新婚って今まで恋人だった人が家族となるので、新鮮で楽しいですよね。ですが、ただ楽しいだけでは生活していけません。今までのように洋服や靴を買って、エステに通って外食三昧…なんて生活をしていると一気に生活は破たんしてしまいます。特に何らかの理由で共働きをやめざるを得ないカップルは特に節制が必要ですよ。今回は新婚での生活費はいくらくらいに設定するといいのか、またその項目別に理想的な割合をご説明します。

新婚生活の生活費と内訳は?

f:id:ffgai:20170130130810j:plain

新婚生活が始まると楽しいことも悲しいことも2人で経験していくものですが、そこで忘れてはならないのが「生活費」ですよね。今までは独身でお給料が全部自分のものであったのが2人のものになるのです。

共働きであると収入は2か所からありますが、何らかの事情でどちらかが退職しなければならなくなったら1人分のお給料でやっていかなくてはなりません。

ここ最近のイベントで婚約費用から結婚式、新婚旅行、引っ越し費用などたくさんのお金がかかったカップルもいるのではないでしょうか。これからはそんな贅沢もしていられないかもしれません。

では実際に2人の生活でどれほどの費用がかかるのか見ていきましょう。

1カ月にかかる生活費は?

月々にかかる生活費にはどういうものがあるのでしょう。

  • 住居費(マンション家賃、管理費、駐車場費用、住宅ローンなど)
  • 食費(自炊、外食を含む飲食費用)
  • 雑費(洗剤やトイレットペーパーなどの日用品)
  • 光熱費(水道、ガス、電気)
  • 通信費(携帯電話、固定電話、インターネットプロバイダ費用など)
  • 被服費(服や下着、靴など)
  • 交際費(ランチ、飲み会、冠婚葬祭費用など)
  • レジャー費(旅行、趣味にかかる費用など)
  • 美容費(美容院、化粧品費用など)
  • 医療費(通院費、市販薬、コンタクト費用など)
  • 保険料(健康保険、生命保険、自動車保険など)
  • 税金(住民税、固定資産税など)

などがあります。あとは年間払いにしている会費やNHK受信料などもあると思いますし、新聞を取っている方なら新聞購読費、雑誌、一時的にかかる特別支出などもあると思います。

独身時代に使っていた電化製品を持ってくる方も多いですが、新婚生活に必要な家具や電化製品を買い替えたり、車を購入したりする方も多いと思うので、この時期にかかる生活費はできるだけ節約したいですよね。

平均20万~25万円未満

一般的に2人以上が1カ月にかかる生活費は、平成28年2月分で269,774円だと言われています(総務省統計局家庭調査より)。ですが、これは年齢や勤労者の数は関係ないもので、こちらでの1世帯の実収入は478,624円とされています。

これをブライダル総研が新婚カップルに限って調査したところ、2014年では平均21.2万円という結果になりました。こちらは首都圏、東海、関西圏に住んでいる人464人が回答したものです。(ゼクシィ新生活準備調査2014より)

内訳は以下の通りです。
20~25万円未満  37%
15~20万円未満  21%
25~30万円未満  13%
10~15万円未満  11%
30~35万円未満  10%

20~25万円未満のカップルが37%と一番多いんですね。その次が15~20万円未満としっかり節制されている印象です。

生活費への影響を左右する住居費は平均7.8万円、貯蓄に関しても毎月いくらかは貯金していると回答した割合は73%で、その平均額は8.3万円と言われています。こう見てみると、しっかり貯金されているカップルが多いですね。

東京 共働きの場合

ゼクシィ新生活準備調査2014では、地域別の生活費も算出されています。住居費や物価などの違いから地域差は大きく、住居費は首都圏が8~10万円と最も多いのに対し、東海、関西に住んでいる人は6~8万円が最も多いと回答しています。

住居費は差がありますが他の項目ではさほど地域差は見られませんので、首都圏の方は住居費がかかる分他の項目で節約を心がけているのでしょうね。

1カ月にかかる生活費の内訳は?

一般的な生活費の内訳

こちらでは一般的に新婚生活でかかる生活費の内訳を先ほど挙げた生活費の項目別に見ていくことにしましょう。

○住居費(住宅ローン返済額を含む)

  • 6~8万円未満 27.7%
  • 8~10万円未満 26.4%
  • 10~12万円未満 15.5%

住居費は賃貸か購入か、またはエリアでも大きく差が出てくるところです。土地に余裕がある地域は比較的安いですが、駅近であったり都市部に近い人気エリアでは高くなります。会社の社宅などに住めると家賃は安く抑えられますね。ちなみに平均は7.8万円となっています。

