新婚旅行の費用!「国内から海外」のおすすめスポットを知って楽しい思い出を!

新婚旅行は人生で一、二を争うビッグイベントですよね?そんな大イベントだからこそ失敗したくないものです。しかし、中にはお金が無いから新婚旅行を諦めるという人もいるかもしれません。そんな方に向けて、金額別オススメ旅行先をご紹介します。

新婚旅行の費用はどのくらい掛けたら良いの?

ご結婚おめでとうございます!

恐らくこの記事を見る方は、結婚したばかりの方か、これから結婚式を挙げる予定がある方が中心だと思います。

新婚世帯にとって結婚式と並ぶ一大イベントともいえるのが新婚旅行です。一生に一度の大イベントなので、二人で好きな所に遊びに行きたいと考える人は多いと思います。

しかし様々な事情で行くか、行かないかで迷っている人も、中には、いらっしゃるでしょう。迷いの大きな原因は、その金銭的な面ですよね。ハネムーンに行くとなると、結構なお金がかかることが予想されるでしょう

今日は、人気の新婚旅行先とその相場について調べてみました。

新婚旅行の費用について

平均費用はどれくらい?

婚式・披露宴のあと、新婚旅行を計画しているカップルにとって、どれくらいの予算を考えておけばよいものか、悩みどころではないでしょうか?

すでに、節約はしたいけれど、一生の思い出になる新婚旅行なのですから、十分楽しめるだけの費用は準備したいものですよね。

世間が新婚旅行に掛けた金額はおおよそ下記の金額が多いそうです。

  • 第1位 50万円~70万円未満 26.7%
  • 第2位 30万円~50万円未満 22.6%
  • 第3位 70万円~100万円未満 15.6%
  • 第4位 20万円~30万円未満 13.8%
  • 第5位 10万~20万円未満 11.7%
  • 第6位 ~10万円未満 6.7%
  • 第7位 100万円以上 2.9%

これによると、50万円前後かかったカップルが、およそ5割弱にものぼることがわかりました。

結婚式・披露宴にかかる費用のほかに、50万円近くを別に準備するとなると、やはりそれなりに事前の計画が大切になりそうです。

旅行先での食費やお土産代など

忘れてはならないのは、旅行代理店などに支払った金額以外にもいろいろと費用が必要になる、ということです。一般的には下記金額をお土産代等にかけたカップするが多い様です。

  • 0円:0.9% 
  • 10万円未満:43.3%
  • 10~20万円未満:35.4%
  • 20~30万円未満:11.4%
  • 30~40万円未満:5.4%
  • 40~50万円未満: 1.0%  
  • 50~60万円未満:1.4%
  • 60万円以上:1.2%

平均:11.7万円
上記を見てみると10万円~12万円程度必要になるケースが多い様です。現地に行ってみると、「やっぱり行ってみたい!」と思う場所もでてきたりするものです。

一生の思い出になる旅行ですから、心おきなく楽しみたいと考えるのは自然なことなので、たとえ数日間の旅行期間ではあっても、それなりの費用を予定しておいたほうがよさそうです。

ホテルのグレードはよく考える

旅行する場所によって、旅行代金は大きく変わりますが、それは旅行会社のパンフレットを見れば簡単に分かります。次に金額が変動する要素としてあるのが、ホテルのグレードです。

ホテルのグレードにこだわるかどうかに関しては、夫婦間で、よく話し合って決めることが大切です。

金額を重視しすぎた為に、粗末なホテルになって、新婚旅行気分が台無しになっても駄目だし、かといってあまりにホテルや部屋にお金をかけて贅沢にするのもバランスが悪くなります。予算を2人で考えて、ホテルや部屋にどれだけ重点をおくかを話し合っておくことが大切です。

費用は夫の負担?分担?

新婚旅行の費用の支払いをどうするかも決めておいた方が後で、トラブルにならないでしょう。これは、結婚した後の生活スタイルでも変わると思います。

奥さんが、家庭に入って専業主婦になる為に、家計は夫が全部負担すると言う家庭であれば、費用負担は夫が全額負担する事になると思います。

一方で、共働きを選択している家庭であれば、分担での支払いになるかと思います。

旅行後の生活のことも忘れずに

新婚旅行が終わったあとが夫婦生活の本番です!これからが現実の生活を送る事になりますが、多くの人は結婚式や、披露宴で金銭感覚がマヒしているので、その状態のまま新婚旅行で散財していると、金額がとんでもない額になりかねません。

これからが、二人の生活のスタートとなるわけなので、お金の使い方や貯め方、運用の仕方などをしっかりと考えて家計を管理していく必要があります。

2人で金銭感覚を共有化していくためにも、新婚旅行の費用についてはしっかりと計画を立てるようにしましょう。

新婚旅行先を選ぶコツ

時期を選ぶ

結婚式・披露宴に人気のシーズンは、旅行の人気シーズンと重なることが多いかもしれません。
一般的に、長期休みを取りやすい夏休み、お盆、GWは混みやすく、費用も高めに設定されています

また、海外旅行では、現地の気候に左右されるため、よい季節は人気の時期になります。

もし、費用重視の新婚旅行ということであれば、結婚式・披露宴の直後にこだわらず、すこし料金が安くなる時期あらためて計画するという方法があります。

ハイシーズンには高くて行けそうもなかった場所に、安い時期ならば行ける可能性があります。 ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか?

