してしまったら、その女性との線が切れてしまうと考えたら勿体なくはありませんか?

仕事が忙しくて休みが取れていないのなら、せめてランチだけでも時間を合わせることはできないでしょうか?仕事帰りにほんの1時間だけ食事をするなど、少しだけでもいいから仕事の合間を縫って会いに来た、こういう誠実な行動こそが女性には喜ばれます。彼女が欲しいのなら、積極的に行動していくことが大事です。

身だしなみに気を使わず不潔感がある

男性のスーツ姿が好きな女性はたくさんいます。スーツでなくても制服姿にキュンとくる人は多いです。ただし、それは『清潔感』があることが大前提なんです。女性は男性よりも感覚が鋭いのは、日常生活からもわかると思います。些細なイメージチェンジにも気づき、痒いところに手が届くようなちょっとした気遣いも上手くやってくれますよね? 

そんな女性陣は男性の身だしなみにも目を光らせています。まずは鋭い嗅覚で体臭やタバコ、その他の嫌な臭いがないかを確認しています。シャツはヨレていないか?スーツはちゃんとクリーニングに出しているか?靴は汚れていないか?など、一瞬のうちでチェックを終わらせてしまいます。

女性は不潔感が大嫌いです。もし以上のことに引っかかってしまうと、それだけで内心弾かれてしまうかもしれませんよ。

理想が高すぎて選り好みしている

それぞれ女性の好みはありますが、その条件が多くて厳しすぎるのは彼女ができない大きな原因の一つです。料理が好きで、家事が得意、身長はいくらくらいでスタイルはモデル系。ルックスは芸能人の◯◯に似ていて、毎日飲んで深夜に帰っても怒らない女性。よくある理想の条件を挙げてみればキリがありませんが、こんな女性はどこにもいません。逆にこれと同じくらいの条件を男性に当てはめてみたら分かると思います。

好みのタイプがはっきりとしているのは大事なことですが、あまりに細かく求めすぎると女性にあっという間に引かれてしまいます。大体理想が高すぎる男性は女性経験が少なく、理想と現実のギャップに気づいていない場合がほとんどだからです。

覚えがある人は、まずは気の合う女性を見つけるところから始めましょう。話しが合って楽しいと思える女性を見つけると、それまで思い描いていた理想がどうでもよくなることはよくありますからね。

休日は趣味に没頭している

社会人ともなれば、連日の激務からやっとできた休日は本当に貴重です。週末が近づくほどに「今週末は何をしようか?」「丸一日寝まくろう」「友達と朝までコースで」などと思い思いの過ごし方を考えます。最近知り合ったような気になる女性がいるのであれば、デートに誘うチャンスでもありますが、中には趣味に没頭したい男性もいます。

もちろん趣味を持つことは素敵なことですし、ストレス発散や仕事に通じることも多いでしょう。ですが、せっかくの休日を趣味だけに精を出すようでは彼女はできません。「彼女がほしい」と切実に考えているのなら、女性との繋がりを作るための時間も作りましょう。どうしても趣味の時間を減らしたくないというのであれば、同じ趣味を持つ女性を見つけるのが彼女をつくる最短ルートですね。

不平不満が多く、話していて楽しくない

色々な人が集まる社会で仕事をしていれば、嫌なことや辛いことはたくさんあります。自分は全く悪くないのに責められるというような理不尽な出来事も珍しくはありません。だからこそ、休日には疲れと一緒に溜め込んだストレスを吐き出すことも大事なことですよね?

ですが、それを女性に吐き出してはいけません。場の空気を大事にする女性は、ある程度嫌な話題でも笑顔で付き合ってくれます。そのため、男性は相手の気持ちに気づかずに延々と自分の話しをしてしまうことがあります。

せっかく知り合えた女性に「うちの上司が本当に無能で……」「俺は悪くないのに……」と愚痴や弱音ばかりを漏らしているようでは次回のデートは無理でしょう。恋人になるというのは、誰よりもプライベートで一緒にいる時間が多くなる相手です。そんな相手がネガティブな話ばかりではうんざりされること間違いありません。

おわりに

出会いは簡単に見つからなくても、自分が積極的に行動すれば、いくらでも広げることができます。もちろん、そこから恋人になるためにも努力が必要ですが、まずは出会わなければ何も始まりません! 一度の人生を楽しくするために、出会いの場に出かけてみてはいかがでしょうか。