○食費

  • 3~4万円未満 34.3%
  • 4~5万円未満 18.5%
  • 2~3万円未満 15.9%

※こちらの食費は外食費用が含まれているか記載されていないため、外食費は含んでいない可能性があります。

1週間1万円以内に抑えられている方が約3割を超えています。最近では物価の値上げが進んでいますが、みなさん上手に買い物をされているのですね。平均は3.9万円となっています。

○光熱費・通信費

こちらの統計では光熱費と通信費が合計されていますので、そちらでご紹介します。

  • 3万~3万5千円未満 23.9%
  • 2万~2万5千円未満 21.0%
  • 1万~1万5千円未満 15.2%

最近ではスマホが普及しているので、通信費は携帯電話の料金が主なものだと考えられます。固定電話についてはひいていないところも多いですね。この世代に多い共働きの場合、光熱費も抑えられます。こちらの平均は2.4万円とされています。

○被服・理容費

  • 1~2万円未満 41.0%
  • 2~3万円未満 20.8%
  • 1万円未満 17.7%

月々にかけられる被服・理容費は、結婚すると減ってしまいますよね。平均では1.4万円と言われています。この金額は女性の割合が特に多いのではないでしょうか。男性でこの費用がかかるご家庭はさらに高くなると考えられます。

○交際費、趣味・レジャー費

  • 1~2万円未満 27.1%
  • 2~3万円未満 25.4%
  • 3~4万円未満 18.8%

こちらの平均は2.4万円となっています。結婚すると飲み会やお茶などの機会は減ることも多いですが、冠婚葬祭などの交際費はかかりますよね。月によっては結婚式が重なることも…いざというときのための資金は余裕をもって用意しておきたいものです。

○保険料

  • 2万~2万5千円未満 18.3%
  • 1万~1万5千円未満 16.4%
  • 3万~3万5千円未満 11.8%

こちらは5万円以上の方から0円の方まで幅広い回答がありました。結婚してから保険加入について検討を始める方も多いので、こういった結果になったのでしょうか。結婚前から保険に加入している方の中には親がかけてくれているものもありますので、そのまま引き継いだ場合に高額になりやすいと考えられます。

こちらの平均は2.3万円となっています。

○その他の生活費

  • 1~2万円未満 24.3%
  • 2~3万円未満 16.8%
  • 3~4万円未満 11.2%

その他の生活費とはご家庭によってそれぞれかかるものも違いますが、雑費や医療費、税金などもこちらに含まれます。内容は特に書かれていないので、差が出てくることも考えられます。ちなみに平均は3.6万円となっています。

生活費の割合

では夫婦2人暮らしの場合の生活費における、理想の割合とはどういうものなのでしょうか。自分たちがどの項目にどれくらいかけていいのか目安が分かれば安心ですよね。

例)手取り30万円の場合

  • ○住居費 25%  7万5千円 
  • ○食費  15%  4万5千円
  • ○雑費  2%  6千円
  • ○光熱費 5%  1万5千円
  • ○通信費 6%  1万8千円
  • ○被服費 3%  9千円
  • ○交際費 2%  6千円
  • ○レジャー費 3%  9千円
  • ○保険料 4%  1万2千円
  • ○貯金 20%  6万円
  • ○こづかい 12%  3万6千円
  • ○その他 3%  9千円

となっています。

見直すべき支出は?

理想の生活費割合が分かったところで、あなたの家庭の見直すべき支出項目はどこかを見ていきましょう!ここで重要な項目は、毎月必ず同じ金額を支払う必要のある「固定費」です。これには住居費、保険料、光熱費、通信費などがあります。

食費は固定の金額ではないですが毎月必ずかかるものですよね。そして、料理をする人の意識によって見直しやすい項目とも言えます。

こちらではどのように見直していけばいいのか考えていきましょう。

住宅費

家賃は手取り収入の25%から3分の1が理想だと言われています。よって、手取りが30万円の場合7万5千円から10万円の間におさめるとよいことになりますね。共働きのカップルならもう少し高いところでも大丈夫でしょう。

家賃自体は安くても通勤費用がかかるとか、駐車場料金が高いというところもあるでしょう。また、不動産会社で検討する場合には、管理費や敷金礼金、修繕積立金など家賃以外にかかる費用をしっかり確認しておくようにしましょう。

もし、会社で社宅があるようならばそちらに住むこともおススメです。家賃は比較的安い場合が多いようですし、住民は会社関連の家族ばかりなので安心なのとネットワークもできやすいです。同年代の家族が集まりやすいので、お子さんができたときママ友ができやすいメリットもありますよ。

食費

食費は家計を見直すうえで大切な項目だと言えます。異常気象や物価の上昇でさまざまな食品で値上げが進んでおり、家計を圧迫してしまっているのです。産地や品質にこだわったものを揃えると、どうしても安く済ませることはできないですよね。