言葉の壁

海外旅行の場合、気になるのは「言葉の壁」です。 海外気分を味わいたいけれど、現地の言葉がわからないとなると、不安ですよね。ツアーを利用したとしても、ガイドのいないフリープランが必ず組まれているものです。 なにかあった時のことを考えると、やはり言葉が通じるほうが安心です。

その点では、日本人が多く訪れる旅行先、たとえば、グアム・ハワイなどは日本語対応が充実しています。 言葉の点から、旅行先を選ぶという考え方もありますね。

ツアーにするかどうか

ハネムーン専用のツアーは、新婚カップルに配慮された内容となっているものです。

旅行会社も「一生の思い出」ということもあり、どれもグレードアップして企画される傾向があるようです。しかし、

  • 現地のおいしい食事をたのしみたい
  • 現地でたくさん観光をしたい
  • 現地でショッピングを楽しみたい
  • など、目的が明確にあるならば、特にハネムーン専用のツアーにこだわらなくてもよいかもしれません。

    一方、とにかく費用重視!ということで「格安ツアー」を利用するカップルもいるかもしれません。

    この場合は、同行する旅行客の年齢層がまったく違っている、という可能性が高く、ちょっと気をつけておいたほうがよさそうです。学生が多いツアーにのったために、落ち着かない旅行になってしまった、と言う声も聞かれます。

    せっかくの新婚旅行なのですから、すこしはゆっくり過ごしたいものなので、旅行代理店を利用する場合には、フリープランを中心に組むなど、よく相談しながら、選ぶようにしましょう。

    行先別新婚旅行にかかる費用と相場

    日本国内

    多くの方が新婚旅行は海外で!と考えると思いますが、新婦が妊婦さんであった場合は、遠出はなかなかしんどい可能性があります。そんな場合は、国内の近場がお勧めです。普段は泊まれないちょっとグレードの高い宿をオーダーしましょう。1泊程度で移動距離も少なめが無難です。

    先輩カップルの事例では、東京ディズニーリゾートでホテルをとり、遊び疲れたらホテルで休めるようにしておいたというのがありました。宿泊先のランクによりますが、旅行日数は2日~3日程度になります。

    近場の温泉であれば二人で10万円以内で収まりますが、沖縄等のリゾートに行く場合は沖縄・屋久島なら2日、北海道・九州なら2日~3日間で約6万~19万ぐらいが相場です。

    なお、以前は妊婦で温泉につかるのは良くないと言われていましたが、現在は妊婦でも温泉に入って問題ないとされているのでご安心ください!

    ハワイ

    ハワイは新婚旅行の定番です!芸能人の多くがハワイで挙式をしているので、ハワイでの結婚式に憧れている人も多いのではないでしょうか。

    ハワイで結婚式を挙げた人の多くがそのまま、ハワイで新婚旅行を行うようです。

    新婚旅行で不動の人気を誇るハワイは、ビーチリゾートとしてだけではなく、グルメやショッピング、ハワイ文化が味わえるのが魅力です。ホテルのランクやお部屋からの眺望で金額が大きく変わりますが、オーシャンビューが楽しめるホテルでも二人で50万~60万程度で5日間ほど楽しめます。

    グアム

    グアムの時差はたったの1時間で、国内10都市から直行便が運航されているなどアクセスも良く、旅行日数が少ない方にもおすすめです。ツアー3日間で12万円~20万円が目安です。珊瑚礁に囲まれたリゾート地で、マリンスポーツやトレッキングも体験できます。

    バリ

    バリの直行便はいずれも日本の午前に出発して現地に夕方到着。また復路は未明に現地を出て当日午前に日本帰着になるので、往復だけでほぼ2日つぶれてしまいます。そうすると4日間の日程ではかなりあわただしく、滞在するエリア以外にも足を延ばそうとすれば、やはり6日間をベースにして考えるのがよさそうで

    成田発の6日間フリープラン(朝食付き)で「アヤナリゾート&スパ バリ」クラスのホテルを選んだ場合で30~40万円(おふたり予算。サーチャージ代含む)。うち2泊をウブドで過ごすプランで35~45万円(同)というあたりが標準的です。

    またゴールデンウィークや夏休み期間などには、さらに10万円以上料金が上がることがありますから準備段階で最新の情報を集めておきましょう。

    オーストラリア

    オーストラリアで人気の都市はケアンズなどがあげられます。ケアンズは、グレートバリアリーフや熱帯雨林など自然の魅力がたっぷり詰まったエリアです。40万円~50万円の予算で6日間程の滞在が楽しめます。カジノ併設のリゾートホテルからアパートタイプまで宿泊施設も多様化しているので、観光ツアーやマリンスポーツに時間とお金をかけたい方にも人気です。

