【友達いない主婦】悩んでいる方は必見!友達を作るための4つの方法と友達を作ることの意味について

友達いない主婦をあなたは、どう思いますか。もし自分が、友達がいない主婦だと思っている人がいたら、ぜひこの記事をよんでみてください。友達を作るためのヒントがきっと見つかるでしょう。

友達いない主婦とは?

日々の暮らしに追われ、結婚して子供ができても、友達がいない主婦も多いかもしれません。あるいは、性格的にまじめでおとなしい、自分に自信がない、人間関係でのトラウマがあるなどの理由があっていない場合もあるでしょう。でも友達がいない主婦も、気の合う友達が欲しいと思っている人が多いと思います。他人との距離感がわかってくると、友達が出来ないことで悩むこともなくなっていくでしょう。そうなるための方法と考え方を、見ていきたいと思います。

友達いない主婦が子供のために、はじめにぶつかる壁とは?

その壁とは?

子供ができて幼稚園や保育園に通うようになると、最初にやらなければと思うのが、ママ友作りではないでしょうか。子供同士が仲良くても母親同士が、あまり気が合わないということもあるかもしれません。友達がいない主婦は、大抵まじめで人と話すことが苦手なことが多いので、大変かもしれません。しかし、子供のためにと無理をして、ママ友を作ろうとしているかもしれません。

でも無理をしてまで、本当にママ友作りが必要なのでしょうか。それをまず自分に問いかけてみるといいかもしれません。次の項で、そのジレンマの解決方法を見ていきたいと思います

解決方法はある

一つの解決方法として、自分を縛っている考え、例えば“友達がいないとだめな人間”、”友達は多い方がいい“ ”友達がいない人は寂しい人“などの自分を縛っている固定概念を取ってみましょう。こうでなければならない、こうするべきだという考えを、少しやめただけでも気持ちが楽になるはずです。案外気持ちが楽になった時、気の合うママ友ができる可能性があります。

友達いない主婦が子育てするのは大変か?

みなさんは、友達いない主婦が子育てするのは、さぞ大変と思われていませんか。確かに、ママ友がいないと大変なこともあるかもしれません。でも多くの主婦が、ママ友といっても、挨拶をする程度だけで友達とは言えないと思っているのも事実でしょう。友達はママ友だけでは、ないはずです。もしパートなど仕事をしている人なら、仕事を通して友達が出来ることもあります。趣味やボランティアを通してできた友達と、子供の話をすることもできます。

そして、子育てで困った時、何よりも頼りになるのは、旦那さんではないでしょうか。夫婦がお互いに協力しながら子育てが出来れば、友達がいなくてもさほど気にならないかもしれません。

友達いない主婦40代の本音と現実

毎日忙しい

40代の主婦は、人生の中で一番忙しい時期です。毎日の家事に加え、子供がいる主婦の人は、子供が高校生や大学に進学したりして、子供が手が離れる時期でもあるでしょう。子供が手が離れたといっても、子供の進学のために、働かなくてはならない主婦も多いでしょう。

子供がいない人でも、同じく仕事が一番大変な時期であったり、現在出産の高齢化が進んでいるので、出産・妊活など、色々と忙しいかもしれません。友達がいないから友達を作り、いざ一緒に出かけようと思っても、お互い日程が合わないということもありうるでしょう。

夫が親友である

仲の良い友達がいない主婦でも、夫が一番仲良しという人も、案外多いかもしれません。確かに、友達だと気を遣うこともあるかもしれませんが、夫ならば腹を割って話せることも多いでしょう。何よりも、夫といると楽であるということもあるでしょう。現在夫といて、とても居心地がいい人は、無理をして友達を作ろうと躍起にならなくてもいいのではないでしょうか。友達は無理に作らなくても、出来るときはできます。それなので、今出来ることに集中するといいかもしれません。

引きこもりの40代は要注意! 友達を作るには?

外に出てみよう

もし仕事や人間関係のトラブルなどで、現在主婦業だけだという40代の人は思い切って、社会に出てみましょう。あるいは、子供に手がかからなくなっても、子離れができなくて困っている人は、自分の考えを子供だけに集中しないように、何か始めてみるのもいいかもしれません。

仕事をする場合、無理に会社で働くということを考えなくても、自分の得意分野を活かして、教室を開いたり、在宅ワークをするという選択肢もあるでしょう。あるいは、趣味やサークルなどでもいいです。もし、現在の自分を変えたいと思っている人は、ぜひ行動に移してみましょう。そこから新しい出会いが生まれ、友達ができるかもしれません。

友達いない主婦50代の本音と現実

退職する年代である

主婦の50代といえば、長年勤めてきた会社を辞める時期になります。今まであった社会との接点がなくなり、友達がいない、減ったと感じている人も多いかもしれません。子供も独立していて、体力的にも自信があれば、新しく何かにチャレンジするのもいいでしょう。

友達がいないと寂しいと感じている50代の主婦も多いかもしれません。そんな時は、ボランティア活動や趣味、新しい仕事などに取り組めば、新たな出会いから、自分の可能性を再発見できるでしょう。

親の介護で忙しい

50代の主婦は、親の介護をする年代でもあるでしょう。でも、友達が欲しいと思っている人も多いでしょう。親の介護に集中すると、なかなか外に出かけたりすることも減ってくるかもしれませんが、意識的に外に出かけてみましょう。

もし親の介護を誰かと変わってもらえる時間がある人は、その時間を自分のやりたい事に使うといいでしょう。自分の時間を持つことで、心にも余裕が生まれて、親の介護を新たな気持ちで取り組むことができたり、親との関係も良好になるでしょう。

友達いない主婦50代が友達を作るためには?