特にお子さんができると、自分たちは良くても子どもには安心できるものを食べて欲しいと思うのは親心として納得できますし、離乳食は意外と予算がかかります。ですので、食材にどこまでお金をかけるかは家庭ごとに決めておくとよいでしょう。

昼食のお弁当やランチ代、休日の外食費用は月単位、年単位にすると思ったよりもかかりますので、できるだけ手作りのお弁当を持って行けるといいですね。

ただ、あまりに食費を節約すると体を壊しやすくなったり、将来健康被害が出てくるおそれもありますので注意が必要です。もやしや豆腐などでかさましした節約レシピをいろいろと知っておくといいですね。

保険料

保険料は手取り収入の4%におさめるのがよいと言われています。保険料は毎月必ず支払わなければいけない固定費ですので、あまり高い費用をかけてしまうと家計を圧迫してしまいます。

ですが、病気になると入れない保険があったり保険料が高くなってしまったりしますので医療保険に加入するタイミングはとても重要です。万が一のことはいつ起こるかわかりませんからね。実際、結婚を機に保険を見直す方が大半です。

お子さんができるとその分医療保険や共済、学資保険なども検討することになると思いますので、夫婦でしっかりプランを立てておく必要があります。ただ、保険に関しては難しい専門用語がかなり多く、で一体私たちの保障はどうなっているの?と理解できていないという声も多く聞かれます。

最近ではショッピングセンターなどでもファイナンシャルプランナーが常駐しており、保険関連の相談を受けてくれる窓口などもありますので、自分たちで調べてもよくわからないという方はそちらを利用するのもいいですね。

光熱費・通信費

光熱費・通信費の理想割合は手取り収入のそれぞれ5%、6%と言われています。

まず、光熱費は共働きであれば日中は家にいない状態なので抑えられやすいですが、寒冷地に住んでいたり小さいお子さんがいる場合にはなかなか節約できません。どうしてもかかる時期は仕方がないので、年間平均を考えてある程度余裕を持ったプランを立てておく必要があります。

一方通信費はスマホの普及で高額になりやすい項目だと考えられます。家でパソコン仕事をしない方は思い切ってネット環境をスマホだけにするのも良いでしょう。それが難しい場合は、夫婦どちらかはいわゆるガラケーにして、どちらかをスマホ、家にパソコンを備える方法もあります。

もしくはここ最近「格安スマホ」と呼ばれるものも出てきています。これはスマホに入っているSIMカードを大手キャリア以外の通信会社が提供しているもので、通信速度は大手に劣ることもありますが、月々の通信料が格安で抑えられるものです。さらに大手キャリアにはないメリットがあります。

ただし、こちらはある程度自分で知識を得る必要があります。大手キャリアは店舗があちこちにありますが、格安スマホには店舗がない会社もあります。何か分からないことがあったときにスタッフに直接質問できないと不安ですよね。

月々の通信費を格安に抑えられるのはメリットですが、もちろんデメリットもありますので、格安という言葉に惑わされず自分に合っているものかどうかしっかり調べておく必要はあります。特に機械が苦手な方は注意してくださいね。

賢い節約術とは?

ポイントを貯める

今は多くのショップでポイントカードを発行していますよね。こちらは一定ポイントが貯まったら割引が適用されたり、プレゼントがもらえたり、ショップによってさまざまです。

ですが、あちこちで買い物をしていてはなかなかポイントが貯まりません。上手にポイントを貯めるためにはドラッグストアはここ、食料品はここなどとお店を決めておくのがポイントです。ただし、ポイントを貯めることに必死になりすぎて無駄遣いをしないようにしたいものですね。

エコバッグを使う

レジ袋が有料となっているお店が増えています。エコバッグを持っていくとポイントが加算されたり、有料のレジ袋を買わなくて済みます。環境にもお財布にも優しいですよね。

レジ袋が1枚2円や5円だからと言って毎回購入していると費用もかさんできますので、エコバッグを持ち歩くようにしましょう。買い物だけでなく急な荷物にも対応できますので便利ですよ。

固定費はクレジットカードで支払う

光熱費や通信費、住居費など毎月かかる固定費はクレジットカード払いにするのも手です。月々数万円単位でかかるものですので、気付かない間にポイントは貯まっていたりします。

また、家計の支出をしっかり把握するために家計簿をつけましょう。意外と何に使ってしまっているのか傾向が分かって無駄遣いがはっきりしますよ。そのためにも毎回レシートは取っておきましょう。

生活費支出の負担割合は?