    ヨーロッパ

    ヨーロッパで人気の都市は数多くありますが、その中でもフランスは新婚旅行で不動の人気を誇ります。

    フランスは世界遺産やヨーロッパの街並みを楽しめるのが特徴で、パリやニースなど、主要都市1カ所に滞在すれば二人で50万~60万円程度を見れば6日間ほどゆっくり満喫できます。

    ツアーの場合は人気の観光地を網羅できるのが魅力です。フランスの美食や文化、歴史に触れることもできます。

    人気のあるおすすめ新婚旅行先〈国内編〉

    沖縄本島

    時間が無いので、あまり旅行に日数は掛けられないという方は沖縄がお勧めです。

    国内でありながら年間の平均温度が22度と温暖で、雨量も多い亜熱帯海洋性気候の沖縄には、イリオモテヤマネコやカンムリワシなどの現在は国指定特別天然記念物に認定されている独自に進化した動物達が生息する他、多くの固有種や固有亜種の動植物が生息しているのがこのエリアの魅力の一つです。

    島々の周囲は約200種類以上のサンゴが存在する珊瑚礁で囲まれている沖縄では、多くの海洋生物が生息していることから、スノーケリングの他、年間を通してダイビングも盛んな他、ウィンドサーフィンやウェイクボード、ホエールウォッチングやドルフィンスイムなど贅沢なアクティビティが沢山あり充実した時間が過ごせそうです。

    北海道

    北海道は雄大な自然と種類豊富なグルメが魅力の新婚旅行にぴったりの場所です。札幌空港を最初の旅先に選んでしまいがちですが、広い北海道には他にもたくさんの見所があるので慎重に選択をするようにしましょう。

    北海道の新婚旅行で人気なのは、利尻島や礼文島、旭山動物園、函館の五稜郭なんかが人気の様です。北海道は広いので、どこに行きたいかを決めたうえで、移動方法を選択するようにしましょう。

    石垣島

    国内で簡単にリゾートを味わえる沖縄は人気ですが、沖縄本島には行った事があるので、離島に行きたいと言う要望も多い様です。沖縄本島と同じくらい人気だったのが、「石垣島」でした。

    石垣島を選択した人の多くは、本島には行ったことがあるから、行ったことのない離島の方へ行きたかった、というのが主な理由のようです。

    石垣島は行ったことのある人も、もう一度行きたくなる素敵な場所のようなので、お勧めです。

    人気のあるおすすめ新婚旅行先〈海外編〉

    イタリア

    ヨーロッパでフランスと並んで人気なのがイタリアです。

    イタリアはかつてローマ帝国があった場所なので、歴史的に重要な遺跡が多数あるのが特徴です。
    イタリアはローマ帝国が崩壊した後、1861年に統一されるまで都市ごとに独立国家を形成してきた歴史を持つので、都市ごとに独特の雰囲気を持っています。

    街並みが茶色で統一されているので街自体が美術館のようなフィレンツェや、運河とゴンドラの風景が印象的なベネチアなどが有名ですね。ベストシーズンは9月の様なので、行く事を検討している方がその時期に行く事をお勧めします。

    モルディブ

    モルディブは1島につき1リゾートであるのが特徴なので、貸切気分を味わえるのが特徴です。約90の島からなるので90もの個性豊かなリゾートが存在しています。島ごとに様々な特徴があり、サンゴ礁が抜群の島・白砂が一面に広がるサンドカーペットのある島…などなど色々な楽しみかたが出来ます。

    新婚旅行は、人生で一度の大イベントです。どの島が良いかを二人でしっかり話し合って決めるようにしましょう。
    ベストシーズンは3月か11月なので、行く方はこの時期に行ってみては如何でしょうか。

    タヒチ

    タヒチもリゾート地として高い人気を誇っています。タヒチは南太平洋に広がる118の島々が散らばって、5つの諸島を形作っています。それなので、ビーチリゾートが盛んでスキューバ等を行いたい方はお勧めです。

    人気が高いのはタヒチ島、モーレア島、ボラボラ島、タハア島があるソシエテ諸島、ダイバーに人気のランギロア島、マニヒ島などがあるツアモツ諸島が人気ですが、各島によって特徴や雰囲気が異なるので、目的に合った島選びを行いましょう。ベストシーズンは4月、5月、6月なので、行く方はこの時期を目安に行くようにしましょう。

    ニューカレドニア

    ニューカレドニアは天国に一番近い島と称される程、綺麗な場所なので、人気スポットとなっています。ニューカレドニアは、ヌメアがある本島とイルデパンやウベアなどいくつかの離島から形成されています。

    島により雰囲気も魅力も異なるので、目的に合った島選びを行う様にしましょう。

    いろいろな島に行ってみたいと言う方は周遊ツアーもあるそうなので、そちらもお勧めです。

    新婚旅行を一生の思い出に

    如何でしたか?新婚旅行は、結婚式と並ぶ人生の一大イベントですよね。それだからこそ、失敗しない様に、二人でよく話し合って目的地を決めるようにしましょう。 新婚旅行は一生の思い出になるので、楽しんできて下さいね!