積極的に行動してみる

あなたは、せっかく誰かと友達になっても、その人とそれ以上親しくなれないでいませんか。もしそうでしたら、相手から誘われるのだけを待っているのではなくて、自分からも人に声をかけてみましょう。初めは、とても勇気がいることかもしれません。でも、友達になりたい人には積極的に声をかけると良いでしょう。ただ断られたらどうしよう、迷惑がられたらどうしようという気持ちもあるかもしれません。

もしも迷惑そうにされたら、その人のことは諦める潔さも時には必要になるでしょう。ただ断られた原因を、自分に向けるのは禁物です。

知り合いだけでなく、わかり合える友人や仲間を作る

趣味などを通じて、知り合いが多い50代の主婦も多いでしょう。でももしかしたら、知り合いが多いだけで、わかりあえる友達・仲間がいないと感じている人も、きっといるかもしれません。もしそうだとしたら、自分とわかりあえそうな仲間・仲良くなりたいと思う人に、心を開いて積極的にアプローチしてみるといいでしょう。

大人になると、なかなか難しいかもしれませんが、一度打ち解けることができれば、きっと友人・仲間としてお付き合いできるようになるでしょう。

友達いない主婦で子供がいない人とは?

自分のやりたいことに集中できる

もし、子供がいない専業主婦ならば、自分のやりたいことに没頭できるでしょう。昔からやりたかった趣味などに、打ち込めるチャンスでもあるのです。お仕事をしている人でも、子供がいない人は、自分の自由になるお金があるので、休日に自分の好きな事を出来る可能性もあります。

子供がいて毎日働いている主婦の人からは、何かと揶揄されることが多い子供がいない専業主婦ですが、自分の恵まれている部分に感謝し、それを活かすことができるとそういった批判も気にならなくなるでしょう。

そして自分のやりたいことが出来ているので、友達がいないと悩むこともあまりなくなっていくでしょう。

自由に使える時間がある

専業主婦で子供がいない人ならば、自分の好きなように時間を使える利点があります。家事が終われば、一日自分の思ったように、時間を使うことができるのは、とても幸せなことです。初めの項でも述べましたが、特技がある人は、その特技を活かして家で教室を開いたり、在宅勤務という選択もできます。色々な選択肢があるのです。

ただ注意しなくてはならないのは、自由な時間を持て余して、ダラダラとした生活になりやすいことです。そうならないように、ある程度自分のことを、管理することも必要でしょう。

そして自分の好きな事・自由な時間が出来れば、友達を作ることだけにとらわれなくなる利点があります。

友達がいないと困っているあなたへ

自分の好きなことからはじめてみよう

まずは、自分の好きなことから何でもいいので始めてみてはどうでしょうか。インターネットが好きな人は、ブログを始めてもいいですし、趣味のサークルでもいいでしょう。運動が好きな人は、ジムに通うのもいいかもしれません。定期的に1つの所に通うと、 同じ趣味や考えをもった友人もできやすいでしょう。あるいは、子供がいる人ならば、PTAや地区の行事など積極的に参加してもいいでしょう。

とにかくまずは、行動をすることが大事です。人がいる所に行くことです。家にいるだけで、何もしないのでは、友達はできません。まずは1歩踏みだしてみましょう。

1人で行動する強さを持とう!

友達いない主婦は、友達が欲しい、作りたいと思うのは当然です。でも、自分が本当に友達が欲しいと思う理由は何でしょうか。もし1人でいると、世間体が悪く、寂しいと思われるいう理由で友達を作ろうと思っているとしたら、その前に1人でも行動できる強さを持った方がいいかもしれません。

友達といっても、様々です。お互いを高めあったり、助け合う関係ならよいですが、会うといつも人の悪口ばかりをいったりする友人達と会った時は、あまり後味は良いものではないかもしれません。それならまだ、1人でいた方がいいと感じている人もいるでしょう。

そして友達ができたとしても、いつもその友達と一緒に行動できるわけではないので、そんな時は1人で行動できると、自分もとても楽になるでしょう。1人で行動し、自分に自信がある人は、決して寂しい人ではなく、むしろ尊敬に値する人ではないでしょうか。1人で行動できる、1人でいられる力が出来てくると、友達が出来た時にも、その友達との距離感もつかめるようになると思います。

まとめ

ここまで、友達いない主婦を見てきました。友達がいないことで、自分を卑下したり、悩むことはないと思います。それよりも重要なことは、自分が本当に友達が欲しいと思っているのか、もしそうなら、自分にとって必要な友人像は何かということではないでしょうか。もし、今友達が欲しいと思っている人がいたら、今からでも遅くはありません。”友達作り”という新たな一歩を踏み出してみましょう。