生活費の分担には3つの方法があります。共働きか専業主婦かでも変わってきますので、あなた達がどんな働き方をしている、今後したいかによって注目してご覧ください。

旦那さんのお給料で

一つは旦那さんのお給料で生活費を賄う方法です。この場合、共働きであれば、奥さんのお給料は全て貯金に回すことができますし、専業主婦である場合はこの方法をとることになるでしょう。

ただこれには旦那さんの一定の安定した収入が必要になります。事情があり転職や退職の予定がある場合にはお互いが働いていることが条件となるでしょう。また、女性は妊娠・出産に伴って仕事をセーブする期間があるので家族計画をしっかり立てておく必要があります。

お子さんが産まれると居住地域の保育園の待機児童問題やお子さんが体調を崩したときのサポート体制が重要になってきます。そこまで踏まえた話し合いをしておくといいでしょう。

お互いの給料から分担

二つ目はお互いのお給料から項目別に負担して賄う方法です。食費と居住費は旦那さんで、化粧品や被服費は奥さんなどと分担することもできますし、普段は旦那さんがほとんど支払って特別支出がある場合に奥さんの給料から賄うといった方法もあります。

お互いの金銭的な負担が少なくなる分、家事を協力して行うなど分担を決めておくカップルもあるようです。

折半して払う

三つめは生活費を完全に折半する方法です。これは共働きカップルが家計を別々に管理するカップルがとっている方法ですね。どちらかが家計を管理する方が本来であれば無駄が見えやすいのですが、そこまで干渉されたくないというカップルも増えているようです。

お互い独身時代からの貯金額も知らないというカップルも多いようですので、今後この方法で管理する人たちが増えてくるのかもしれません。生活費を完全に折半する代わりに家事も分担するということになるのでしょう。どちらかの家事負担が大きいと不満が出ることになりかねません。

貯金はどうする?

生活費についてはお分かりいただけたでしょうか。しかし、毎月生活していけるだけではダメなのです。みなさん貯蓄の現状はどうなっているのでしょうか。周りの人には聞きにくい話題だけにこちらでチェックしてみてください。

貯蓄の現状

独身時代からしっかり貯金していた方もあれば、お給料が入ったら好きなだけ使っていたという方もおられるでしょう。しかし、今後は妊娠・出産費用、車や家の購入費用、お子さんの教育費、老後資金などが必要になってきますので貯金は必ず必要になってきます。

結婚にかかる費用までは親御さんの協力があるところも多いようですが、家庭を持った以上はそうもいきません。どれくらい貯金額が必要になるのか気になりますが、内容が内容だけに周りに聞きにくいですよね。

実際、ゼクシィ新生活準備調査で回答を得られた新婚世代の貯蓄金額から見ていきましょう。

貯蓄金額

「現在貯金をしている」と回答があった方に1カ月の貯蓄金額を尋ねたところ、以下のような結果になりました。

  1. 4~6万円未満  25.4%
  2. 2~4万円未満  17.7%
  3. 10~12万円未満 14.1%

続いて1年間の貯蓄金額を尋ねたところ以下のようになっています。

  • 100~150万円未満  28.1%
  • 50~100万円未満  26.5%
  • 50万円未満  18.5%

貯金の仕方

貯金の仕方としては、生活費の残りを銀行に残しておく方法よりもあらかじめ一定金額を決めておいて貯金する方法「先取り貯金」が良いとされています。

一定金額を決めず生活費の残りを貯金する方法だと、「いつの間にかなくなっていた!」「引き落とし口座と一緒になっていて、今の貯金残高が分からない」ということにもなりかねません。

理想的な金額を言えば、手取り収入の20%と言われています。ですので毎月給料振り込みが行われたら、引き出す際に毎月の貯蓄額を同時におろして、そのまま貯金口座に入金してしまうのがおすすめです。

まとめ

結婚すると収入は二人のものになりますし、今までとは違い我慢しなければならないこともあるでしょう。でも生活していくにはお金がかかります。筆者が専業主婦になってみて分かったことは、保険料や税金は意外と高いということです。

今までは専門職で夜勤もある職業でしたので、収入はそこそこあったと思います。ですが、女性は妊娠・出産を経験すると仕事より優先すべきものがあり仕事に復帰できないという問題も出てきます。夫婦2人のときはよくても、子どもができると生活は一変します。貯金はあるに越したことはありません。

あなたは独身時代、コツコツ貯金ができていましたか?独身時代からある程度貯金ができている方はお金の管理が得意な方だと思います。結婚しても家計を管理する側に回っても将来まで安心でしょう。

一方、お金の管理が苦手な方もいると思います。そんな方はまず家計簿をつけてみましょう。貯金ができない人の特徴に「収支が把握できていない」「ちょこちょこ無駄遣いをしているが気付いていない」というものがあります。

収入があるのに貯金ができていないと感じる方は、見えないところで無駄遣いが多いんですね。まずは買い物のたびにレシートをもらって、しっかり収支を合わせるところから始めてみましょう。